« 2006年12月 | メイン | 2007年02月 »

2007年01月31日

iPod shuffleに新色登場

AV Watchなどによりますと、予告無くiPod shuffleに新色が登場したそうだ。

 アップルは30日、小型オーディオプレーヤー「iPod shuffle」のカラーバリエーションモデルを発表した。従来のシルバーに加え、新色としてピンク/グリーン/ブルー/オレンジの4モデルを追加。容量は1GBの1モデルのみ。AppleStore価格は9,800円で、順次出荷を開始する。

Apple Store(Japan)

非常に色鮮やかだしお手軽だし、今のshuffleはスポーツ時とかに向いてて結構良い感じじゃないでしょうか。丁度バレンタインデーやホワイトデーも控えてますし、プレゼント等にも最適かもしれません。

ええ、何となく文章が適当なのは俺自身はshuffleに興味無いからです、はい(笑)

投稿者 akindoh : 23:08 | コメント (0) | トラックバック

ソニーのゲーム分野苦戦・・・というかもう駄目でしょ

ソニーの2006年第3四半期(10月〜12月)の連結決算発表(PDF)されたそうだ。その事についてITmediaでも記事になっているが非常に面白い。

まずゲーム部門が542億円の営業赤字である事実、これは678億円の営業黒字だった前年同期比だとマイナス1220億円である。もちろん高級なレストランこと「PS3」の投入によるモノで仕方ない部分はあろう。ただ折角映画部門は262億円、金融部門は255億円のそれぞれ営業黒字を出しているのにも関わらずその両者の利益をゲーム部門だけで完全に食いつぶしている。それでも今後V字回復して莫大な黒字を生み出すのなら致し方ないとは思うが・・・はたしてどうだろうか。

今後ソニーゲーム部門の主力商品は間違いなくPS3だろう。そのPS3はこちらの資料(PDF)によると発売直後であるこの第3四半期での生産出荷台数は国内で81万台である。以前もお伝えした通り国内販売台数は約46万台であるので消化率は約57%というところだ。第3四半期・・・よーするに新発売から1ヶ月半しか経ってないのに第3四半期だけで既に市場在庫は35万台も存在する事になる。

さらにPSPはもっと悲惨で、北米での生産出荷台数ですらたった1万台なのだ。前期である第2四半期(2006年7〜9月)には200万台の生産出荷をしているのに、だ。これはどういう事かと言えば売れ残って余ってるから流石に生産出荷すら出来なかったという事が容易に推測出来る。

まぁそれでも現状がこういう状態なだけで、舵取りさえしっかりしていれば・・・とは思えるのだがそこも不安なのがソニー。実際記事の中でも・・・

 生産出荷台数とは工場から出荷された数で、実際の販売数ではない。任天堂と同様に販売台数を公表するべきではという指摘もあるが、同社の大根田伸行CFOは「生産出荷台数で発表しているのは、数をアキュレート(正確)に把握できるから」と説明した。
(中略)
 大根田CFOは「生産出荷だとアキュレートな数字がとらえられる。セルスルーだと調査によって数字が変わってしまう」と生産出荷で開示するメリットを説明。今後販売台数べースでの発表を行うかについては「お約束できない」とした。
(中略)
 PSPのてこ入れ策としては「いくつかの案を検討している。PSPをあきらめるつもりはない」(大根田CFO)とした。また「PSPの72%減は生産出荷台数ベースで販売ではない。特に欧米では好調に売れている」と湯原隆男SVPがコメントした。

都合の良い時は生産出荷台数、都合の悪い時は販売台数って使い分けしてるようじゃぁおしまいですよ。そしてこの一連の流れを見れば容易に察しがつくのですがソニーもほぼ正確な販売台数を把握しているわけですよ。

これは私の経験上の話なのですが、かつて在籍していた某中堅ゲームソフトメーカーですら自社の新作タイトルが発売された直後は小売店にFAXで販売数調査してましたよ。同じ日に発売された、自社タイトルを含めたいくつかのタイトルの販売数を書いたFAXを送り、そこに数を記入してもらって返送してもらうという具合でした(協力してくれている店舗には新作リリースや販促品の送付等のお礼)

そんな中堅ソフト会社レベルでもそこまでやってたわけですし、また当時、懇意にしていたセガの中の人からはセガが独自に調査していた販売実績調査の結果を見せて貰った事もあります。当時のセガはまだハードメーカーだった頃なので当然ハードメーカーならやっていて当然ですし、またその調査は某社のそれとは比べ物にならないほど詳細なモノでした。

当時のセガですらそうなのですから自前の流通まで持っているソニーが販売台数を把握してないわけが無いですし、仮に把握してないとすれば間抜けもいい所です。それでも生産出荷台数で誤魔化してるうちはPS3の惨状を打破出来るとは思えないんですけどねぇ。

第4四半期にはどんな言い訳が待っているのか、今から楽しみではありますが(笑)

投稿者 akindoh : 13:30 | コメント (6) | トラックバック

2007年01月30日

iPod用ワイヤレスヘッドフォン、交換品が届きました

先日もお伝えしましたが、愛用していたiPod用ヘッドフォン「Logicool Wireless Headphones for iPod [MM-05]」が割れて、後継機種である「フリーパルスワイヤレスヘッドフォン FP-10」との交換対応になったわけですが・・・電話した翌日である1/17に発送したのに届いたの今日ですよ今日

FP-10

実質2週間もの間、ワイヤードイヤホンで聴いてたんですけど不便で不便で。もうワイヤレスじゃないとやってられない身体になってたのを痛感した次第です。

さて、実際に試すのは本日帰宅時になるんですが、ざっと触った感想を。ITmediaの記事にある通り、問題だったヘッドバンド部分は金属の芯にそってケーブルがあり、それをゴムチューブっぽい素材でコーティングしてあります。前のは樹脂コーティングだったので必然的に割れたのに対してこっちはそういう事は無さそうです。

フィッティング感は記事にもある通りしっかりしてて、タテノリしても大丈夫・・・って確かにタテノリしても取れないホールド感なんだけど、ヘッドバンド部分がかなり下になるのでヘッドバンギングどころかちょっと見上げるだけでズレる感じです(笑)フードのついてるコートとかだとどうなるんだろう(まさに俺のがそうなんだよなぁ)

さらに説明書読んでると音量の上げ下げ以外にコネクトするボタンで「曲の再生や一時停止が出来ます」とか書いてるんですよ。あれ?どう考えてもリモートする要素ねぇのになぁ・・・イヤホンジャックからそんな信号出ないよなぁ・・・まさか!と思ったら予想通り単なるミュート(消音)でしたorz

ほんのちょっぴり期待した、俺の期待感を返せ!流石にありえないと思いつつもちょっと期待したんだぞ!iPodの液晶見ながら操作しても曲止まってないしさ。まぁミュートはミュートで便利だからありがたいけどさ。

