2010年02月11日

無線LANルーター「ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ」は引退へ

昨年5月から使い始めた任天堂純正の無線LANルーターである「ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ」ですが、調べてた中で「度々再起動が必要になる」という情報を見つけていました。しかしまぁ個々の環境によっても違うかなぁと使い続けていたのですが私の環境でも同様であったので、思い切ってルーターを買い換えました。

まぁ結局(中身が)同じ製なんですけどね(笑)まぁ安かったもので。

使ってみた感想としては「ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ」は殆ど同時に使う機器(PCなど)が無く、何かあればルーターの電源入れ直しすれば良いや、と思える環境だと悪くないと思いますが、PCだけでも3台、他に液晶TVやNAS、WiiやDSやPSPとルーターにぶら下がるマシンが多いと何が原因なんだか分からないんですよ(笑)

ただ、コンパクトさ(本体のスタンドは収納可能だし、ACアダプタのコンセント部分も折りたためる)は本当に素晴らしいので、今後は出張時などにホテルの有線LANとつないで使おうかなと。

長期間電源入れっぱなしで使うのはちょっと大変です。

投稿者 akindoh : 23:58 | コメント (4) | トラックバック

2009年12月16日

DS「ゼルダの伝説 大地の汽笛」の特典付きがAmazonで予約受付再開


前にも一度再開したんですけどね。

12/23発売予定のDS「ゼルダの伝説 大地の汽笛」の早期購入特典である羽根ペン型タッチペンが付属した商品の予約受付がAmazonで再開されました。前も一度あったんですけどすぐに終わったのでご紹介するタイミングを逃してしまいました。まだの方はお早めに。

※再度、終了してました。

ちなみにAmazonさんは発売日に届かない事が最近特に多いので、その覚悟の上で。その代わり間違いなく羽根ペン手に入ると思います。私はそっち優先しました。

もっとも、私は最近Wiiで「ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii」をやってるかPSPで「ガンダム VS. ガンダム NEXT PLUS」をやってるかのどっちかなんで(笑)1日くらいなら我慢しますよ。いやぁマリオは文句無しな上に誰でもわかってらっしゃると思うので語りませんが「ガンネク」面白いですよ、ガノタなら(笑)意外にリボーンズガンダム使い易くて楽しいし。

とりあえず欲しい方はお早めに予約される事をオススメします。

投稿者 akindoh : 11:17 | コメント (4) | トラックバック

2009年11月26日

PSP「ガンダム VS. ガンダム NEXT PLUS」はいよいよ来週発売!

気が付いたらPSP「機動戦士ガンダム ガンダム VS. ガンダム NEXT PLUS」の発売日が来週に迫ってた件。

多分、来週以降の年末年始はずっとこのゲームを遊んでる予定です(笑)前作ですら今でも色々遊んでるのに、公式サイトにもある通り、今作は「NEXT-PLUS」モードというのがあり、様々なミッションを遊んで行くモードがあるので一人でも長く楽しめる要素があります。

基本的に格闘ゲーム的なモノが嫌いじゃないガノタなら絶対買いだと思います。未経験の人から見るとごちゃごちゃしてるように見えますが、基本的にリングのように特定の広さのフィールドの上で、2対2で撃ち合い、斬り合うゲームです。少し前にゲーセンにあったバーチャロンとかも近いかな?だから基本的にはすごくシンプルです…単に動きが激しかったりボタンが多いってだけで(笑)

それでも前述の「NEXT-PLUS」モードがあるので、基本的なところから学べると思うのでむしろ前作よりも初めての人向きかもしれません。

ただ、どんなに良いゲームだと言っても所詮はガンダムゲームなので、基本的にガノタ(ガンダムが好きな人)にしか向きません(笑)興味あるんだけど…程度だと種類多すぎて分からないと思います。ただガノタでアクションゲーム嫌いじゃなきゃ全員買えとは言いますけどね(笑)

同じ日に出るWii「ニュー・スーパーマリオブラザーズ」は当然買いますが、こっちは自宅リビングだけでしか遊べないので(笑)それ以外の場所ではひたすらガンダムやってるでしょうね俺。

