« 2005年07月 | メイン | 2005年09月 »

2005年08月31日

ひまつぶし専用プチプチ「プッチンスカット」

先ほど放送してた「トリビアの泉」でこんなの紹介してました。

プチプチしたいに応えます!ひまつぶし専用プチプチ「プッチンスカット」プチプチしたいに応えます!ひまつぶし専用プチプチ「プッチンスカット」

【ご使用方法】下記のような時にプチプチつぶしてください。
★ひまなとき
★イライラしたとき
★失恋したとき
★ダイエットに!
★おもちゃにもどうぞ!
★お年よりの指先運動にも!
★パーティにもどうぞ!
★景品に!

へー、こんなのわざわざ専用で出てたんだ(笑)でも番組によると月100個は売れてるらしい。なんでも良い音が鳴るように調整してるんだそうな(笑)まさに「へぇ〜」な商品だなぁ。

ま、話のネタに。

投稿者 akindoh : 22:50 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月30日

アップルが9/7に特別イベントを開催、動画iPodか?

どうも米Appleが9/7(現地時間)に特別イベントを開催する予定だそうだ。CNETによると・・・

 Apple Computerが、来週大規模な発表を行うべく準備を進めている。同社は、これが2001年の初代iPod発表と同様に、同社の将来にとって重要なイベントになることを匂わせている。
 同社は米国時間29日午前に、9月7日にサンフランシスコで開催する「特別イベント」への招待状を報道陣に送った。
 その招待状には、約4年前に発表された初代iPodへの言及があり、「1000 songs in your pocket changed everything(1000曲の楽曲をポケットに入れて持ち歩けるようになり、すべてが変わった)」とある。そして、「Here we go again(またその時が来た)」と続いている。

うわー意味深。さらに記事には・・・

 レコード会社の幹部らが先ごろ明らかにしたところによると、AppleはiTunes Music Store(iTMS)経由でミュージックビデオを配信するためのライセンス供与を求めており、ビデオの再生に対応したiPodの公開計画にも言及したという。

うわー、可能性高いなぁ。まぁ他にもshuffleのアップデートやiTunes携帯の話もあるわけですが、ここまでのイベントを開催するというならもっとビッグサプライズを用意してるでしょうね。こりゃ楽しみだ。

・・・これって、久々のマック系っぽいネタだなぁそういえば(笑)

投稿者 akindoh : 11:21 | コメント (5) | トラックバック

ゲームボーイミクロのアクセサリ

ゲームボーイミクロ ファミコンカラー【お一人様一点限り】ゲームボーイミクロ ファミコンカラー

嫁に「買うんでしょ?(笑)」と言われて「買わないってば、DS持ってるし」と答えた俺ですが、日に日に欲しいゲージがMAXに近づきつつあり危険です。クラブニンテンドーIIコンフェイスプレートも貰えるだけのポイント持ってるんで余計にヤバいです。・・・まぁそう言いつつ既にネット通販では予約終了している店が多く、探した感じではこちらとかこちらは今からでも発売日ゲット出来るようですが、個人的には急ぐものでもないし落ち着いたら買おうかな?という感じですね(買うんかよ!)

さて、本体も大事ですが携帯ゲーム機といえばアクセサリ類も大事ですよね。発売日前後には出てくるかな?と思ってたら・・・

"GAMEBOY MICRO専用 目にラクシートM" (ゲームテック)

もう出てんのかよ!(笑)他にも・・・

すでにゲームボーイミクロ専用ケースも予約受付中だそうで。まぁスタイリッシュな携帯ゲーム機ですから今後も色々なアクセサリが出るんでしょうね。今後も順次、良さげなアクセサリはご紹介して行きたいと思います。

まぁ、まず本体が先ですけどね(笑)

投稿者 akindoh : 00:38 | コメント (2) | トラックバック

2005年08月29日

朝日新聞の信頼?

色々なニュース読んでたら読売新聞の「朝日記者が虚偽メモ、「新党」記事に…懲戒解雇」というのを見かけた。内容としては朝日新聞の記者が、実際に取材もしてないのにでっちあげた架空のメモを元に記事を書いたというもの。それに対して朝日新聞の常務取締役さんのコメントですが・・・

「実際の取材をせずに、あたかも取材をしたかのような報告メモをつくり、それが記事になるという、朝日新聞の信頼を揺るがす極めて深刻な事態が起きてしまいました。記者倫理に反する、決してあってはならないことであり、深く責任を感じています。田中康夫・長野県知事や、亀井静香・元自民党政調会長ら関係者と読者のみなさんにも深くおわびいたします」

大丈夫、朝日新聞はそういう新聞だって認識してますからご安心を。この珊瑚事件に限らず、北朝鮮による拉致問題に対する態度を含めても朝日新聞にどんな信頼があるって言うんでしょうね(笑)こういう漫画が売れている現実をもうちょっと理解した方が良いんじゃないかなぁ。

まぁ笑い事で済んでるウチに何とかした方がいいと思うよ(笑)

投稿者 akindoh : 23:44 | コメント (6) | トラックバック

「機動戦士ガンダムさん」が近所に無い

"機動戦士ガンダムさん さいしょの巻" (大和田 秀樹, 矢立 肇, 富野 由悠季)

しまった・・・舐めすぎてたorz

毎度おなじみ「ガンダムエース」にて連載中の4コマ漫画「機動戦士ガンダムさん」が4年越しでやっと単行本化したのは良いんですが・・・まぁ普通に並んでるだろうと今日近所の本屋を何軒か回ったんですがどこにも無いんですよ。想像するに部数少なくて普通の書店には無しor少量だったのが全部売れたんだろうなぁと。

まぁ限定生産品でも無いのでそのうち買えるだろうけど・・・無いと欲しくなるのがマニア心(笑)

投稿者 akindoh : 22:27 | コメント (15) | トラックバック

2005年08月28日

DESTINY#45「変革の序曲」

オープニングがこそっと変わってたなぁ・・・と思っていたらアカツキムゥネオが乗りますか。つーことはあれですか、今度はビームコートしてるから本当に不可能を可能にして記憶取り戻したりとか、アカツキの手足切られつつ「まだだ、まだ終わらんよ」とか言ったりするんですかね・・・議長(クワトロ時代)のセリフなのに(笑)

しかしまぁ今週は本当にMS戦オンパレードでしたね。こっそりザクザクキャンペーンの結果らしきパーソナルカラーの黒いザクウォーリアも出てましたね(ディアッカ機はザクファントムなんで別物)ただ、それより何よりブラストインパルスが出て来たのは、拠点攻略という物語上の展開以上に「出さないと売れてないから」な気がするのは俺だけ?(笑)実際本編で出たのって多分3〜4回のはず。

機動戦士ガンダムSEED DESTINYGQモデル ブラストインパルスガンダム <バンダイ>【GWE0505】GQモデル ブラストインパルスガンダム

にしても、最終回(PHASE-50で決定)に向けての展開と分かってるんだけど、やっぱフラガ兄貴は主人公サイドに居る方がしっくり来るなぁ・・・ってあれ?主人公サイドで良いんだっけ?(笑)一方ロード・ジブリールは前作でのアズラエルと違ってロクな見せ場も無く死んじゃったなぁ(笑)悪役とは言え、アズラエルの方が印象深い死に方したのになぁ。多分ガーティ・ルー(乗ってた船)がミラージュコロイドを使えなかったのは月の引力圏を脱出するのにブースター噴射するからなんだと思うけど・・・折角逃げれる船を与えられたのにねぇ。やっぱ嫁に嫌われると駄目ですかね(笑)

今後の展開としてはミーアの最後の出番議長によるデスティニープランの発表がありますが・・・どうもラスボスはレイが務めそうな気配があるので、最終決戦はデスティニーvsレジェンドでしょうかね。さすがに最後はキラとアスランをサポートに回さないと本当に今作の主人公もキラに確定しちゃうぞ(笑)

こんな状況下でも、まだシンが主人公である事を切に願っている俺(笑)

投稿者 akindoh : 10:52 | コメント (5) | トラックバック

2005年08月27日

悪魔城ドラキュラ〜蒼月の十字架〜その4

悪魔城ドラキュラ ~蒼月の十字架~

つーわけでニンテンドーDS用「悪魔城ドラキュラ」です。現在プレイ時間4時間42分、進行度54.1%というところ。いやぁ2D探索アクションってやっぱり面白いなぁ。ドット絵の美しさを堪能出来るので、ドット絵大好きなオールドゲーマーこそやるべきだね、これ(笑)

ましてやセーブポイントは適度にあるし、セーブポイント以外でもボス戦の最中以外ならほとんどのところでセーブ中断(再開時すると中断データ消える)出来るし。もちろんDSデフォルトの機能として閉じたらスリープが出来るので、プレイスタイルに合わせて自由に遊べるのが良い。ゲームする時間の少ない社会人ゲーマーにオススメです(笑)

さて、ちょっくらボス戦やってきます!