ま、そんなこんなであとは実際に使ってみて感想を追記したいと思います。

投稿者 akindoh : 17:41 | コメント (6) | トラックバック

2007年01月28日

Wiiリモコンの交換用ストラップが届いた

交換対応が発表済みWiiリモコンストラップですが、やっと先週申し込んだら(忘れてた(笑))数日で届きました。

右が新しいストラップ

左が古い0.6ミリのストラップで右が新しい1ミリのストラップです。なんでこれが切れるのか今もって不思議ですが、まぁより丈夫になるから良しとしましょう。

それにしても…返信用の封筒は同梱されてるんですが、そこには古いストラップを封入して返送するというだけで、どこにも個人を特定する情報が無いんですよね。よーするに返送しなくても分からないという事になります。この辺は任天堂の姿勢が表れているところでしょうね。今回の問題を真摯に受け止めてユーザーの手間と負担を最小限にし、とにかく交換が速やかに行われる事を最優先にしてるという事でしょうね。まぁ任天堂にとっても返送数を管理する必要は無いので、任天堂側も手間と負担が省けますしね。

ま、でもちゃんと返送しますけどね(笑)モラルの問題だと思うし。

投稿者 akindoh : 22:52 | コメント (1) | トラックバック

2007年01月27日

Wii「バーチャルコンソール」2月のラインナップ発表

お天気チャンネル同様、1日早く始まったニュースチャンネルについては省略して(笑)とりあえずバーチャルコンソールの件。

個人的に注目のタイトルはファミコン「カービィ」とSFC「超魔界村」、あとMD「ベアナックル」ですね。まずカービィについては騙されたと思って黙って買えと言っておきます。やればやるほど「これがファミコン?」と思う出来ですから。終盤の隠し部屋の入り口とか、完全クリアしようとすると結構歯ごたえもありますから絵柄に騙されないように。

次に「超魔界村」、これはもう究極の覚えゲーといいますか・・・1面クリアするだけでも並の人なら自慢して良いと思います(笑)バーチャルコンソールは幸いにも中断セーブがあるのでSFCの電源入れっぱなしという当時のゲーマーのような状態にならないのが良いですね(笑)

そして最後に「ベアナックル」、これについては音楽「古代裕三」という一言です(笑)古代サウンドの為だけにでも買いの一本です(いや、ゲームも面白いんですよ当然)

それにしても先月の「いっき」に続いて「マイティボンジャック」とは・・・任天堂本気だな(笑)

投稿者 akindoh : 10:26 | コメント (1) | トラックバック

2007年01月26日

「風来のシレンDS」公式パーフェクトガイド到着の巻

不思議のダンジョン 風来のシレンDS

最近は色々忙しくて纏まった時間プレイ出来ないんですが、死者の谷底を50Fまで潜って必中の剣やゲイズの盾、プリズムの盾をゲットしました。残るキグニキングの斧と盾を求めて儀式の洞窟に向かう予定です。さてさて、そんなところまで進んで無いよーって人も、進んだけどいろいろ資料が欲しいよって人も、やっと出ましたパーフェクトガイド。

風来のシレンDS公式パーフェクトガイド―不思議のダンジョン

さっき届いたのでざっと目を通したのですが、これ一冊あれば文字通り完璧です。何より開発したチュンソフト謹製ですしね。ただ、あくまで初心者向けガイドでは無いので初心者の方はまず・・・

不思議のダンジョン 風来のシレンDS公式ガイドブック

以前もご案内したこちらがオススメです。まずはこの本で基本を身に付けて、こばみ谷をクリアしてからパーフェクトガイド・・・というのが良いかと。

攻略本があっても、知ってりゃクリア出来るものじゃないので安心して手を出される方が良いですよ。

投稿者 akindoh : 15:50 | コメント (0) | トラックバック

ジェットインパルス

ジェットインパルス

以前、ちょっとだけご紹介した「ジェットインパルス」ですが、昨日公式サイトがオープンしていました。ただ・・・そこにある紹介ムービー見てぶっ飛びましたよ。何ですかこの個人的に超ど真ん中のゲームは(笑)特に夜間戦闘のノクトビジョン視点なんて背筋震えましたよ(笑)

それにしても携帯機でこんなゲームが遊べるようになったんだなぁとつくづく実感しますね。初代プレステのエースコンバット並と言っても過言じゃないのでは無いでしょうか。少なくともWi-Fiで対戦だけじゃなく共同ミッションとかなんて凄く燃えますよ!

というわけで予約忘れてたので早速予約してきました(笑)再来週が楽しみだなぁ。

投稿者 akindoh : 11:51 | コメント (2) | トラックバック

地味だがダントツの出来「ピクロスDS」

ピクロスDS

テトリスDSはこれでもか!というくらい任天堂オールスターで賑やかだったのに対して今回の「ピクロスDS」は兎に角地味である。まぁピクロスに派手さは要らないとは言え、元祖GB版から「マリオのピクロス」だった事を考えると正直寂しいとは思う。

だが!それを補って余りあるのが振動カートリッジ対応という部分だ。マスを塗りつぶしたり×を置いたり、また間違った時など全てで振動があるので非常に小気味良いのである。振動カートリッジはまだ店頭販売してないのかな?一緒に並べたら絶対に良いのになぁ。

他にもWi-Fiで自作問題の交換や昔のピクロスの問題のダウンロードが出来たりと、振動とWi-Fiでピクロスは数ある「お絵かきロジック」系の中でもやはりダントツに面白い。昨晩はさっくりとイージーをクリアしたあたりで睡魔に負けたが(笑)

とにかくピクロス好きな人、パズル好きな人は黙って買えと言っておきましょう・・・もちろん振動カートリッジも。

投稿者 akindoh : 10:25 | コメント (2) | トラックバック

2007年01月25日

バーチャルコンソールにMD「コミックスゾーン」が登場

今月のバーチャルコンソールのラインナップをご紹介した時に、メガドライブのタイトルを注目のタイトルとしてご紹介しました。そんなメガドライブのラインナップが任天堂のサイトでは変化なしだったのですが、本家本元セガのサイトでは2本ほど追加タイトルが発表になっており、その中の一つには伝説の名作「コミックスゾーン」があるじゃないですか!