んな訳で、来週にはみなさん買いましょうね(笑)

投稿者 akindoh : 11:21 | コメント (0) | トラックバック

2009年10月09日

そろそろ年末のゲームの話をしようじゃないか

まぁ要するに俺が買う予定のゲームだ(笑)

まずはPSPの「機動戦士ガンダム ガンダム VS. ガンダム NEXT PLUS」ですが、コイツは前作で死ぬほど遊び倒しました。というかまだ思い出したように遊んでます(笑)一番使ってるのがエクシアなんですが、トランザム出来ないのだけが不満。でも新作では当然トランザム可能ですし、またダブルオーやリボーンズも使えるので個人的に大満足です。公式サイトは毎日1作品ずつ登場MSが公開されていってますので、ここんところ毎日眺めるのが日課になってます。

あと新作ではミッションモード(NEXT PLUSモード)が増えたので、一人で遊ぶ時に目的性が出来たので前作より楽しめるでしょう。当然既に予約済み。

次にWiiの「New スーパーマリオブラザーズ Wii」ですが、DSにも出ていたNewスーパーマリオのWii版というだけではなく、4人同時プレイや8回ミスするとルイージがお手本を見せてくれる機能があったりと、初心者でも楽しめるような要素が盛り込まれているので年末年始、家族で楽しめるのではないかと思います。同時にWiiリモコンに青とピンクが増えるようなので、この機会のウチも4つにしようかなぁ(現在Wiiリモコン2つなんで)

最後はDSの「ゼルダの伝説 大地の汽笛」です。まぁコイツは言うまでもなく前作「夢幻の砂時計」に続くDSゼルダの第二弾となります。まぁ改めて語る必要も無いかと思いますが、もし前作を未プレイなら今からでもやるべきです。それくらい傑作中の傑作なので新作も当然黙って買います。

なんだかんだで、所有ハード全てで遊ぶゲームがあるという贅沢な年末になりそうです。

投稿者 akindoh : 16:12 | コメント (0) | トラックバック

2009年05月13日

自室のLAN環境の不調と、任天堂純正ルーター

以前も書いたと思いますが、我が家は光回線導入のマンションです。マンション全体で1アドレス取っているのを、全戸にルーティングしてあります。各戸の割り当てはプライベートIPで5個になります。それが玄関のところにあるハブを経由して、各部屋に配線されたコンセント部分から有線LANで利用出来るようになってます。

ところが昨今はネット家電やゲーム機があり、とてもじゃ無いが5個じゃ足りないですよね。パソコンだけでも俺が2台あるし嫁も1台あるし、液晶テレビも繋ぐしWiiやDSやPSPもあるし。まぁそんなわけで当然のごとくさらにルーターを噛ませたり、自室ですら壁のコンセントから引っ張ってるケーブルをハブに噛ませたりと、いろいろやってる我が家なわけです。

そんな我が家の、というか自室の回線がどうにも不調になりました。ハブやルーターを再起動したりといろいろ原因を追及していくと、どうも自室のコンセントから伸びてるケーブルからだけ、接続が上手く行ってない模様。ケーブルを交換してもダメで、おそらく原因は自室コンセント部分のイーサネット端子か、その先のケーブルのどこかが物理的に不調なのでは無いか、という推論に至りました。

とまぁ長くて楽しくない説明でしたが、要約すると「自分の部屋で有線LANが繋がらないから何とかしよう」と思い立ったわけです(笑)さて、そうなると必要なポイントがいくつかありまして・・・

  1. MacやPCはUSB無線LANアダプタでも何とかなるが、NASがダメなので、出来れば自室の有線LANネットワークを維持したまま、壁の有線ポートを使わないで済ませたい
  2. となれば自室のネットワークをそのまま無線化する方が良い
  3. その為には無線親機も必要になってくるな。今使ってるFon改造した無線LANルーターは同一ネットワークにあるとNASに何か変なping打ってくるし(笑)
  4. DSやWii、PSPなどの接続もあるし、無線子機との接続も考えるとAOSS対応機器が楽で良いな