投稿者 akindoh : 17:06 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月26日

ハイウェイカード完全廃止

・・・になるの知らなかった(笑)日本道路公団によると・・・

平成17年9月15日(木)24時をもってハイカの販売を終了させていただきます。
平成18年4月1日(土)0時から再発行ハイカを含む全てのハイカの利用を停止させていただきます。

くしくも先日、我が家もETCを導入したところだったのでちょっと驚きました(笑)でもまぁ今後は不便になる人も多いでしょうね。機械を設置する事無く前払いで済む回数券やプリペイドカードのメリットというのもあったとは思うんで、実際問題廃止は良かったのかどうかは判断出来かねる所がありますね。

まぁETCの普及の為にはもっと早めに廃止すべきだったと思いますが(笑)

投稿者 akindoh : 15:27 | コメント (5) | トラックバック

2005年08月25日

「Walkman Bean」はさらにSONY神話復活を遅らせそう

海外では「Walkman Bean」という愛称で発表された新ネットワークウォークマン「NW-E300」シリーズが国内でも発表されました。個人的には結婚前、嫁にプレゼントしたビーンズウォークマンを思い出したわけですが(笑)

先に言って置きますとデザインを含めて、このウォークマン単体は非常に良い製品だと思います。先代モデルとも言うべき、通称「香水ビン」の「NW-E400/500」シリーズもそうですが、店頭で実物を見かけたときに「あぁなるほど、確かにこりゃ売れるわ」と思いました。

◆ちょっとだけ入荷しました◆SONY FMチューナー搭載&512MB内蔵メモリーネットワ??クウォ??ク...SONY ネットワークウォークマンNW-E505

ところが、これが売れた為かまたもデザイン性重視(勿論基本性能が悪いわけじゃないですよ)で出して来たのが今回のWalkman Beanなわけですよね。何が言いたいのかというと、結局SonicStageとmoraな組み合わせは変わらないわけです。

iPodの人気はハードウェアの魅力だけじゃなく、他にiTunesとiTMS(ユーザーにやさしいDRM技術も含む)という三位一体の魅力があったからこそ、です。MP3ファイルもそのまま転送するようになったとは言え、相変わらずATRAC3に拘っているところは変わらないわけで、むしろネットワークウォークマンがそれなりに売れている間は「なんで1年かかってもソニーが5割のシェアを握れ無かったのか」に永遠に気付かない気がする。

かつての「技術のソニー」なら、機械の技術だけがシェアの決定的な差では無いと気付いたはずなんですがね・・・

投稿者 akindoh : 16:39 | コメント (0) | トラックバック

悪魔城ドラキュラ〜蒼月の十字架〜その3

【DS】悪魔城ドラキュラ〜蒼月の十字架〜【在庫あり】【DS】悪魔城ドラキュラ〜蒼月の十字架〜【在庫あり】

つーわけでゲット。説明書読んでると前作「暁月の円舞曲」を挿してると特典があるらしいのですが・・・どうもスタート時にレアリングってのを持ってるだけらしいので帰宅したら確認してみます。

とりあえずお昼にちょっとプレイしてみたんですが、最初のボスで死亡(笑)2Dアクションの腕が鈍ったなぁ俺。でも間違いなく名作の予感がしますね。ドット絵アクション大好きな人は絶対に買いでしょうねこれ。

つーわけで続報はまた(笑)

投稿者 akindoh : 15:34 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月24日

デジタル時代だからこそJASRACが不要なのでは?

INTERNET Watchどうなる「私的録音補償金制度」という特集記事の第2弾として「iPodも対象に」JASRACの考えという記事が出ていましたが・・・まぁ何というか、呆れ返るというか開いた口が塞がらんというか。色々と屁理屈並べて居ますが、要約すると「不労所得を無くしたくない、だから金だせよ愚民ども」という事ですね。

 その後、録音録画技術はめざましい発展を遂げまして、デジタル化の時代になりました。アナログであれば使用を重ねるにつれ劣化しますが、デジタルは劣化しません。オリジナルと同様のコピーが家庭内でできる。大量にコピーされた場合は、著作物の有力な利用形態になり著作権者が経済的な不利益を被ることになります。

はいここストップ。なんか釈然としませんよね?オリジナル同様のコピーかどうかってのは音楽聴く人にはそんなに大事ですか?多少劣化しててもサザンの歌がダビングされたカセットテープとか、深夜ラジオをエアチェックして、DJの曲紹介とかが頭にある音源でも大事に聴いてましたよね?そもそもの音楽の楽しみ方に、オリジナルと全く差の無いコピーは必ずしも必要じゃないんですよ。

では何故それを例に上げるかと言うと、そうしないと自分たちの既得権益守る為の理由にならないんです。ただ、ここで整理したいんですけど、そもそものJASRACの目的は上記にもありますが「著作権者の正当な利益を守る事」ですよね?確かにアナログ時代にはレコード店の売上をキチンと把握したり、貸レコードの回転率調べたりってのは色々難しかったと思います。

ところが今はデジタル時代、CDショップチェーンにはPOSがあり、街のレコード店でも仕入れ問屋を通じれば把握出来ます(オリコン集計だってしてるくらいですしね)レンタルCDも勿論同様にコンピューター管理してます(でないと大量の在庫と会員の貸し出し状況把握出来ません)さらに流行りの着うた等はきちんとカウントされますし、iTMS等の音楽配信だって同様です。

よーするに中間業者を噛ませなくても権利者に直接きちんと利益を渡す事が可能なんですよ、今って時代はね。そんな中ではJASRACという組織そのものが既に時代に合わない過去の遺物でしか無いわけです。

先ほども書いた通り、多少の劣化があっても音楽は楽しめます。馬鹿みたいな規制をするなら多少劣化してでも規制外の方法を試みる人なんてのは出てきます。でもそういういたちごっこを続けるくらいならちょっと変わった試聴と割り切るくらいの英断が必要じゃないでしょうか?

先日の「愛のメモリー祭」が良い例でしょう。1977年リリースの楽曲でも聴く価値があれば金出すんですよ。みんな今まで散々聞いたことある曲で、聞き飽きた曲ですらね。この収益が松崎しげるに直接渡ってこそ真に「権利者の利益を守る事」じゃないんでしょうか?

日本音楽著作権協会(JASRAC)では「このままでは、いずれは収入が事実上ゼロになってしまう可能性がある」と危惧する。

というか、存在がゼロになって良いと思いますよ、もう。

投稿者 akindoh : 16:54 | コメント (7) | トラックバック

2005年08月23日

日記はチラシの裏に

■ どうしても書き殴りたいあなたに「チラシの裏」シミュレータ
 2ちゃんねるなどに、書きたくなったから書いたような、他人には価値が薄い文章を投稿すれば、たちどころに誰かに怒られてしまう。最近は、「チラシの裏に書いとけ」という決まり文句が流行しているようだ。これをまともに受け取って、チラシに書こうと思っても、両面印刷のチラシがほとんどで、書き込むスペースなどない。でもどうしてもチラシの裏に書き殴りたくなったあなたのために、「チラシの裏シミュレータ」的なソフトウェアがフリーソフトとして公開されている。その名もズバリ「チラシの裏」。Windows 用のテキストエディタだ。起動すると背景に「アイスクリーム全品100円」などが印刷された画像が裏返しに現われ、チラシの裏の雰囲気がリアルに味わえる。このソフトには、ファイルに保存する機能はないから、思いの丈を目一杯書き連ねても、誰にも迷惑をかけることなく、文章は自動的に蒸発してくれる。

以前、こんなソフトがやじうまWatchに紹介されていた。これは2ちゃんねるで有名なフレーズの1つ「ここはお前の日記帳じゃねえんだ。チラシの裏にでも書いてろ、なっ!」というネタを具現化したものとしてちょっと話題になった。

以前はBlogも一般的でなかったのが、先のニッポン放送買収問題などで散々取り上げられたのでウチの親ですら「ブログ」という単語は知っている(イマイチ理解はしてないが(笑))まぁそれくらい認知度が上がってるがゆえに一般の方でも結構手軽に始めるケースが多い模様。

まぁそれはそれで良い事なんだけども、先日行われたオタクの祭典「コミケ」ことコミックマーケットに出店していたホットドック会社のアルバイトスタッフが参加者(オタク)を揶揄するエントリを投稿していた事があったそうだ。まぁ俺自身オタクを自認してるので、この記事にある「きもい」等についてはコメントを避けさせて頂くが(笑)ここで問題なのはネットというものについての認識の甘さというものだろう。

昔は不特定多数の人に文章を見せる事が出来るのは新聞記者などのマスコミや作家などのプロの物書きだけだった。それがネットの普及に伴って、誰もが気軽に自分の書いた文章を不特定多数の人に晒す事が可能になった。そのこと自体はとても良い事であって何の問題も無い。

