« 2007年01月 | メイン | 2007年03月 »

2007年02月28日

「逆転裁判4」の限定版がAmazonに

逆転裁判4(限定版)

人気シリーズ「逆転裁判4」が4/12に発売になりますが、以前もご紹介した限定版パッケージAmazonで予約可能になっていました。ご希望の方はお早めに。

私?欲しいけど手が出ないなぁ。

追記:
先程気付いたらもう予約終了してたみたいです、早!

逆転裁判4(通常版)(特典無し)

とりあえず通常版を買うか、他でも限定版予約の情報があったらまたお知らせしますんで。

投稿者 akindoh : 14:26 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月27日

いよいよ「スーパーロボット大戦W」

"スーパーロボット大戦W 特典 DSカードケース型ストラップ付き" (バンプレスト)

以前ご案内した通り、いよいよ3/1に「スーパーロボット大戦W」が発売になります。参戦作品と、公式サイトの雰囲気を見ているとなんとなーく前作「スーパーロボット大戦J」をDS版にしたような気がしないでも無いですが(注:シナリオ等は全く新規です)まぁDSになって色々改善されてるだろうから一応遊ぶ予定ですけどね。

でもやっぱりもうちょっと古いロボットも増やして欲しかったなぁ。

投稿者 akindoh : 23:51 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月26日

Wiiのセンサーバーがいよいよ単品購入開始

"Wii" (任天堂)

我が家でも相変わらずWiiは絶賛稼働中です。ただ主に遊んでいるのは俺以外の家族だったりします。最大の原因は設置場所でしょうか。ほとんどの家庭ではそうだと思うのですが、我が家でもWiiの設置場所は25インチTVのあるリビングです(未だに薄型テレビでは無い4:3のブラウン管ですが)

まぁウチの娘達でも遊べて、また家族みんなで楽しむのがWiiの魅力でもあるのでそれが勿論ベストなのは理解してますが…娘達が寝静まった後にお父さんはこっそり遊びたいわけで(笑)そうなると自室に置いてある小さい15インチ液晶TVに繋いで遊びたいわけですよ(でないと「ガンダムvs.Zガンダム」なんてゆっくり遊べない(笑))

今まではセンサーバー・付属AVケーブル・ACアダプタを外して、Wii本体やWiiリモコン含めてまるごと一式を自室まで運んで、また繋ぎ直して、そして遊んでいました。ただ読んでる方も思ったでしょうけどすんげー面倒なんですよ(笑)なもんでせめてセンサーバー・AVケーブル・ACアダプタの3つはもう1セット用意して、本体とリモコンだけを持ち込むだけにしたいなぁと思ってました。

しかしその中でセンサーバーだけが別売りしてなかったのですが、本日より任天堂サイトの部品販売ページからセンサーバーのオンライン販売が開始されていました。これであとは「Wii専用 S端子ケーブル」と「Wii専用 ACアダプタ」を揃えれば手軽に二部屋を行き来出来ます。

さて、早速申し込んでみるとするかな(笑)

投稿者 akindoh : 21:31 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月24日

「ガンダム無双」に武者ガンダムが登場するのはいいが・・・

ガンダム無双 with PLAYSTATION 3(60GB)

なんでも「ガンダム無双」に武者ガンダムが登場するようで、その事が電撃オンラインでも報じられていたのだが・・・

発売直前になって、ついに登場が明らかになった武者ガンダム! 出展が「SDガンダム」なだけに、これまでゲームなどで登場したときはすべてSD等身だった。リアル等身で描かれるのは本作が初めてとなる。

嘘付くな。

事実上バンダイの御用雑誌である電撃ホビーマガジンを擁するメディアワークスがその程度の認識かよ。Wikipediaにもキチンと書いてあるが武者ガンダムのオリジナルは漫画「プラモ狂四郎」で、そのオリジナルはリアル等身だ。どうにもSDガンダムの武者ガンダムがオリジナルと思われてるような誤解は納得出来ん。そしてそれよりもムカついたのが・・・

久夛良木氏は「スピーチするとき、モビルスーツを着こむのかと思ってた。もしそうなら、必ず衣装を持ち帰ろうと思っていた」と自身もガンダムファンであることを明かしていた。

PS3大苦戦だからってガノタに媚売りか。

というかこの発言、なんか「モビルスーツ」だから人が着込むモノと勘違いしてる気がするんだが。百歩譲って仮に最低限の知識があったとしても現在56歳のクタがガンダムファンとは笑わせる。100%無いとは言わんがかなり苦しい。どう考えてもリップサービスだと考えるのが自然だ。

ま、あれだ。売れると良いね「ガンダム無双」、期待してないけど(笑)

投稿者 akindoh : 12:04 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月23日

100メガショック!バーチャルコンソール

いやぁ驚いた驚いた。ファミ通.comによりますと新たに「ポニー・キャニオン」「G-モード」「スパイク」「SNKプレイモア」の4社の参加が決まり、初代ファイプロことPCE版「ファイプロ1」のリリースも決まったそうだ。あぁもう個人的にはいろんな意味でスゲー嬉しい。こうなったらPCE版「2nd Bout」「Legend Bout」、SFC版「スーパーファイヤープロレスリング」「2」「ファイナルバウト」「スペシャル」「X」と、出せる限り全部出して、最後に元祖ファイプロとも言うべきファミコン・ディスクシステム版「プロレス」も出して欲しいなぁ。
(ディスクのプロレスは開発がヒューマンなので、実は直系の先祖だったり)