という感じで整理していくと、必要になるのはバッファロー(以下、)のルーターとイーサネットコンバーターだな、と。後者はあっさり決まりました。牛製「LAN端子用無線子機 メディアコンバータ WLI-TX4-G」という製品です。MacとPCとNAS、3つの機器がある自室ですから4ポートあればそのまま使えて予備が1ポートありますし、親機との距離も近いので出力が弱くても良いかな、と。何より安価でコンパクトなのが気に入りました。

次はルーターですが、安価に済ませたい事と普通のじゃ面白くないなぁと目をつけたのが任天堂純正の「ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ」です。任天堂の製品ですが牛のOEMなので、事実上牛製ルーターです(笑)昨秋発表された時から興味あったんで良い機会だなと思って試してみる事にしました。

ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ

というわけでDSiとのサイズ比較です。最近の無線LAN製品は本当にコンパクトになりましたよねぇ。

んでこのうち左の「ニンテンドーWi-Fiネットワークアダプタ」ですが・・・底面にスタンドも付いてるんですがこれが面白い。

底面・展開前底面・展開外底面・展開内

こんな感じでスタンドが回転して展開し、それぞれが独立して内と外にスライド可能です。クリック感もあるのできっちり固定出来ます。スタンド付属なルーターはよく見ましたが、コンパクトなのに実用的なスタンド内蔵ってのは私はあまり知らなかったので正直かなり感心しました。で、気になって社長が訊くを読み返すとデザインしたのは任天堂っぽいですね。かといって牛が全く関与してないとは思わないので協業の成果ってところでしょうかね?

外側に感心したんですが、中身はよーするに牛製ルーターで(笑)ただ、任天堂のユーザー層を配慮した感じにはなってます。しかしながら別にDSやWii専用というわけではなく、AOSS対応機器ならどれでもワンボタンで設定完了しますし(PSPもね)知識ある人が設定すればAOSSに対応してない機器(iPhoneとか)も繋ぐ事が可能です。デフォルトのままでもWPAのパスワード入れればOKです。

設定メニューはブラウザから叩けますし、各種設定は非常にオーソドックスなものです。よーするに普通の家庭の普通の環境ならデザインも良いし汎用性高いし、何より比較的安価なのでかなりオススメです。コイツで不満な人は、そもそもこういう製品じゃ満足出来ない人です(笑)

そうそう、もう一つの「WLI-TX4-G」の方に至っては繋いで電源入れてAOSSボタン押すだけで済んだので何も書くことはありません(笑)コイツのスタンドは同梱された別パーツで、何のひねりも無かったことだけお伝えしておきます(笑)

そんなこんなでセットアップ済ませたら何の問題も無く完了。今後を見据えた環境としては結構満足かなと。

投稿者 akindoh : 11:20 | コメント (2) | トラックバック

2009年03月10日

「どこでもWi-Fi」さらに使ってみました

WILLCOM どこでもWi-Fi [WILLCOM W-Value] WS024BF1

前回に引き続き「WILLCOM どこでもWi-Fi」について。

その後もいろいろと試していますが、どうしても主にDSiとWiiになります。PSPはブラウザくらいしかとりあえず試すことが無いのと、iPod Touch持ってないので(笑)その辺は割愛。

まずWiiを使ったバーチャルコンソール等をダウンロードするショッピングチャンネルの利用。94ブロックのファミコン版ゼルダでテストしてみたところ、約4分掛かりましたがダウンロード成功。途中で通信止まったりしなければ時間かければ大丈夫だとは思います・・・が、とてもじゃ無いけど実用的とは言い難いです(笑)

次にWi-Fiコネクションでの追加テスト。まず前回も試したWii版どうぶつの森でのおでかけについては、過去一度も行き来不可能だったタカオ氏との通信に成功!これはDMZ設定さえしておけば可能だと思われます。