ただ、問題なのはその過程でキチンとした段階を経る事無くこんな状態になったがゆえに、書く側に「不特定多数に見られてしまう事の意識」を徹底する事無く今に至るという事だ。多分、問題のバイト君も友達や知り合い程度の狭い世間の範囲内への意識しか無かったんだろう。当たり前の話だが井戸端会議レベルの会話だと気兼ねなく結構危ない事とかも言ったりする人のほうが普通だろう。

だがネットの場合はそんな狭い世間を軽く飛び越えてしまう。親しい間柄にしか言ってないつもりでも案外多くの人が見ているというような事がある。Blogブーム(ってあったのかな?)でいろんな人のいろんなBlogを見る事があるが、中には「えーっ、そんな事書いてもいいの?」というような事を結構平気で書いてたりする。上司や部下の悪口や得意先やお客さんの悪口なんかは特にそうだ・・・ってまさに今回の事件は客の悪口だわな(笑)

やっぱり書かなくていいものは書かずに済ませた方が良いに決まっている。そこで最初の話題である「ここはお前の日記帳じゃねえんだ。チラシの裏にでも書いてろ、なっ!」というネタに戻るわけだ。見せたくない、見せなくて良い日記ならネットに書かずにチラシの裏に書くほうが良いって事を知って欲しいわけだが・・・本当はこういう事をIT教育やパソコン教室は教えなきゃいけないと思うんだけどなぁ。

とまぁそんな風に意識しつつも結構チラシの裏なのが羽根通でして・・・駄目じゃんorz

投稿者 akindoh : 16:37 | コメント (4) | トラックバック

文化庁もJASRACも腐ってるな

林檎の歌さん経由のネタなんですが・・・文化庁ってホントに腐れ組織だなヲイ。CDV-NET - エンターテイメントNEWSさんの「iPodに印税、上乗せ?――もめる私的録音補償金。」によると・・・

 「アップルさん、iPodで絶好調じゃないですか。補償金、覚悟して下さい」。今年春、文化庁の政策担当者がアップル日本法人の企画担当者にささやいた。アップル担当者は、文化庁と権利者団体による“包囲網”を感じた。

まぁそんな事を春に言ってたら5月にはアイコンパクリ事件ですからねぇ(笑)覚悟するのはむしろお前らだろ?と。ところで・・・(6)月内再開だったんですけど、どこに再開したの?俺には文化庁内で見つける事出来ませんでした・・・うやむや?(笑)
※9/1になってやっと再開したようです。詳しくは追記にて。

同記事には他にも先日のiPod課金問題の継続審議の件についても詳細が出ており・・・

 四月、「文化審議会著作権分科会法制問題小委員会」で本格論議が始まった。夏ごろにはiPod課金への道筋が整うだろうと文化庁や権利者団体は読んでいたが、甘かった。予想以上に委員の反発が激しかったのだ
(中略)
 委員会は七月末の意見集約もままならず、年内の決着は絶望的。反対派委員たちは、既得権にこだわるように見える権利者団体に手厳しい

良いぞ反対派の方々!貴方たちはよーくわかってらっしゃる。さらに・・・

 権利者側も一枚岩ではない。JASRAC評議員で、キャンディーズの「春一番」などのヒット曲を作曲した穂口雄右氏はこう言い切る。

 「権利者団体はCD売り上げ減少の原因がiPodであるかのように言うが、むしろ音楽業界の救い主だ。iPodや『iチューンズ』で音楽を楽しむ人はCDもたくさん買う。年間三十億円程度の補償金が減ると業界がダメになると言うが、情けない。アップルを見習って、もっと大きなビジネスを作って欲しい

実際そうだよなぁ。俺もiPod買ってから明らかに音楽を聴く時間、CD買う機会増えましたからね。多分そういう人は多いと思いますよ。CDなんてなきゃ無いで生きていけるんですよ。そうして音楽に接する機会は減っていきます。そうでなくても他にも色々な楽しみがあるのが今の世の中ですから。

そんな中で、音楽へ再び意識を向けさせたという功績を評価されこそすれ、横から掠め取られる理由は無いはずです。その辺をバカな連中は再認識して欲しいものです。

追記:
9/1付のITmedia記事にて、アイコン無断使用だった「著作権契約書作成支援システム」が再開されたと報じられていました。

投稿者 akindoh : 10:30 | コメント (6) | トラックバック

2005年08月22日

Package Bomb!!の1stミニアルバム「I'm living on」

以前もご紹介した、ガノタでもある(笑)友人のタカオ氏が参加しているパンクバンド「Package Bomb!!」が1stミニアルバムI'm living on」を9/7にリリースするそうだ。

I'm living on”I'm living on”(Package Bomb!!)

とりあえず「パンクって何?」って方はこちらを読んでいただき、立派なファッションパンクになった上で聴いていただくと良いかと思います(念のために書いときますけど、真に受けないでね(笑))さらに10月から全国20箇所を回るツアーも予定されているので、お近くの方は今のうちにサイン貰ったり髪の毛引っ張って抜いたりしてください。

羽根通っぽい話題としては、タカオ氏にはiTMSでのリリースを勧めています。まぁ望んだからと言って出来るものとは限りませんが、出来る事ならそんな姿を見てみたいものです。

・・・まぁ、友人としてよりも、それでiTMSネタが出来る事の方が俺には大事ですが(笑)

投稿者 akindoh : 14:18 | コメント (0) | トラックバック

i(愛)のメモリーその2

昨日実家に立ち寄った際、親が買ってた週刊ポストをぱらぱらっとめくっていたら、なんと「愛のメモリー祭」について記事がありました。まぁ基本的に既知の事実を紹介してるだけなんだけど、注目すべきは松崎しげる本人のコメントが!

「ボクはアナログ人間なので、昨年、iPod をもらったんだけど使い方がわからないんだよね(笑い)。今回の騒動も、バンド仲間から聞いて初めて知った。iTMSで曲を買うことを『しげ・る』というんだって?感動して鳥肌が立っちゃうよ。でもぼくも名曲だと自信を持っている曲だし、iPodを使うような若い世代に支持されたのはうれしいね」

いや、本人も知ってくれたのは凄く嬉しいですね。そりゃまぁこれだけの騒ぎだからそのうち本人の耳には入るでしょうけど、これをいち早く記事にして、さらに本人コメント+写真(まとめサイトから見れる色々なコラージュなみに、ご本人がiPodを持ってポーズしてる(笑))まであるとは週刊ポストGJ!

iTSM

つーわけで、「しげる」は動詞として本人公認されました(笑)

投稿者 akindoh : 10:59 | コメント (0) | トラックバック

ゲームボーイミクロ「ファミコンバージョン」

ミクロは個人的にはファミコンカラー版に凄く興味あるんですが・・・1万円切ってたら血迷って買ってたかもしれません(笑)GBA専用ゲームで遊ぶ時には手軽そうで良いなぁ・・・と。

と、ファミコンバージョンの写真が未公開の時に書いたんですが・・・さっき公式見たらファミコンバージョンが公表されてて、俺のハートをがっちりキャッチなんですが(*´д`*)


"ゲームボーイミクロ(ファミコンバージョン)" (任天堂)


やべーな、買わないと断言するの正直自信ねぇや(笑)

追記:
ヤバい!さらにオリジナルフェイスプレート「ファミコンIIコンバージョン」とかやってるよ!

ゲームボーイミクロの交換用フェイスプレートです。 ファミコンのIIコントローラデザインでご用意しました。 ゲームボーイミクロ「ファミコンバージョン」のIコントローラフェイスプレートとあわせてお楽しみください。

これはクラブニンテンドーポイント交換だけで入手可能だそうです。ちなみに今日現在で380ポイント持ってる俺(笑)先にIIコンプレートだけ入手して、あとから本体買おうかな(爆笑)

投稿者 akindoh : 02:50 | コメント (3) | トラックバック

DESTINY#44「二人のラクス」

土日は帰省お迎えモードだったので、さっきやっと見たところです・・・なもんで駆け足で。

とりあえずラクス(本物)からデスティニープランについての説明あり。前作と違って今作では最終回(噂ではPHASE-50らしい)に向けてきちんと風呂敷を畳みにきてますね(笑)ここから余計な入れ物(脱線エピソード)は無しにして貰いたいですね。ま、前作で懲りてるだろうから今作ではまとめると思いますが(笑)
(前作では延長になったので話を膨らませたら逆に縮められたという噂アリ)

あと今週はイザーク専用の「グフイグナイテッド」とかディアッカ専用の「ブレイズザクファントム」とか出てましたが、個人的には次回予告に出てたザムザザーの再登場の方がうれしかったり(笑)

結局怪しいMAや量産MSがコレクションシリーズキットで出る事無く終了か・・・

投稿者 akindoh : 02:33 | コメント (3) | トラックバック

2005年08月19日

BSアニメ夜話スペシャル「まるごと!機動戦士ガンダム」

劇場版Zガンダムの件についてはまとめサイトが登場したようなので、そちらを参照頂くとして・・・本日19:30よりNHKのBS2にてBSアニメ夜話スペシャル「まるごと!機動戦士ガンダム」が放送されます。

劇場版「機動戦士ガンダム」(1stシリーズ)の魅力を三部作一挙放送(劇場版オリジナル音声)を含め、9時間30分かけてまるごと!味わっていただきます。

DVDの特別(悪い)編でガッカリした人には、CMも入らない(BS2の文字は入るけど(笑))嬉しい放送です。私も本日はTVの前に陣取って、さらにスゴ録で映画を録画して、おまけにCaptyTVで本編通しで録画の予定です(スゴ録は一辺に全部録画出来ないんですよ、8時間までだったかな?)視聴可能な環境の方は是非観ましょうね。

・・・このためだけにBSチューナー用意したのはナイショだ!

