« 2007年02月 | メイン | 2007年04月 »

2007年03月31日

Wiiのセンサーバーが届きました

"Wii" (任天堂)

先日計画していた通りのWii本体とリモコンだけ持ち込めば自室の液晶TVでも気軽にWiiがプレイ可能って環境を構築すべく、やっと予算組めたので購入しました。

センサーバー

任天堂からは、味も素っ気も無い段ボールに梱包されてセンサーバーが届きました。開封してみると…

センサーバーとS端子とAC

こんな感じでセンサーバー専用スタンドが入っていました。下の箱は別途注文してて前もって到着済みの「Wii専用 S端子ケーブル」と「Wii専用 ACアダプタ」です。こんな具合でネタ振りから約1ヶ月かけてようやく達成です。

んじゃ早速今夜は「ガンダムvs.Zガンダム」を…(Wii意味ねーっ(笑))

投稿者 akindoh : 20:37 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月30日

淡路の観覧車

トヨタのCMでも紹介された淡路サービスエリアにある観覧車です。今日は春休みの家族サービスで淡路島に旅行に来てまーす。

…運転疲れた。

投稿者 akindoh : 21:29 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月29日

豪華客船で密航したのは…

日刊スポーツに「豪華客船に無断乗り込み、強制送還」という記事が出ていました。

 横浜港に寄港した英国の豪華客船「オーロラ」(7万6152トン)に無断で乗り込むため、乗降ターミナルに侵入したとして、横浜水上署は29日、建造物侵入容疑で東京都府中市のフリーター池亀治容疑者(40)を逮捕した。

なかなか豪快な事をするフリーターだなぁ、それにしても40才でフリーターってのも凄いなぁ・・・と記事を読んで行くと「コンピューター会社に勤めていたが、辞めてホームページづくりなどの監修をしていた」と言う話が出ていたわけですが、色々ネットで調べものしてたらこの会社というのが判明。

池亀治
 グローディア社長にしてメインプログラマ&ゲームデザイナ。サバッシュで始まり、エメドラ辺りでようやく実用、ヴェインIIできわめつけを見せた氏のRPGシステムは、今でも追従するものがないと思う。特に相談コマンドと、タクティカルコンバットシステムは優秀だった。
 また、高圧縮技術で実現された広大なマップと長いビジュアルシーン、多重スクロールや3Dなど、いずれも88レベルから実現させていたことが記憶に残る。これら、氏のゲームデザイン&プログラミングセンスは、非常に素晴らしいものだったと今でも思う。氏の復帰を心から願う。

ちょwwwおまwwww

最近はどうだったか知らないが、少なくともあんた昔は勤め人じゃなくて社長だったじゃん!というかグローディア社長かよ!
※グローディアについてはこちらのサイトが詳しいです。またこちらもご参照下さい。

俺自身エメドラ等の作品は遊ばなかったんですけど、あの頃のパソゲーを知ってる人に取って「サバッシュ」等は絶対に外せない名前です。そんなあの時代を代表する1人がこんな事件を起こすなんて…なんつーか世の無情を感じずには居られません。

というわけで元T&Eユーザーズクラブ会員だった、ファルコムよりT&E派だった人(私)の感傷でした(笑)

投稿者 akindoh : 23:43 | コメント (2) | トラックバック

TBSは廃業して欲しい!※これは励ましの言葉です

痛いニュース(ノ∀`)
【TBS捏造】 TBS社長「不二家報道、捏造というのはどうか」…TBS「みの氏の『不二家、廃業しろ』は励ましの言葉」

みの氏は不二家報道の翌日の番組冒頭で、不二家について「もうはっきり言って、廃業してもらいたい」と言い放っているが、TBSは「『廃業を覚悟して不退転で臨んでください』という励ましの発言だったのでは」としている。

なんでもTBSの基準では報道番組で「廃業してもらいたい」とまでズバッと言っても、それは励ましの言葉なんだそうだ。そういえば掲示板風の画像をでっちあげて放送しても「イメージ映像であることを明確に表示すればOK」とも仰ってましたよね?んじゃ・・・

ビッグハット
※イメージ映像です

これも私なりの励ましなのでTBS的には当然OKですよね?あとついでにボクシングの亀田親子やヌルヌル秋山選手も引退して格闘技界から消えてください

もちろん、これも励ましの言葉です(笑)

投稿者 akindoh : 18:01 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月28日

ついに夢の共演が実現!『マリオ&ソニック in 北京オリンピック(仮)』

 株式会社セガ(本社:東京都、代表取締役社長兼COO:小口久雄、以下セガ)と任天堂株式会社(本社:京都市、代表取締役社長:岩田聡、以下任天堂)は、エンタテインメント業界で最も愛されるキャラクターであるマリオとソニックが競演する家庭用ゲームソフト『マリオ&ソニック in 北京オリンピック(仮)』の制作・販売に関して協力することで合意いたしました。本合意により、二大ヒーローが新型ゲーム機WiiとニンテンドーDS向けゲームソフトで初めて競演いたします。
(中略)
 本作『マリオ&ソニック in 北京オリンピック(仮)』では、プレイヤーはマリオやソニックをはじめ、ルイージ、ナックルズ、ヨッシー、テイルス達から好きなキャラクターを選び、 2008北京オリンピックの公式会場さながらの雰囲気の中で、競技種目を楽しむことができます。WiiとニンテンドーDSの斬新なコントロール・システムを活かすことで、プレイヤーは好きなキャラクターを操作し、マリオやソニック達とオリンピックの金メダルを賭けて陸上100m、水泳競技、卓球などにチャレンジできます。