続いて2人だけでなく3人のケースも実験。hash氏の村にタカオ氏と一緒におでかけしてみました。結果から言うと成功しました。どっちのケースでも3分以上待たされたそうですが(笑)一度村にさえ入ってしまえば特に支障無くプレイ可能でした。おそらく4人でも同様に可能じゃなかろうかと思います。ただ私が入るまでの間は全員動けないまま待たされるようなので(笑)事前にお断りをしてから行き来すると良いかもしれません。まぁフレンドコードを知ってる間柄なら大丈夫でしょうけど。

ついでにWiiスピークチャンネルも実験。これも問題無く出来ました。ただ利用中にDSiブラウザを使おうとしたら一度だけWiiスピークチャンネル上で通信が途切れました(笑)まぁ無茶すんなって事ですね。

そして前回ダメだったスマブラXはやっぱりダメでした。ブロードバンドの速度が必要なんでしょうね。

とりあえず、ゲームによっては問題無く使えるって言う感じです。

投稿者 akindoh : 18:17 | コメント (0) | トラックバック

2009年03月06日

「どこでもWi-Fi」到着&ファーストインプレ

どこでもWi-Fi

「どこでもWi-Fiコネクション」が出来ちゃったり何かしたりしてーっ(広川太一郎風)

と、3年以上前に妄想して以来ずっと期待していたどこでもWi-Fiコネクションが楽しめる機器、「WILLCOM どこでもWi-F」がようやく昨日発売されました!改めて簡単に説明すると、これはウィルコムのPHS網を利用した無線LANルーターで、これ1台でDSやPSPなど無線LAN対応機器でネットが可能ってシロモノです。

とは言え、4Xパケットの仕様上なので理論値としての速度は下り最大204kbpsと、今時メガでは無いナローバンド環境ゆえに注意が必要です。最初っからいろんな事が厳しいと覚悟の上で使う方が良いでしょう。特に寮などで電話線が引けないけどPCでネットしたいって人は、こんなんじゃなくてイーモバイルやドコモなどのモバイル通信機器の方が良いです。月額料金は倍から3倍違いますが仕事でドコモのL-02Aを試した時は下り4Mbps近く出てた覚えがあります。定額データ割などを組み合わせれば月額7000円程度で安いADSL並の速度で使えますからね。

閑話休題。昨日届いたものの帰宅後から試したので十分な時間が取れず、凄く簡単なチェックしか出来なかったので取り急ぎの参考程度でお願いします。

まずは開封。上記の写真通りイメージとは違ってシンプルでちょっとカッコイイパッケージ(笑)まぁ箱は押入れ行きなんでどうでもいいですが。内容品は本体、ACアダプタ、単3エネループ4本とエネループ充電器って感じです。充電器は市販のと同じものが同梱。急速充電タイプじゃないけどまぁ良し。

最初は自室でテスト。19時頃だったんですがDSiブラウザからSPEEDTESTサイトでチェック。何度か試すと40〜60Kbps程度。この状態でまずテトリスDSをプレイ。2人と対戦し最初の人は途中で切断になったが後の人は普通にプレイ出来た。まぁテトリスDSは最初から問題無かろうと思ってたので次に試したのが無謀にもWiiでの利用(笑)

以前も書いたとおり、我が家では「街へいこうよ どうぶつの森」でのおでかけが上手く行かないケースがあります。これを解消したくて導入に踏み切ったのも理由の一つです。

hash氏とタカオ氏の協力のもと、おでかけにチャレンジしたんですが2分以上かかっても門から外に行けずに終了(笑)こりゃーダメかなぁと思ってたんですが0時過ぎに再度チャレンジしてみようと再度SPEEDTESTサイトでチェックすると100〜150Kbps程度をマーク。

こりゃいけるかも?と思って再度hash氏に協力してもらうと・・・おでかけ成功!また逆に自分の村に来てもらう事も可能でした。さらに言えばWiiスピークで音声チャットも出来ました(笑)門から出る時の待ち時間が普段より長いですが、一度おでかけしてしまえば村の中では普通に遊べます。時々相手がワープしてるように見えたのはご愛敬ですが(笑)ワープの頻度はかなり低く、私の時で1、2度って感じです。