投稿者 akindoh : 16:44 | コメント (9) | トラックバック

2005年08月18日

ゲームボーイミクロ

以前、E3で発表されたゲームボーイミクロの国内発売日と価格が発表になりました。9月13日に税込み12,000円で発売だそうです(詳細はファミ通.comを参照)9月13日といえば、ファミコンミニ「スーパーマリオブラザーズ」の再販を含むマリオデーなので、当初より発売はこの日じゃないか?とは噂されてたんですけどね。

【GBA】ファミコンミニ スーパーマリオブラザーズ 9月13日発売予定 予約【GBA】ファミコンミニ スーパーマリオブラザーズ 9月13日発売予定 予約

この発表にあわせて、9月15日発売予定の「スーパーロボット大戦J」ではゲームボーイミクロ用スパロボオリジナルスクリーンカバーが当たるキャンペーンもあるそうで、ここに来てまだまだGBAが熱いですね。

【GBA】スーパーロボット大戦J 9月15日発売予定 予約【GBA】スーパーロボット大戦J 9月15日発売予定 予約

ミクロは個人的にはファミコンカラー版に凄く興味あるんですが・・・1万円切ってたら血迷って買ってたかもしれません(笑)GBA専用ゲームで遊ぶ時には手軽そうで良いなぁ・・・と。

とりあえずヤバいので誘惑しないでくださいね、絶対(笑)

投稿者 akindoh : 15:55 | コメント (0) | トラックバック

劇場版「機動戦士Zガンダム」フォウ役の悪質な変更に思う

ただなぁ・・・フォウの声が変わるのはどうにもこうにも納得行かないんですが(笑)

こう書いたのは劇場版の第1作目を観終わった後のこと。あの時は単に納得が行かないだけでしたが、今となっては怒りがこみ上げています。

ファンとしてはフォウといえば島津冴子さんしか考えられません。アムロといえば古谷徹と同次元の話といっても過言では無いでしょう。Zガンダムという作品においてもっと重要なキャラクターであるフォウ、主人公であるカミーユが成長する為に欠かせないキャラクター・・・そんなフォウを演じた島津さんの声はファンの間では切っても切れない関係にあります。

そんなフォウの声が劇場版「機動戦士Zガンダム」では別の声優と交代になった・・・この事実は色々な憶測や噂を伴っていました。ハッキリしないこともあってウチでは話題にしないでいました。しかし、当事者である島津さんが自身の公式サイトにて今回の件について島津さんの知っている真実を語ってくれました。簡単にまとめると・・・

確実なのはここまでなんですが、島津さんと藤野のやり取りを見ていると、どう見ても「意図的に島津を外した」としか思えないわけです。おそらく監督が連絡取ろうとした番号も藤野が教えたニセ番号だったんじゃないでしょうか?

この辺についてはフォウ役が代わった直後から噂されていたんですが、噂レベルだった為に扱わなかったんですよね・・・でも島津さんのコメント読んでて本気で涙が出てた自分が居ました。

予告編が公開され、私のもとにもご覧になった方々の感想が届いています。
私の演じたフォウを愛してくださっている皆さんは、私の声だけがお好きだったのではありませんでした。
私の表現した「フォウの心」も愛してくださっていたのです。

島津冴子は「フォウに声をあてた」のではなく、「フォウの心を表現」した。
それを感じていただけたことが、とてもとても嬉しい!


フォウをもう一度演じることができる!
劇場版ならTVシリーズのときよりずっと良い状態で。
あの大先輩たちの中で刺激を受けながら芝居ができる。
以前はわからなかったものが、今ならもっともっと見えるだろう。
感じとることも、表現することも、今の私だからこそできるものがあるはず。
あのフォウの苦しみや悲しみを、そしてカミーユとの出会いで感じた想いを、以前より深く表現したい!もう一度フォウの心を表現したい!

私はそう思っていました。ですから今、とても悲しいのです。
私がフォウを演じる機会は、もう永遠に失われてしまったのでしょうか?

私の演じたフォウを愛してくださるファンの皆さん、20年という長い年月、想い続けてくださって、ありがとうございます。

そして、多くのアニメファンの皆さん、声優はキャラクターに「声をあてる」のではなく、「心を表現する」のです。
そこには大きな違いがあるということを、どうぞ感じてください。

最後に、今回、富野総監督より
“永遠のフォウ”は島津冴子である
と言っていただいたことを、皆さんにご報告します。

ファンも監督も、フォウは島津さん以外ありえないと思っているわけです。これが故人である等の理由があれば仕方ないと思いますが・・・こんな低レベルな理由で決められていいものでしょうか?第1作の時に私は「まぁ最後まで観ないと判断出来ないので、2作目も3作目も劇場に足を運んでみるつもりです。」と言いましたが、今回の島津さんのコメントで決心付きました。

このままならもう劇場に行きません。

DVDもレンタルで済ませます。

かつてのキングゲイナーDVDの時の英断のように、今からでも島津さんで録り直すか、せめてDVD版では島津さんに戻すかしない限りあんな映画に価値は無いです。

少なくとも私は絶対に劇場に足を運びません。それがファンとして出来る数少ない意思表示ですから。

追記:
当初、このエントリには現在劇場版Zガンダムのフォウ役であるゆかなさんについて事実が確認出来ない噂話がありました。当初はそのような事を書いた私自身への戒めの意味であえて打ち消し線により残しておりましたが、誤解が生じるのを防ぐためには削除する方が適切と判断しました。

この事につきましては、お詫びして修正させていただきます。

投稿者 akindoh : 09:41 | コメント (8) | トラックバック

2005年08月17日

佐野元春さん、いらっしゃい!

ITmediaの記事「レコード会社を離れ、iTunesに向かう日本のアーティスト」をご覧になった方は多いと思います(ウチ来てる人で見てない人居ないとは言わないが、少数派だろうな(笑))

 ソニーミュージックなど、Apple ComputerのiTunes Music Storeに参加していないレコード会社と契約している日本のミュージシャンが、レコード会社に反発し、先週日本でスタートしたiTunesで自分の楽曲を提供しようとしている。

記事中にこのようにある通り、色々なアーティストで動きがあるようです。その中でも佐野元春以前紹介した日経新聞の記事中にも「何を使って聴くかは個人の自由。聞く人がいるところには僕の音楽を届けたい」という発言が紹介されており、iTMSへの参加が期待されていた。すると・・・

佐野元春キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!

時間的にまだミュージックストアのトップには出てませんが、検索するとこれらが出て来ます。いやぁうれしいなぁ佐野。そういえば高校時代に音楽談義をしていた友達が佐野元春好きで、俺は浜田省吾が好きで、お互いにいろんな話題してたなぁ。そんな懐かしい思い出もあり、折角なのでシングルの「」を早速購入。

これが日本の音楽業界を変える一筋の光になりますように・・・

投稿者 akindoh : 00:37 | コメント (3) | トラックバック

2005年08月16日

「1/1コア・ファイター」見て来ました

というわけで以前話題にしたガンダム展GUNDAM 来たるべき未来のために」を見て来ました。本当は1/1コア・ファイターの写真を撮ろうとしたんですけど警備員に怒られますた。だって撮影禁止って無かったんだもん(笑)

まぁどんな展示物があるのか、というのはITmediaの記事を見ていただくとして・・・噂の「crash セイラ・マス」は本当に怖かったです(笑)子供が泣いてました。それ以外のモノについてはアートとしてこういう視点からガンダムを扱う事が出来るという事に、ただただ感心。入場料も安かった事もあって比較的満足でした。お客さんの数も多いし幅も広く、改めて20年以上続いている作品って凄いんだなぁと思ってしまいましたね。

で、やっぱり1/1コア・ファイターは息を飲みましたね。なんつーか実物大だとこんな感じなんだぁ・・・という感動ですかね。いつかどこかで1/1ガンダム(ハリボテで可)を展示してくれませんかねぇ(笑)そうそう、会場限定HGUC(1/144)ガンダムのクリアモデルは品切れですが、物販コーナーでは無料発送にて注文を受け付けていましたので今から行っても安心して買えます。

