« 2009年05月 | メイン | 2009年07月 »

2009年06月23日

iPod touch@iPhone OS 3.0

2G iPod touch

というわけで早速iPod touchにiPhoneOS3.0を入れてみました。

本当は当日、即入れたんですが色々忙しかったので今日の報告となりました。いやね、結構先週忙しかったんですよ。まず何より待望だったコピペ(コピー&ペースト)への対応ですが、これはかなり快適になりました。まだまだ使う機会が少ないですが、出来るのと出来ないのとではやはり大違いですね。他にはプッシュ通知ですが、これも対応したアプリで試してみたんですが、HomeだろうがSafariでWeb見てる最中だろうが、ちゃんと通知が出て便利です。

そして何より今回嬉しかったのがBluetooth関係ですね。もともと内蔵(を公表)してたiPhoneはもちろん、実はNike+iPodの為にBluetooth内蔵してたのにオープンにしていなかった第2世代iPod touchでもA2DPプロファイルに対応した事ですね。これによってiPod本体だけでBluetoothを使ったワイヤレスヘッドホンが使えるようになるわけです。

ご存知の通り、私は以前からプリンストンの「PTM-BHP4」を使っていました。コイツはiPodと同時に携帯電話ともペアリングして、iPodを聴いている時に着信があるとそのまま通話も出来るのが特徴です。この製品はDockコネクタに刺すアダプタと、Bluetoothヘッドホン(別途イヤホンは必要だが)の「PTM-BAH2」とのセット商品です。

早速この「PTM-BAH2」とiPod touchで通信出来るか試したところ、見事にペアリング成功

当然音は聴こえますし、再生/一時停止も可能。音量のUP/DOWNも可能なので一通りの事は可能ですが、早送り/巻き戻し(曲のスキップ)が出来ません。これはネットで調べてみると多くのBluetooth機器でも同じらしいのでそのうち対応される事を祈るしか無いのかもしれません。

この辺はどうやらAVRCPプロファイルへの対応具合だと思うのですが、その関係か携帯電話に着信があり電話に出たあと再生が再開されませんでした。もしかしたら私の使ってる「PTM-BAH2」では無く、現行機の「PTM-BAH2S」だと、もしかしたら…という事はあるかもしれませんが、持ってないので分からないです(笑)

 ま、何にしても使えるようになっただけでも進歩ですから、今後に期待したいと思います。

投稿者 akindoh : 10:49 | コメント (0) | トラックバック

2009年06月14日

訃報「三沢光晴」

言葉が出ない…

 13日午後8時45分頃、広島市中区の広島県立総合体育館グリーンアリーナで、プロレスリング・ノアの試合中、ノアの社長でプロレスラーの三沢光晴さん(46)が相手選手に投げられ、頭部を強打した。

 三沢さんは救急車で市内の病院に運ばれたが、同10時10分、死亡が確認された。



意識不明の一報が入ったあと、いろんなツテを使って続報を待っていたが、読売新聞で確定情報を知った。馬場vs猪木が叶わぬとなって、一番見たかった夢のカードが「三沢vs武藤」のガチシングルだったんですが、それももう叶わぬ夢となったんですね。


今はただ、ご冥福をお祈りしたいと思います。


投稿者 akindoh : 00:21 | コメント (2) | トラックバック

2009年06月09日

WWDC 2009

とりあえず手抜きで…(笑)

といったところでしょうか(笑)

個人的に残念なのはMacOSX10.6(Snow Leopard)がPPC非対応ってところでしょうか。Intel Macが出て数年、そろそろ時代の流れだし仕方ないところなんでしょうね。俺自身、今使ってるG4のMac miniがダメになったら次にMac買えるのかなぁ。正直財政的に厳しいんですよね。最近なデスクトップ環境は一台に絞るべきかなぁと思ってたり。ネットトップなんか費用対効果だと良いなぁ、となると「NVIDIA ION」プラットフォームなんか良いなぁとか思ってたりも。

その代りにWWDCでも主役だった通り、今やAppleのメイン商品はiPhoneじゃないかと思える程。最近ぽっち(iPod touch)使ってるとWeb観たりメールしたりって程度ならパソコン使うほどじゃ無いんですよね。

日本語入力だって、パソコンのキーボードほどじゃないけど携帯電話よりは入力しやすくて結構快適です。iPhoneOS3.0でコピー&ペーストが可能になるので、その辺はさらに便利になると思いますね。

ま、俺自身今後どうするかは置いといて、使えなくても$29ならアップグレード版は買おうかなSnow Leopard(笑)

投稿者 akindoh : 13:01 | コメント (2) | トラックバック

2009年06月08日

劇場版「ハゲタカ」は是非観て欲しい一本

映画ハゲタカ オリジナル・サウンドトラック 

都合がつくなら初日に絶対見に行こうと今から思ってる。

この宣言から半年、劇場版「ハゲタカ」を(レイトショー最終回ですが)ちゃんと封切り初日に観て来ました。感想を一言で言えば期待に違わぬ素晴らしい映画でした。ハリウッド的ハッピーエンド映画も良いですが、このような何とも言えない終わり方の映画は大好きです(笑)ただこの映画を観る前に注意点を挙げるとすれば…

って感じですかね。TVドラマ版同様この作品は金融・経済をベースにしたヒューマンドラマなので、下地として金融・経済の知識は切っても切り離せません。ただ今回の劇場版は約2時間という中に詰め込んだのでかなり展開が早く、もたもたしてるとそこに追いつくのがやっとになります。ただ、そこを踏まえておけば登場人物それぞれの思いや考えといったところに気がつくので、物語の深さにどっぷり浸れます。

その為には2度3度繰り返して見るか、先にパンフであらすじをたたき込んで置くという方法が良いかもしれません。いや、よーするに俺自身がうっかり観る前にパンフ読んじゃいまして(笑)おかげで流れに翻弄される事無く、鷲津の、劉の、芝野の、全ての登場人物達の思いや考えに気づく事が出来たので不幸中の幸いってやつですが(笑)

私のように思い入れがかなり深い人でなくとも映画レビューサイトでも70点と高得点をマークしており、芝野のセリフを借りれば「この国(の映画)も、まだまだ捨てたもんじゃない」と思える良い映画じゃないかと。

是非、TVシリーズをご覧頂いた上で劇場に足を運んで欲しい。そう思える映画です。

投稿者 akindoh : 15:25 | コメント (0) | トラックバック

TOP | はじめに | ダウンロード | リンク