任天堂のプレスリリース見てぶっ飛びましたよ俺は。

かつて、あのしのぎを削ったゲームハードのライバルメーカーの代表的マスコットキャラ同士が夢の共演ですよ。あの頃を知ってる俺のような古いゲーマーにはかなりの衝撃じゃないかと思います。そりゃソニックが初めて任天堂ハードで発売された時も、カプコンvsSNKが出た時も、バンダイとナムコがくっついた時も驚きましたけど・・・これはかなり驚きましたよ。個人的にはこれに匹敵するのはスクウェアとエニックスの合併のニュースですかね。正直それくらい驚きました。

折角WiiとDSで出すんですから、是非とも連動要素を入れて欲しいですね。ちょっと楽しみです。

追記:
この発表を受けて、早くもWiiの「大乱闘スマッシュブラザーズX」にソニックが参戦するのでは無いか?という噂が出始めていますね。

マジで出て欲しい(笑)

投稿者 akindoh : 18:27 | コメント (0) | トラックバック

Xbox360 Elite(エリート)

Xbox 360 コア システム ブルードラゴン プレミアムパック 通常版 【特典付き】

個人的にはPS3買うくらいならXbox360買った方が良いんじゃねーの?と最近思う「Xbox360」ですが現状で廉価版のコアシステム通常版とある本体に、ブラックカラーの上位版「Xbox360 Elite(エリート)」というのが北米で発売になるそうだ。ファミ通.comによりますと・・・

 Xbox 360に新しいモデルが加わることが判明した! その名もXbox 360 エリートだ。真っ黒なボディーが特徴のXbox 360 エリートは、その名称のとおり、Xbox 360シリーズのハイエンド機種の位置づけ。スタンダードタイプの6倍の容量を誇る、120ギガバイトのハードディスクを搭載し、さらには、1080pの映像出力を可能にするHDMI端子付きとなっている。なお、Xbox 360 エリート向けの新アクセサリー (Xbox 360 ワイヤレスコントローラー、Xbox 360 プレイ & チャージキットや Xbox 360 リチャージブル バッテリー パック) も別売される。

ただ、現状では北米のみ発売で日本では未定だそうだ。日本だと49800円くらいになるのかな?ただそうなると正直微妙な気も。個人的にはとりあえず通常版を買うのが正解な気もする。HDMI端子が欲しくて最初からHDD容量がたっぷり欲しい人はエリートで良いと思うけど。ただ、コアシステムは正直オススメ出来ないかな。コントローラーは有線だしHDD無いし。まぁとりあえず安く買っておいて、あとから必要ならワイヤレスコントローラーやHDDを追加するというのもありだとは思うけど。でもこう考えると、結構ユーザーの好みに合わせて選べる構成なのは良い感じやね。

・・・問題はゲームラインナップだけどさ(笑)それも今後はPS3よりマシになるかな?(笑)

投稿者 akindoh : 15:18 | コメント (2) | トラックバック

2007年03月27日

訃報「植木等」

俺の人生訓の一つは「人生で大事な事はタイミングにC調に無責任」なんですが、これを教えてくれたクレイジーキャッツの植木等さんが亡くなられたそうだ。日刊スポーツによりますと…

 クレイジー・キャッツの植木等さんが27日午前10時41分、呼吸不全のため都内の病院で亡くなった。80歳だった。植木さんは今年1月、食欲不振を訴え、都内の病院に入院。今月8日には一時自宅に戻ったものの、翌9日に再入院。今月中旬には病状が悪化し、この日、妻登美子さんと娘3人にみとられて、静かに息を引き取った。

そもそも興味を持ったのは18年前くらいになるだろうか、「宇宙一の無責任男シリーズ」にハマってしまい、そのままのノリでクレイジーキャッツのCDに手を出したのが始まりだ。余談であるがアニメ版は認めない。某ゲーム会社に居た頃、実は広告代理店がスポンサー契約をして欲しいとアニメ版タイラーのパイロット版ビデオを持って来た事がある。私はチェックで絵を見た瞬間に気を失った。主人公である「ジャスティ・ウエキ・タイラー」がりりしい青年であったのだが、もうそれを見た瞬間に「こんなのタイラーじゃねぇ」と却下したのは今でも覚えている。その名の通りモデルはクレイジー映画の植木等であり、そこを変えたら違う作品になるだろうと思ったからだ。まぁ結果としてアニメ版もそれなりに人気を得たらしいが個人的には今でも気に入らない。