まぁその分プレミアは付きにくいでしょうけどね(笑)

投稿者 akindoh : 22:18 | コメント (10) | トラックバック

2005年08月14日

タミヤ・XBシリーズ「ホーネット」

今日は雨模様の合間を縫って日本橋散策をしておりました。色々見て回ってたんですが、某大型ホビーショップでコイツに目を奪われました。

タミヤ ホーネット XB 電動ラジコン【送料無料】タミヤ ホーネット XB 電動ラジコン【送料無料】

ホーネットそのものは以前紹介した通りですが、XB(エキスパートビルド)シリーズといって、完成品+プロポ等フルセットの製品でもホーネットが出ていたそうです。これが実売で15,000円前後だったのを目の当たりにして、本気で小一時間悩んでました(笑)懐具合を考えてギリギリ思いとどまりましたが普通にフルセット揃えるよりも明らかに安価だったので、今後も我慢出来る自信はありません(笑)

やっぱりああいうお店は危険ですね(お前だけ、というツッコミは禁止で)

投稿者 akindoh : 20:59 | コメント (2) | トラックバック

リモートコントローラー for iPod

以前書いた通り、iPodの純正リモコンは断線したまま使えなくなっています。その為ずっとLogitechの「Wireless Headphones for iPod」が欲しくて買えるようになったら即買おうと思っているのですが・・・アメリカの通販サイトでは売ってるのを見かけたものの、日本まで配送している業者が見つからず並行輸入は断念。となれば国内業者が取り扱うか、ロジテックの日本法人が販売開始するのを待つしか無い状態です。

まぁこの際待ってみようとは思ってるんですが、いい加減リモコンが無い状態が不便なので代わりに良いモノが無いかな・・・と思ってふと先日、ITmediaにて「リモートコントローラー for iPod」ってのが紹介されてたのを思い出したワケです。

Miyavix RECOIPD リモートコントローラー for iPodMiyavix RECOIPD リモートコントローラー for iPod

純正リモコンとほぼ同じようなモノですが、こっちはイヤホンが付属しないし1,470円(税込)と圧倒的に安いです。とりあえず「Wireless Headphones for iPod」が手に入るまでの代用としては良いかなぁと思って注文してみました。

8月下旬発売予定なので、入手したらレポートしたいと思います。

投稿者 akindoh : 00:21 | コメント (4) | トラックバック

2005年08月13日

DESTINY#43「反撃の声」

えーと、あれはもう駄目ですよね?(笑)>ユウナ

それはさておき(置くのかよ!)今回はMS戦たっぷりでしたね。冒頭のドムトルーパーのやりとり、ストライクフリーダム・インフィニットジャスティスデスティニー・レジェンドの戦い等、数多くの見所があったんですが・・・

1/144 HG ドムトルーパー1/144 HG インフィニットジャスティスMS IN ACTION ! ! デスティニーガンダム

終盤のネオの独白2人のラクスのシーンに完全に奪われました(笑)いや、良い傾向だと思いますよ。ストーリーとして面白いしMS大好き派も満足だし。でまぁそんな思いのまま次回予告でさらに「オレンジショルダーのハイネ隊ザク」や「おそらくイザーク専用機であろうパーソナルカラーのグフ」とか見所目白押しじゃないですか来週も。

そろそろ物語も終盤、ジブリールの言っていたレクイエムとはどうも反射衛星砲らしいですが・・・ヤマト世代には懐かしい響きだろうなぁ(笑)まぁとにかく前作に引き続きラストは宇宙が舞台となるんでしょうね。

そういえばウナトってどうなったの?

投稿者 akindoh : 22:17 | コメント (7) | トラックバック

2005年08月12日

ソニー「スゴ録」RDR-HX50その2

ソニー 160GBHDD搭載DVDレコーダー「スゴ録」 RDR-HX50【送料無料】ソニー 160GBHDD搭載DVDレコーダー「スゴ録」 RDR-HX50【送料無料】

先日購入したDVD+HDDレコーダーの「スゴ録」RDR-HX50ですが、数日色々と弄ってみたので気になった事を書いてみたいと思います。

実は別にスゴ録に関係ない話だったりします(笑)地上波の録画は上手くいっていたので特筆すべき事は無いのですが、問題はスカパーです。実は我が家のチューナーはHUMAXの「CS-5000」なんです。どうも調べてみたらコイツはコピーワンス番組の情報をしっかり拾ってくれるらしく、ウチのスゴ録ではものの見事にコピー禁止のマークが出ています。こうなるとCPRM対応のDVD-RWに移動(コピーでは無い)しか方法が無く、またそのDVD-RWから番組を抜き出して自分でCMカットも出来ないという感じです。

今まではMac用のTVキャプチャーBOX「CaptyTV」でキャプチャーしてたんですが、こいつはその辺の影響を受けていなかったようで何も考えずに録画してたんですが、どうもスゴ録を使って録画する場合には無視出来ない模様です。じゃぁどうすれば良いのかと調べてみたら方法はあるようです。ただまぁ色々とややこしい問題があるようで・・・(略

とりあえず明日にはその方法ってのが試せると思うので、結果次第ではご報告します(笑)

投稿者 akindoh : 16:59 | コメント (0) | トラックバック

復活「まんが日本昔ばなし」

俺たちくらいの年代、特に30代くらいにとっては土曜日の夜は・・・

まんが日本昔ばなしクイズダービー8時だヨ!全員集合

というのが定番だった人も多いと思います。まぁルパン三世パート3見てる人とか、おれたちひょうきん族とかって人も居たとは思いますが、上記のようなTBS系ぶっ続けというパターンもありえたというのが既に今は昔。でもそのうちの1つ、あの名作「まんが日本昔ばなし」が復活するそうだ。日刊スポーツによると・・・

 新放送は10月19日スタート。新作ではなく、初期の名作を選んで放送する。毎日放送の丸谷嘉彦プロデューサー(58)は「人気もあり、評価も高い番組はそうない。今の子供たちにも、同じものを見てもらいたいと思った」と説明した。
(中略)
 番組は75年から94年9月まで、全39シリーズ、計952回(レギュラーのみ)放送された。現在は、後期作品を中心に全60巻120話がビデオ化されているが、残り1347話は未収録。今回は75年1〜3月の第1シリーズから集中的に放送するため、ビデオ未収録作品に茶の間で触れることができる。

『まんが日本昔ばなし第1集』『まんが日本昔ばなし第1集』

というわけで最初のうちは新作では無いそうですが、ゴールデン枠での復活ですから月に1本くらいでいいから新作増やして欲しい気もしますが・・・「常田富士男」さんや、日本が誇る最強のメイド「市原悦子」(笑)さんも大変だろうし・・・旧作だけでも山ほどあるから飽きる事も無いかなぁ。

ま、個人的には娘たちに安心して見せられる番組が増えてラッキーかなと(笑)

投稿者 akindoh : 14:09 | コメント (4) | トラックバック

AG-V03「ブルーティッシュドッグ」

以前購入したアクティックギアシリーズ第3弾「ブルーティッシュドッグ」です。しかしまぁこれだけの精度のモノが簡単に手に入る今の世の中は良いモンですね。

投稿者 akindoh : 01:49 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月10日

ヤマダ電機がヤフオクにも進出

nikkeibp.jpの記事によると・・・

 ヤマダ電機は8月10日、ヤフーのオークション・サイト「Yahoo!オークション」で、商品の販売を開始した。専用ブースを開設し、DVDレコーダー、デジタルカメラ、ノートパソコンなどを出展している。
(中略)
 今回Yahoo!オークションに開設した専用ブースも、ヤマダ電機WEB.COMの新コンテンツとして位置づける。8月11日からはヤフーの協力を得て、 Yahoo!オークションでの入札数、現在価格、残り時間などの状況を、ヤマダ電機WEB.COMの各商品ページでリアルタイムに確認できるようにする。

という事で、なんと自社の通販サイト以外にもヤフオクにて販売を行うそうな。さっきちょっと覗いて見たんですがオークションといえど最低落札価格をキッチリ設定しているので原価割れするような安さでの購入は無理の模様です(笑)

まぁそれでも、もしかしたら店頭価格よりも安く買えるかもしれないですし、同じ値段だとしても客の目に触れる機会が増えるのはいい事でしょうね。

ただねぇ・・・多分「英文字は大文字で」と統一してるんだろうけどさ、IPODってのは辞めてよ(笑)

投稿者 akindoh : 17:02 | コメント (2) | トラックバック

2005年08月09日

ソニー・ミュージックエンタテインメントの癌

2ちゃんねるのビジネスニュース+板「【iTMS】日本版iTunes Music Store、サービス開始から4日で100万曲販売 [08/08]」スレにて本日の日本経済新聞の記事が転載されていました。長いので追記部分に載せますが・・・今回は本気で呆れました。まず呆れる前にすばらしい方のコメントをご紹介しましょう。