このゲーム、システム的にはファイナルファイト系といいますか、ステージを進んでいく格闘アクションって奴なんですが・・・進むステージがコミックス(漫画)の世界で、コマとコマの間を移動していくんです(詳しくは上記リンクにある動画を)

そんでまたコレが良く出来たゲームだった上に、メガドラ末期だったので出荷数が少なく、買い取り価格が数万円というレアソフトになったんですよねぇ。まぁ5桁出すのはどうかと思いますが600円で遊ぶのなら今でも名作だと思うので是非一度遊んでみて下さい。無茶苦茶オススメですから。

ただ、日本版のパッケージイラストを「フィクサリア」「メタルスレイダーグローリー」の☆よしみる.氏が描いてたのは知らなかった・・・

投稿者 akindoh : 17:26 | コメント (4) | トラックバック

2007年01月24日

新型Mac購入&レビュー

MEGAMAC

まぁメガマックなんですけどね(笑)

感想としては「ビッグマックと同じ味で、量が多い、そして喰いにくい」という何のひねりも無い予想通りのモノです(笑)グランマックほどの期待も失望も無い、ある意味つまらないものでした。

ま、今度は普通にビッグマックでいいや(笑)

投稿者 akindoh : 17:46 | コメント (3) | トラックバック

2007年01月23日

DSでカードを読み取る「マジックリーダーシステム」

ITmediaにてコナミから出る「マジックリーダーシステム」というモノが紹介されていました。

 マジックリーダーシステムは、約2ミリ程度のスキャナにカードをかざすだけでその情報を読み取ってくれるシステム。情報はカード上の印刷パターンに織り込まれているので、どこをかざしても読み取れるのが特徴だ。
(中略)
 「獣神伝」がこれまでのカードゲームと異なるのは、ニンテンドーDSソフトがゲームを進行してくれるため、細かいルールを覚える必要もなく、手軽にプレイできること。どのカードをどの順番で読ませるのか、ダメージはどちらがどのように与えたのかなどは、すべてソフト上で処理してくれる。また、友達がいない場合でも1人でプレイすることも可能だ。戦うと経験値が入り、主人公プレーヤーがパワーアップするほか、カードだけでは使えない必殺技も用意されている。ソフトには実況ナレーションが付き、戦況にあわせてBGMも変化する。

よーするに、「ラブandベリーDS」みたいにカードを使ってDS上でゲームをするのではなく、普通にトレーディングカードゲームをプレイするにあたっての計算や補助といった道具としてDSを使うようですね。まぁこれはこれで面白いんじゃないでしょうか。

ただ、この手の事をコナミがした場合に支持がどれほどあるかという点だけが気がかりではありますが(笑)

投稿者 akindoh : 17:05 | コメント (2) | トラックバック

2007年01月22日

とうとうAmazonでもPS3(60GB)が値引き開始な件

59,980円

今日もAmazonでPS3(60GB)が売っている…もう見慣れた光景だ(アカンがな(笑))

いや、問題なのはそっちではない。昨年末の時と比べて欲しいのだが・・・60GB版はオープンプライスとは言え、昨年末は62,980円で売られていた。事実上の定価とも言える販売価格である。実際発売当初はどこの店でもそうだった。しかし売れ行きにブレーキが掛かり始めた昨年末から値下げを始める店が出始めた。その時の値段が59,980円である。

年が明けてからもブレーキは続いていたようで、全国的に有名な仙台初売りでは3000台ものPS3が売れず、急遽値下げしたが売り切れにほど遠かった。その時の値段も59,980円であった。

そして今日、Amazonでも59,980円で売られていた。まぁそれでもドンキホーテで1万円も値引きされて投げ売りされる20GB版よりはマシなのかもしれない(笑)ただ時間の問題だとは思うが。なんせ魅力的なゲームが無い…あ、そうそう。注目タイトルと言われてる「ガンダム無双」ですけどガノタの俺でも興味無しです、はい(笑)

"ガンダム無双" (バンダイ)

ソニー陣営はWiiに「脳トレ」「おい森」級のキラータイトルが出る前に何とかしないと本当に潰れるぞ会社ごと。

投稿者 akindoh : 22:37 | コメント (7) | トラックバック

2007年01月21日

硫黄島からの手紙

観にきました…一人で(笑)これはパンフですが中閉じや無いのでちょっと驚いたんですが最近の映画パンフやと普通なんかな?それにしても一人で映画って久しぶりやなぁ…前は「もののけ姫」かも。

ちなみに、娘逹はUSJに行ってます(笑)

追記:
観終わっての感想ですが…うーん、なんとも表現しにくい映画だ。強いて言うならこれは「映画」でも「ドキュメンタリー」でも無く、「史実を忠実に見せた映像」とでも言うべきだろうか。

タイムマシンでその場を見たかのような現実味…そこに飾られたドラマは無く史実だけが繰り広げられているかのような感覚になった。映画的な見せ場も無く、かといってつまらないわけではない。戦争映画にありがちなカタルシスのようなものは一切無い。ただただ史実を見せられる。エンドロールが終わってもなお、頭の中で整理がつかなかった。

1つだけ言える事は「父親たちの星条旗」を観なかったのは失敗だったと思った。これはセットで観るべきだと。

投稿者 akindoh : 13:00 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月19日

Birthday#34

DS起動したら起動音が変わっていて「あれ?何かスピーカー壊れたのかな」と思ったんですが、誕生日には音が変わるというのをすっかり忘れていた次第。ちなみに今年はおい森でケーキはありませんでした(笑)

まぁそんな一日でした(笑)

投稿者 akindoh : 18:07 | コメント (3) | トラックバック

2007年01月18日

「エキサイトトラック」ファーストインプレ

エキサイト トラック

とりあえず昨日ちょっと遊んで見たので簡単に。

まず一言で言うとストイックなドライビングゲームではなく派手なカーアクションゲームと言いますか・・・一番感覚が近いのはマリオカートでしょうか。マリカがオフロード仕様になって派手になってる感じです。 とは言ってもマリカとは違うゲームなので同じモノとは思わないで欲しいです。

ただ最初に1つだけアドバイス・・・誰しも最初は「トレーニング」モードをやると思います。それは確かに正解ですし必ずやったほうがいいです。でも私はこのトレーニングを黙々とやっててだんだん冷めていきました。もし貴方がそうなったとしたらそれは正しいです。でもそこで諦めたり「買って失敗した」とか思わないでトレーニング途中で良いですから辞めて「エキサイトレース」モードをはじめてみてください。あのチマチマしたテクニック習得の過程がバカらしい程の迫力が待っています。

究極のところテクニックの習得は必須なんですが、それはタイムやスコア、星の獲得を極めようするのに必要というだけであって、まずは走ってみる事が大事です。このゲームほど

爆走

と言う言葉が似合うゲームはあまりないと思います。とにかく爆走して、大ジャンプして、オフロードを爆走するのが楽しいゲームです。その上で派手なエア、派手なジャンプ、派手なツリーラン、派手なクラッシュ(笑)を楽しむのがこのエキサイトトラックです。

とりあえず昨日はトレーニング終了、エキサイトレースのブロンズ終了、シルバー途中まで遊びました。注目のBGM演奏(自分で好きな曲をMP3にしてBGMに出来る)は昨日は試さずに終わりました。というのも用意されてるゲームの曲も結構ノリノリで良い感じだったもんで(笑)わざわざ試さなかったんですよ。さらに言えば、ゲームBGM聞いてボーカルのある歌よりも実家に置いてあるリッジレーサーのCDを持ってきて演奏したいなぁと思ったのが最大の理由なんですが(笑)

というわけで、小難しい事を考える前にとにかく爆走!な方は絶対買いです。

投稿者 akindoh : 16:52 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月17日

1日早く「エキサイトトラック」到着

エキサイトトラック

一応発売日は明日なんだけど、もう「エキサイト トラック」が到着しました。今回購入したのはユーパラからなんですが・・・ちょっと調べたら前回も前日に届いてますね。

というわけで帰宅したら早速やってみよーっと。

投稿者 akindoh : 10:57 | コメント (0) | トラックバック

PS3の国内生産出荷台数が100万台突破

ちょっと待て、みんな何か勘違いしてないか?