そしてその後もクレイジーキャッツ好きは維持され「クレイジーシングルス」は今でもiPodに入れて聴いている。そしてここ数年で一番気に入ったドラマ「ビッグマネー~浮世の沙汰は株しだい~」はDVDを入手し、何度も何度も観た程だ。

"ビッグマネー~浮世の沙汰は株しだい~ DVD-BOX" (長瀬智也)

このドラマ、未見の人が居たら死ぬまでに是非一度は観る事をオススメします。このドラマだけでも語らせたら軽く2時間は喋りっぱなしになる自信がありますから。このドラマで伝説の相場師「小塚泰平」を演じているのが植木等で、非常に味のあるいい役者でした。続編が観たかったんですが、もう二度と小塚泰平は観れないんだと思うと本当に悲しい思いで一杯です。

でもやっぱり植木さんはC調男、あの世でも無責任で楽しく居て欲しいと思います。

結成50周年 クレイジーキャッツ コンプリートシングルス HONDARA盤
"結成50周年 クレイジーキャッツ コンプリートシングルス HARAHORO盤

投稿者 akindoh : 21:01 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月26日

「スーパーペーパーマリオ」公式サイトオープン

"スーパーペーパーマリオ" (任天堂)

この春の注目作の1つ「スーパーペーパーマリオ」の公式サイトがオープンしてました。早速色々見てたのですが冒険スクープのコーナーでプレイ動画がいくつか見れますのでご参照下さい。個人的にはペラペラな見た目に意味を持たせているという点で結構興味アリです。

先日もご紹介した「宝島Z(仮称)」とかも結構楽しみだし、やっとタイトルが充実し出すかな?

投稿者 akindoh : 23:04 | コメント (2) | トラックバック

2007年03月23日

ガンプラ売り場を再現

「パッケージを集めると、当時子供達のあこがれだった、ガンプラの沢山ある売り場をミニチュアで再現可能!」という売り文句に釣られて買い集めた「ガンプラコレクション」ですが、折角買い集めたので売り場を再現してみました。

部屋の棚

ちょっと寄ってみます。

主に300円キット主に大型キット

こんな具合でちょっとガンプラ売り場っぽいですかね?(笑)

投稿者 akindoh : 00:37 | コメント (6) | トラックバック

2007年03月22日

「ガンプラコレクションDX」到着

先日ご紹介した第3段「ガンプラコレクションDX」が届きました。

ガンプラコレクションDX

全9種類+αというわけですが・・・見事に9種類の方は揃いましたがシークレットの「マインレイヤー版シャア専用ザク」が揃いませんでしたorz

でも確率で言えば、それでも揃わない可能性もあるわけで・・・正直不満。

ダブりキットの山

前回書いてた通りで、見事に2箱買っても駄目でしたよ。見事にこれらは夢の残骸(笑)失意のままこの山眺めてたんですが・・・

ジオングとリックドムで『足つきジオング』作れるじゃん!

とまぁプラモ少年(当時)なら誰もが一度は夢見た、超有名なニコイチ再現キットが実現可能です(笑)
※当時の足つきジオングは1/144ジオングと1/100ドムの足の組み合わせですけどね。

というわけで別の方向性に希望を見出し、シークレットのシャアザクはあえて無理に探さない事にします。まぁ店で見かけたら試しに買う、という程度ですかね。それにしてもこのガンプラコレクション、このDXで終わりなのかと思ってたんですが・・・

DXのVol.1かよ

なんか箱にVol.1とか書いてんですよ(泣)もしかして「ガンプラコレクションDX」のVol.2とか出す気なのか?そうなのか?バンダイ。

お願いだから1箱で揃うようにしてくれよ、今回みたいなアソートはもう勘弁。

投稿者 akindoh : 18:17 | コメント (2) | トラックバック

2007年03月20日

カプコンの次世代機戦略色々

GAME Watchにてカプコンが同社の看板タイトルの1つである「デビル メイ クライ 4(以下、DMC4)」を「PS3」「Xbox360」「WindowsPC」のマルチプラットフォームで発売するとの発表を行ったという報道があった。

デビル メイ クライ 4(仮称)

FF13等の超ビッグタイトルに比べれば、DMC4がマルチ化するインパクトはそう大きく無いとは思う。しかしながら、これを「カプコンの、PS3からの緩やかな撤退の始まり」と見ている人は多いようで、撤退とまでは行かないものの、明らかにPS3へ注力する割合を減らす事になるだろう。そしてPS3に比べてXbox360を選ぶ事の理由にはなっても、その逆になる事は無いと思われる。

もしFF13とメタルギアソリッド4がPS3オンリーではなくマルチプラットフォーム化したら、その時PS3は間違いなくマイナー機のポジションが決定する事だろう。

さて、同じカプコンがWiiに対して発表したのが「宝島Z(仮称)」である。なんとなくゼルダっぽいという声もあるが(笑)個人的には結構面白そうに思えた。おそらく数年後には「大ヒットしなかったものの、Wii初期の注目タイトルの1つ」と呼ばれるんじゃないか、という気がしているのだ。

