2007年09月05日

モバイル端末「Palm Foleo」、販売中止が決定

もう忘れ去られてる話題な気がしますが(笑)先日お伝えしたPalmのモバイル端末「Palm Foleo」、Engadget Japaneseによると出荷直前になって販売中止が決定したそうだ。

まぁ私自身ご紹介した時、既に微妙な製品と評したように微妙なまま押し切れなかったのが現状でしょう。確かに携帯電話やスマートフォンの小さな画面で不満な層は居るでしょうが、そういう層がFoleoのスペックで満足するとも思えず結局ノートPCまで行かないと無理なのでは無いかと思います。

とりあえず俺はワンセグ、HSDPA(FOMAハイスピード)が標準搭載になる905iシリーズでいいや(笑)

投稿者 akindoh : 10:17 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月31日

フルキーボードのモバイル端末「Palm Foleo」

Palmの話題かぁ・・・どれくらいぶりだろう。最後に書いてからもうすぐ2年になろうとしているのか。

ITmediaの記事によりますと、米Palmはモバイルコンパニオン製品「Palm Foleo」というのを発表したそうな。

 FoleoはスマートフォンPalm Treoと同期させて使用するのがPalmの提案。Treoで受信したメールをFoleoで閲覧、返信メールを作成し、Treoから送信できる。 Word、Excel、PowerPoint互換のエディタ、PDFリーダーを搭載しているため、外出先でもこれら形式の文書を閲覧、編集、作成することが可能だ。
(中略)
 OSはLinuxでOpera 9ベースの専用ブラウザを搭載。BluetoothでTreoと接続でき、Treoをワイヤレスモデムとして使用して、インターネットに接続できる。または内蔵のWi-Fi機能を使えば、直接ネットに接続することも可能。
(中略)
 USBポート、ビデオ出力ポート、ヘッドフォンジャック、SDおよびCFカードスロットを装備。単独でノートPCとしても使用できる。バッテリー持続時間は5時間、重量は2.5ポンド(約1.13キログラム)。米国では今年夏発売予定で、リベート適用後の価格は499ドル。

また微妙な製品出して来たなぁ。この手の端末は日本でも少し前のWindowsCEブーム前後の頃が一番賑わってた覚えがあるんだけど、結局廃れてしまった分野ですよね。個人的には富士通の出した「INTERTop」ってのが欲しかった覚えがあります。デザインも好きだったしDOSベースってのが妙にそそったんだけど。でもその後はこのINTERTopもWinCEマシンになり、個人的な興味が消えたんですよ。

んで何が言いたいのかと言えば、元々モバイル端末自体がニッチな市場なところにきて、今や携帯電話が高度になってしまった為にニッチの中のさらにニッチになっちゃったんですよね。実際問題この「Palm Foleo」欲しいと思う人が市場全体から見てどれくらい居るんだろう。俺ならスマートフォンともう1つ持ち運ぶならフルスペックノートPCを持って行くなぁ。元モバイラーとしてはどっちかに極端な方が使い勝手があって良いんだけどなぁ。そういう意味で、今使ってるワンセグ携帯(P903iTV)は非常に満足してますね。とりあえずjigブラウザあればかなりの部分補えるし。

OSもLinuxで、既にPalmOSでもない端末だし、色んな意味で中途半端な気がするなぁ。

投稿者 akindoh : 18:12 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月26日

Palm、事実上の終了

米Palm、Windows OSの採用を発表へ」というニュースが出ていました。別途ITmediaにも記事があり、その中で・・・

Microsoftと提携したからといって、PalmがPalmSourceのソフト利用をやめてしまうわけではないかもしれない。PalmSourceのACCESSへの売却に当たって今月出した声明で、Palmのエド・コリガンCEOは「今後も引き続きPalm OSプラットフォームの前進に向けた強力な関係を維持していきたい」と述べている。

と言ってますが・・・ありえないでしょう。記事にも「今でも最大のライセンシーはPalm」とあるわけで、PalmOSを維持していく理由が見当たりません。これは事実上Palmの終了を意味すると私は思います。

