« 2006年05月 | メイン | 2006年07月 »

2006年06月30日

AG-V09「ファッティ」

出たよ出ましたよ、おデブちゃんこと「ファッティー」が。

思わず降着ポーズを取らせて見たんですが、この安っぽい色合いがまた良い!出来もシリーズでも屈指かも。まぁスワンピーグラッグやターンピックなどの細かいギミックが無いというのもありますが、足首の前半分が可動したりしてポージングが非常に取りやすい。思わず10機くらい揃えたくなる妙な魅力があります。

まぁ「バニシングクエント」買うんで2個になるのは確定なんですけどね(笑)

FATTY

装甲騎兵ボトムズ ファッティー AG-V09
装甲騎兵ボトムズ バニシングクエント AG-EX06

ちなみにまだ馬肉ことバニクエセットは俺の手元に届いてませんorz

投稿者 akindoh : 14:45 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月28日

レッドブル、翼をさずける

なんかCMで見かけるので試しに飲んでみました(笑)

Wikipediaによりますと、なんでも「オーストリアで製造されている炭酸入り栄養ドリンク」だそうだが・・・日本で見かけるようになったのって最近ですよね?まぁここんところ暑くてバテそうだったので購入。

感想は「あぁそういえば昔駄菓子屋で買った、一袋10円のジュースの素って水に溶いて飲むとこんな味したよねー」って感じ(笑)そんな感想を嫁と言い合ってました。

ま、美味しいのは美味しいですよ、高いけど(笑)

投稿者 akindoh : 23:57 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月27日

「ニンテンドーDS Lite」新色はピンク

Nintendo INSIDEによりますと、ニンテンドーDS Liteの4種類目になる新色はピンクになるそうだ。

ブログ「ゲームの裏話」の記事によれば、大人気のニンテンドーDS Liteにいよいよ新色としてピンクが登場するそうです。発売日は『しゃべる!DSお料理ナビ』に合わせて7月20日となります。女性の購入層が多そうなこのゲームにはピンクは追い風になりそうです。

"しゃべる!DSお料理ナビ" (任天堂)

個人的にこのお料理ナビは気になってるタイトル(売れ行きがね)なのでこの新色は歓迎したいですね。

・・・ブラック期待してた人には残念ですが(笑)

追記:
正式にノーブルピンクが発表されました。

投稿者 akindoh : 20:32 | コメント (5) | トラックバック

2006年06月26日

「世界の重要でない10人」に久夛良木氏が選出

Engadget Japaneseによりますと、Business 2.0誌が選んだ「世界の重要でない10人」に日本人からただひとりSCE 久夛良木 健氏が選ばれたそうだ。この選出理由について2ちゃんねる「久夛良木氏、CNNの「重要ではない10人の人たち」に見事に選ばれる」スレにて意訳したものがありました。

123 名前: 番組の途中ですが名無しです [sage] 投稿日: 2006/06/26(月) 02:27:59 ID:FgbYI7Or0
超意訳。

久夛良木 健
Sony Computer Entertainment 社長

あなたはBetamaxの大失敗を覚えているだろうか?ソニーはどうやらきれいさっぱり忘れてしまったようだ。
ソニーのテレビゲーム機・プレイステーションを統括する久夛良木氏の下、ソニーは次世代ビデオディスク規格のBlu-Rayを偉大なるDVDの後継者にすべく新たなるフォーマット戦争を仕掛けようとしている。
だが不幸にもBlu-Rayをリビングルームへと導く尖兵となるはずであったPlayStation3の発売は数ヶ月に渡って延期され、しかもMicrosoftや任天堂の対抗機種に比して数100ドル以上も高価なものになってしまった。??その理由の多くはBul-Rayのような唯一無二の技術をいくつも詰め込んでしまったためだ。
そしてこの遅延と価格差はPS3とBul-Rayの双方を早くも敗者の席へと導こうとしている。
しかし問題は他にもある。詳しくはWarren Lieberfarbの項で…。

やっぱり理由はPS3とBlu-Ray。まぁ当然だろうな(笑)

追記:
ついでにサンスポの記事なんですが・・・

「(将来性の薄い)迷子のような製品でも、可能性のあるものは見捨てず続けさせたい」

と、ストリンガー会長はおっしゃってるんですが、これはやっぱりPS3の事ですか?(笑)ただねぇ・・・

「高額でリスクが伴うが、発売時期を乗り越えれば他社の安価なゲーム機は恐れるに足りない」

その発売時期が越えられない気がするんですが(笑)

投稿者 akindoh : 13:43 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月25日

「奇才、鬼頭理三監督」三たび

まぁ毎度毎度のネタになってる奇才こと、鬼頭理三監督がこのたび舞台を初演出する事になったそうな。まぁとりあえず作品についてはこちらをご覧頂くとして、結構有名な映画に参加しております(最近だとトリック2ですかね)

ま、120%宣伝告知なんで(笑)ご興味のある方は是非見に行ってくださいませ。

「霧薔薇」
日時:7月26日(水)19:00〜
     27日(木)19:00〜
     28日(金)19:00〜
     29日(土)14:00〜 19:00〜
     30日(日)13:00〜 18:00〜
場所:池袋シアターグリーン BOX in BOX
脚本:西永貴文(猫☆魂)
演出:鬼頭理三
出演:佐伯太輔・鈴木舞花・三宅重信・滝沢涼子・矢縄沙弓 ・粕谷佳五・嶋沢ひろみ(劇団前方公演墳) ・菊川浩二(劇団め組)・辻雄介・堺沢隆史(猫☆魂) ・三枝俊博・長田奈麻(ナイロン100℃)・松本恵理(スパニッシュゴーギャン)

で、毎回書いてるけど大阪でやれとあれほど(ry

投稿者 akindoh : 10:30 | コメント (0) | トラックバック

ザ・ラストレッドショルダー勢揃い

先日購入した3機セット、まだ組み立ててなかったので昨日やっと組みました。見返りにデザインナイフで左人差し指の腹を縦に切っちゃいました(笑)いや、笑い事じゃないんですけどね・・・痛いッス(笑)

RED SHOULDER

ちなみに左から「ムーザ機(ショートバレル)」「グレゴルー機(ハンドロケットランチャー)」「キリコ機(ヘビィマシンガン)」「バイマン機(ソリッドシューター)」です。いやはやこれで4人組が揃ったぞ・・・と思ったら「1stレッドショルダーキリコ機」なんてモノがラインナップに(笑)どうも野望のルーツ版らしいんですよね。そして9月にはリーマン機セットまで出るそうで・・・本気か?本気なのかタカラトミー!