そして今までタイトル未発表だったMSXのリリースが春に決まったのと同時に、なんと新たにNEO-GEOがVCで登場する事が決まったそうだ。密かにこっちもすんげー嬉しい!なんせ昔、仲良かったSNK営業さんに安くネオジオ本体を譲ってもらい、初代「サムライスピリッツ」(定価¥29,400)を新品で購入して遊んでたくらいですから。

正確には結局新品のネオジオROMを買ったのはその1本のみで、あとは中古で安く買っただけでした。なもんで数本のゲームの為にあんな大金つぎ込んでたんだなぁ俺…と凄く懐かしい思い出が甦って来ましたよ。

ネオジオの登場は夏らしいのでタイトルも価格も出てませんが、個人的にはサムスピとワーヒ2(ワールドヒーローズ2)なら1本2,000円でも買う!と宣言しときます。

あぁもうこうなったらWiiリモコン接続型のネオジオスティック出ないかなぁ(笑)

投稿者 akindoh : 23:07 | コメント (3) | トラックバック

アクティックギアに「スタンディングタートル」が!

"装甲騎兵ボトムズ スタンディングタートル AG-V15" (タカラ)

なんだかんだで全部買って行ってるアクティックギアシリーズにいよいよ海亀こと「スタンディングタートル」が登場決定ですよ。また同時に青亀ことスナッピングタートルとのセットである「AG-EX09 アクティックギア スナッピング&スタンディングタートルセット」も発表になり、これでようやくTVシリーズ「クメン編」のATが揃う事になります。

あとは陸亀ことスタンディングトータスと宇宙亀ことスタンディングトータスMk-IIが出ればトータス系ATはOKですね。こうなると残る「ストライクドッグ」と「ラビドリードッグ」、あと「ツヴァーク」が出ればTVシリーズはコンプですね。

"装甲騎兵ボトムズ ATトランスポーター" (タカラ)

そして目下の悩みはこれをどこに飾るかという事だったり…場所がねぇ(笑)

投稿者 akindoh : 22:26 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月22日

「iPhone」の商標侵害問題が決着

iPhone発表直後にお伝えした、AppleとCiscoの「iPhone」商標侵害問題が決着したようです。MYCOMジャーナルによりますと・・・

米Appleと米Ciscoは2月21日(現地時間)、「iPhone」の商標をめぐる一連の問題が決着したことを発表した。現在iPhoneの商標は Ciscoが持っているが、AppleとCiscoの2社は互いにこの名前を自由に使うことができ、これに関して係争中の訴訟を取り下げることで合意した。また両社はセキュリティやコンシューマ、エンタープライズ通信における相互互換性について模索していくことを確認したという。

まぁ一番無難な線で落ち着いた模様。ところが驚いたのはその後に続く・・・

それ以外の合意事項については極秘としており、Cisco側がiPhoneの商標利用の見返りにAppleに要求していたとされるDRM技術「FairPlay」のライセンス供与の可能性については明かされていない。

うひょー、かなり凄い事を要求してたんだなぁCisco。まぁとにかく無事に決着したようで何より・・・俺は買わないけどな(笑)1年経過になる4月に機種変(FOMAの場合、買い増しになるんだよね)するのは2/28発売が決まった「SH903iTV」と既に心に決めているしね(ドコモ関西は4/1から903iシリーズへの機種変で8400円引きするキャンペーンをやるから丁度良い)

ところで、iPhoneといえばGizmodo Japanにて興味深い記事が。提携するにあたりAppleがCingularに飲ませた条件がウォールストリートジャーナルに掲載されたそうですが、その条件というのが・・・

  1. 発表前に現物を見たのは、Cingular幹部3人だけ。
  2. フォン本体にはCingularロゴも入らない。
  3. ウェブブラウザや着信音も普通はCingularのものを入れてもらうのですが、これも無し。
  4. 携帯月額利用料の一部をAppleと分け合う

うひょー、特に4番目なんか良く飲ませたなぁ・・・もし日本でiPhone発売するとして、こんな条件飲むのは通称禿とも呼ばれるジョブズと同じ禿、孫正義のSoftBankくらいじゃないのかなぁ。

まぁそうなるとますます俺がiPhoneを使う事は無いな。

投稿者 akindoh : 17:50 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月21日

ペーパーマリオが、アソビ大全が、パネポンが、応援団2が

本日、任天堂の小売店向け商品説明会が開催されたそうで、色々な新作についての発表がありました。

【Wii】スーパーペーパーマリオ 4月19日発売予定 予約

まずは「スーパーペーパーマリオ」、ファミ通.com等をご覧になれば分かりますが以前ゲームキューブ用として発売予定だったモノがWii用として発売になります。まぁ基本はオーソドックスなアクションですが2Dと3Dを切り替えて進めるのがちょっと面白そうです。Wiiはまだまだラインナップが寂しく、これからというところなのでこういうオーソドックスなタイトルも増えて行くのは良い事だと思います。

【DS】Wi-Fi対応 世界のだれでもアソビ大全 4月19日発売予定 予約

お次ぎは「Wi-Fi対応 世界のだれでもアソビ大全」、これも同じくファミ通.comをご覧になれば分かりますが「だれでもアソビ大全」のWi-Fi対応版です。私も前作を買って遊んだんですが結構面白かったもののWi-Fiに対応してないのが不満だったので嬉しい限り。ちなみに海外版は最初からWi-Fi対応だったので、それを逆移植(日本語化)した感じっぽいですね。

【DS】パネルでポンDS 4月26日発売予定 予約

そしてさらに「パネルでポンDS」、同じくファミ通.comをご覧頂ければと思います。SFCでの発売から根強いファンを持つアクションパズルの名作です。今回当然のごとくWi-Fi対応になっている事、おまけに対戦しながらボイスチャットで会話も可能という事でテトリス以上に白熱しそうな予感。