ITmediaによるとプレイステーション 3の国内累計生産出荷台数が100万台に達したと発表されたそうだ。確かにSCEのプレスリリースにもそう書いてある。そう、あくまで生産出荷台数だ。この「生産出荷台数」という言葉なんだが、サイト「PSPから見るSCEと久夛良木の歴史」にある用語辞典から引用すると・・・

生産出荷台数
農家とソニーしか使用していない専門用語。生産拠点から出荷した台数のこと。
農業製品は倉庫に寝かせておくわけにはいかないので生産出荷=市場に出荷と見て間違いないが、ソニー定義では生産拠点から倉庫に移動した場合でも生産出荷台数とカウントされる。
また、公式発表による生産出荷台数とリサーチによる販売台数が掛け離れており、結局のところ生産台数と同義語。

よーするに、まだ売れて無くてもカウント出来る魔法の数字なのだ。要するに幾らでも水増し可能な数字で意味が無いのだ。贔屓目に見ても大本営発表(SCEによる数字の発表)なので信憑性はかなり疑わしい。

一方、Wiiの方はというと同じくITmediaによると・・・

 ゲーム情報誌を出版するエンターブレイン(東京都千代田区)は9日、任天堂の新型家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」の国内販売台数が、昨年12月2日の発売からほぼ1カ月で100万台を突破したとの推計を発表した。
 ライバルのソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション(PS)3」は昨年末で約46万台にとどまっており、序盤ではWiiが大きくリードした。
(中略)
販売台数は国内3500店の販売データを基にエンターブレインが推計した。

こちらも推計ではあるが第三者による発表で、しかも販売台数である。当然ユーザーが小売店から購入した数値である。

そして記事中にもある通り、PS3の国内販売台数は昨年末の時点で約46万台である。約1ヵ月半(11/11から12/31までの期間)かけてやっと46万台なのにそれから約半月で生産出荷100万台の発表・・・仮に同じペースで売れてたとして(ありえないけど)半月なら15万台しか売れて無い事になり、現在市場には約40万台近いPS3の在庫が存在する事になるのだ。仙台ヨドバシの3000台なんて可愛いもんですな(笑)

だが昨日の報道を見ていると、どこもかしこも「PS3が100万台出荷」と報道していて正直失笑した。まぁそれがSCEの狙いなんだから仕方ないと言えば仕方ないが、どうにかして約1ヶ月で100万台販売したWiiに対して、約2ヶ月過ぎた今でも100万台販売の報道が無いPS3のイメージを何とかしたいんだろう。でもなぁ・・・もうそんなレベルじゃねぇぞ!SCE何とかしろよ(笑)

イメージ戦略より販売戦略練り直す方が先だと思うよ、クタタン。

投稿者 akindoh : 09:11 | コメント (8) | トラックバック

2007年01月16日

「Wireless Headphones for iPod」また割れて、後継機種へと交換へ

以前購入し、愛用しているiPod用Bluetoothヘッドフォン「Wireless Headphones for iPod(MM-05)」ですが、昨年4月に一度バンド部分が割れたというお話をしました。

クリックで割れた個所をアップ
※クリックで拡大

また割れますた。

このまま無理して使いつづけてもまた折れてしまうのは火を見るより明らかなのでロジクールのカスタマーリレーションセンターに問い合わせ(保証期間は購入から2年間なので、そこはありがたい)

ただ前回の件もあったのでかなり慎重に使ってきたのだが再発したのでどういう対応になるのか非常に興味深かったのだが、まず基本的には交換してくれるらしい・・・が、後継機種への交換を薦められたのだ。そんなの出てたの知らなかったので電話しながら検索するとこの「FP-10」だそうだ。

フリーパルスワイヤレスヘッドフォン FP-10

ただ電話しながらロジクールのサイトをざっと見てみるとちょっとひっかかる事が・・・これiPodのリモートコントロール出来ないんじゃ?実際ロジクールの人に確認してもやはりそうで、音量の調節は可能だが再生/停止、早送り/巻き戻しといった操作は不可能になっていた・・・なんでこれで後継機種なんだ?

「お値段も若干下がってしまうのですが」いや、そんなのはどうでもいい。明らかに性能が劣化してるだろこれ(笑)今回割れたバンド部分は確かに材質から変わっているので格段に改善されている(と思う)のだが、性能的には全然ダメダメじゃん。でもまぁこのまま使いつづけたり、同一機種に交換してもらってもまた同様に割れるだけだし、ここは諦めて(劣化した)後継機種を使うしか無いか・・・と腹をくくった。あ、ちなみに交換は勿論無償でした。

ITmediaの記事を読む限りにはBluetooth 2.0+EDR規格になってたりして細かい点で改良されているのだが、やっぱりiPodコントロールが無いのは残念だ。まぁ正直な話現行の「MM-05」ではリモコン端子の無くなった第5世代iPod以降ではリモートコントロールは出来ないので、Dockコネクターを使うタイプのBluetoothヘッドフォンを色々と物色してたところだったりもする。

PTM-BHP4WH (ホワイト)

PTM-BHP4」は市販のヘッドフォンを使用出来るので自分の好きなモノを使う事が出来、また手元でワイヤレスリモコンにもなる。またリモコン部分にマイクがあるのでBluetooth携帯電話を使って通話も可能というのがメリットだ。

PTM-BHP3(シルバー)

PTM-BHP3」はヘッドフォンに再生/停止、早送り/巻き戻しボタンがあるのでリモートコントロール可能で、さらにヘッドフォン一体型なのでもっとコードレスでスッキリというのがメリット。

どっちも第3世代以降のiPodならどれでも使えるので、次に買い換える時はどちらかにしようと思ってた。だから今回交換して、気に入らなかったらそのうち買い換えるつもりだ。