・・・だったら早くタートルトータス)を出してくれよ!

投稿者 akindoh : 10:19 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月23日

パームアクション「蒼き流星SPTレイズナー」の第3、4弾は

パームアクション「蒼き流星SPTレイズナー」 ACT-1:レイズナー
パームアクション「蒼き流星SPTレイズナー」 ACT-2:ザカール

以前お伝えしたレイズナーのアクションフィギュアですが、残念ながら発売が9月に延びたそうです。まぁそれは仕方が無いとして、レイズナー・ザカールに続くSPTとして「グライムカイザル」と「ダルジャン」が出るそうだ。

物語前半に登場するゲイル先輩の機体と、物語後半に登場するゴステロの機体がラインナップにきましたねぇ。こうなったら死鬼隊のほかのMFとかも是非出て欲しいもんです。

そうそう、あとアクティックギアでも9月に地上用ファッティ発売決定だそうですよ(笑)>あくつさん

投稿者 akindoh : 18:58 | コメント (2) | トラックバック

W杯、日本は決勝トーナメントならず

まぁ色々と思うところはあると思いますが、とりあえず「お疲れ様」とだけ言いたいと思います。

投稿者 akindoh : 06:25 | コメント (4) | トラックバック

2006年06月21日

ニンテンドーDSブラウザーは7月24日発売

先日の発表6月の発売予定7月に延期された「ニンテンドーDSブラウザー」ですが、搭載予定のブラウザソフト「Opera」の会社であるOpera Softwareのサイト日本では7月24日発売と書かれていました。なお値段は3800円で変わらずです。

これまた以前お伝えした通り、DS用とDS Lite用の2種類でリリースされるものと思われます。

投稿者 akindoh : 23:10 | コメント (4) | トラックバック

2006年06月20日

FOMA用充電器“KBC-L1”

FOMA用 充電器 (リチウムイオン携帯アダプタ) KBC-L1

FOMA端末であるSO902iに機種変して以降、パケ・ホーダイの恩恵を多分に受けています。フルブラウザである「jigブラウザ」や2ちゃんねるブラウザの「iMona」により出先でのネットチェックは容易になりました。他にも表計算アプリや「風来のシレンGOLD」などのゲームも楽しめるので本当に助かります。そういう面ではmova端末であったpremini-IIと比較しての不満点を補って余り有る端末に思えます。

ところが多くの方が同じ思いをされてると思うのですが、能力に反比例して電池が持たないんですよね。昔に比べればかなりバッテリーも大容量化してますが、いろんな機能を使っていると本当に一日持たないんですよね。将来的には燃料電池等で飛躍的な改善が期待出来るとは思いますが、今現在では補助電池に頼るほかありません。

そういった製品の多くは乾電池を使用するタイプが多いのですがふとした拍子に上記の製品を見つけたんですよね。というわけで早速購入

KBC-L1

まだ本日届いたばかりなので具体的な感想はこれからですが、FOMA純正のACアダプタが使える等、非常に便利な製品だと思います。何よりコンパクトなのも嬉しい限りです(接続端子のサイズからわかると思いますが)また実勢価格も4千円切ってますし、お手頃なのも良い感じです。

後日改めて使用感をレポートしてみたいと思います。

投稿者 akindoh : 22:53 | コメント (0) | トラックバック

Still Crazy For You

Still Crazy For You (初回限定盤)(DVD付) クレイジーキャッツ & YUMING - Still Crazy For You - Single - Still Crazy For You

今週の無料ダウンロード曲はまだだったかな?とか思ってiTunes Music Storeを眺めてたら表題の曲「Still Crazy For You」が目についた。そういえばちょっと前にこんな曲が発表されてたなぁと思ってビデオクリップをプレビュー・・・ええやんこれ。

というわけで迷わず購入。それにしても楽曲とビデオクリップのセットって面白いなぁ。まぁバラ売りもして欲しいところだけど個人的にはどっちも魅力的だったので許す(笑)iTMSだとたった400円だし。そんでもって色々検索してるとデジタルARENAにて記事を発見。

 あれ……と、ここで気がついた。メンバーってハナ肇のほかにも何人か故人だったんじゃ……? 渡辺音楽出版株式会社のホームページを見てビックリ。谷啓(ボーカル)、植木等(台詞)、犬塚弘(ベース)、桜井センリ(ピアノ)、この4人は現役で参加しているんだけど、今は亡き、ハナ肇(ドラム、93年没)、安田伸(サックス、96年没)、石橋エータロー(ピアノ、94年没)、この3人の演奏は、過去のライブ音源からサンプリングして、組み合わせているんだって。クレイジーキャッツ全メンバーの共演になっているそうだ。そんなの曲を聴いたって分からないよ、とは思いながらも、そう思って聴くと、何だかちょっといいかも。うわ……、植木等の「お呼びでない?」の台詞もちゃんと入ってる……。

あぁ・・・まさに同じ感想だったなぁ(笑)高校生の頃からなもんで約15年くらいしかファン歴が無いのでサンプリング音源の聴き分けは出来ないんですが、何とも言えないものが。

良い機会だ、今週のヘビーローテーションはクレイジーキャッツで行くかな(笑)

投稿者 akindoh : 00:10 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月19日

アップルストア札幌

PC Watchによりますと、6/24に「アップルストア札幌」がオープンするそうな。

 アップルコンピュータ株式会社は19日、本社直営店として「Apple Store, Sapporo(アップルストア札幌)」を6月24日午前10時より開店すると発表した。

 営業時間は午前10時〜午後8時。住所は札幌市中央区南一条西3-8-20 QB札幌で、札幌駅前通り三越札幌店の隣に位置する。最寄り駅は地下鉄南北線、東豊線、東西線の大通駅(徒歩1分)。国内では銀座、大阪、名古屋、渋谷、福岡、仙台に次ぐ7番目の直営店となる。

個人的に札幌といえば、出張でたまたま札幌に来てた日に、札幌そごう前で号外を受け取ったら「そごう倒産」とあって驚きました(2000年7月12日だそうだ・・・もう忘れてたよ(笑))