"押忍! 闘え! 応援団" (任天堂)

そしてトドメはやっぱりコレでしょう。一部で熱狂的な人気を誇る「押忍! 闘え! 応援団」の続編として「燃えろ!熱血リズム魂 押忍!闘え!応援団2」の発売が決定したそうだ。ジャンルとしては平たく言えば音ゲーになるのだが・・・とにかく熱いゲームであるという事は間違い無い。音ゲーが基本的に肌に合わない私は、ちょっとノリ切れなかったというのが正直な感想だが普通の人はおそらくノリ切れるだろうな、という感触はあったので是非一度前作の公式サイトにあるムービーを観て判断して欲しい。

電撃オンラインによると他にも色々と発表があり、その中にはいつの間にか存在が忘れられそうになっていた「ゼルダの伝説DS(仮称)」の名前もちゃんとあったりして安心しました(笑)なにげに一番期待しているゲームなんで早く発売して欲しいところです。

まぁそれにしてもDSはいろんな意味でラインナップが凄いなぁ・・・ホント、今や国民機って感じだ。

投稿者 akindoh : 23:10 | コメント (2) | トラックバック

2007年02月19日

「ガンプラコレクション」第3弾は・・・

第1弾第2弾と続けて買ってきたガンプラコレクションも次の第3弾で一応基本シリーズは終了となります。

ガンプラコレクション DX BOX (3/下 発売予定)

バンダイのサイトによると第3弾である「ガンプラコレクション DX」では「シャア専用ゲルググ、量産型ゲルググ、リックドム、ジュアッグ、ゾック、ガンタンク、ジオング、ドダイYS、ザクマインレイヤー」と、当時幻のキットだった限定版キット「マインレイヤー版シャア専用ザク」の10種類がラインナップされています。

そして1個400円に価格がアップされています。まぁそれは良いんですよ、全部大型キットばかりですから。でもな・・・1BOX9個入りってどういう事よ。箱買い1個しただけじゃ絶対揃わないって事じゃん。

まぁムカついたので2箱注文しましたけどね!

でも確率で言えば、それでも揃わない可能性もあるわけで・・・正直不満。

投稿者 akindoh : 17:55 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月18日

「レイトン教授と不思議な町」面白いは面白いのだが

レイトン教授と不思議な町

どうもネットでの評判も上々なようなので我慢出来なくなりゲットした「レイトン教授と不思議な町」ですが、見事にドップリとハマってプレイしてます。現在プレイ時間は4時間40分、解けたナゾは60個、トータルひらめき指数が1626ピカラットという具合です。何となく物語は中盤を超えてる気はします。

さてこのゲーム、面白いかと問われたら面白いと断言出来ますし、買いか?と聞かれたら買いだと答えます。脳トレ系が多いと言われるDS市場ですが、やっぱり元祖「頭の体操」の多湖輝氏は偉大です。出て来る問題が一癖も二癖もあるけど面白いので「脳トレ系はもう飽きた」という人こそ是非遊んで欲しいと思います。

ただ…表題にも書いてる通り、どうも煮え切らない感じになっているのはこのゲームの売りでもあるストーリー性の部分です。別に出来が悪い訳でもなく、絵のタッチも個人的には好みでもあり、結構いい感じだと思います。少なくとも「レイトン教授」シリーズは今作も含めて3部作であると発表済みな事を考えるとこのゲームは「レイトン教授」シリーズとしては完成度も高く、良くまとまった良い作品であると思います。

ところが私の様にこのゲームに「頭の体操DS」的なモノを求めていた人に取っては正直ストーリー部分が邪魔に感じるのでは無いでしょうか。ストーリーの中に無理矢理「頭の体操」の問題を絡ませてる感がどうも拭えなく、どうにもこうにも微妙なダルさを感じるんです(ただフォローしておくと、決して無理矢理やらされてる感は無く、その辺の雰囲気作りは上手い)

その上これは個人的嗜好にも関係する部分なんですけど…大泉&掘北、両名の声が邪魔(笑)途中に挿入されるムービー程度なら多分気にならなかったんですけど、問題に回答する度に必ずどちらかの声が出て、大泉はレイトンっぽく無いし、掘北はルーク少年というより舌足らずな女の子って感じでどうにもこうにも。普通にアニメ声優使った方が良かったんじゃないの?と思うわけです。
(さらに言えば雑誌広告の大泉の表情が馬鹿っぽくてレイトン教授って感じじゃないのもマイナス)

というわけで個人的にはこのゲームからストーリー性を排除して、価格をちょっと下げた「頭の体操DS」を普通に出してくれる方が嬉しいところですが(笑)別にまぁレイトン教授でも悪くは無いので、是非第2弾である「レイトン教授と悪魔の箱」では声優変えて下さい(笑)例えばレイトン教授だとムーミンパパみたいな感じの方が良いと思うんだけどなぁ。

というわけでどっちにしてもこのゲームは面白いのでオススメってところです(笑)

投稿者 akindoh : 00:49 | コメント (4) | トラックバック

2007年02月15日

今更本日発売のゲームが気になって来た件

レイトン教授と不思議な町

今年出る予定のドラゴンクエストIXの開発を担当しているレベルファイブの自社ブランド作品である「レイトン教授と不思議な町」ですが、正直言って今日の今日まで「あぁ良く有る脳トレ系か」とロクにチェックもしないでスルーしてました…まぁ大泉洋が出てるってだけでもスルー対象でしたけど(笑)