あとは個人的にはモンスターハンターシリーズがWiiに来てくれたら文句は無いんだけどな(笑)Wiiリモコンでやってみたいし。

投稿者 akindoh : 17:00 | コメント (5) | トラックバック

2007年03月18日

通天閣と新世界

通天閣

今日は所用で大阪観光&買い物ツアーに同行。久しぶりに新世界をぶらつき、数年ぶりの通天閣に。ところが何故か知らないが入場までに50分待ちとか言われて断念。なんで通天閣が今頃人気なんだ?しかもこの写真では分かりにくいが最初のエレベーターのぼったあとのフロアでもまだ展望フロア行きエレベーター待ちの行列がずらり。何かあったのかなぁ…

んで新世界。何故か小奇麗な串カツ屋が増えてた。個人的に言わせて貰えれば小奇麗な串カツ屋なんか新世界に作るなと。そういう店はミナミやキタで十分だ。ほとんど居酒屋とかファミレスみたいな雰囲気の店はむしろ邪魔。

でも環状線ガード下の怪しげな露店はそのまんまで良かった。金を払わずに商品(衣服)を持って行こうとしてて店主と小競り合いになってる光景を目の当たりにしたのだが「新世界らしいなぁ」と感動してた私だが、あとからウチの娘が一言。

「さっきフリマ(フリーマーケット)で喧嘩してたなぁ」

娘よ、蚤の市という意味では大きく間違ってないが、お前のイメージしているそれとは違うぞ。

投稿者 akindoh : 23:46 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月17日

J リーグ観戦中

今日は「ガンバ」vs「サンフレッチェ」戦を観に来てますが…寒いっ!

投稿者 akindoh : 20:20 | コメント (3) | トラックバック

2007年03月15日

アップルコンピュータからアップルジャパンへ

今年1月に米国本社はApple Computer, inc.からApple, inc.に変更されたんですが日本法人はずっとアップルコンピュータのままでした。それが気が付いたらアップルジャパンに社名変更してたMYCOMジャーナルにて報じられていました。

ま、ぶっちゃけ米国本社との区別がしやすくなったので大歓迎です(笑)今までAppleとアップルって書いたりしてたしね。

投稿者 akindoh : 16:30 | コメント (0) | トラックバック

今日の一言(3/15)

「Google Docs & Spreadsheets」が日本語化された!個人的に気に入っているサービスなので結構嬉しかったり。

投稿者 akindoh : 00:43 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月14日

TBSによる掲示板捏造問題が何とNHKでも報道

NHKニュース

いやはや、まさかNHKニュースでも取り上げられるとは思わなんだ(笑)この際徹底的に叩かれて膿を出し切る事をオススメしますよホント。

投稿者 akindoh : 23:11 | コメント (0) | トラックバック

オトナファミ 2007 SPRING

オトナファミ

オトナファミ最新号」が出てたので買って帰りました。個人的にはこういうヌルい本好きなんで今後も続いて欲しいんですが、ゲーム誌でこういうタイプのモノは結構消えて行きやすいので頑張って欲しいところです。

あ、ヌルいと言っても別にぬるぬるしてるわけじゃないですよ(笑)

投稿者 akindoh : 23:03 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月13日

TBSは格闘技放送から引退しやがれ

⊂⌒⊃。Д。)⊃カジ速≡≡≡⊂⌒つ゚Д゚)つFull Auto | TBSが捏造掲示板を作り桜庭批判

昨日のHERO's、俺もちょっと見てたんだけど亀田といい秋山といい、本当に腐ったやり方しかしないんだなぁTBSは。

ヌル山ことワセリンでぬるぬるしてた秋山の一件は、1/11に一応の決着を見せた。ただその決着そのものも納得行かないもので、世間的にはヌル山バッシングが殆どで、桜庭には同情的だった。そして今もってヌル山の疑惑追求としてまとめサイトが活動しているほどだ。

ところが昨日の放送で、2ちゃんねる風だけど2ちゃんねるでは無い架空掲示板をでっちあげ、1/11にはヌル山が悪いという風潮だったのに1/13の日付で桜庭批判を続けるネットユーザーを捏造したのだ。そこまでしてまたヌル山を使いたいのか?

この問題についても早速まとめwikiが出来ているので今後の展開はここを注目という事で。とにかく政治問題でもTBSは捏造するの大好きなんですねぇ。いい加減呆れます。

たかが格闘技の番組と思うなかれ、これはTBSの悪い病気の一部に過ぎ無い。

※さらに続報
“2ちゃんねるそっくり”掲示板放映 TBS「担当者が作成」(ITmedia)
TBSまた不祥事 2ちゃん映像「捏造」(J-CAST)

なんとその後、ITmediなどの調べによりTBSが実在しない掲示板の映像を作成した事を認めたのだ。

 「2ちゃんねる」(2ch)などでは、映像を見たユーザーから「実在しない掲示板では」などと疑問の声が相次いでいた。TBSは「ねつ造ではない」と否定し、今後は「イメージ映像であることを明確に表示するよう厳しく指導していく」としている。(ITmedia)

「昨年大晦日の秋山選手と桜庭選手の試合が、無効試合と裁定された時期に、インターネットの書き込みでも、様々な意見が飛び交ったことを担当ディレクターが記憶しておりました。ご指摘の映像はそれを基に、桜庭選手に対するファンの声がネット掲示板に掲載された当時の状況を伝えるために担当ディレクターが作成したものです」 (J-CAST)

これが捏造じゃないというのなら、何が捏造なんだ?