まぁそんなわけでちょっとだけ不便なiPodライフに逆戻りである。

投稿者 akindoh : 17:27 | コメント (0) | トラックバック

「ちょいテレ」をちょいと物色

USB2.0対応ワンセグテレビチューナー “ちょいテレ” DH-ONE/U2

昨年、同僚がW43Hに機種変して職場でのワンセグの受信感度が実証出来たので、それからずっとワンセグ視聴環境が欲しかったんですが、期待していたDS用ワンセグチューナーが延期になり、携帯電話も4月まで機種変出来ないのでSH903iTVはまだ手に入れる事が出来ないという具合でして、取り急ぎ安価で実現しようとすればUBSタイプのモノが一番と判断して、先週末から色々と調べてました。

そうすると現状でオススメなのはアイオーの「SEG CLIP(GV-1SG/USB)」か、バッファローの「ちょいテレ(DH-ONE/U2)」というところのようだ(主観によるものなので、違ったらスイマセン(笑))

USB接続ワンセグチューナー GV-1SG/USB

色んなところの情報を纏めると、双方の長短はこんな具合っぽいです。

ちょいテレ
SEG CLIP

というわけで、どうも一番良いのは「SEG CLIP(GV-1SG/USB)」らしいです。ただ私の環境は悲しいかなWindows2000SP4なので「ちょいテレ(DH-ONE/U2)」にせざるを得ないという感じです。まぁデータ放送については視聴ソフトのバージョンアップで何とかなるのを期待してます(某P社よりは可能性があるかなぁと(笑))

ちなみに以前ご紹介した時には会社マシンがCeleron600MHzだったのですが、今は色々あってCeleron1.4GHzでメモリも512MB、その他の環境も多分大丈夫になってますのでおそらく大丈夫かなぁ・・・と思ってますが、どうなる事やら。

というわけでまだ届いて無いので、レポートお楽しみに(笑)

投稿者 akindoh : 14:51 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月14日

超合金魂「ウォーカーギャリア」ゲッツ!

"超合金魂 GX-35 ウォーカーギャリア" (バンダイ)

あれから半年、ついにこの日がやって参りました。16気筒のニクいヤツ、超合金魂「ウォーカーギャリア」です!

ギャリアとザブングル

早速ザブングルと2ショットでパチリ。いやぁもう鼻血モンですよ(今回はリアルに出なかったけど(笑))折角なんで我が家にあるもう1体のギャリアにも登場してもらいましょう。

HCMと超合金魂

前から持ってるHCM「ウォーカーギャリア」です。どっちも1/144スケールなんですけど見えないですね(笑)流石に2006年モデル(本当は年末発売予定だったから)の超合金魂の方が原作通りのマッチョなイメージで良いですね。可動に関しても首(背中のローターごと)や腰まで若干スイングしますし、合体変形に至っては(元々シンプルな構造とは言え)一切取り外す事無く可能です。手首も回転式で収納されシャッター状になってます。

思えば当時、1/144キットではギャリーウィルが変形不可能で、1/100キットは未発売で終わったという不遇のWMでした。HCMでやっと合体変形しつつプロポーションも(当時にしては)満足出来るものが出て、数年前にWMiAで出たギャリアは買い損なったんですけどやっと満足行くギャリアって感じです。

あとギャリアと言えばICBMですが、これは残念ながら付属されなかったものの(当然ですわな、デカ過ぎるし(笑))魂ウェブにてペーパークラフトとして3/25までの期間限定でダウンロード可能になってます。是非組み立てて「死なばもろともぉ〜」と投げ返してみたいと思います(笑)

あと今回超合金魂を購入して初めて気付いたんですが・・・

背中の白いところが・・・

背中のローターにある白い三角(ここにバズーカをマウントするんだが)がHCMは逆さまに取り付けされてましたorz

投稿者 akindoh : 23:16 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月13日

1月の個人的オススメWii&DSタイトル

まぁもう1月も半ばになろうとしてるところで何ですが(笑)まずはWiiですが・・・

エキサイト トラック

やっぱり何度か紹介している、この「エキサイト トラック」ですね。私も既に予約済みであとは来週を待つばかりです。ちなみにWiiでは来月「ファイアーエムブレム」の新作が出たりしますが、DSの勢いに比べてラインナップが寂しいといいますか、物足りなく感じている方が多いんじゃないでしょうか。

ただまぁこれはまだ仕方が無いところでしょう。実際DSも初期はこんな感じでしたし。Wiiの場合はまず本体が行き渡り(今だ売り切れ続出ですしね・・・PS3と違って(笑))ある程度したところで最初の波(DSだとnintendogsでしたね)が来て、後に本格的な大波(同じくDSだと脳トレおい森)が来るって感じでしょう。まずは慌てずに「エキトラ」を楽しんで見てはいかがでしょうか(笑)

さてお次はDSですが・・・コイツはまだ売り切れ続出なんですよねぇ。このまま3月になったらDSLiteはまる1年売り切れ中になるわけですよホント(笑)やっぱり1人1台なハードは凄いなぁ。ファミコンの時の勢いよりある意味凄いかもしれない。そんなDSのオススメはというと・・・

この3つですかね。まず「世界樹の迷宮」ですが・・・今時のヌルくて易しいRPGでは無い、本格的で骨太な3DダンジョンRPGだそうで、特徴はオートマッピング無し(歩いた道筋だけは書いてくれるセミオートはあるらしい)で、イベントや罠などを自分でマッピングする事だそうだ。その為に下画面を使っているのが特徴です。色んな記事を読んでいると本当に骨太な玄人受けしそうなものを目指したのがよく分かります。

じゃぁなんでこのキャラデザインなの?

という疑問が私は個人的にあって、どうしても今もって「本当に面白いのか?」という疑念が拭えません。ただフォローしとくと色んな記事や2ちゃんでの情報を見聞きする範囲に置いては面白さに問題が無いどころか本当にキチンと作りこんで面白そうだという感想を持っているのは事実です。それだけに個人的には様子見ですが評価するに値しそうな予感がかなり強いので一応ご紹介。

次に「ウィッシュルーム」ですが、DS初期の名作の1つ「アナザーコード」と同じCINGという会社の開発なので結構期待してたり。俺もアナザーコードは解いたんですがトリック自体でもDS自体を閉じるものとか(もう時効だよね?(笑))色々面白い仕掛けがあって結構面白かった記憶があります。アドベンチャーゲーム好きなら買って損は無いかも。

最後に「ピクロスDS」、お絵かきロジック系のゲームは数あれど、やっぱりピクロスは面白そうですね。今回はWi-Fi対応で自作問題の交換が出来るとか色々仕掛けがあって面白そうです。個人的に残念なのはマリオじゃないことですかね(笑)

こんな具合の今月ですが、結局一番プレイするのはシレンな気がする俺(笑)

投稿者 akindoh : 13:29 | コメント (2) | トラックバック

2007年01月11日

心の底からK-1に、秋山に、谷川に呆れた件

スポーツナビ | ニュース | 秋山は反則行為で失格、秋山vs桜庭はノーコンテストに=Dynamite!!