それがまぁ商品説明とか読んでたら問題監修は「頭の体操」シリーズの多湖輝氏なのね。この一点だけでちょっと興味持ってしまった。大泉の声我慢してやってみようかな(笑)あとこっちもちょっと驚いたのが「DEATH NOTE キラゲーム」。

DEATH NOTE キラゲーム

どんなゲームかと色々調べてみたら所謂「人狼」らしいですね(人狼の系譜については友人Midge氏のサイトが詳しいです)ただWi-Fiにも対応せずワイヤレスプレイでも2人までという人狼未経験の俺でも「そりゃねーよ」なシロモノ。ちょっと手軽に人狼を試してみようかな、とか思ったんですが多分これはスルーかな。

とりあえず明日、ゲームショップでレイトン目の前に悩んでみるかな。

投稿者 akindoh : 00:31 | コメント (4) | トラックバック

2007年02月14日

我が家のバレンタインデー

先程、嫁からバレンタインのチョコを貰いました…不二家ハートチョコレートですが(笑)よくもまぁ見つけて来たなぁこの時期に。

ホワイトデーには納豆でも返してやろうかな(笑)

投稿者 akindoh : 22:11 | コメント (5) | トラックバック

今日の一言(2/14)

新たなWiiチャンネルとして「みんなで投票チャンネル」が登場!でもまだ会社だからWii弄れない・・・

投稿者 akindoh : 14:09 | コメント (0) | トラックバック

「ジェットインパルス」気付かなかった事

ジェットインパルス

DSとは思えない見た目と、フルボイスな演出に感動している「ジェットインパルス」ですが、2ちゃんのスレ有志により隠し機体のうちいくつかはマップ上の特定の建物を破壊すると入手可能という事が判明、結構色々とやりこむ要素がありそうです。

そんなこんなで昨日も遊んでたんですが・・・恥ずかしい話でずっと今までWEAPON 1WEAPON 2とあるのを、1が機銃で2がミサイルだと勘違いしてました(笑)なんでミサイル減らないんだろうと思ってたんですけど・・・そりゃぁ減らないわな、基本ミサイルは弾数無限なんだし(笑)んで初めてウエポン切り替えて使ってみたら・・・何このミサイル、誘導性高いわ威力強いわとオリオンスターズ(黒い三連星)を必死に基本ミサイルで撃墜した俺の苦労は何だったんだ?と(笑)ちなみにこのゲーム、結構狙った名称や台詞が多くてオタには楽しいです。

まぁミサイルの件は俺の勘違いなんでどうでもいいのですが、昨日更新された公式サイトのQ&Aにはこんな事が・・・

Q5:
思ったように敵機をターゲットできません。
A5:
Xボタンで敵機のターゲット切替ができますが、レーダーの機影にタッチすることでもターゲット可能です。また、Xボタンを長押しすると、最も優先度の高い敵機にカーソルが戻ります。切替ボタンを押しすぎて、狙った敵を通り過ぎてしまったときや目前の戦艦にターゲットしたい場合などにお試し下さい。

ちょっと、ちょっとちょっと!それ説明書にも書いてないよ!L+R長押しは書いてたから分かってたけどさ。

ゲームの方はちまちまとやってるのでまだAZX 05(F-15イーグル)をゲットしたところですが本当に初期のエースコンバットをやってるような感じで面白いです。空戦好きなら是非一度プレイする事をオススメします。

アニメチックな展開が嫌な場合は、あまりオススメしませんが(笑)

投稿者 akindoh : 14:03 | コメント (8) | トラックバック

2007年02月13日

「世界樹の迷宮」ディレクター新納一哉がアトラスを退社

世界樹の迷宮

個人的には非常に興味を惹かれるものの未だ手を出せないでいるDS「世界樹の迷宮」ですが、このゲームのディレクターを務めた「新納一哉」氏がアトラスを退社したそうだ。

まぁゲーム業界ではよくあることと言ってしまえばおしまいだが、新規タイトルが比較的多いDSとは言え、どうしても続編に頼りがちなRPGというジャンルの中で久々に出た意欲作だったと思っているのでちょっと残念ではある。おそらくセールス的な失敗が最大の理由じゃないかと思います(推測)かといってこのゲームがメガテンシリーズだったらその時点で俺は絶対買わないという判断してたけどね。

そうは言ってもゲームソフトは既に1人で作るものじゃ無いので、今後もアトラスから世界樹の続編が出る可能性はあると言えばあるが、メガテンとは違う流れを推し進めていた中心人物でもある新納氏の退社は今後の世界樹シリーズ(出れば)に大きな影響になるだろうなぁ。

ま、あれだ。現状のままの世界樹はそのうち手を出そうかと思うけど、良くあるRPGっぽくなったら絶対買わないよと。

投稿者 akindoh : 12:53 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月12日

「台湾コンシューマゲーム最新事情」の記事

休日なので家の用事を色々と済ませつつWeb記事を読んでたらGAME Watchの記事に目が止まった。台湾で開催されていたTaipei Game Show 2007記事の番外編で、現地のゲーム事情を紹介する記事だ。多分今までだと軽く目を通すだけか、そもそもスルーして読まなかった記事だが昨年台湾のbanさんがウチにコメントをしてくれるようになった事もあって興味を持った。

残念ながら多くの日本人と同様に私もあまり台湾について良く知らない。ただ、ここ数年は日本を取り巻く様々な事情もあり、興味を持ち始めた所でもある。当たり前だが人は自分の事を嫌いだと言う人よりも、好きだと言ってくれる人の方が好意を持つし嬉しいものだ。嫌日な国よりも親日な国の方に好意を持つのは当然の流れだろう。そういう面から私の中では、最近好きになったいくつかの国の中に台湾も含まれている。