そうそう、iBookのACアダプタ忘れて来たのでDo-夢に買いに走ったのも良い思い出。

投稿者 akindoh : 23:02 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月16日

ニンテンドーDS専用ソフト「ゲーム&ウオッチコレクション」

クラブニンテンドーというのは既にご存知の方も多いと思いますが、ソフトや本体に同封されてるシリアルナンバーを入力する事でポイントが貰えるという会員サービスなんですが、そのポイントは色々なオリジナルグッズと交換が可能です。以前はゲームボーイミクロ専用の「ファミコンIIコンバージョン」フェイスプレートがプレゼントされてました。

そんなプレゼントグッズに新たに9アイテム加わるそうですが・・・その中で個人的に気になったのが

ゲーム&ウォッチコレクション(500ポイント)
懐かしいゲーム&ウオッチが、ニンテンドーDS専用ソフトになりました。2画面が特徴のゲーム&ウオッチマルチスクリーンシリーズから、「ドンキーコング」「オイルパニック」「グリーンハウス」の3本を収録しています。

いやぁDSが始めて発表された時にまさにこのマルチスクリーンの事を書いたんですが、まさか本当に出るとは(笑)正直ゲームとしては今更な内容かとは思いますが、また期間限定とは書いて無いのに受付終了になったりしそうだし、後悔しないように受付開始の7/28になったらさっさと申し込む事にします。

なお、現在560ポイント所有・・・ちなみにまだDS Lite本体分は登録してません(笑)

投稿者 akindoh : 18:00 | コメント (4) | トラックバック

2006年06月15日

PS3コントローラにはセレクトボタンが無くなって・・・

Engadget Japaneseによりますと・・・

銀座ソニーのショールームに鎮座するPLAYSTATION 3。外観的にはあまり変更されていないはずのコントローラを拡大してみると……

旧セレクト(SELECT)ボタンの場所にはSERECTボタンが!

SERECT

これはソニーが銀座のショールームをリニューアルした時に、プレス公開日の6月2日のみ展示されたプレイステーション3の試作機の写真だそうです(RBB TODAYの記事にある写真も小さいですがLでは無いように見えます)

いやはや、もはや今世紀最高のネタハードですねプレイステーション3ってば(笑)あ、一応フォローとしてSCEの提供する宣材を見る限りではちゃんとLになってますよ。だから間違いなく正式な製品でもSELECTだと思います。しかしながら仮にもショールームがリニューアルしたお披露目の、しかもプレス公開日に展示するハードがSERECTだなんて何考えてんですかね。

さて、これを受けて早速2ちゃんねるにて面白いやり取りが。

201 名前: 番組の途中ですが名無しです [sage] 投稿日: 2006/06/15(木) 01:12:44 ID:tiOfhPtj0
総帥のお言葉
誰もselectボタンだなんて言ってないじゃないw

204 名前: 番組の途中ですが名無しです 投稿日: 2006/06/15(木) 01:16:15 ID:JN7FLzhp0
>>201
マジで言いそうw
じゃあ何のボタンなんですかって聞かれたら
でもそれがプレイステーション3なんだよね(笑)

この時代に生まれてよかった! 心から、そう思った(笑)

投稿者 akindoh : 12:07 | コメント (4) | トラックバック

2006年06月14日

久夛良木氏によるCellゲーム開始?

もう無いだろうと思ってた久夛良木氏の世迷言の第4弾がありました(笑)主にPS3心臓部のCellチップの家電利用についてなんですが・・・PS3が歴史的大敗を予想されてるのに、妄想語る前に他にやる事あるだろ?(笑)まず足場固めようよ。Cellチップの応用利用なんてその後の話だろ?と基本的なところをまず突っ込んでおいて・・・

【Q】 最大手の家電メーカーであるソニー自身に伝道したのではないのか。
【久夛良木氏】 ソニーは世界をドライブする立場だからね。でも、難しい。根付いた家電のネイチャー(文化)があるから。ソニーのエレキ(電器部門)は、いい意味で家電の一員で、長い期間うまくやってきた。だから、カルチャーを変えるのはなかなか難しい。ちょっと前まで、CRTを信じていた人たちだから。

【Q】 でも、ソニーは液晶TVについては、思い切った決定をして方向を転換した。
【久夛良木氏】 そう、(液晶は)ソニーがあれだけの決定をして、がらっと変わった。僕は、その時は(ソニーの)副社長の立場で自分で提案して自分で決済した。結果は、よかった。今、(液晶が)なかったら大騒ぎですよね。

まずCRT云々の話ですが、何か家電部門が妄信的にCRT支持してたように読み取れますが、昨年日経ビジネスの記事にはこう出てましたねぇ。

 今年の春先、ライバルメーカーの担当者の間では、「シンガポールの港に、ソニーのブラウン管の在庫が積み上がっている」(ある家電メーカーの幹部)との噂が流れていた。
(中略)
 一方、ソニーには外販先はなく、「事業を分離・売却したくても売り先もない」(メリルリンチ日本証券の栗山史アナリスト)。技術を囲い込んで儲かる事業構造だったが、今では柔軟性に欠け変化への対応が遅れている

確かにトリニトロンは良かったですし好きでした。今でもあの技術そのものは悪いものとは思いません。しかしながら時代の変化についていけなくなっていたのもまた事実。まさにソニーのお家芸だった小型化の流れに乗らなかったのが最大の原因でしょう。

だからといって事を急ぎすぎてサムスンの液晶を積んでおいて「技術のソニーでござい」はねぇだろ。それをもって誇ってる久夛良木氏について「ソニーの救世主」だと心底褒める人はいるだろうか?結局ソニーの看板つけた韓国製品でしか無いわけですからねぇ・・・どこに価値があるんだか。

そんな具合で兎に角、家電についての見当違いな見識を披露する久夛良木氏。それを使う家庭の主婦などの”普通な人”がどんなものを家電に求めているのかちゃんとマーケティングリサーチでもしてきたら?と思わず助言したくなるほどの勢い。まぁそこはどうでもいいとして最後に止めが・・・

【久夛良木氏】 むちゃくちゃかけてる。電源だけでも、値段をつけて売りたくなっちゃうくらい。また、(PS3を)開けると、「げっ、ここまで入っている」って言われるだろう。

「げっ、ここまで(放熱穴が)入っている」の間違いじゃ?(笑)

投稿者 akindoh : 09:37 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月13日

PDAIR Leather Case for Nintendo DS Lite

【液晶保護シート付いてます】PDAIR Leather Case for Nintendo DS LitePDAIR Leather Case for Nintendo DS Lite