この勢いで他も試しちゃえ!と次に試したのが「マリオカートWii」、こいつもWi-Fi対戦しようとするとマッチングが上手く行かないケースがあったんです。野良世界戦(フレンド以外って事です)しようとすると数回に1回しかマッチングしなかったんですよね。でまぁ試してみると一発で対戦開始(8人)で驚き(笑)久し振りで忘れてたのでWiiリモコンでつないだ事もあって1戦だけして一度抜け、GCコンを繋いで再度マッチングすると今度は12人!これもスムーズに繋がり久しぶりに対戦。いやぁマリカは面白いなぁやっぱり(笑)

その後3戦(都合4戦)終了したところで回線で落とされましたが、プレイ中は非常に快適でした。まぁマリカ自体がもともとそういうのに強い作りしてますしね。

最後に試したのが「大乱闘スマッシュブラザーズX」、こいつに至っては野良試合はほとんど出来た事がありません。サンドバック君のBGMが嫌になるほどです(笑)で、まぁ結論から言えばサンドバック君としか遊べませんでした(泣)スマブラXはナローバンドだとダメなのかな?時間帯が夜中2時だったので今度はもうちょっと人が居そうな時間帯でチャレンジしてみます。

ざっとこんな感じで試したんですが、最後に箇条書きでまとめ。

とまぁとりあえず昨日はこんなところでしょうか。時間が無かったのでまだまだ試したかった事が出来てませんが。現時点での感想としては微妙ですね(笑)費用は安いが速度は遅い、使いどころは選ぶので基本的にマニアックなガジェッター向けな気が(笑)2年使い切る自信ねぇなぁ俺。

あとはiPod Touchあたりと組み合わせれば面白い使い方が出来そうな気が・・・

投稿者 akindoh : 10:32 | コメント (2) | トラックバック

2009年02月26日

「どこでもWi-Fi」予約開始

つーことで本日より「どこでもWi-Fi」が予約開始となりました。

私も早速予約を済ませ、あとは発売日の3/5を待つばかりです。二日前にもBB Watchで記事になりRTTの短さという利点が改めて紹介されていました。何よりも速度が(一般的なブロードバンドや、最近の携帯電話と比べて)遅い件はまぁ理解してるつもりなんで、そこは織り込み済みって事で。

さてと、あとはiPod Touchか・・・

投稿者 akindoh : 17:54 | コメント (2) | トラックバック

2009年01月22日

「どこでもWi-Fi(ワイファイ)」正式発表

先日話題にした、(ウィルコムの電波が届いているところなら)どこでもWi-Fiが使えるという素晴らしいガジェットである「どこでもWi-Fi(ワイファイ)」がついに正式発表されました!気になる詳細はというと・・・

というところでしょうか。詳しくはプレスリリースを読んで頂くとして、速度は4Xパケットなので下り最大204kbpsと昨今のブロードバンドに比べると非力だが、以前の記事を参考にすればRTTが100ミリ秒以下というメリットが活きてるそうな。実際ウィルコム社員ブログを参考にすればマリオカートDSでも満足に遊べるそうだ。もっとも、マリオカートDSはもともと遅延とかに強い作りなので参考になるかと言えば微妙だが(笑)それでも期待は持てる。

他にはiPod Touchなどで使えばiPhoneと同じような事が可能になる。3Gネットワークと比べれば同等とは言わないが、AirH"時代に32kbpsしか出ない頃に使ってた時の感覚を頼りにすれば、約8倍なわけで悪くはない。むしろ当時のままならウィルコムの回線はハンドオーバーに強く、北陸を走る特急列車の中からでも切断を経験する事無く通信する事が出来た。

もし、その粘り良さが変わってないのなら、出先での利用は比較的安心出来るだろう。通信対戦はともかくiPod TouchでWebサーフィンするくらいなら多分新幹線の中からでも可能では無いかな?