全くの余談であるが、先日従姉妹が友達と台湾に旅行に行っていた(帰国後に知らされた(笑))現地ではタクシードライバーを初め、日本が好きだという方が多かったらしく、色々と親切にされて非常に喜んで帰って来た。そういう話を聞くとますます興味を持つというものだ。

閑話休題。そんな事もあって前述の記事を興味深く読んでいたのだが日本語タイトルのパッケージが普通に並んでいる光景はなかなか楽しかった(笑)他にも同人誌やメイド喫茶とか本当にここは台湾か?という思いと同時にどこも似たようなものか(笑)とも思った。
(個人的にはメイド喫茶って正直勘弁して欲しいんだけどなぁ…)

一方で、携帯ゲーム機だけでなく据え置きハードすら持ち寄って店頭で遊ぶという光景は流石に独特なんだなぁと思った次第。この辺についてはきっと現地の生の声がコメントで聞ける事でしょう(笑)

そしてこの記事を読んで思った事が「妙にSONY寄りな記事な気がするんだけどなぁ」というもの。なんか台湾ではPSPとPS3が大人気みたいに錯覚しそうな記事なんだけど(笑)この辺は以前教えて貰った話で、任天堂の代理店がプロモーション弱いという事に起因するのかなぁと思ったんですけど実際どうなのかな。PS3が大人気なんだったら日本で投げ売りになってるPS3持って行ったら一儲け出来るんじゃ?とか思ったよ(笑)

まぁそんなこんなで個人的には結構面白い記事だったなぁと…それだけの話ですが(笑)

投稿者 akindoh : 23:11 | コメント (2) | トラックバック

2007年02月09日

「ジェットインパルス」ファーストインプレッション

結局一日遅れになりましたが先程「ジェットインパルス」が届きました。

ジェットインパルス

そんでまぁ先程、チュートリアル代わり(チュートリアルそのものは無い)のプロローグを終了し、これから本編ってところですが・・・凄すぎ

何が凄いってほぼフルボイス。OPのムービーはいつものACTIMAGINEによるモノなのですっかり御馴染みだし珍しくも無いですが、本編のステージデモ、ブリーフィング(ステージ説明)はもちろん、ゲーム中の台詞までフルボイス。それも「ミサイル」とか「ヒット!」とかその程度かと思ってたんですが、プロローグの中で、戦闘機で亡命して来た人を援護して、追っ手を迎撃するというミッション中、その亡命者の無線通信まで全部フルボイス。本当にこれDSのゲームか?と思う程に喋る喋る。

操作は「スターフォックスコマンド」と違い、キーとボタンで操縦するタイプで馴染みやすく、PS「エースコンバット」とか好きだった人だとオススメだと思います。残念なのは振動カートリッジ非対応って事ですかね。振動欲しかったなぁ・・・

あとフレンドコード無しってのも何気にDS初なんじゃ無いのかな?これにもちょっと驚いた・・・というか残念過ぎる。対戦だけじゃなくて友達と一緒にミッションクリアとかやってみたかったのに・・・

それにしても・・・アフターバーナーした時のSEといい、パイロットのメットといい・・・マクロスかよ!と思わず突っ込みたくなる事うけあいです。思わず下画面の何処かのボタン押したらガウォークとかバトロイドに変形するんじゃないかと探したくらいです。

まぁいくつかの不満点はあるものの、出来は良いし凄いので是非プレイする事をオススメします。

投稿者 akindoh : 12:54 | コメント (3) | トラックバック

今日の一言(2/9)

Firefox 用GoogleツールバーがバージョンアップしてGoogleReader用ボタンとか追加出来るようになって便利。あとはさっさとGoogle Docs & Spreadsheetsを日本語化してくれ、何で先に韓国語なんだよ(笑)

投稿者 akindoh : 10:45 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月08日

今日の一言(2/8)

Amazonで注文したDS「ジェットインパルス」が今日届きません・・・

投稿者 akindoh : 10:43 | コメント (2) | トラックバック

菅直人はもっと凄かった

痛いニュース(ノ∀`)経由、自民党の中川幹事長のサイトにも話題になっているが、民主党の代表代行である「菅直人」もなかなか愉快な発言をされていらっしゃるようだ。

「東京は景気が良い、生産性が高いと言われるが、しかし、東京は日本で一番生産性の低い大都市。何の生産性か、それは子供の出生率において、0.98という最も生産性を示している都市。逆に言えば日本がみな東京のようになってしまったんで、日本は成り立たなくなりといえる」
出生率と生産性を結びつけるということは、出産と機械とが結びつくことではないのか。生産性とは、生産過程に投入される生産要素が生産物の産出に貢献する程度のこと。是非、菅直人民主党代表代行に、1月15日の民主党大会でのこの発言の真意を質していただきたい。
ちなみに、菅氏は平成18年8月5日掲載の山陰中央新報のインタビューにおいても、「少子化問題でも、生産性が高い東京が、子供の生産性が一番低い」と述べている。人間の出産を生産性でとらえるこの感覚に、審議拒否した野党の皆さんの感想をお聞きしたい。

そっかぁ柳沢厚生労働大臣が辞任しないといけないのなら菅直人は何してくれるんだろう(笑)代表代行辞任?いやいやそんなもんじゃ駄目だよねこの人。「未納三兄弟」とか「世襲を批判してて息子を立候補」とか失態多いんだしそろそろ議員辞職で良いんじゃない?(笑)ま、そんな事はさておき、2ちゃんねるでのある表現が非常に気に入った。

さすがチャンスをピンチに変える男w

非常に的確な表現である(笑)