以前ご紹介した「PDAIR Leather Case for Nintendo DS Lite」ですが、予告通り購入いたしました。送料込みで3,990 円(税込)でした。先日既にGAME Watchの「不定期連載 ゲームグッズ研究所【第62回】」にて詳細なレビューがされてましたが、私の方からは気がついた点をいくつか。

PDAIR1

まずはDSカードやGBAカートを一杯いっぱい収納するとこんな感じです。

PDAIR2

DSカードを収納した状態でもちゃんと閉める事は出来ます。個体差かもしれませんがこの状態でも結構ベルトがキツいです(笑)あとレビューにあったように・・・

ちなみに、DS Lite本体にGBAカートリッジを収納したままででも、ベルトをかなり強く引っ張れば何とかボタンを留められる。ただし、DSカード収納ポケットにDSカードを収めた状態では閉じられない。ここは素直にGBAカートリッジを取り外し、収納ポケットへ収めたほうがよさそうだ。

確かにGBAカートを刺したままでも引っ張れば何とかなるが、正直オススメしません。

PDAIR3

他にもレビューにあった通りSELECTボタンは本体固定用のアームがギリギリまで接近するため若干押しにくくなると思われます。しかしながら操作するにあたってホールド感は悪く無く、実際テトリスDSのマラソンモードで200ラインクリアにチャレンジしたところアッサリと出来ました。

色も選べますし、皮の質感が欲しい方にはオススメです。

投稿者 akindoh : 23:53 | コメント (4) | トラックバック

2006年06月12日

今日は何人が・・・

さて、本日は22時よりサッカーW杯「日本vsオーストラリア」がキックオフになりますが日本が勝てるかどうかは勿論気になる所ですが・・・勝った時にライン川に飛び込むバカ日本人が何人いるのかが気になってます(笑)ただ朝日新聞の記事によりますと・・・

 サッカー・ワールドカップ(W杯)の日本代表合宿地、独西部ボン市と地元警察が、日本の初戦、豪州戦を前に「日本が勝ってもライン川に飛び込まないで」とサポーターらに呼びかけている。02年日韓大会で日本が活躍した際は、サポーターらが大阪・道頓堀川に飛び込んでおり、市や警察はメディアなどから「今回も可能性がある」と指摘されていた。
(中略)
 ディークマン市長は「ライン川は流れが速く危険だ。飛び込みはもってのほかで、絶対にしないで」と警告する。ライン川は「父なるライン」と呼ばれる

かなり危険なようなので、地元に迷惑をかけないように絶対に飛び込まないで欲しいものです。

追記:
でも負けちゃぁどうにもならんなぁ。しかも得失点差-2って・・・今回のW杯はかなり厳しいだろうなぁ。

投稿者 akindoh : 19:24 | コメント (4) | トラックバック

2006年06月11日

WindowsマシンのHDDが壊れた

うーむ、困った困った。

サブマシンである自作機(Windows2000)のHDDが不調になり起動しなくなりました。幸い必要なデータはほとんど玄箱に逃がしてたんだけどいくつかのデータは巻き添えに。CHKDSKをかけるもどうにも復活せず。取り出してMac miniに外付けケースで繋いでも認識せず仕方なしに再フォーマットしてWindowsの再インストール。アップデートやらドライバのインストールやらでこりゃぁ今週中に復活すればいいかなぁってくらい。

バックアップはマメにしとかないとダメですなぁorz

投稿者 akindoh : 18:49 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月09日

久夛良木健の絵に描いた餅「PS3」

久夛良木氏の世迷言の第3弾です。ただ今回は前回前々回ほどのインパクトは無い・・・無いがやっぱり世迷言だったりします。

[Q] 日本はブロードバンド化が先行していたが、ワールドワイドの展開を考えると、構想が早過ぎたということか。
[久夛良木氏] ところが、そうこうしているうちに音楽で、アップルがe-Distributionを実現しちゃったじゃない。だから、こちらもいよいよかなと。

[Q] '99年の講演では、2005年頃にネットワークのコンテンツの時代だと語っていた。多少のずれがあるが、ほぼ予想通りか?
[久夛良木氏] まあ、そんなものだと思う。すでに、Apple Computerがここまでやっているわけじゃない。Googleだって当たり前にのように(ネットワークを)使っている。もう、目の前に来ている。ところが、Microsoftは、(Xbox 360は)ゲーム機だよと言って、ちょっと前のステップにいるんだよね。

昨日の2000ドル発言があるから、どうしてもアップルをリスペクトしての発言とは思えず、浅はかな後追いとしか読み取れない。ご自慢の「e-Distribution」構想とやらは単なる絵に描いた餅でしか無いのに、水面下で粘り強くレコード会社と交渉を進めて実現したアップルの事をどこまで分析して理解しているんだろうか。

[Q] 最終的にはPLAYSTATIONもネットワークのクライアントになるかもしれないけど、中期的には光学メディアでの配布が必要と考えているのか。
[久夛良木氏] 家庭用のTVで、これから2K1K(フルHD解像度)が表示できるようになる時に、それを十分楽しめるだけのビットコンテンツがサーバ側にあるという世界はまだちょっと難しい。だからBDは配布メディアとしては十分存在できる。
 また、産業界、流通界はそうじゃないとやっていけない。今、DVDのセールスが落ちて一生懸命次を見つけたいと皆思っているわけで、PS3は大ウェルカムだよね。フラットTV売りたい側からとってもPS3は起爆剤。でも、僕がまた、5年先みたいな(ビジョンの)話をしたら、みんな食えないじゃない (笑)
 でも、PS3の発売直後から当然のようにサーバーにつなぐ状態となったら、流れとして、そこ(e-Distribution)に行っちゃうと思う

「思う」という次元で進めちゃうんですね(笑)

そして散々謳い文句にしてたフルHD解像度を、ご自慢の「e-Distribution」ではまだちょっと難しいとおっしゃる。PS3発売当初から提供出来ないなら偉そうに言うなよ。iTunesMusicStoreは「今日からオープンします、まだ10曲しか売ってませんがインフラ整えば10万曲の品揃えにします」とか言ってたか?米国でのスタートですら20万曲だったぞ。日本版は100万曲だ。

確かにフルHD解像度のコンテンツと音楽ファイルでは差があるだろう。でもアップルは明らかに完成形になってからであり、この差は大きい。よーするにPS3でなければならないコンテンツを十分に提供出来ないような状況下ではただの寝言だ。そうもその辺を理解されてないご様子。

価格といい、戦略といい、全ての面で中途半端さが露呈してるんだよなぁPS3は。

投稿者 akindoh : 17:34 | コメント (0) | トラックバック

50万hit達成

40万から約5ヶ月ちょい、本日13時過ぎにカウンターが50万hitを突破しました。

とりあえずご報告まで。

投稿者 akindoh : 16:40 | コメント (1) | トラックバック

2006年06月08日

なんとも言えないわびしい気持ちになったことはあるかい?