「iTMSのビジネス規模を考えると価格にこだわる必要は無い」(コロムビアミュージックエンタテインメントの広瀬禎彦社長)

この方は以前も日本経済新聞のインタビュー記事にて色々と良い事をおっしゃってます。・・・で、一方呆れた方というのは

「価格決定権は譲れない」。SMEJでデジタル関連事業を統括する秦幸雄コーポレート・エグゼクティブの決意は固そうだ。

この秦ってのがどうもSMEJの癌の模様。というのもコイツはかつてiTMSが米国でスタートした直後にこのような語録を残してくれています。

秦「スタート時に好調だったと伝えられているのは、もともとアップル社に対するロイヤリティが高かったユーザーが、開始と同時に飛びついたという感じですよね。インターネットで音楽を手に入れるという形は、今までファイル交換などでほとんどが無料で行われていましたが、お金を払ってくれるようになったという点では注目しています。ただ、数字的には最初をピークにどんどん落ちてきていますし、アルバムのダウンロードで考えるとそれほど多い人数ではないんですよ。レーベルゲートと同じくらいじゃないでしょうか。
 iTunesが日本の音楽配信と違うのは、ダウンロードした音源をCDにコピーできることです。ダウンロードが比較的簡単で、パソコンの外に楽曲を持ち出せるという点が、日本では不足している部分なんですね。ですから、ああいうやり方をすれば、初動とはいえあれだけ売れるんだな、というのが率直な感想です」

秦「もともとはタダで手に入れていたものですからね。ユーザーにとっては、音楽を楽しむ対価として、それほど安いという感覚はないと思います」

よーするに「ユーザーはタダで曲を手に入れている泥棒」という認識なわけですよ。おまけにiTMSは単にアップル信者が飛びついただけで今後は売上も落ちていくという見解だったわけです。

ところが結果はどうかと言うと、アップル信者どころかアップルへの忠誠度など無いWindowsユーザーですら音楽を楽しみたいというiPodユーザーが多数利用し、いまや全世界規模では1日に150万曲の売上を記録し、トータルで5億曲を超える売上です。そして市場が違う日本でも同様に素晴らしいスタートダッシュをしました。既にアップル信者だけのものでは無い状態ではどんな言い訳をしてくれるんでしょうね秦サン(笑)

もっとシンプルに言うとですね・・・「売れる店に商品並べない経営者は能無し」ですよ。iTMSは売れる店です。そこに楽曲並べないなんて何考えてるんですかね。この一点だけを見ても秦は能無しと言い切っても過言じゃないでしょう。

SMEJはさっさとこの癌を切除しないと、本気で手遅れになりますよ(笑)

参考資料:
日本経済新聞 2005年8月9日 企業2面13版より

音楽配信元年 アップル上陸 −上−

◆巨大市場揺り起こす  〜価格決定権巡り攻防〜

 米アップルコンピュータによる世界最大の音楽配信サービス「iチューンズ・ミュージックストア(iTMS)」が日本で始まった。米国に比べ出遅れていた国内の音楽配信を一気に後押しし、音楽を楽しむ手段が多様化する。レコード会社や音楽事務所、ミュージシャンなどの力関係を変え、音楽産業の構造を一変させる威力も秘める。
 「購入に必要なのは数回のクリックのみ」。アップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者(CEO)は4日、iTMS開始の発表で最大の利点を何度も強調した。自宅のパソコンで新譜や旧譜をダウンロードし、携帯音楽プレーヤーなどで楽しめる。

−100万曲を突破−

 4日のサービス開始からの4日間で販売曲数は百万曲を突破した。アップルの強みはプレーヤーがすでに普及していることだ。同社の「iPod(アイポッド)」シリーズは国内の累計販売が百万台を突破している。
 iPodの持ち主はこれまで事実上、音楽配信を利用できないため、パソコン経由でCDなどから音楽を取り込んで聴いていた。半ば死蔵されていた機器がiTMSの開始で一気に本来の機能を発揮することになった。
 一台当り百曲を購入した場合、単純計算で百五十億〜二百億円の売上げになる。野村総合研究所は2004年度に八十億円だった国内市場は05年度に2.3倍の百九十億円に伸びると予測する。「知名度の高いアップル参入で音楽配信が特別なものではなくなる」(オリコンの小池恒社長)。既存配信会社も市場拡大に期待する。

 アップル効果は価格にも波及した。iTMSに楽曲を提供する東芝EMI、エイベックス・グループ・ホールディングスなどは一曲当り200円以上だった価格を150円〜200円に設定することで合意。他の配信サービス向けの価格もiTMSと同じ価格帯に下げた。
 昨秋から各社別に具体化したアップルとレコード会社の交渉は決してスムーズに進んだわけではない。「当初は春にiTMSサービス開始を予定していたが、価格の詰めで難航した」(大手レコード会社役員)
 音楽配信の価格はレコード会社など楽曲の権利を保有する側が決めるのが国内の慣例。従来の価格水準に固執したと見られ、米で99セント(約100円)で配信するアップルとの主張の隔たりは大きかった。

−リスク少なく−

 最後はiTMSの「規模」が多くのレコード会社を説得した。在庫などのリスクが少ないことが音楽配信の特徴で、減少を続けるCD販売の収益を補うにはいずれは本格的に始めざるを得ない。「iTMSのビジネス規模を考えると価格にこだわる必要は無い」(コロムビアミュージックエンタテインメントの広瀬禎彦社長)
 とはいえ国内最大手のソニー・ミュージックエンタテインメント(SMEJ)は今回、楽曲の提供を見送った。
「価格決定権は譲れない」。SMEJでデジタル関連事業を統括する秦幸雄コーポレート・エグゼクティブの決意は固そうだ。
 約四ヶ月遅れのうえ、SMEJ抜きでの見切り発車を余儀なくされたiTMS。価格は150円と200円という複数価格制を世界で初めて採用せざるを得なかった。アップルは今後もSMEJなどとの交渉を粘り強く続けることになる。

日本経済新聞 2005年8月10日 企業2面13版

音楽配信元年 アップル上陸 −下−

◆邦楽 出遅れ懸念  〜権利複雑、調整難しく〜

 4日、東京都内で開いた米アップルコンピュータの音楽配信サービス「iチューンズ・ミュージックストア(iTMS)」発表会。客席でアップルのスティーブ・ジョブズ最高経営責任者の講演に聴き入る著名なロックミュージシャンがいた。
 佐野元春氏。既にソニー・ミュージックエンタテインメントとの専属契約を打ち切った同士はiTMSで今後楽曲を配信することを決めたのだという。「何を使って聴くかは個人の自由。聞く人がいるところには僕の音楽を届けたい」と明快だ。
 iTMSにはこのほか、B’zやCHAGE&ASKAらがアーティスト主導で大量の楽曲供給を決めた。大物アーティストが直接iTMSなどと配信契約を結ぶ事態は十分考えられる。
 iTMSへの楽曲供給を当初は見送ったビクターエンタテインメントはサザンオールスターズという大物アーティストのCD販売元だ。だがサザンの所属事務所であるアミューズは「近いうちにiTMSを含む各種配信サービスでサザンなどの所属アーティストの曲を買えるようにする」と話す。その際「レコード会社の決定に自動的に従うということではない。事務所とレコード会社、配信業者の間で新しい権利関係を作りたい」という。
 サザンのような大物の場合、マスターテープを使ってビジネスを展開する権利である「原盤権」を事務所・アーティスト側が握っていることが多い。その気になればレコード会社を飛ばして直接配信サービス業者とインターネット配信契約を結ぶことも可能なのだ。アミューズはそうした立場を最大限活用しつつ、レコード会社との連携も維持する「第三の道」を模索する。
 ネット配信という新しい流通手段の広がりとともに、レコード会社、アーティスト、その所属事務所など業界関係者の力関係は大きく揺れ動き始めた。
 米国では通常、原盤権をレコード会社がすべて握っている。日本の場合はレコード会社、アーティスト、その所属事務所などが楽曲によって色々な比率で原盤権を保有している。
 アーティストもレコード会社も、過去の契約ではネット配信の存在を前提としていなかった。このため、配信を許諾する権利がどちらにあるのか、また配信した場合の権利者間の利益配分率をどうするか、などを巡ってもめるケースが増えている。ネットはCDよりも生産・流通コストが安いことからアーティスト側はCDより大きい利益配分を求めているのだ。
 iTMSでの音楽配信に乗り出したレコード会社も解決策を探る。コロムビアミュージックエンタテインメントは7月、自ら芸能プロダクションを設立した。広瀬禎彦社長は「歌手や作詞・作曲家など音楽関連のタレントを育成する。楽曲だけでなく肖像権などを統合的に管理、ネットを使った音楽サービスを優位に進める」と狙いを説明する。
 利益分配を巡る一定のルールが定着しなければ、人気があるのに配信では買えない国内アーティストが残る可能性がある。「邦楽がバスに乗り遅れる形になり、洋楽の国内音楽市場でのシェアが再び高まる事態もあり得る」(広瀬社長)との懸念も出ている。