まぁとにかくこんなつまらない言葉狩りなんぞ国会レベルではさっさと終わりにして貰いたいものだ。

投稿者 akindoh : 10:07 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月07日

ゲームソフトのレンタル事業「RentaNet」、事業凍結

ま、レンタネットがレンタルビデオ並に普及した時には目でピーナッツでも噛みますよ(のび太かよ)

こんな感想を書いたのが去年の4月、そのゲームレンタル事業「RentaNet(レンタネット)」が本日、事業の凍結を発表した。

 コーエーネットは2月5日、ゲームレンタル事業「RentaNet」の本格稼働を当面凍結すると発表した。昨年から試験的に運用していたが、「現状ではビジネススキームの確立が困難」と判断した。2007年3月期の業績見通しも下方修正する。

 Rentanetは、ゲーム店などにレンタル用システム一式を提供し、店がユーザーにソフトを貸し出すサービス。新作の1カ月レンタルなら定価の 8割の5000円強程度に設定し、約10%をコーエーネットが受け取る仕組み。昨年5月25日から試験運用を始め、全国14店舗で展開していた。

ちなみに開始前には「2年後に1500店、900億円に拡大したい」とおっしゃってましたが約8ヶ月後に14店舗で終了とは想定外だったんでしょうか。私はむしろ14店舗も参加してたんだと驚いたくらいです(笑)

折角アイデアそのものは悪く無かったのに、価格設定のミスなど明らかに稚拙な計画により頓挫したと言っても過言では無く、この失敗により今後ゲームレンタル事業が再度現れるにはかなりの時間を要する事になるでしょう(過去にここまで失敗してたら手を出すの躊躇するよね)

全くコーエーって今も昔もトコトン業界をダメにする会社だなぁ。

投稿者 akindoh : 21:08 | コメント (2) | トラックバック

2007年02月06日

福島瑞穂は恐ろしい

柳沢厚生労働大臣の発言問題がこのところ盛り上がっている。野党はここぞとばかりに非難している。曰く、失言というのは普段その人が思ってることが出るんだそうだ。ところで2ちゃんねるにこんなのがありました。社民党の福島瑞穂党首の公式サイトの記録されたものである。

子どもを埋めたい人の気持ちは?
「子どもを埋めたい人の気持ちは?」

なるほど、社民党の福島瑞穂は子どもを埋めたいんだ(笑)さて、辞任してもらおうか。

投稿者 akindoh : 16:42 | コメント (5) | トラックバック

ゲーム脳というインチキを未だ繰り返す森

たまたま昨日触れた「ゲーム脳のおっちゃん」こと森昭雄のコメントの詳細版が掲載されていました。それによると・・・

--ゲームにも良いものもあるということ?
 私は「ゲームをなくせ」など、存在を否定することは言っていない。要は使い方で、何ごともやり過ぎはよくないということだ。ただし、ゲームは中毒性が高く、子供が自分で歯止めをかけるのが難しい。ゲームの時間は1日に多くても30分で、最低でもゲームを遊んだ時間と同じだけ本を読んでほしい。脳はすぐに学習するため、従来のただボタンを押すだけのゲームだとすぐ慣れてしまう。ゲームを子守代わりにする親がいるが、安易に与えるのは良くない。子どもには感動や喜びなどいろいろな刺激が必要なので、会話をしたり、ゲーム以外にもいろいろな経験をさせてあげてほしい。

えーと、色々あるので順番に。まず「何ごともやり過ぎはよくないということだ。」についてですが・・・当たり前の事を何を偉そうに、とだけ言っておきます。

次に「ゲームを子守代わりにする親がいるが、安易に与えるのは良くない。」という点だが、これはゲームの是非じゃなくて子育ての仕方の是非じゃないのか?じゃぁゲームじゃなくて本を子守代わりに与えて置くのは良いのか?

さらに「脳はすぐに学習するため、従来のただボタンを押すだけのゲームだとすぐ慣れてしまう。」「子どもには感動や喜びなどいろいろな刺激が必要なので、会話をしたり、ゲーム以外にもいろいろな経験をさせてあげてほしい。」という部分だが、これを私はこう置き換えてみた。

脳はすぐに学習するため、従来のただページをめくるだけの本だとすぐ慣れてしまう。子どもには感動や喜びなどいろいろな刺激が必要なので、会話をしたり、読書以外にもいろいろな経験をさせてあげてほしい。

この置き換えで違和感を感じない人が多いだろう。それは何故かと言えばマトモな人ならゲームも感動や喜びなどいろいろな刺激を与えてくれる事を知っているので、ただボタンを押すだけで感動も喜びも与えてくれないのがゲームという彼のおかしな理屈が正しいのなら、彼の薦める読書と何ら差が無いと言える事が分かっているからだ。

彼の脳内世界では「ゲームというのは無機質で、何の物語性も無く、単に反射で済ませるだけのもの」なのだろう。ゲームについてその程度の見識が無い時点でまず研究者として森というオッサンは失格だ。別にオタク程ゲームに詳しくなる必要は無いが世間一般の人でも知ってるレベルの見識も無しにゲームについて論じるというその浅はかさが馬鹿げている。その辺の飲み屋で酔った勢いでグダグダ文句言ってる酔っ払いのオヤジとどこが違うというのだろうか。さらに・・・

私の意見を批判する人は、毎日何時間もゲームをさせて良かったというデータを出すべきなのに、そうする人は誰もいませんよ。

いや、その前に後天的自閉症患者を連れて来てそれを証明してよ。講演で「ゲーム脳で後天的自閉症になる」と発言したと言う話がある。こっちは物的証拠が上がってないものの自著で先天的ではない自閉症が存在すると断言している。だったらまずゲーム脳を提唱する森自身がゲーム脳により先天的でない自閉症になった患者を証明するべきじゃないのか?批判者に対して反論する前に、まず証明するべきものを先に証明しろよ。

まずキチンと科学的に、持論を全て証明してから相手してやる。それまではお前は単なる酔っ払いだ。

投稿者 akindoh : 15:54 | コメント (0) | トラックバック

Apple商標訴訟は完全決着・・・かな?