1.秋山vs桜庭戦はノーコンテストとする。
2.反則行為を犯した秋山成勲を「失格」とし、ファイトマネーを全没収する。

秋山の反則負けだろ、何考えてんだボケ

で、クリーム認めて疑惑のグローブはもみ消しってわけね。スポンサーロゴが剥がれただけ?映像で確認済み?誰が信じるか。そもそもお前らがワセリン疑惑の時に何て言ったか覚えてるか

秋山は「実は多汗症なんです。すぐにボタボタと流れ落ちるほど汗が出るんですよ」と笑う。カッと急に熱くなったり、緊張すると特に汗が流れ落ちるという。「もしかすると、それが原因ですかねぇ」と首をひねっていた。再戦については「今は何も考えていない。これをネタにもう1回やらせてくれというのもおかしな話だし。もちろん桜庭さんにはあこがれの気持ちをもっていますから、将来的にもう一度胸を借りられればいい」と複雑な心境を吐露した。

それが一転してこうだ。

 ここまで発表されたところで秋山本人が姿を見せ、今回の件について謝罪。「何の弁明の余地もありません。桜庭選手、申し訳ありませんでした。どんな処分も受けるつもりでいました」と頭を下げた。また桜庭に対しては謝罪の意を表明した上で、「笑ってまたリング上で向かい合うことができたら」と話した。

明らかな原因であろうモノを分かっていて多汗症とかシラを切っておいて、何の弁明の余地もありませんだぁ?お前に明日を生きる資格もねぇよこのインチキ野郎。百歩譲ってもお前もう格闘技界に要らないよ!さっさと引退して国へ帰れ。クリームという言い訳は信じない、グローブの疑惑の言い訳も信じない。もう秋山成勲という男のやる事は全て信じない。過去の世界柔道選手権での疑惑だってワセリン塗ってたんだろ?インチキ野郎のやりそうな事だよ。

そしてそんな事を、こんな程度の裁定で済ませる谷川貞ハゲ、お前もだよ。どうせ騒ぎが大きくなったから渋々認めて、秋山今後も使いたいからノーコンテストでお茶を濁したんだよな。お前もまず反省して頭丸めてから出直せボケ。

まぁとにかく秋山は死ぬか消えるかしてくれ、本当に不愉快だ。

投稿者 akindoh : 23:08 | コメント (4) | トラックバック

米Cisco、「iPhone」の商標侵害で米Appleを提訴

昨日、社名変更の件を心配してたらそっちかよ・・・MYCOMジャーナルによりますと

Ciscoは1月9日のAppleによる「iPhone」発表を受け、「両社は最終合意の段階にあり、Appleよりサインの入った最後の契約書を同日中にも受け取れるものだと考えている」との短い声明文を発表していた。

ここまでは私も読んでました。だから単にタイミングの問題だけでクリアになったんだなぁと。ところが・・・

だが今回CiscoがAppleへの訴訟を発表したことから判断して、Appleから「iPhone」の商標使用に関する同意の返事をもらえなかったものだと考えられる。

最終合意直前で何があったんだろう。それにしてもおかしな話だよなぁ・・・

米Ciscoのシニアバイスプレジデント兼ゼネラルカウンセルのMark Chandler氏は「Appleが発表した携帯電話の新製品は非常に素晴らしい製品であることは間違いないが、許可なしにわれわれの商標を利用すべきではない」とコメントしている。

またChandler氏は「今日のiPhoneは明日のiPhoneとは異なる。家庭の電話機、携帯電話、ビジネスフォン、PCの融合の可能性は無限だ。だからこそ、われわれのブランドを守ることが非常に重要なのである」と付け加える。

いやぁこれに関しては至極ごもっとも。確かにこの「iPhone」という商標についてはイザ!の記事にもあるように・・・

 シスコによると、同社は「iPhone」の商標を、他のIT企業インフォギア社から買収して2000年に取得。先月18日には、シスコのリンクシス部門が実際に、「iPhone」という商品名でIP電話機の発売を発表していた。
(中略)
 一方、アップルの携帯電話端末を期待していた愛好家の間では、シスコが先月「iPhone」の発売を発表したことに落胆の声が広がっていたという。

とある通り、何となくiPhoneという製品があるという既成事実を作りたかったから無理やりだしたっぽい感じのどうでもいい製品だったという感想を私は持ちましたが、それはそれ、一応商標持ってる会社なんだからシスコの言う通りだと思いますよ。

さてこの問題、どうなるのやら。

投稿者 akindoh : 14:42 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月10日

ガセビアの沼「PS3のSIXAXISがエミー賞受賞はガセ」

お詫び:「PS3のSIXAXISがエミー賞受賞」は嘘 - Engadget Japanese
あまりの展開に、この記事読んで大声で笑ってしまいました(笑)要約するとこんな流れです。

  1. ソニー コンピュータエンタテインメント アメリカ(SCEA)がPS3のコントローラー「SIXAXIS」がエミー賞を受賞した公式発表
  2. ところがHydrapinion.comが米テレビ芸術科学アカデミーに問い合わせたところ受賞したのは任天堂の十字キーとPS2のコントローラー「デュアルショック」の両者
  3. その理由としてはジョイスティックの次の世代のゲームコントローラの世代をそれぞれ築き上げたため。
  4. そしてSIXAXISはそもそも賞を受けておらず「ソニーの発表が誤り」との事。

ね、声出して笑わずに居られないでしょ?(笑)まぁSCEAはヤラセを自白する程の正直な会社なので、今回も「ゴメン早とちりで間違えちゃった、メンゴ」くらい言ってくれるかもしれません。それにしてもEngadget Japaneseの〆の言葉が・・・

ソニーから公式のチャンネルを通じて発表されたニュースリリースなら信用できるだろうという予断が失敗でした。次からソニーの公式発表がソースの場合は「(ただしソースはソニー)」と但し書きをして信憑性のほどを示すようにしたいと思います。

あまりにも酷すぎます、だから俺も真似しようっと(笑)

投稿者 akindoh : 16:51 | コメント (0) | トラックバック

802.11nな「AirMac Extreme」

本日行われたMacworldEXPOでの基調講演で発表になった新製品群よりも、こっそり発表になったコイツの方が個人的にはかなり魅力的でした(笑)

Apple Store(Japan)

この新「AirMac Extreme Base Station」は無線LAN規格の「IEEE802.11n」に対応している(まだ策定中で現在はドラフト版準拠だけど)ぶっちゃけ今日まで802.11nについてノーチェックだったので色々調べてみたんですが最近では一般的な802.11gでも理論値で54Mbpsなのに対して、規格上では最高600Mbpsも可能なのが802.11nだそうな。