投稿者 akindoh : 11:11 | コメント (9) | トラックバック

2005年08月08日

iTMS日本版、4日で100万曲を販売

 アップルコンピュータは8日、先ごろにオープンした同社の日本版iTunes Music Store(iTMS)が、サービス開始からわずか4日目で100万曲を販売したことを発表した。

CNETによると上記の通りです。ちなみにiTMSそのものがスタートしたときは1週間で100万曲だったそうです。

一方、アホみたいにムキになって「愛のメモリー」で張り合ってたmoraはasahi.comの記事によると・・・

Moraのダウンロード数は今年3月の1カ月間で37万曲だ。

えーと・・・大人と子供の喧嘩ですな(笑)

追記:
同じくCNETによると・・・

現在Moraの月間ダウンロード数が約45万曲(2005年6月現在。ちなみにiTMSは全世界における1日のダウンロード数が約150万曲だ)

という事なので数字は多少変わるが、それでもmora半月分でiTMS1日分でした(笑)

投稿者 akindoh : 09:35 | コメント (4) | トラックバック

DESTINY#42「自由と正義と」

というわけで、帰省モードだった為にじっくりと見ていません・・・つか今見てます(笑)そんなわけで激しく今更感があるので軽く流す程度に。とりあえず・・・

ノシ

投稿者 akindoh : 01:00 | コメント (2) | トラックバック

ソニー「スゴ録」RDR-HX50

つーことで嫁実家へ帰省してまいりました・・・ええ、俺だけ大阪に帰りましたとも(笑)仕事しないと行けませんしね。代わりに自由時間増えますが(笑)まぁ2週間程度の話なんでそこは適当に。

で、その嫁実家の近所に某家電量販店がオープンしたらしくオープニングセールやってまして、表題の「スゴ録」RDR-HX50が税込み36,800円で売ってました。

ソニー 160GBHDD搭載DVDレコーダー「スゴ録」 RDR-HX50【送料無料】ソニー 160GBHDD搭載DVDレコーダー「スゴ録」 RDR-HX50【送料無料】

少し前からHDD+DVDレコの購入を検討していた我が家、コイツで決定となりまして・・・嫁実家からお持ち帰りして来ました(笑)まぁ帰りは高速バスだったもんで、持って歩いてませんが。そんでまぁ先ほどセッティングを完了し、あとはEPG(電子番組表)の受信待ちです。

デジタルARENAの記事等では比較的良い感じっぽいので、実際に使ってみてから感想書いてみたいと思います。

投稿者 akindoh : 00:40 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月06日

こどもびいる

 茶色の瓶から注がれる黄金色の液体に白い泡。見た目はビールそっくり、でも中身はリンゴ味のようなノンアルコール炭酸飲料の「こどもびいる」がじわじわと人気を広げている。

こんな記事が出ていたんですが、このこどもびいるってのが結構人気らしい。

「こどもびいる」330mL24本(1ケース)「こどもびいる」330mL24本(1ケース)

へぇ、ちょっと面白いな(笑)確かに子供の頃ってビールは苦いし大人が飲むものって言う思いがあって、でもなんとなく背伸びして飲んでみたいという気持ちだけはあるってシロモノでしたからねぇ。ちょっとしたごっこ遊びの延長だと思えば確かに人気なのも分からないでもないな。

娘に買ってやろうかな(笑)

投稿者 akindoh : 15:02 | コメント (2) | トラックバック

2005年08月05日

i(愛)のメモリー

昨日もちょっとお知らせした松崎しげる「愛のメモリー」がiTMSにて妙な人気を得ている件ですが、そもそもの発端には2種類の説があります。

まずは「大塚愛」の曲を探そうと「愛」で検索してたら「愛のメモリー」がひっかかり、それを面白く思った人が買ってたら初期のランキングに出てきたというものと、cstmtdcさんで紹介されている初期のバグ(というかリンクミスか?)により松崎しげるのアルバムが表示されるという事があった・・・という2つの説があり、このへんは詳細不明なところです。

どっちにしても、一度ランキングに顔を出したのが事の始まりです。そもそも歌唱力には定評がある松崎しげる、「愛のメモリー」も元々名曲です。しかしCDを買うか?と聞かれると今更・・・というのが正直なところ。しかしそこはiTMS、1曲単位で買えて150円。さらに松崎しげる本人の親しみやすいキャラクターも手伝ってか「じゃぁ記念に買うか」という人がどんどん出てきました。

そして2ちゃんねるでも「愛のメモリーを1位にしよう!」という祭状態となったわけです(笑)そう、主な勢いの理由としては毎度おなじみ「2ちゃんねる」なわけです(笑)まぁそれでも名曲を購入するという事は何も悪い事は無いですし、私個人も非常に楽しんでいました。その後は「松崎しげるエディションのiPod」の画像をコラージュする人とか出てきてかなり楽しい展開になっています。

背景にはそういう事情があったのが今回の「愛のメモリー大人気騒動」なわけですが・・・なんつーか、恥も外聞も無いというか、「お前ら何も理解してないだろ?」というか・・・そう言いたくなる事が。

mora

これは一昨日まで最大手だったMora(モーラ)が先ほど出してきたものです。とりあえず聞きたい、その話題沸騰ってどこで話題沸騰ですか?と。3バージョンあればiTMSに勝てるんですか?と。

いやね、正直アホらしくてコメントのしようがありません。やるならもっと高い次元で勝負すりゃいいのに。2ちゃんねるの祭に踊らされる程度だから駄目なんじゃないの?価格改定だって結果としてiTMSの後追いでしょ?後発のさ。

同じ商売してたのに、こういう出来事が無かったという事実を冷静に分析すべきだと思うんですけどねぇ・・・

追記:
その後・・・

Mora2

こう変わり・・・

Mora3

19時現在はこうなってます・・・本当にアホですね。

投稿者 akindoh : 16:41 | コメント (2) | トラックバック

iTMSがスタートしてみて

一昨日までは国内最大手だった音楽配信サイトのMora(モーラ)ですが、こちらにもある通り、従来までは携帯プレイヤーにも3回まで、CD-Rへの書き込みは一切不可能という感じでしたが、ASCII24によりますと・・・

楽曲配信ルールは、7社共通となり、対応デジタルオーディオプレーヤー(PD)への転送は無制限、音楽CDへの書き込みは10回となる。

というわけで一部はあっさり陥落(笑)まぁそれでもまだまだだと思いますけどね。昨日のニュースは音楽配信の話題でもちきりでしたね。時をおなじくしてサブスクリプション・サービス(定額制)で有名になったナップスターも日本進出するとの報道があった事もあり、今年は音楽配信元年みたいな表現で報じられていましたね。

そうそう、iTMSに参加した国内15レーベルについてdokodemo.NETさんが調べていらっしゃいました。個人的にはサザンや嘉門達夫を擁するビクターは早く参加して欲しいものです。さらに誰もが期待しているのはソニーグループでしょう。これについてパースペクティブ・アイさんにてこのような記述が・・・

そうそう。もうSMEはiTMS対応準備を進めているようですね。そのうち発表になりそうだとか。

なんですと?

それが本当なら凄く面白い事になるじゃないですか。もったい付けずに早く発表して欲しいものです。

投稿者 akindoh : 13:50 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月04日

iTunesMusicStore Japan!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ついに来ましたね「iTunesMusicStore」(以下、 iTMS)私も10時のイベント開始時からずっとiTunesいじりながら待ってました。結局安定し始めたのはお昼頃でしたが、 その頃にはもう感動でおなかいっぱいでした。

報道としてはAV WatchCNETなど各社が報じていますが、 意外や意外。夕刊フジBLOGもなかなかの記事を提供してくれています。

 ジョブス氏は「日本からはエイベックス、そして世界のレコード会社の曲を合わせて、 まずは100万曲からスタートする」と発表。ステージに「1,000, 000」の文字が投影されると、再び会場から拍手が起きた。(10:20記)
 さらにジョブス氏は、iTMSおよびiPod、iTunesの特徴として、100万曲の中から簡単に目的の曲を探し出せる 「インスタント・サーチ」や「ポッドキャスティング」の機能を説明。 iTMSから曲を買えるギフトカードがビックカメラなどの量販店でも本日から発売されることも明らかにした。
 気になる1曲あたりの価格についてジョブス氏は最初「200円」と紹介したが、その後 「200円という価格は楽曲の10%だけ」とし、残りの90%は 「150円」で済むことを明らかにした。(10:31記)

100万曲、1曲150円・・・なんて力強い言葉でしょう。これです、これを待ってたんですよiPodユーザーは! というわけで早速色々検索・・・東京プリンが無いorz