※初出時とは大幅に加筆修正してあります

先日のiPhone発表の時に同時に発表されたApple ComputerからApple Inc.への社名変更について私は

んで最後は社名変更の件。俺もふと頭を過ぎったのは「ビートルズのApple Corp.との関係はどうなんだろう」と。まぁこれに関しては記事が出ない事には何とも言えない。クリアされてると思ったら全然されてなかったケースは過去に多々あったので(笑)まぁ様子見かな?

という風に書いたのですが、今朝になってやっと和解したとの発表があった。但し、その内容は驚くべき事に・・・

 Appleという名称と、果物のリンゴを使ったロゴの使用に関して両社が交した1991年の契約は、この和解により大きく変更される。新しい契約では Apple Inc.がAppleという登録商標のすべての権利を所有し、Apple Corpsに対してその商標の継続的な使用をライセンス供与することになる。

何と逆ライセンスですよ。そもそも両者の争いの流れはMYCOMジャーナルが簡潔にまとめていますが・・・

両社の争いはAppleの創業にさかのぼる。Beatlesのプロジェクトとして1968年に誕生したApple Corpsは、その名前を使ったAppleを商標権侵害で訴えた。1991年にAppleに"Apple"の名称やロゴの使用を認める契約で合意したが、その中に音楽市場での使用を除外する条件が含まれていたのが後のトラブルとなる。iPod発売、iTunes Music Storeを通じて音楽のネット販売に進出したAppleに対して、Apple Corpsが契約違反を訴えた。

こんな具合です。ただこの辺のついての記憶が私自身ごっちゃになってたんで書籍「アップル・コンフィデンシャル」を読み返すと載ってたので引用(323ページ)。

1981年11月、アップル・コンピュータとアップル・コープスは、それぞれの会社の商標の利用や登録にいくつかの制限を加える秘密契約を結んだ。アップル/コンピュータはこのイギリスの会社に非公開の額を支払い、世界中どこでもコンピュータ製品にアップルの名を付ける権利を得たが、音楽分野での権利はアップル・コープスが保持した。

そう、まず出発点はここ。ここで一度商標について合意があったんですよね。そして・・・

1989年2月、アップル・コープスはロンドンでアップル・コンピュータに未確定額の損害賠償を求める訴訟を起こし、アップルが商標共存の契約を破って音楽合成機能を持つ製品を流通させたと訴えた。裁判ではっきりと引き合いに出されたのはマック・プラス、SE、][、およびアップル][GS、アップル][e用の][GSアップグレードキット、およびアップルCD SCドライブ、アップルのMIDI(ミュージック・インストゥルメント・デジタル・インターフェイス)機器だった。ビートルズの法律事務所は、アップルが音楽製品を作り続けたいならバナナかピーチに名前を変えるように勧め、アップル・コープスが最終的に5000万から2億ドルの使用料を受け取るべきだと見積もった。アップルは1981年の契約を破っていないと主張したが、1991年10月9日、アップル・コープスに2650万ドルを支払うことで事態を解決した。

よーするにエラー音などを録音・再生出来たり、MIDIで音楽を再生したりといった機能を取り上げて音楽合成機能を持つ製品として訴えたわけだ。個人的には難癖とも思えるがそこはそれ、結果としては「音楽市場での使用を除外する条件」は1991年の事ではなく1981年の話で、1991年はその契約を違反したという事を巡っての訴訟だったわけだからMYCOMジャーナルの説明はちょっと違ってる事になる。

まぁそんな些細な話はさておき、そもそも極論すればコンピューターのスピーカーから音楽が出てるのが問題視されたわけですから本当にややこしい。これを持って音楽分野での権利を違反してると言われたらなぁ・・・と言うのが個人的感想。でもその後アップルはiPod出してiTunes Music Storeをはじめたわけだからどっちもどっちとも言えなくも無い(笑)

まぁとにかくそんな経緯があった上での今回の逆ライセンスなんで一体どういう話し合いが持たれたのか非常に興味はありますが・・・おそらく永遠に表には出ないんだろうなぁ。

ま、とにかく今後は争う事は無いと思うので安心かな。

追記:
上で紹介している書籍ですが、現在は加筆版が出ているようです。

アップル・コンフィデンシャル2.5J(上)
アップル・コンフィデンシャル2.5J(下)

個人的にはかなり面白かった本なのでオススメです。

投稿者 akindoh : 09:55 | コメント (2) | トラックバック

2007年02月05日

「ガンダム無双」の動画で爽快さを感じますか?