だだ、これは複数のストリームを利用した場合の最高値なわけで、まぁ実際問題はこちらにも書かれている通り・・・

 日本では40MHz幅での利用が認められておらず、現状利用できる20MHzでは2ストリームで最大144.4Mbps、4ストリームで最大 288.9Mbpsに止まるが、大澤氏は「5GHz帯開放などの政府の方針から考えれば、40MHz幅も認められる方向にあるのではないか」とコメント。「日本でも使えるようになると楽観的に期待している」との考えを示した。

日本では電波法の関係などもあってそこまでの数値は出せない模様。それでも実用上はかなり早くなるので喜ばしい限りである。

しかも802.11gの場合、前世代(初代AirMac等)の規格である802.11bが同一ネットワークに混在した場合、b互換モードとして通信するので802.11bの最高値である11Mbpsしか出せないという弱点がありました。それが802.11nの場合は複数のストリームがある関係上、そこまで帯域を落とさないで済むというメリットがあります。この辺については私も不勉強なのですが、おそらく1ストリームはg互換になり、残りのストリームはnのまま維持って感じでしょうか?詳しい人のフォローをお願いしたいところです(今のところ色んな記事見ても分かりにくいもんで)

あとなにげにこの新BSはAirMacDiskなんて新機能まで搭載しています。これはアップルのサイトによりますと・・・

ドライブの共有もあっという間
AirMac Extremeに新搭載のAirMacDiskを使って、外付けのUSBハードディスクを共有ドライブにすることができます。AirMac Extremeの背面にあるUSBポートにハードディスクを接続するだけで、文書、ビデオ、写真など、ドライブ上のすべてのファイルを安全なネットワーク上にあるMac、Windows PCから利用できるようになるので、バックアップ、共同プロジェクトなどに最適です。

いちいちNASをセットアップしなくても、無線LAN環境整えたら簡単にNASになるわけですよ。個人的にはこの機能が一番嬉しいですよ。今使ってる初代BSが壊れたらこれに買い換えようかな、と本気で思う程ですよ。しかも・・・

DraftIEEE802.11n無線LANBroadBandルータ WZR-G144NH

他社で現在802.11n対応製品はオバQみたいに毛アンテナが3本立ってるんですよ(笑)それに比べたらなんてスマートなんでしょう、と思うわけですよ。

そんなわけで、コイツは個人的に気に入りましたよ・・・iPhoneよりも(笑)

投稿者 akindoh : 16:10 | コメント (2) | トラックバック

iPhone、そして社名変更

眠かったので情報を整理せずに、まずは今日の発表一覧。

Mac関係(OSXも含め)発表無し、おまけにiPhoneは規格上そのままじゃ日本は未対応、一応アジア圏では2008年発売予定というが・・・日本以外のquad-band GSM + EDGE対応な地域だけって可能性がありますね(※このEDGEはウィルコムのそれでは無い)

とまぁここまでが早朝起きて書いてた話題で、ここから午後に追加した部分です。

まずはiPhoneですが・・・いわゆるスマートフォンと呼ばれる製品って性能的には魅力的でも、普段使いとしてどうにも気に入らない部分があったんですが、このiPhoneに関しては非常に好感が持てます。パッケージングの仕方はさすがアップル、と言ったところですね。

と、褒めるのはこれくらいにして・・・悪いけど俺は要らない(笑)世界標準とは異なった、いびつな成長を遂げた日本の携帯電話市場に慣れ親しんだ身としてはそんなに食指が動かない。というのも能力は異なれどiPhoneで出来る事は殆ど今の日本の携帯電話で可能だからだ。それどころかワンセグが無い。

実は個人的に、次の機種変はSH903iTVにしようと決めている。まず携帯電話として不満は無く(仕事柄ドコモでないと駄目なんで)、音楽機能は携帯電話に求めてない(現状iPodと分けたい)、ネット接続はjigブラウザがかなり便利なのでパケホと組み合わせれば問題無し。これにあと欲しいのはワンセグくらいで、本当にiPhoneに興味湧かないのよ(笑)

いや、良いハードだと思いますよ。実際メインターゲットの北米ではバカ売れするんじゃないですか?貧弱な携帯電話しか無いところにあんなに高機能でスマートなハードが来たら俺だったら買ってますよ絶対。でもとりあえず日本在住の俺は要らないや、と。あとアジアに日本入ってるか分からないしね。

もう一丁はApple TVで、コイツは日本でも既に注文可能なんだけど・・・ぶっちゃけ日本でどんだけの人が買うんだろうと(笑)これもさ、北米だとiTSでTV番組や映画とか売り出してるからiTunes環境をTVで気軽にってのは悪くないと思うんだよね。でも日本だと保守的なTV局のせいでそこまで便利になってない。これも良いハードだとは思うけど日本じゃ辛いだろうなぁ・・・買う層が頭に浮かばないもの。

んで最後は社名変更の件。俺もふと頭を過ぎったのは「ビートルズのApple Corp.との関係はどうなんだろう」と。まぁこれに関しては記事が出ない事には何とも言えない。クリアされてると思ったら全然されてなかったケースは過去に多々あったので(笑)まぁ様子見かな?

まぁそんなこんなで基調講演での発表事項、Apple社としては非常に良い発表だったと思います。株価も上がったしMacintoshだけじゃないというのも悪い話じゃないし(かといってデジタルハブとしてのMacの存在は無くてはならないのも事実だし)コンピュータだけの会社じゃないというのはプラスにはなってもマイナスなイメージにはならないと思います。

ただ、日本のMacユーザーは次期OSXも新型Macも何も無しってのは寂しく感じたとは思いますが(笑)

投稿者 akindoh : 03:38 | コメント (9) | トラックバック

2007年01月09日

MacWorld EXPOでApple製携帯電話発表?

いよいよ日本時間の今夜(正確には1/10の午前2時頃)、毎年恒例のMacWorld EXPOが開催となります。既に各所からいろいろと噂は漏れ聞こえていまして、中にはApple製携帯電話の発表との報道まであるようです。そんなわけで本日の更新はこのくらいにして、今日は早く寝て夜中置きて速報します(笑)

もう個人的にも恒例行事なので慣れっこです、はい(笑)

投稿者 akindoh : 19:45 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月07日

可変戦士ZZガンダム

ZZガンダム

すでに3年前の商品なんだけど、実は前からちょっと欲しかったんですよね、この「可変戦士ZZガンダム」ただ定価で6,500円なので躊躇してたんですが…さっき地元のトイザらスに行ったらなんと1,000円で投げ売りしてた(笑)もうね、値札見た瞬間には「どうしよう、1個で良いかな、2個買っとこうかな」と買う/買わないじゃなくて個数で悩んでましたよ(笑)まぁ結局1個にしときましたけど。