“ORANGE”電気グルーヴ

表題はこのアルバムに収録されている5曲目のタイトルです。またこれは昨日お伝えした久夛良木氏の世迷言第2弾インタビューの続きを読ませていただいた私の今の心境です。何故そんな気持ちになったのか?まずは彼の発言をご覧下さい。

【久夛良木氏】 PS3は、家電としてみたって圧倒的に安い。でも、ゲーム機として見れば、じゃあPS2買おうかっていう話になる。そこには、“○○として見れば”という対象が必ずある。でも、PS3では、それがあっちゃいけない。僕らはもう、PS3はPS3と考えている

【久夛良木氏】 ゲームの(ビジネス)モデルはコンテンツとハードビジネス。もう1つ加えると、任天堂の時代はロイヤリティだった。でも、今回のPS3での僕らのメッセージはクリアだ。ハードはハード(でビジネスをする)

【久夛良木氏】 うん。ビジネスモデル的には、PS3で変わる。(コンピュータになると)ハードで損してロイヤリティでバランスを取るというビジネスモデルは成り立たない。PS3というコンピュータを皆で共有してもらい、その上で、ガンマンというかトップガンの(プログラマの)人に腕をふるってもらいたい。

この辺の発言について昨日まではどうしても「何言ってんだ?PS3は所詮ゲーム機だろ」としか思ってなかったんで論外だと思ってました。しかし彼の考えは全然こちらの予想とは違っていたんです。

【Q】 ゲーム機のモデルを抜け、Appleに近づくためには、ゲーム機としてではなく、PS3というコンピュータとして見てくださいとメッセージを打ち出す必要がある。
PLAYSTATIONをエンターテイメントコンピュータの代名詞に

【久夛良木氏】 そう。だからPS3を押し出している。PLAYSTATIONが、代名詞になるくらいにしたい

そう、彼は本気でPS3という存在を「携帯電話」や「PDA」や「TVゲーム機」や「PC」といった、他の何物でもない「PS3」という存在にしたいんだそうだ。

アホか。

もうね、怒りを通り越して哀れにしか感じなくなりましたよ。ゲーム機では無い、エンターテイメントの為の汎用コンピュータだ。その為にはオープンなものにするしロイヤリティで稼ぐというビジネスモデルにはしない。彼はそう言ってる。嘘つけ。

【久夛良木氏】 PSPが1つの例になる。日本では、任天堂さんのDSの世界が好調で、PSPは中途半端。だけど、アメリカやヨーロッパでは、PSPはコンピュータの世界に入っちゃっているから、草の根で何でも出てくる。色々なソフトウェアが出てきているし、アクセサリなども。だから、SCEIからはPSP向けにアクセサリさえ出すのやめよう、という声が社内から出るくらい。Macintoshのように、皆が好きに出すからと。PS3もそうなってほしいね。

その草の根のソフトウェアが起動する仕組みをことごとく潰していってるクセに何を言うか。日本ではPSPは惨敗って認識だけはあるのな(笑)そしてさらに

【久夛良木氏】 だから、Cellも規格をオープンにして、バルセロナ大学(スーパーコンピューティングセンター)にホスティング頼むとかしているし。Harrison (Phil Harrison氏。President, Sony Computer Entertainment Worldwide Studios)が、コンタクトしてきているミドルウェアメーカーさんが何百社にも上ると言っていた。そういう人たちがバリバリ動き始めると面白い。それに、javaも平気で動くからね。

【久夛良木氏】 うーん、それより、ソフト作った方がいいから順番で。経営的に言うとソフト作って何百万個も売った方がいいし。それに(ソフトウェア開発の)ガンマンっているじゃない。そういう人はコンピュータの世界にいる、彼らがやってくれるかもしれない

ソニーの命運すら握っているハードウェアの、肝心のソフトウェア戦略が他人任せですか。CONNECTプロジェクトの失敗からは何一つ学んでないんですな、この腐れ会社は。その上でとどめがこれ。

【Q】 SCEIのPS3ビジョンで競合するのは、Appleのように見える。

【久夛良木氏】 Microsoftよりは直接ビジョンが近いのはAppleだね。でも、競合よりというより、同じところにいて逆に楽しい。

iTunesもiPodも他人任せじゃありません。Apple好きでMacユーザーの俺としては憤慨モノです。また・・・

【久夛良木氏】 ジョブズ氏(Steve Jobs氏。CEO, Apple Computer)が、(PS3に)Appleのロゴをつければ、(ユーザーは)2,000ドルでもいいと言うと思う。でも、PLAYSTATIONブランドでは、それはできない。それが、PLAYSTATIONブランドとAppleブランドの、コンピュータにおける差でしょう。でも、PS3は PLAYSTATIONブランドであるがゆえに、PLAYSTATIONとして売れると思う。

ジョブズなら「こんなゴミは要らない」といって窓から投げ捨てるよ。実際に20周年記念Macは窓から投げ捨てたしな。Appleが生み出したモノで他人任せで成功したものは無いぞ。そしてそんなものを2000ドルで売るなんて事も、少なくとも今のジョブズなら絶対にしない。正直に言ってみろ、お前客を馬鹿にしてるだろ久夛良木

さて、ここまで書いた上で最初に話を戻すが、どうも久夛良木氏は本気でPS3はコンピュータとして売ろうと思ってるらしいという事がやっと俺にも理解出来た。でもその上であえて言う。

だったらPC買う。

PS3に出来てPCが出来ない事は無いぞ。だったらなんでこんなHDD容量も、OSも、BD再生も、HDMI出力も、価格も、戦略も、全てが中途半端なガラクタを誰が買うんだよ。そう考えてくるとこの男は本気でソニーを潰しかねないですね。あーあ、ソニーも近いうちに終了かぁ・・・と思ったら表題の気持ちになったわけです(笑)

もうね、PS3というかソニー社員の全ての方が可哀想ですよ、はい(笑)