ガンダム無双


 “かつてない爽快さ”を追求したガンダムと無双のコラボレーション作品が、プレイステーション 3をプラットフォームとして3月1日に発売される。開発をコーエーのω-forceが担当し、販売をバンダイナムコゲームスが行う本作は、無双シリーズのように何千と押し寄せる敵をあえて銃器ではなく、得物で戦うスタイルを中心としている。この度、まったく新しいガンダムの魅力を引き出した「一機当千の爽快感」を、目で確認できる動画の配信が公式サイトで始まった。

これはITmediaの記事でして・・・公式サイトの動画を見たんだが確かに爽快感はあるんだろうけどハッキリ言って気持ちが悪かった。どこの世界にこんな密集戦闘をする兵器があるのかと。地上をわらわらとうごめくザクやドム、宇宙空間で艦隊と共に集団で漂うザク・・・リアリティのかけらも無く雲霞のごとき光景は面白そうという感想よりも「気持ち悪い」と言う感想しか出なかった。

従来の無双シリーズの流れで言えば確かにこんな感じになるんだろう。そこが無双シリーズのキモでもあるし、私も従来の無双シリーズが悪いとは思わない。むしろあれはあれで面白そうと思う。ただ何でリアルロボットアニメの代名詞とも言えるガンダムで無双をやろうなんて思ったのか、その神経を疑う。

ただし、動画の中で唯一「ゴッドガンダム」だけは違和感が無かった。それは元の作品(アニメ)の中でもデスアーミーの大群相手に戦う描写があったからだと思う。だから別に人型巨大ロボだから駄目だと言わない。でもな、初代ガンダムの、Zガンダムの、ZZガンダムのどこにそんな描写があった?これが許されるのなら「おいでよガンダムの森」でも出してくれと言いたい。

このゲームが売れた日にゃ「ガノタは馬鹿だから何でもガンダム付けりゃ売れる」と舐められるのが落ちだ。

投稿者 akindoh : 17:47 | コメント (2) | トラックバック

「ゲーム脳」の森昭雄がゲームを評価

毎日新聞のWebサイト内「まんたんウェブ」にて「特集:DS・脳トレ“ビッグバン” ある天才の挑戦」という特集記事が出ていました。まぁ中身としては最近どこでも流行の「勝ち組、任天堂」についての記事で、それそのものは特別珍しく無いのですがその中で…

「ゲーム脳」の提唱者である森は「自分で歯止めをかけるのは難しい子供に安易に与えるのは良くない」と前置きしながら、「まだ実験をしていないので、確かなことはいえないが、良い効果を与える可能性はある」とDSに一定の評価を与えている。

えーと、色々突っ込みどころ満載なのですが(笑)Wikipediaによりますとゲーム脳とは簡単に言えば「ゲームをしていると高齢者の痴呆症患者と同じ脳波になる」というものだ。
※この辺について詳しくはゲイムマン(府元晶)による「ゲーム脳」徹底検証シリーズをご一読下さい

その上でつっこんで行くと…

それにしてもこのオッサンは本当に教授なの?自称「教授」じゃないの?自称じゃないなら日大って何考えてこのオッサン教授にしたの?こうなると専門である運動生理学でもマトモに研究してきたのかどうかも怪しいよね…と思ってたらそういう点は既にWikipediaでも指摘されてるんですね(笑)

もういい加減「ゲーム脳」撤回すればいいのに。

投稿者 akindoh : 00:43 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月04日

ウルトラマンの指人形

注意:このエントリはいつも以上におっさんor特撮マニア向けとなっております

先ほどと同じショッピングモールに円谷ジャングルがありまして、ワゴン一杯にウルトラマンと怪獣の指人形が1個94円で売ってたのでいくつか物色。

中央には最近のウルトラマンの中では一番のお気に入りであるマックスを、その左右にウルトラマンウルトラセブンを配置。さらに後ろの列にエースナインを並べてみました。

…ええ、後列はもちろんネタの為だけに買いましたとも(笑)

実は他にもファイヤーさんとかミラーさん(not植草)とかも売ってたんですけどね(笑)デザイン的に好きなのとか色々な理由でセスナとホンダZにしました。実は個人的にリアルタイムで観てたアイゼンボーさんとか欲しかったんですけどマイナー過ぎて無かったのが残念。

そして今回のエントリを書くにあたってYouTubeで久々にOP観たけどエースもナインも変身後出てないのな(笑)

投稿者 akindoh : 22:32 | コメント (5) | トラックバック

ミニ文庫「すてきな三にんぐみ」

例によって家族サービスで大型ショッピングセンターへ。書店で娘逹と絵本コーナーを見てたんですが私が幼稚園の頃読んでいた絵本も普通に売っててちょっと懐かしさを感じてました。さらにいくつかの絵本ではミニサイズの文庫版ってのも出てるんですね。知らなかった…

写真は私も昔読んだ事もある「すてきな三にんぐみ」って絵本です。部屋に飾って置くのも何か良い感じな気がします。

買って帰ろうかなぁ(笑)

投稿者 akindoh : 11:54 | コメント (2) | トラックバック

2007年02月03日

逆転裁判4

"逆転裁判4(通常版)" (カプコン)

既にご存知の方も多いと思いますが、人気シリーズ「逆転裁判」の最新作「逆転裁判4」が4/12に発売予定になってます。第1作目がGBAで発売される時、公式サイトにてFLASHによる体験版が公開され、とても珍しい裁判のゲーム、しかもシリーズ作品ではなく新規タイトルだったのでどういうゲームか分かりにくかったところだったので私もその体験版で面白さを理解し、購入決定した次第です。

そんな逆転裁判の新作がDS版として登場する事になり、今作も公式サイトにて体験版FLASHが公開されていました。さっそくやってみたんですが相変わらず面白いですね、今作も期待出来そうです。

それにしても今回の逆裁は限定版がえらく豪華ですねぇ。本編のDSソフトに、シリーズの色々な事が収録された辞典ソフト、さらに映像特典のDVDがついているそうで「DSソフト2本+DVD1枚」ってのはそりゃぁ税別8,800円にもなりますわな。

ただ興味はあるけど個人的には限定版はちょっと買えないなぁ。

投稿者 akindoh : 23:32 | コメント (0) | トラックバック

TOP | はじめに | ダウンロード | リンク