ねつ‐ぞう〔‐ザウ〕【×捏造】
[名](スル)《「でつぞう(捏造)」の慣用読み》事実でないことを事実のようにこしらえること。でっちあげること。「記事を―する」(Yahoo!辞書より)

亀田といいヌル山といい、TBSの格闘風お笑い番組は三流ですな。ちっとも笑えない。

追記:
そのヌル山に関するJ-CASTの記事ですが、記事の後にある関連記事が…

なんかヌルヌルする!
※クリックで拡大

流石にこれには笑いました(笑)

投稿者 akindoh : 18:30 | コメント (5) | トラックバック

2007年03月12日

あなたの家に明石家さんまと松岡修造がやってくる

・・・訂正、「あなたのWiiに明石家さんまと松岡修造のMiiがやってくる」の間違いでした(笑)

いやぁでもこれは良いキャンペーンだなぁ、なんせ費用が殆ど掛からない(笑)その上Wiiユーザーにはちょっと嬉しい。別に作ろうと思えば誰でも同じ物を作れるんだけど、何かちょっと嬉しくないですか?(俺は嬉しいですよ)

というわけでたいした事でも無いのでサクっと話題にして終了。

投稿者 akindoh : 18:20 | コメント (2) | トラックバック

2007年03月11日

「もじぴったんDS」がなにげにTouch! Generations入りしてる件について

"ことばのパズル もじぴったんDS" (ナムコ)

今週発売予定の「ことばのパズル もじぴったんDS」ですが、放映中のTVCM見て驚いたのが「Touch! Generations」のマークが出ていた事です。ウィキペディア(Wikipedia)にも書いてありますが日本では今まで任天堂のソフトしかそのラインナップに無かったのですが初めて他社から出るソフト加わるようです。

既にGBA版はベスト版すら出ているゲームなので既にご存知の方も多いとは思いますが、それはあくまでゲーマーの話。DSでゲームに親しみ始めた層には初めての経験になるでしょうし、そういう方にもオススメなタイトルなのは間違い無いので、Touch! Generations入りは確かに正しい選択だと思います。値段も手頃だし、定番としてじっくり長期間売れるゲームになって欲しいなと思います。

それにしても今月はDSタイトル多いなぁ。私は最近仕事も忙しくて「レイトン」は最終の135問目が解けずに放置中、「スパロボW」も途中のままです。でもグラディウスがあるので「コナミ アーケード コレクション」が気になってたり。

とりあえず今はソフトよりプレイする時間が欲しい(笑)

投稿者 akindoh : 22:29 | コメント (7) | トラックバック

2007年03月08日

PS3の新サービス「Home」とGAME3.0

えーと、先に書いとくとWeb2.0とかGAME3.0みたいな戯言は大嫌いです(笑)後の世になって便宜上の分類分けの意味でこういうのを言うのは良いんですけど、あたかも将来の技術みたいに言って誤魔化してるような言い回しは正直嫌いです。というかWeb2.0とか言ってる人って凄く胡散臭い気がしません?

そんなGAME3.0を提唱するソニー・コンピュータエンタテインメント・ワールドワイドスタジオ社長フィル・ハリソン氏が、GDC2007の基調講演にてPS3向けの新しいサービス「Home」を披露したそうだ。詳しくは以下の記事を読んで貰うとして・・・

すげー乱暴に言えば「WiiのMii+Xbox360のXbox Live!セカンドライフ」って感じでしょうか。まぁ正確に言えば例に上げたものはどれもそれぞれが完全なオリジナルのモノでは無いので「Home」がそれぞれのサービスのパクリというのは正しくないと思います。MiiはアバターだしXbox Live!やセカンドライフはコミュニティ的なサービスが既存であるとも言えます。

個人的には「Home」というサービスそのものは魅力的だし面白いサービスだとは思います。しかしそれを踏まえてもこのサービスが将来的に成功を収めるのかと言う点についてはかなり懐疑的です。

まず「Home」を投入する最大の目的は当然「PS3の更なる普及」と「常時利用によるユーザーの満足度維持」だと思います。これらの目的は現在の負けスパイラルに陥っているPS3にとって非常に達成しにくいものだと思います。それでも比較的後者は可能だとは思いますが前者はどうでしょうか。このサービスを魅力的に思ってPS3を入手したいと思う層がどれほどいるかという点もそうですし、何より最大の問題が正式なサービスインが今年秋という事です。