投稿者 akindoh : 16:16 | コメント (5) | トラックバック

2006年06月07日

そしてDSとWiiについて

別エントリでもちょっと触れましたが本日、任天堂の経営方針説明会が開催され、そこで新たな事が色々と発表されたそうだ。どちらもファミ通.comの記事になりますが・・・まずはニンテンドーDS関連

まぁ流石に私はポケモンはしませんが(笑)子供にはバカ売れでしょうねぇ。しかもポケモンの魅力である収集と交換が全国・全世界レベルで可能なんですからねぇ。あと個人的にはワンセグは早く出して欲しいです(笑)会社の机の上で手軽に見れるTVが欲しいんですよ(笑)

続いてWii関係。これもまた凄い。

バーチャルコンソール用の低価格な新作って良いですね。例えばパソコンで言えばフリーウェアやシェアウェアのような大作ではないがちょっとしたアイデアの楽しい名作(鮫亀やZOO KEEPERのような)みたいな感じで、パッケージソフトほどではないけど面白いゲームみたいなのを手軽に楽しめる環境ってのは良いですね。

またこういうモノは商業ベースには乗りにくいものが多いので既存の問屋や小売店にも影響しないし、もちろんクリエイターには色々な可能性やチャンスを試せる場となりますし、非常に楽しみじゃないでしょうか。

そして発売日と価格は9月発表・・・裏を返せば9月までは発売されないという事ですね。個人的には発売日は11/10を希望(笑)

とにかくまぁDSもWiiも、とても楽しみになる発表ばかりでした。

投稿者 akindoh : 20:24 | コメント (2) | トラックバック

久夛良木氏と岩田氏の発言比較

ユーザーとユーザーを繋ぐのが360、サードとサードをくっつけるのがPS3
海外で土壌作りができたのが360、ドジョウすくいをするのがPS3
棒を振るのがWii、棒に振るのがPS3
戦略面に穴がないのがWii、本体が穴だらけなのがPS3
新技術を開発したのがWii、新技術を拝借したのがPS3
タッチペンで描くのがDS、スプレーで広告を描いたのがPSP
マネーがあるのがMS、真似しかないのがSCE
3次元がWiiと360、4次元(予定)がPS3
上手い事を言うのが任天堂、世迷言を言うのがSCE
超ロングヒットを出すのが任天堂、世界最速ベストを出すのがSCE
日々ローンチが充実するのがwii 日々テンプレが充実するのがPS3

これは2ちゃんねるにあった何処かの誰かが書いたネタであるが、非常に納得をした。納得をした理由はこれからご紹介する以下の2つの記事。まずPC Watchによるクッタリで御馴染みSCEI 久夛良木健氏の発言。

【久夛良木氏】 だって、僕らはゲーム機って言ってないじゃない(笑)。PS3は、今までのPSと違って明快にコンピュータだから。
 標準だから、当然、インターフェイスはオープン。僕らは何も(規格を)握ってない。コンピュータだから自由にしてもらっていい。HDDだって、PCをいじれる人ならサクサクとアップグレードできちゃう
【久夛良木氏】 1年ごとに、コンフィギュレーションを(拡張して)出してもいいと思っている(笑)。冗談ぽく言ってるけど、Dellならやるだろうし、Appleでもやるだろう。PCなら、2年も(スペックを)置いておいたら追いつかれちゃう。コンピュータはどんどん変えていくものでしょ? (HDDも)絶対60GBじゃ足りなくなるし、メモリだって足りなくなるかもしれない。色々な可能性がある。
 今、ゲーム機がどんどんコンピュータ化していることは間違いない。そうすると、今までとは(プログラミングが)違ってくる。ゲーム機のプロセッサパフォーマンスが上がったら、(ソフトを)作りにくいというのはおかしいじゃない。PCのクロックやメモリ、HDDが向上して、重厚長大になったからソフト作れないって言っている人いないでしょう。PS3というコンピュータの上で、トップガンの(プログラマの)人が腕をふるってもらいたい。
【久夛良木氏】 MicrosoftはPCから来ているから、PCの世界ではこんなもんだと言う。でも、僕から見たら、それでは進化ないじゃんと思う。

PS3はゲーム機じゃなくてコンピュータだと言うけどPC的手法は進化じゃないとゲーム機的視点で否定する。60GBでは絶対に足りなくなると断言してるHDDなのに不十分な性能を売りつける。

さらにインタビュー解説にも面白い事が書いてある。

 また、メモリを増やしたり、強化版Cellを載せた、進化形コンフィギュレーションが登場する可能性もある。つまり、ゲーム機は、スペックを据え置きのまま、価格を徐々に下げるというモデルも、PS3では通用しなくなる可能性が高い。思惑通りに行けば、PCと同じように、年々、高性能なPS3が出てくるという形になりそうだ。

 ただし、“PS3ゲーム”は一定のプロファイルに従って開発され、最低スペックでも動作が保証されると見られる。旧来的な意味での“PS3”は、この世代では、あるプロファイルのソフトを走らせるハードウェア環境という意味になる。

ここで前述の久夛良木氏の言葉を借りるが、PCのクロックやメモリ、HDDが向上して、重厚長大になったからソフト作れないって言っている人は確かに居ない。でもそうなる事で開発者がどんな苦労をしてるのかこの馬鹿は知らないのか?最低スペックにあわせて作ることそのものは出来ない話じゃない。でも動作環境がコロコロ変わると動作に必要な環境が絞り込めず、全ての考えうる状況を想定しないといけないし、それによって発生するバグなどの問題も考えないといけない。作れないという人はいないだろうが作るのが死ぬほど面倒と敬遠する人は殆どだと思う。これは私自身コンシューマゲームソフト開発の現場も見てきたし、自身でMacintosh用ゲーム(ダンジョン通信)をリリースした時に身をもって経験もした。個人レベルのあのようなモノですら苦労するのにPS3規模でこの程度の考えは本気で開発者の苦労理解してないのが容易に分かる。

開発者は一応最低スペックでも動くように作るだろう。でも年々出てくる高性能なPS3のスペックを生かした作り方を絶対にしたくなる。例えばSLGでコンピュータ側の思考時間が半分になるのなら絶対に高性能なスペックに似合った処理をするようになるだろう。でもその事実を知ったユーザーが、自分の持ってるPS3では明らかにヘボくて、もっと楽しむには新しいPS3を買い換えないといけないと分かった時にどんな気持ちになるか考えた事は無いのだろうか。