今でもCLIE(SONY製PalmOSハンドヘルド)を愛用している私にとっては非常に寂しいニュースでした。

投稿者 akindoh : 17:13 | コメント (4) | トラックバック

2005年02月22日

CLIE終了

PC Watchにて「ソニー、クリエの新機種投入を終了」と出した記事が掲載。

_| ̄|○

Palmって良いPDAですよ、使い易いし自由度高いし。CLIEは良いですよ、最後の日本語Palmだったし。

SONY CLIE PEG-TJ25 B (ブラック)

コイツがオレの最後のPalmハンドヘルドになるのかなぁ。流石に英語版を日本語化してまで使うつもりは無いし。実際問題、最近は携帯電話でかなり事足りてるし。異常な発展を遂げた日本の携帯電話の前ではPDA市場ってのは辛かったんでしょうね。

何にしてもちょっとショックです・・・(-_-;)ハァ

投稿者 akindoh : 16:57 | コメント (2) | トラックバック

2004年09月25日

Missing Syncでカーネルパニックその3

以前のネタの続きですが、ようやくとMark/Spaceより
The Missing Sync for Palm OS v4.0.1のアップデータが出ました。

これでMacOSX10.3.5上で、メモリースティックをマウントしようとしてカーネルパニックが発生していたのが解消されました。他にもいろいろと改善されているので、お使いの方は是非アップデートしましょう。また、同時にThe Missing Sync for Sony CLIE (Mac OS X)v3.0.9にもMacOSX10.3.5用パッチが出ていますので、そっちをお使いの方も是非どうぞ。

携帯で撮影した写真はいつもCLIE経由で読み込んでいたので、これでラクになります(笑)

投稿者 akindoh : 15:32 | コメント (0) | トラックバック

2004年09月14日

CLIE PEG-VZ90

TJ25使いの俺にはCLIEの新製品といわれてもさほど関係無いんですが、とりあえず有機EL搭載とか書かれたら興味があります。

というわけで本日発表になった新型CLIEが「PEG-VZ90」です。横位置の有機ELを搭載し、メモリースティック・コンパクトフラッシュスロットを搭載。これによってCF型PHSも使えます。さらに無線LANも内蔵なので、環境によっては本体のみでワイヤレスインターネットも可能ですね。

まぁ細かいスペックを上げて行くとキリが無いので何ですが、携帯動画マシンとしてのコンセプトは面白いと思うのですが・・・予想市価95000円ってのはちょっと(笑)スペック考えたら不思議では無いですけど、約10万円でしょ?モバイルノート買う方が良いんじゃ無い?(笑)動画の形式も専用のモノに変換しないといけないしさ。

とりあえず有機EL液晶という間違いをする人が出てくる!とだけは予言しときます(笑)

投稿者 akindoh : 16:39 | コメント (2) | トラックバック

2004年08月15日

Missing Syncでカーネルパニックその2

先日の続きです。

先程見てみるとMark/Spaceのサポートページに記事が出ていました。簡単に言うとCLIEとMacOSX 10.3.5環境でのみ発生する現象で、Missing Sync for CLIEでもMissing Sync for Palm OSでも発生するそうです。

一応対処するようなので、待つしか無いですね。

投稿者 akindoh : 14:25 | コメント (0) | トラックバック

2004年08月11日

The Missing Sync for Palm OS v4

普段PDAとして、PalmOSデバイスであるSONYのTJ25を使っているのですが、丁度使っている携帯電話もソニーエリクソンのSO505iSという事もあり、メモリースティックを読み書きするのに便利でした。

さらに、メモリースティックをMacで認識させるのにCLIEを通じてマウントする事が出来ました。もちろん標準機能ではなく、Mark/Space, Inc.The Missing Syncによって可能です。このソフトのおかげで手軽にMacでもCLIEを同期して使う事が出来るので非常に便利だったんですが、実は昨日アップデートされたMacOSX 10.3.5では同期は可能ですがメモリースティックのマウントをしようとするとカーネルパニックになりました。

実は今迄1つ前のバージョンであるVer3.0.9を使っていたので、良い機会とばかりにVer4にアップグレードして見ました。それでもカーネルパニックです。

うーん、どっちが原因なのかなぁ。

追記

ソニーのオンラインストアPDA Styleにて

Mac OS X v10.3.5ではご利用いただけません。

の文言を発見。やっぱり問題アリか_| ̄|○

Mark/Spaceにメールしてみるかな・・・

投稿者 akindoh : 16:26 | コメント (0) | トラックバック

TOP | はじめに | ダウンロード | リンク