ショボーンとしつついろいろ見てると、なんとウルフルズがiTMS限定ベストアルバム出してるじゃないですか! しかも26トラックで1500円!・・・ まぁ半分はメンバーのコメントですけどね(笑)でもいくつかの曲はオリジナルアレンジ版です。特別ファンでも無いですが、 これを買わねば男が廃る!と思って即購入。記念すべき最初の購入はウルフルズ「iTunes Originals」でした。

まぁそれにしても、国内のほかのサービスは1曲300円前後がほとんどですけど・・・ 今後商売になるんですかね(笑)確かにiTMSにはソニー系などラインナップの無いアーティストがありますが、 負けてから頭下げて参加するよりも早いこと参加するほうがいいと思いますけどねぇ。

余談ですがiTMSスタートから約2時間の14時現在、シングル売上ランキングの6位が松崎しげる「愛のメモリー」ですよ(笑)名曲とは言え今ごろこんなのが上位に来るのがiTMSですよ。 ちなみにアルバム1位は前述のウルフルズ。 元々人気も実力もあるアーティストですが今この時期にウルフルズのベストが1位を取るという事実を冷静に考えたほうがいいと思いますけどね。 iTMS用に新たに用意したという姿勢が支持されたというシンプルな理由に気付く・・・かなぁ、特にソニーさん(笑)

とにもかくにもやっと日本でもiTMSがスタートしました。今日から色々変わるでしょうね。

追記:
他にはASCII24MYCOM PC WEBiPod情報局などが報じていました。そんな折オリコンが値下げという報道が(笑)まぁこれはiTMSに参加してるレーベルによるものですが、 イメージとしては最悪ですよね(笑)値下げしたくらいで客呼べればいいですけど。

そうそう、松崎しげるの件は「【iTMS】松崎しげる「愛のメモリー」1位にするスレ」も勢いの原因の模様(笑)

投稿者 akindoh : 15:28 | コメント (19) | トラックバック

2005年08月03日

前日記念、iTunesMusicStoreのおさらい

というわけで勝手に明日スタートと決め付けて話を進めますが(笑)いよいよ明日8月4日に日本版iTunesMusicStore(以下、iTMS)がオープンになります。 とりあえず前言通りまずは東京プリンから買うとして(笑)iTMSってどういうものだったかをおさらい。

 iTMSはiTunesから利用出来ます。 iTMSはiTunesを起動すれば利用出来るようになってるので、iTunesだけで「楽曲の購入、演奏、 CD-RやiPodへの保存」が可能なわけです。

かつて最初の発表時に私が書いた文章ですが、 このiTunesがある事が他の音楽プレイヤーよりもiPodが勝っているポイントで、今まではこの中の購入が出来なかったわけで、やっと本来の力を発揮できるわけです。またIT Proにて詳細な説明がありまして・・・

 iTMSの楽曲配信制限は比較的緩い。最大5台のパーソナル・ コンピュータで使え,CD-Rに曲を記録する際は同じプレイ・ リストであれば最大7回まで記録でき,何回でもiPodへ転送できる。しかし,それは権利を買い取ったユーザーに限られる。 ユーザーIDとユーザー自身が設定するパスワードで認証をかけたときに上記の権利が与えられるのだ。 楽曲を買った人に不便を強いてはいけないとユーザーの立場に立って設定してあるものだ。
 5台のパソコンに認証をかけたあと,任意の権利を抹消することもできる。したがって,ユーザーは新しいホーム・ サーバーとなるPCを購入したような際に,権利を移行することができる。もちろん, ファイルは別のハードディスクにバックアップしておくことができる。こうした仕組みだから,ユーザーは安心して, 購入した楽曲をとことん楽しむことができる。
 しかし,権利を取得したユーザー以外が,楽曲をコピーして楽しもうと思っても,それはできない仕組みになっている。 違法なファイル流出を防ぐ仕組みが組込まれているわけだ。

これが一般人には受け入れられ、日本の権利ジジィどもに嫌がられたiTMSのDRM「FairPlay」なわけです。音楽を楽しもうとする人にとってほとんど障害とならず、違法行為には対処出来る制限の仕組みなんですが・・・ ここまで来るのに2年かかるとは思いませんでしたよまったく。多くの人が待ち望んだiTMS、 明日のオープンを私は子供のように待ち焦がれています。

明日はみなさんと一緒に「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」と叫びたいですね(笑)

投稿者 akindoh : 16:41 | コメント (0) | トラックバック

Mighty Mouse

寝ようかと思ってたところに飛び込んで来た新製品のニュースに、正直我が目を疑いました。アップルがマルチボタンマウス(機械的には1ボタンだけど機能的にはマルチボタン)の「Mighty Mouse」を発表しました。

Mighty Mouse

なんつーか「なんでMacは1ボタンマウスが基本だったのか」という基本的な事すら捨て去ろうとしてるんだなぁと言う事実にすげーショックを感じました。もちろんOS的にはマルチボタンに対応してたし、スクロールホイール等が便利な事も理解しています。でもそんなのサードパーティに任せておけばいいじゃん。自分自身がMac miniを買うとすれば多分純正キーボードを選ぶし、そうなれば純正でマルチボタンマウスがあるのなら多分間違いなくこれを買うでしょう。その方がデザイン的にもそろってて良いし。でも正直なんかヤだ。

MacOSXへの移行、Intelチップ採用・・・過去に色々な変化があり、そのどれもが受け入れる事が出来た私ですが、このマウスだけは複雑です。純正のデザインかつ使い勝手でうれしい反面、基本は1ボタンマウスであった意味はもう今日この瞬間から終わりを告げたんだなぁと。多分こんな事でショックを受けてる光景は、古くからのMac使いじゃない人には分からないだろうなぁ(笑)

そうそう、余談ですが・・・

Mighty Mouse © Viacom International Inc. All Rights Reserved.

アメコミで同名キャラクター居たな、と思ったらちゃんと許可取ってんだ(笑)

追記:
ただ、ショックでヤだし複雑だけど別に反対とまでは思ってません。ただ今日を持って「MacOSのインターフェイスは1ボタン前提のデザイン」は終わりを告げるんだろうなぁという感傷的な部分が大きいだけです。

多分間違いなく近い将来、本体バンドルも1ボタンマウスからこのマウスになるだろうし、未来のOSではマルチボタンが前提になってくるだろうし一般のソフトウェア開発者もそれを前提にデザインすると思えますからね。その端境期を目の当たりにした気分って感じですかね(笑)

さらに早くもCNETには記事も出てまして・・・

今回発表された「Mighty Mouse」は、Mac登場以来21年ぶりの「快挙」といえる。

・・・まぁ快挙かどうかは知りませんが、Mac登場以来変わらなかったものが変わったというのは事実ですね。

投稿者 akindoh : 00:47 | コメント (4) | トラックバック

2005年08月02日

悪魔城ドラキュラ〜蒼月の十字架〜その2

NDS 悪魔城ドラキュラ〜蒼月の十字架〜(新品)NDS 悪魔城ドラキュラ〜蒼月の十字架〜

さて、発売まで約3週間となった「悪魔城ドラキュラ〜蒼月の十字架〜」ですが、久々に公式サイトを覗いたらゲームシステムの紹介がされていました。 まぁパッと見た感じでは前作「 暁月の円舞曲」あたりのシステムとほとんど同じですね。2画面の活用は微妙なところですが・・・まぁそこはさておき。

とりあえず私は既に予約済みですが(笑)DSで良質のアクションを探している方は是非どうぞ。

投稿者 akindoh : 16:30 | コメント (0) | トラックバック

Apple Store Shibuya

2月頃に 「次は渋谷」というアナウンスが出ていたApple直営店の「アップルストア」 、正式に8月6日オープンという記事が出ていました・ ・・まぁ昨日の記事ですけどね(笑)とりあえずエントリに書いておかないと、 後から見返した時に不便なもんで(笑)

ええ、ほとんど自分用メモです(笑)

投稿者 akindoh : 16:02 | コメント (0) | トラックバック

2005年08月01日

ウルトラマンマックス第5話

「出現、怪獣島!」
出ましたねぇレッドキング。 相変わらずのデザインと鳴き声でオッサンちょっと感動(笑)ただ「装甲怪獣レッドキング」 ってネーミングはどうかなぁ(笑)

どくろ怪獣 レッドキング どくろ怪獣 レッドキング 

ただ、エピソードとしては良い感じですね。オリジナルレッドキングの 「怪獣無法地帯」的舞台設定(多々良島→怪獣島)と「怪彗星ツイフォン」 的な体内設定(水爆→爆発する岩石)を上手い具合でミックスした感じでした。 あとは最後に出てきた「飛膜怪獣パラグラー」もレッドキングが倒してマックスとの対決で終わる・・・ というオマージュで終わると多分もっとファンになると思います(笑)

この調子だと第11話 「バラージの預言」アントラーは期待出来そうだな(笑)

投稿者 akindoh : 10:59 | コメント (0) | トラックバック

TOP | はじめに | ダウンロード | リンク