結局この久夛良木健という馬鹿は単なるハードウェア技術者上がりの、その中でも最上級の視野狭窄であると言える。平たく言えば「井の中の蛙」でしかない。仮に久夛良木氏の言うとおりの世界が欲しくなったら、俺は素直にゲーム専用に高性能PCを買う。そのほうがよっぽど望んでいるとおりの世界がPS3よりも安く手に入る。

一方夕刊フジBLOGには本日行われた任天堂の経営方針説明会での岩田氏の言葉が出ている。

 「単なるハードの進歩をいくら続けても、ゲーム離れを食い留めることはできない」

 「ゲームやゲーム機のことだけを考えて生きている人は、世の中にそれほど多くはない。ほとんどの人はゲームのことはあまり考えていない」

 「任天堂は次世代ゲーム機を作っているわけではなく、次世代ゲーム機戦争をしているわけではない」

 「処理性能至上主義からのパラダイムシフトはすでに携帯型ゲーム機で起きている」

 「ゲーム機の会社の社長としては不適当な発言かもしれないが、薄く小さく邪魔にならないゲーム機を作りたいと思った。普通の人、とくに家庭のお母さんにとって、ゲーム機は邪魔なもの。『邪魔だなんてとんでもない』と言うのはゲーム業界の人だけ

 「どんどんリアルだけを目指すという一方向の道だけでなく、ソフトの価値を高める方法があるのではないか」

 「ゲーム機は最初は赤字で当たり前、というのは妙な考え。そういう考え方をお持ちの方もいるが、任天堂はそういう発想とは逆」

どうだろうか。岩田氏はハードウェア技術者の久夛良木氏と違い、ソフトウェア技術者上がりの社長だ。平たく言えば「ゲームソフトを作ってた人が社長になった」という事になる。

しかし視野狭窄な久夛良木氏と違い、彼の目は自社の商品であるTVゲームが世の中にとってどういうモノなのかをよく理解してるし、また一方でマーケティングに迎合したものではなく新しい提案もしている。普通に経営者としても優秀では無いだろうか。

両者の「上手い事」と「世迷言」、見比べてみてどうだろうか。それはそのままWiiとPS3の勝敗を表していると私は思う。

投稿者 akindoh : 16:30 | コメント (3) | トラックバック

2006年06月06日

CONNECTプロジェクト失敗の話

 顧客からは重大なバグが報告され始めた。なかにはバグのせいでまったく使えないというものもあった。1月、ソニーは顧客に対する謝罪を発表し、以降アップデートを繰り返しても正常に動作しない場合は、CONNECT Playerの前身であるSonicStageをダウンロードすることを推奨した。  幹部たちはCONNECTプロジェクトの立て直しを検討したが、結局、不可能との判断を下した。パッチは4月までリリースされたが、以降、CONNECT Playerの開発は完全に中止された。

去年鳴り物入りで発表された「CONNECT Player」、最近のウォークマン新製品で見かけないなぁと思ってたら既に死亡確認!!(by王大人)でしたか。そんな「CONNECT」プロジェクトについてCNET Japanで解説記事が書かれてました。

一通り読んで見て思った事は「やっぱり技術のソニーは20世紀で終わったんだな」というものです。抜かれた競争相手への嫉妬、技術不足を知恵じゃなく金で解決ってお前らどこの国のメーカーなんだよ。かつて「マネシタ」とか馬鹿にしてた松下の方が今は明らかに技術力も発想力もあるんじゃねぇのか?

iPodに100%満足してるわけじゃないのに、ライバル不在ってのは悲しいもんだねぇ。

投稿者 akindoh : 15:37 | コメント (1) | トラックバック

2006年06月05日

「The Best of Shogo Hamada」の収録曲決定

日刊スポーツによると、先日ご紹介した浜省こと浜田省吾のベストアルバム「The Best of Shogo Hamada」の収録曲が決まったそうだ。ソニーミュージックのサイトに掲載されたリストを見ると・・・

The Best of Shogo Hamada vol.1

The Best of Shogo Hamada vol.2

※共に曲順未定

うーん・・・ファン以外の一般の人から見たらベスト版って「ファン以外でも知ってるような広く浅い曲」ってイメージだと思うけど、これは確実にファンの為の選曲だなぁ(笑)個人的には「Darkness in the heart」「土曜の夜と日曜の朝」「モダンガール」あたりは嬉しいけど・・・特にファンじゃない普通の人には「The History of Shogo Hamada―Since 1975」の方がオススメかなぁ。ま、この辺に関しては確かに日刊の記事にも

 「Vol-1」は歌の主人公が「大人になってからの曲」、「Vol-2」は少年から青年になる時期とされる。浜田によると、2枚に共通するのは「ファンとの接点を感じる歌」で「ステージで歌い愛されていると感じられた歌、ファンに育てられてきたと思われる歌」を選曲したという。

というところが全てなんだろうなぁ。ま、あれですよ。それでも中1の頃からファンの俺は買いますけどね(笑)

というわけでこの収録曲についてのご意見はコメントにてよろしく(笑)

投稿者 akindoh : 10:51 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月03日

「メトロイド プライム ハンターズ」ファーストインプレ

メトロイド プライム ハンターズ

さてさて、早速昨晩アドベンチャーとフレンド対戦も体験したので簡単にご紹介したいと思います。まず真っ先に結論を書いときますと「3D空間が好きで対戦モノが好きなWi-Fi環境ある人は絶対買い」という事です。

この「メトロイド プライム ハンターズ」というゲームは大きくわけて2つのモードがあります。1つはアドベンチャーという1人プレイ専用のストーリーモードです。これはまだ最初のボスキャラ(ハンターのカンデン)を倒したところで止まってますが、ネットでの評判を見ているとそんなにボリュームは無いそうです(大作と比較しての事だと思うのでちょっとしかない、というわけではない)個人的な感想としては操作に慣れ、世界観に慣れ、対戦用のキャラやステージを増やすためのモードという感じでしょうか(笑)このゲームを購入したらまず真っ先にこのアドベンチャーをやることをオススメします。

しかしこのゲームの最大の魅力はもう1つのモードであるマルチプレイにあります。このモードの中にワイヤレス対戦(至近距離のDS同士での対戦)とWi-FI対戦(インターネット回線を通じた対戦)があります。このマルチプレイでの白熱のバトルがこのゲーム最大の魅力です。まぁゲームそのものの詳しい説明は公式サイトに任せるとして(笑)特筆すべきところを書いてみたいと思います。

