« 「MOTHER3」本当に当初のプロットのままかも | メイン | PS Business Briefing 2006 March »

2006年03月14日

振動コントローラ特許訴訟に負け、ソニー大ピンチ

このニュース、正直読んで何がなんだか分からなかったので良い情報が無いかなと2ちゃんねる・ゲーム速報板を見てたところ「[WSJ] 振動コントローラ特許訴訟、ソニーが黒星」という当該スレを発見。そこにあったまとめをさらに整理するとこういう事らしい。

  1. まず任天堂が外観上外付けで「振動機能の拡張」に関する特許をとり、64で採用
  2. Immersionが任天堂特許にない部分、つまり「内蔵」に対しての振動機能拡張の特許をとる。
  3. セガは任天堂にライセンス料払い、DCで使用(なので本訴訟に影響されず)
  4. SONYが任天堂特許で該当しない部分、つまるところ「振動機能内蔵」におけるコントローラーを販売
  5. GC、XBOXが発売される
  6. SONY訴えられる
  7. MSはPC用のライセンス料だけ払ってたら「XBOXは別」と叱られたので、和解してImmersionに金払ってライセンス取得しXboxとXbox360で使用
  8. 任天堂については、実際はImmersion特許は任天堂特許の拡大部分に過ぎないため任天堂が異議申し立てをすれば簡単に無効になる可能性がある為、クロスライセンス等が結ばれてるとの憶測があり、兎に角訴えられていないし今後も心配は無い模様
  9. ところがソニーはImmersionにライセンス料払わず無断利用。指摘されたら逆ギレして逆訴訟
  10. さらに裏金渡して有利な証言させるがバレて失敗。9070万ドル+追加訴訟確定

よーするに、任天堂は今後も問題無し、MSは金持ちだから金払って解決済み、ソニーだけが過去(PS1までもかな?)にさかのぼってライセンス料支払う可能性と、PS3では金払うか振動コントローラー辞めるかしか無い可能性があるというオチ(笑)

いやはや、PS3対レボリューションの対決は意外な所でも注目ですな(笑)

投稿者 akindoh : 2006年03月14日 12:56


トラックバック

※当サイトや当エントリへのリンクが無いトラックバックは削除させて頂く事があります(詳しくはこちらをご一読下さい)
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.propeller-head.net/mt/mt-tb.cgi/966

コメント

興味深く読ませていただきました。そんな訴訟してたんですね。
PS2のコントローラーは、パーツのまとめ方のセンスは見事なんですが
正直パクリの塊なので、こんな日が来てしまったのはしょうがないところもあるかと思います。

・・・しかしソニーは相変わらず引き際を知りませんねぇ(笑)・・・この後どうなるんでしょう!?

投稿者 栄華厳二世 : 2006年03月14日 23:32

とりあえず本日15時の会見を生暖かく見守るしか無いですね(笑)

投稿者 akindoh : 2006年03月15日 10:56

コメントしてください




保存しますか?




 iTunes Music Store(Japan)
TOP | はじめに | ダウンロード | リンク