« 2010年02月 | メイン | 2010年06月 »

2010年03月13日

Xperia導入準備

結局、iPhoneがドコモから出る事は(今のところ)無く、宣言通りXperiaを導入する事にしました。

発表の翌日、早速近所のドコモショップに向かうとそこではマイショップ登録してる会員向けに、新機種の予約を受け付けてくれていましてマイショップ登録してる私は速攻で予約を申し込みました(笑)手続き中「もう他に来てました?」と聞くと流石に「お客様が最初です(笑)」と言われました。そりゃそうだろうなぁ。

大手量販では今週くらいから予約受付が始まり、どうやら発売日は4/1では無いか、という噂も流れています(確証は無い)ただ、どうやら3/18に発売日などの正式発表があるのでは無いかという話があるので、おそらく3/18には分かるんじゃないかなと。

さて、Xperiaの導入を考えてる方が他にもいらっしゃるかもしれないので、簡単に整理してみたいと思います。まずXperiaはスマートフォンと呼ばれているもので、一般的な携帯電話とは異なります。もちろん携帯電話として音声通話は可能です。電話として使えます。

一番異なるのはいわゆるiモードが使えません。ですのでiモードの公式サイトはもちろん、iモード通信を使うサービスも利用出来ません。同時にiモードメールも使えません。とにかく基本的にiモードと名の付くサービスは利用出来ません。

ただiモードメールだけに限れば方法が無いわけではありません。今まで携帯でのメールと言えばiモードメール(ドコモの場合)でしたがそれが補助というかついでというか予備的というか、とにかくメインのメールで無い事が前提なら可能ではあります。ただ、その為にはiモード料金(315円)とiモード.ネット(210円)の計525円余分にかかります。ですからそれを負担する上でなら今までのメールも使い続ける事は可能です。

その辺が最大のデメリットである事をご理解頂いた上でなら、ことモバイルでネットをするという環境においてはトップクラスの端末になるのでは無いかと思います(トップじゃないですよ、トップクラスですからね、お間違いなく)

ものすごく乱暴に言えば、iPhoneがMac的なら、XperiaなどのAndroid端末はWindows的と言えるでしょう。同じような事が出来ますが多種多様に渡り、今後いろんな端末が出てくる可能性があります。それゆえに使えるアプリケーションも増えていく可能性があります。既に存在するにも関わらず今一歩なままのWindows Mobileを差し置いて、です(笑)

まずドコモの回線である事。これが私の中で第一条件でした。その上でiPhoneだったら文句なしだったのですが(海外版iPhoneを使う方法が無いわけでは無い)いろいろ難しいので普通のパケット定額料金の範囲で使える今回のXperiaのようなのを待っていたわけです。

その辺の事情があり、私はXperiaを選んだわけです。今も導入にあたっていろんなアプリの情報を集めてたり準備をしています。そしてこの期間が一番楽しいというのが問題です(笑)デジタルガジェット好きはこういう時間が好きなんですよねぇ。

そうそう、Android端末であるXperiaは必然的にGoogleアカウントと同期して使うシーンが多く、例えば電話帳はGmailの連絡先と同期するように出来ます。ここを踏まえて現在、携帯電話の電話帳を整理しています。最終的にvCard形式で書き出してGmailでインポートすれば統合出来るようになります。こうすれば万が一携帯が海に落ちたりしても(笑)最新の電話帳は自動的にバックアップされてる事になりますからねぇ。こういう使い方出来るのも魅力だったりします。

そんなこんなで今月いっぱいは準備だけで楽しい毎日という感じです(笑)

投稿者 akindoh : 16:04 | コメント (0) | トラックバック

TOP | はじめに | ダウンロード | リンク