まだPS3を持ってない人で「Home」を魅力的に感じる人でも、秋まで時間があるとすれば「じゃぁ値下がりするかもしれないし秋まで買い控えるか」という思考に至る可能性が高いですし、また他社・・・特にマイクロソフト陣営には秋まで短くても半年もの時間があれば対抗策を立てて実行に移すだけの余裕がある事になり、このタイミングでの発表が必ずしもPS3にとってのメリットになるとは限らないわけです。そうなれば買い控え層がさらにPS3以外に流れる可能性が高くなります。

またセカンドライフ的な要素にしても、本家本元のセカンドライフ自体が騒がれてる程ではないという実態があったりする事に加え、日本ではまだまだオンラインコミュニティの形成に難がある事、北米では日本よりは抵抗感が無いものの、極論を言えばこの手のサービスは「パソコンか携帯電話か」という両極端かつ普及したインフラでもなければ爆発的な普及は望めないと思うわけです。

ただまぁ・・・色々書きましたがPS3の立場が今より悪くなる事は考えにくいので何もしないよりは何かした方が良いのは事実だと思います(笑)

投稿者 akindoh : 18:55 | コメント (7) | トラックバック

2007年03月07日

GDC2007とシリアスゲーム

Game Developers Conference2007(以下、GDC2007)が開催中で、関連記事が色々と出始めています。GDCといえば去年はWiiのバーチャルコンソールとDSゼルダが紹介され、そのさらに前年では「でも心の中ではゲーマーでしかありません。」という名言が飛び出した基調講演で御馴染みの、ゲーム開発者会議です。

GAME Watchの記事によりますと、今年は任天堂から宮本茂氏、Sony Computer World Wide Studiosからフィル・ハリソン氏による基調講演があるそうだ。ちなみにフィル・ハリソン氏といえば振動は前世代の機能と言い切ったあの方です(笑)

基調講演については情報が入り次第取り上げたいとは思いますが、今回はシリアスゲームについてのお話。シリアスゲームというのは最近特に注目されているジャンルでして、どういうモノを指すのかといえばgoo辞書によりますと・・・

社会的利用が可能なビデオ-ゲームの総称。ビジネス・医療・教育・公共政策・軍事などの分野で,何らかの効果を得られるゲームをさす。ドライブ-ゲームを自動車教習に応用する場合など。近年,アメリカなどで研究が始まっており,娯楽用ゲームの転用や,効果の測定・評価法の研究,専用ゲームの開発などが試みられている。

といった具合でして、まぁ最近の例で分かりやすく言えば脳トレなどの知育ゲームも含まれます。
脳トレなどはエンターテイメント系なので含まれないという考え方もありますが、分かりやすいので今回は含まれるものとして話題を進めます

日本でも脳トレおよびDSの大ヒットにより注目を浴びているシリアスゲームですが、国内においては正直まだまだ未成熟では無いかと思います。現実としては任天堂のみが脳トレだけでなく英語力、料理ガイドなど従来のゲームの枠では捉えきれない分野で成功し、他社がそのヒットを後追いしているだけという状態であり、またその後追い状態だけを捉えて物足りなく思って否定的なゲームマニア層がいるという感じです。

まぁ私自身、これでもゲーマーの端くれなので本格的で歯ごたえのあるゲームは大好きな層ではありますが、そんなものばかりを追い求めて代わり映えの無い続編モノラッシュの袋小路に入ってしまった過去に比べればむしろ歓迎すべき変化だと思うんですよね。またゲーマー層以外の一般層、まして従来見向きしなかったどころか否定的だった中高年ですらDSで遊んでいるという現実はやはり凄いことだと私は思います。

だからこそ、GDCでもシリアスゲームについては様々なセッションが開催されたりしている訳です。そんな中でGAME Watchの記事中にあったスクウェア・エニックスの乙部一郎氏による基調講演が興味深かったわけです。その中でスクウェア・エニックスがニンテンドーDS向けに開発中であるシリアスゲーム「Project GB」を紹介していたんです。GBとはGame Brain、そうゲーム脳を意味しており「ゲーム=悪の代名詞となったこの言葉を、同作で良い意味に覆したいという願いから名付けられた開発コード」なのだそうだ(笑)中身については記事にある通りで・・・

 ゲームコンセプトは、ゲーム開発の基礎をタッチパネルで学べるというもので、発売プラットフォームはニンテンドーDS、提供エリアは日本に絞る。その代わり、一種の開発サポートとして、コミュニティスペースを提供し、ワイヤレス通信機能を使って、制作中のゲームを送って試してもらうといった遊びも提供するという。要注意なのは「発売するかどうかはわからない」ところで、場合によってはこれが最初で最後の公開になる可能性がある。

 デモの内容は、「スペースインベーダー」ライクなゲームをサンプルに、自機の色を塗り替えたり、難易度をスライドで調整するというもので、スクウェア・エニックスソフトウェアアーキテクトの對馬正氏により、遊び感覚でゲーム開発の基礎が学べるプロセスが披露された。上部画面はゲームウィンドウ、下部画面に9つのアイコンが並んでおり、アイコンをクリックすることでプログラム、サウンド、グラフィックスといった各項目の調整が行なえる。単に調整するだけでなく、各項目に沿った形で課題が出され、これをクリアすることでさらに上のレベルにチャレンジすることができる。細かいタスクとリワードを設定することで、ゲーム的要素を加味しているわけである。