DSのWi-Fi対応ゲームはいくつか出ていまして、私もマリカやテトリスなどで白熱のバトルを経験しています。ただ少し不満だったのはWi-Fi環境による制限と不便さです。制限というのはWi-Fiでの対戦ではワイヤレス対戦などと比べて使えるステージ等に制限がある場合があったのですが今のところ差は無いように思えます。しかも同じWi-Fiでも世界中の誰かと戦うワールド対戦では対戦ルールの中のバトルのみなのに対してフレンドコードを交換したもの同士であればどのルールでも対戦出来ます。個人的にはまずこれが嬉しかったですね。

次に不便さの点ではマッチングしにくい事や今誰がオンラインにいるのか、また対戦前のやりとりがしにくい等の点がありました。これらについてもかなり改良されています。まずマッチングは「テトリスDS」のようにホストになる人がいて、その人が対戦ルール等を設定し、その人の部屋に集まるかのようにしてマッチングが行われます。これによってなかなか4人揃わないという事や、揃わないまま対戦スタートという事態が避けられるようになりました(ホストがスタートしないと始まらないので4人揃うまで待つ事が可能)

次に誰が居るのか分からないという点についてですが、これもフレンドコードに登録してる人がフレンド対戦でオンライン状態であれば今リスト中何人がオンラインなのか(2/4という具合であれば4人中2人がオンライン)表示され、また誰がオンラインなのかリスト表示させることが出来るので誰が対戦可能なのか判断しやすくなっています。

そして最後に対戦前のやり取りですが、PWFでは専用チャットを用意する事でカバーしていたんですが、このゲームですと対戦前に文字での簡易チャットとDS内蔵マイクを利用した声でのチャット(ボイスチャット)が可能となってます。このボイスチャットはXボタンを押してる間喋れるという具合なんですが最初はトランシーバーのように順番に喋らないと駄目なのかと思っていたら実は全員が押しながら喋ると電話のように同時に会話が可能だという事が昨夜PWFメンバーの栄華厳二世氏からの情報で分かりまして・・・深夜に男3人でボイスチャットという色気もクソも無い状況を楽しみました(笑)

そんな具合でこのゲームは今まで出てきたWi-Fi対戦ゲームでは一番良いシステムを採用していると思います。この辺のお陰で対戦前にステージやルールの確認と変更がやりやすく、またボイスチャット等をして人数揃うまで待つのも可能なのでかなり便利です。

そして肝心のゲームはというとこれがまた面白くて・・・最初はバトルという殺し合いルールで遊んだんですが、そのうちバウンティ-ディフェンダーといった他のルールでも遊んで見ると、また違う面白さがあって驚きです。

さらに最初は全員プレイヤーキャラとしてサムスを使っていたので一度全員違うキャラで遊んでみたら、これがまたキャラ毎の特性ってのが良く分かりましてかなり奥深い対戦が可能って事も分かりました。スパイアが変形したら壁登れるなんて狭いステージだと凶悪ですよまったく(笑)

兎に角、Wi-Fi環境ある人は騙されたと思って買ってください。絶対に興奮しますから(笑)

投稿者 akindoh : 15:38 | コメント (3) | トラックバック

2006年06月02日

「メトロイド プライム ハンターズ」到着

メトロイド プライム ハンターズ

ここ最近のAmazonは発売日に届いてて優秀だったんだけどなぁ・・・今回は1日遅れました。というわけで「メトロイド プライム ハンターズ」が何とか届きました。昨日届いた「Lite専用振動カートリッジ」を取り付けてとりあえずCOM相手にバトル。

おー、思ってたよりは振動大きいです。もっとも、もっと貧弱だと俺は思ってただけなのでショボイという人もいるかもしれない。敵からダメージ食らったり、死んだ時にブルブル来ますね。

話は前後しますが、独特の操作(タッチペンで視点及び方向転換、十字キーで進む等)は最初戸惑いますが慣れたら結構良い感じ。個人的にはマウス操作に匹敵するくらいFPSの操作としては良いモノかと。世間の評判的にもアドベンチャー(1人プレイ専用モード)で操作に慣れて、対戦がこのゲームのキモって感じですね。

いやぁ何て言うんでしょうねこの感覚。こう脳髄にビリビリくるような痺れる感覚といいますか・・・よく子供の頃ファミコンゲームで対戦する事を「殺し合い」という非常に品の無い表現をしたことがある方もいらっしゃると思いますが、まさにこの「殺し合い」をやる感覚といいますか(笑)物陰に隠れ、相手の気配を探り、一瞬の隙を突いて銃を撃ちながら突進し、ダメージを食らい、命からがら別の物陰に隠れ、状況を把握し、回復アイテムを探し、ダッシュで取りに行く途中で横から別の敵に撃たれて死亡。こういう緊張感を味わいながら画面の向こうにいるプレイヤーと対戦をするこの感覚は何物にも変え難い魅力がありますね。こりゃぁ今夜の対戦が楽しみだ。

というわけでPWFの中の購入者諸君、よろしく(笑)

投稿者 akindoh : 13:17 | コメント (2) | トラックバック

DS版「ファイナルファンタジー3」は8/24発売

GAME WatchによりますとようやくDS版「ファイナルファンタジー3」の発売日と価格が8月24日に5,980円と決まったそうだ。ただ・・・

 DS版では、グラフィックスの3D化や、サウンドのクオリティアップ、主人公達に個性を持たせたシナリオアレンジなど、全面的に大幅なアレンジが加えられている。またタッチペンでの完全操作や、WiFi通信への対応など、DSならではの機能も搭載している。

なんつーか、なんて余計な事をしてくれてるんだ。アレンジするにしても抑え目にして、あとはUI(ユーザーインターフェイス)を良くすれば十分なのにさ。

この調子だとラスボス前四天王がオーディーンで瞬殺出来るってのも変えられちゃうんだろうなぁ。
(これ意外と知らない人多いんですよね)

投稿者 akindoh : 11:51 | コメント (3) | トラックバック

2006年06月01日

Lite 専用振動カートリッジ到着

先日注文したニンテンドーDS Lite専用の「振動カートリッジ」が先程届きました。開封して一番注目したのがパッケージですね。当たり前やけど後日店頭販売する気マンマンですね。陳列用に上に穴あるし、背面にはJANコード(バーコード)あるし。

さて、後はメトロイド プライム ハンターズだ(笑)

投稿者 akindoh : 11:00 | コメント (2) | トラックバック

TOP | はじめに | ダウンロード | リンク