さっきまでガシガシ動かして遊んでたんですけど、これ凄いや。合体変形だから可動には制約多いのかと思えば肘と膝は二重関節になっててビームサーベルそのまま掴めるんですよ。さらに中にコアファイター入ってるのに腰はちょっとだけスイングするし。実は昔、ハイコンプリートモデル(ここのリストの一番下の方)のZZも持ってたんですけど、あれはあれでキチンと完全変形しつつプロポーション悪く無かったので気に入ってたんですが、今回のこれは更に輪をかけて出来が良いですね。時代の流れを感じます。

「初代ガンダム+Gアーマー+(当時の)今風」というデザインなZZは(本編はともかく)今でも大好きなMSの1つです。

投稿者 akindoh : 17:16 | コメント (2) | トラックバック

2007年01月06日

「ガンプラコレクション」のコアブースターを組立

Vol.1の時のギャンと同じく、「ガンプラコレクション」のダブりキットのコアブースターを彩色、組み立ててみました。

1/288コアブースター

サイズ比較用にDSカードも置いてみました。なおその右にあるのはミニチュアサイズのガンダムカラー(Mr.カラー)の小瓶キット(1/6スケールキット)です。コアファイターが無彩色なのは単に面倒だったからです(笑)うーん久しくプラモ組んでなかったのでこの程度でも結構面倒な彩色でした(オイ)

実は1/2にヨドバシカメラに行った際、「HGUCシャア専用ゲルググ」が何と700円で購入出来たんですよ。半額以下なのでちょっとお得でした。そのゲルググも含めてそろそろ積みプラモ消化しないと行けないので良いリハビリになったかな?

というわけでこの連休で何か組んでしまわないとな、と。

投稿者 akindoh : 23:22 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月04日

「風来のシレンDS」死者の谷底クリアの巻

不思議のダンジョン 風来のシレンDS

ファーストアタックでとりあえず「死者の谷底」をクリアしました…というか半泣きになってさっさとクリアしたというのが正しいかもしれません。26F以降にいるペケジに話しかければクリアなのは知ってたんですが、本当はアタック前にはもっと先に進もうと思ってました。その為に現時点で自分の持ってるほぼ最強の装備で挑みました。しかし途中ゲドロ系により剣盾のメッキを剥がされ、剣が-3されたまではともかく(途中、巻物で+1取り戻した)剣はの印(会心の一撃が出るようになる)を消され、盾はの印(見切り、タマに攻撃をかわす)も消され、このまま進むのは危険と判断して早々にペケジに話しかけた次第。

死者の谷底クリア

そういえば2本目の武器にしようと強化の壺に入れてたどうたぬき+60が壺ごとおにぎりに変えられたのも痛いなぁ。そこまでしてもスコアは相変わらず100位に届かず(100位はスコア500万オーバー)未だに称号は得られません。まぁとにかく何とか休みの間に2つのダンジョンをクリアしたぞっと。

次は「儀式の洞窟」かな、持ち込み可能系を先に済ませておくか。

投稿者 akindoh : 23:56 | コメント (5) | トラックバック

今日の一言(1/4)

只今シレンDSにて「死者の谷底」にチャレンジ中、それにしてもこのダンジョン凶悪過ぎ。

投稿者 akindoh : 22:43 | コメント (0) | トラックバック

年末のK-1に呆れた件

競走馬のディープインパクトは昨年「凱旋門賞」に挑戦。 薬物疑惑で3着失格の処分を下された。池江調教師にも罰金が処された。 今回、「K-1」のDynamite!!で体にワセリンを塗って桜庭選手と試合をした秋山選手は、明らかにディープインパクトと同じルール違反をしているのだ。

これは雑誌「週刊プロレス」の元編集長だったターザン山本氏のコラムからの引用だ。年末のK-1 Dynamiteにおいて、何が何でも秋山をウリにしたいK-1サイドは今回のワセリン疑惑についてロクな説明もせずに通すつもりらしい。

私はどちらかと言うと格闘技よりプロレスの方が好きな方で、それはやはり競技性よりも興行性、よーするに「どうせ金払って見るなら面白い方がええやん」という精神である。だから元々うさん臭い噂は多々聞いているK-1に公明正大な競技性など1ミリも望んでは居ない。

ただ、そこには「客には一見分からないように行う事」という大前提がある。桜庭は聞いてないからこそ普段あり得ないタイムを要求したんだろうし、そんな中で試合続行するフロントサイドにも凄く疑問を感じる。よーするにあの秋山ごときをエースにして売り出したいわけだK-1は。

まぁなんつーか一気に冷めたね、もう年末にK-1も放送しなくていいよ。そんな価値はもうK-1に無い。

追記:
そういえば亀田の試合もTBS、今回のK-1もTBSか…何か納得した。

投稿者 akindoh : 00:58 | コメント (2) | トラックバック

2007年01月02日

ヨドバシカメラ梅田店にて

ニンテンドーDSLiteとWiiは売り切れなのにPS3は豊富な在庫で皆様をお待ちしております。流石2007年はPS3時代ですね!

でもレジに並んでいる人が持っているのはみんなDSかWiiのソフト、もしくはPS2のソフト…

投稿者 akindoh : 14:29 | コメント (8) | トラックバック

2007年は“PS3時代”だそうだ

新年早々愉快なCMで幕を開けさせて頂いた。「プレイステーション3」の新CMだ(ご覧になってない方はこちら)曰く、2007年は“ハイビジョン時代”で“ブルーレイディスク時代”で“エンタテインメント専用ネット時代”で“「世界でひとつ」のゲーム時代”で“PS3時代を宣言します。”だそうだ。まぁ確かに2006年は惨敗でしたもんねぇ…12/30に入荷したのに1人しか並んでなかったりね。

で、2007年がPS3時代になる根拠は?

そんな事してる間にもう一方の任天堂は「Wii」の新CM明石家さんまを起用したり、写真チャンネルでの一家団欒を見せたり、新春のTV番組で「お年玉争奪!Wiiボウリング大会」とか芸能人でやらせて市民権を得始めてたりしてるんですけど良いんですかね。私も昨日親戚とおせちをつついてる時に両方のCM(PS3時代CMとさんまCM)が流れたけど話題に上がったのはWiiだけでしたよ?…まぁWiiリモコンで液晶TV破壊って話でしたけど(笑)でもPS3なんてスルーですよスルー。

もうPS3じゃなくて“マケボノ”に名前変えたら?なんか似てるよポジション(笑)

投稿者 akindoh : 09:41 | コメント (3) | トラックバック

2007年01月01日

あけましてユニバーサルスタジオ

皆様、あけましておめでとうございます。そして何の脈絡も無く新年早々USJに来ております。俺以外の家族は年パス持ってるので出かける事になったわけですが、実際のところは娘逹がユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショーにハマってるからという理由だったりしますが(笑)

ま、とりあえず今年もよろしくお願い致します。

投稿者 akindoh : 13:16 | コメント (0) | トラックバック

TOP | はじめに | ダウンロード | リンク