と、これを読んで「なーんだツクールじゃん」と思った方も居ると思うが、両者は決定的に違うんですよね。例えるならツクールは「白紙の画用紙」でそこに何を書いても、何を描いても良いんだけども、目的がゲームを作る事であり、その過程は正直どうでも良い。一方Project GBは「漢字や計算のドリル」であり、目的はゲーム作りに必要な考え方などを身につける事であり、その過程が非常に大事であるという事だろう。

最近ではゲームデザイナーなどのゲーム開発者というのが子供達の憧れの職業の1つにも数えられているそうだ。中1で志した俺の当時にはまだそこまでの人気じゃなかったんだけどなぁ(笑)んで自分の身に置き換えて見れば当時はそういう人はパソコンを使い、雑誌(ベーマガなど)を参照して実際にプログラム等に親しみ、ゲームというモノがどういう過程で作られていくのかその基本構成に接する人が多かったと思うのだが、最近ではパソコン=Windows(という現実がMacユーザーとして多いに不満ではあるが(笑))などのGUIマシンとなりパソコンを使うという事はWebやメールなどネット利用やゲームといった程度が多く、プログラムに親しむ機会も少ない上にゲーム自体の高度化、巨大化によって漠然としすぎて作る為の過程が見えにくくなっているのもまた現実だろう。

そんな現在だからこそ「Project GB」のような形でステップを踏んで学んでいく事は、かつて同様にゲーム開発者を志した俺としては非常に良い事では無いかと思うわけです。実際記事中にも・・・

ターゲット層はゲーム開発に興味のある学生と、昔ベーシックでプログラムを書いてゲームを遊んだ「ベーマガ世代」

と書いてあり、「ベーマガ世代」ってまさに俺じゃん(笑)と思うわけですが、どっちかっつーと前者の「ゲーム開発に興味のある学生」の方がメインターゲットじゃないかなぁと。その辺踏まえるとこの「Project GB」ってそこそこ需要あると思うんだけどなぁ・・・キャッチは「手のひらゲームスクール開校!」とかさ(笑)

まぁそんなこんなで、ゲームというモノがもっと色んな方向性を持っても良いんじゃないかなと思った次第です。

投稿者 akindoh : 11:55 | コメント (1) | トラックバック

2007年03月06日

USB型ワンセグチューナー「ちょいテレ」レビュー

USB2.0対応ワンセグテレビチューナー “ちょいテレ” DH-ONE/U2

・・・とは言っても今更なんで簡単に。

ちょいと物色してから約1ヵ月半、それなりに使ってみた感想としましては「コストパフォーマンスはかなり良い」という具合でしょうか。主な使用感等はAV Watchの記事の方が詳しいのでそっちを参照頂くとして(笑)気が付いたポイントとしては・・・

  1. Windows2000でも問題無く使える
  2. 場所にもよるが、おそらくロッドアンテナでは役に立たない
  3. 録画した番組の再生に制限があるのが不満

という具合でしょうか。まず1.については先日発売された新型からはこっそりWin2k不可になってますが旧型は問題無いです。ただウチの環境では刺しっぱなしでPC起動するとWindows起動中にコケます。電源切る時に抜くようなクセをつけてますがちょっと面倒です。

2.は色々な処で書かれている話ですが、ロッドアンテナでは私の職場でも、自宅の自室でも全然駄目でした。付属の外部アンテナ(通称位牌)を使えば設置場所によっては全局写りました(自室ではアンテナ持ち帰ってないので試してません)

3.に至っては論外で、録画したPCでないと再生出来ないばかりか、その時PCに繋いでいたUSB機器構成変えるだけでも駄目らしいのでもうニントモカントモ。これはワンセグ携帯電話でも同じような感じですが、ワンセグの解像度程度でケチ臭い事言わずにどこでも再生出来るようにして欲しいもんです。

個人的には値段も1万円切ってて手ごろですし、とりあえずワンセグを試すには良い製品だと思います。

投稿者 akindoh : 18:09 | コメント (2) | トラックバック

2007年03月04日

「P」or「SH」?

今日も家族サービスという名目でお出かけしてました・・・まぁまたショッピングセンターなんだけど(笑)んで出先で丁度携帯電話ショップがあったので丁度良い機会だなと思ってSH903iTVのモックを触ってみた。まぁ思ってた通りなので納得してたのだが、ついでにとP903iTVを手に取ったのは完全に失敗だった。思いのほか良い感じだったのである。

既に発売済みであるワンセグ対応の両機種、どうもウリのワンセグにおいて受信感度はP903iTVの方がダントツに良いらしい2つのアンテナというのは伊達じゃないとの話なのだ。色々情報収集してるとその評判が入って来て、ずっとSH903iTV一択だった俺の中で迷いが生じてたんですよ。ただそれでも何となくメジャーなPよりもトンガったSHの方が俺好みつーか(笑)中身(OS)がNと同じになってるPはどうも気に入らないというか(笑)そんなこんなでどうしてもP903iTVを候補にするのをためらってたんですよね。

ところがモック(ホットモックじゃ無かったのが残念だが)を触ってみた感じ、P903iTVも悪く無いなと思い始めた俺が居て迷いに拍車がかかり始めた次第。まぁ幸いにも1年(ドコモ関西は12ヶ月以上が機種変の区切り)経つのが4月なんで、それまで色々調べてから決める事にします。

ワンセグと言えば職場でW41H使ってる人がいるんですけどあれ良いですねぇ。日立っつーのが個人的には気に入りませんが(笑)機能としては全部入りっつーか、一通りの機能入ってるし、何よりワンセグの感度結構良い感じでした。実は先日購入したちょいテレ、職場で使ってるんですが同じ席ではW41Hでほとんどの局が視聴可能(一部の局は机の端の方じゃないとダメですが)だったのに対してちょいテレは標準のロッドアンテナでは全然ダメで、外付けアンテナを違う机まで遠征させてやっと視聴可能という具合です。

USB2.0対応ワンセグテレビチューナー “ちょいテレ” DH-ONE/U2

そういえばちょいテレのレビューするの忘れてたな(笑)近日中に書きますが結構良いですよ。

あと携帯電話でワンセグ使おうとすると、一番問題なのが通話とメールだけでも結構不安な電池ですよね。私の場合は普段はサンヨーの「KBC-L1」ってのを持ち歩いています。

FOMA用 充電器 (リチウムイオン携帯アダプタ) KBC-L1

繋いだまま何とかシャツの胸ポケットに入れれなくも無いサイズだし、何よりFOMA用ACアダプタでそのまま充電して、公称では2回分の充電が可能ってところが安心感があって良いです。体感だと1回分くらいなんですが、繋いだまま通話したりメールしたりjigブラウザでネットしたりやってるからでしょうね(笑)一般的には1.5回分くらいとも言われてるのでそんな感じでしょう。とにかくこういう予備電源は1つは欲しい所ですが、こんな商品もあるようです。

チャージプラス(FOMA,Soft Bank3G)

携帯ストラップ型の予備電源「チャージプラス」という商品で、ちょっと大きめの携帯マスコットサイズで一応電源になるので、非常用として携帯電話と一緒にして持っておくと便利かもしれません。値段も手頃だし。

本当はこんなの用意しなくても良い電池になると一番なんですけどねぇ。

投稿者 akindoh : 23:39 | コメント (3) | トラックバック

2007年03月02日

振動コントローラ特許訴訟でSCEとImmersionが和解

振動コントローラ特許訴訟に負け、ソニー大ピンチ

約1年前、このような話題をお伝えしました。おかげさまでこのエントリはネット上・・・特に2ちゃんねるでよくURLが貼られているのを見かけました。もともと2ちゃんねるが出典であるまとめ記事なだけに恐縮ですが、参考にされて結果として少しでもお役に立てているのなら幸いです。

閑話休題。上記の振動コントローラ特許訴訟について和解したとの報道がありました。ITmediaによりますと・・・

 タッチフィードバック技術を手掛ける米Immersionとソニーコンピュータエンターテンメント(SEC)は3月1日、プレイステーションで採用されている技術をめぐる特許訴訟で和解したと発表した。
(中略)
 Immersionは連邦地裁の命令により既に支払われたライセンス料に加え、損害賠償、遅延利息、費用、利息など地裁の定めた金額を受け取る。 SCEはImmersionとの合意により、Immersionの特許ポートフォリオに関して新たな権利を与えられる。

というわけで9070万ドル+α(利息その他)お支払い決定というわけですね。ちなみに本日のレートだと「9 070万米ドル = 107.41601 億円」というわけで107億円以上お支払い・・・と。まぁそれでもこれで今後はお金さえ払えばPS3でも振動が搭載可能になるので良かったんじゃぁ無いで・・・

・モーションセンサもときには面白いと思いますが、多数のゲーマーが振動があればいいと思っています。もし振動機能を求める声が多ければ、ソニーが何らかの時点でフォースフィードバックを再導入する可能性はありますか。

ハリソン:標準コントローラに導入する計画はない。振動は前世代の機能だろう。次世代の機能じゃない。次世代はモーションセンサーだ。とはいえ、たとえばハンドルのような特定ゲーム向けコントローラでフォースフィードバックや振動が採用されることはあるかもしれない。ソニーからではなくサードパーティならば。

というわけでEngadget Japaneseによりますと、SCEの偉い人は振動は古臭い、これからはモーションセンサーだ、振動を搭載する計画は無いとバッサリですね。まぁそのうち無かった事にしたり、またまたクッタリさんが以前語っていたように振動の使えるPS3コンフィギュレーションを発売って可能性もありますね。

まぁどういう形で振動対応版を出しても、笑われるか混乱を招くかであまり良い結果は生まない気がしますけどね(笑)

投稿者 akindoh : 14:34 | コメント (7) | トラックバック

TOP | はじめに | ダウンロード | リンク