どっちにしても「月2000円くらいだと迷わず手を出す」と宣言したし、間違いなく手を出します(笑)レポートご期待くだされ。

これでWiiでのおでかけ出来ないトラブルが解決出来たら嬉しいなぁ・・・ええ、もちろんWiiでも試しますとも。

投稿者 akindoh : 16:05 | コメント (8) | トラックバック

2009年01月09日

「機動戦士ガンダム 戦場の絆」がPSPに

ちょっと話題に出遅れたが、GAME Watchなどによりますとアーケードで人気の対戦型ガンダムゲームの戦場の絆が「機動戦士ガンダム 戦場の絆ポータブル」としてPSPで発売になるそうだ。

3/26発売予定で価格は6,090円、すでにAmazonでも予約受付開始になっている訳ですが・・・いやぁ今までプレイ料金(1回500円とかアホかと)と廃人度(何かハマる人多いらしい)から避けてきたゲームだったんですが、PSPで出るんなら遊びたいなぁ(笑)というか買う。

ただ問題は最大のウリである最大8人対戦かな。PSPでネットを介した対戦を行おうとするとPS3を使ったアドホックパーティか、Kaiを利用するしか無いんだが・・・前者は導入費用に、後者は導入環境に問題があるんだよなぁ。バンダイナムコの方でサーバー立ててくれないかなぁ有料でも良いから。月500円くらいなら出すよ(笑)マジで。

ちなみに「ガンダムVS.ガンダム」の方は何とか全MSでエンディング見ました。年末年始で一番遊んでたかも(笑)

投稿者 akindoh : 14:28 | コメント (0) | トラックバック

2008年10月29日

PSPのワンセグも試してみた

ワンセグチューナー(PSP-2000/3000シリーズ専用)

ワンセグってTV大好きな俺にとっては非常にありがたいシロモノで、出先でもぱっとチェック出来るのが良いですね。ただワンセグの最大の難点は電波の受信感度の悪さで、これによって大きく左右されます。

私の場合、普段は感度が良い事で評判のドコモPシリーズ後継であるP906iを使っていて時々DSテレビって感じです。

場所によって大きく環境の変わる屋外はまぁ仕方ないとして、屋内、特に自宅での受信感度についてはかなり問題ですよね。この辺に関してはウチでは以前ご紹介した通り「EXEMODE 屋内・卓上型 UHF/VHFブースター デジタル・アナログ対応 B660」ってのを使ってます。こいつはご紹介したときは約7000円だったので費用対効果は人それぞれって書いたんですが、現在は約4000円にまで下がってるので正直マストバイでは無いでしょうか。

私のようにワンセグ機器が複数ある人はもちろん、単体でもケーブル直結のタイプよりもスッキリしてます。設置した部屋の中くらいなら普通に使えるので場所も限られずに便利です。

さて本題に戻りますが、先日「PSP用ワンセグチューナー」を知りあいから預かって試してみたんですよ(もちろん本体ごと)まぁしかしものの見事に受信感度悪いですね(笑)同じ場所に携帯電話とDSと並べてみたんですがPSPが一番感度悪いんでやんの(笑)DSテレビがあんな不格好な大きなアンテナ2本も付けるわけだ。あと見た目金属っぽいから金属かと思ってたらワンセグチューナーはプラスチックだったのもちょっと驚いた(笑)まぁ感度の為なんだろうけど。

で、前述の「B660」のある自室で試したところ、これはバツグンに映ります。まぁ当たり前なんですけど(笑)さすがに受信感度の問題さえクリアしたらPSPのメディアプレイヤーとしての能力はなかなかですね。画面も大きいしかなり良い感じです。

3台のワンセグ機器と、アナログTVとで同時に4チャンネル同時視聴出来た時はちょっと感動しました(笑)まぁ普段そこまでする事は無いですけどね。でも受信感度の問題さえクリアされたらPSPのワンセグは悪くないですね。正直買い替えようかなぁ(笑)

初期型PSPって重いんだよねぇ(笑)

投稿者 akindoh : 10:42 | コメント (2) | トラックバック

2008年10月15日

PSPに「トロ・ステーション」がやって来た

toro.jpg

まぁ持ってる人は既にご存知かと思いますがPSPのシステムソフトウェアがバージョンアップし、とうとうPSPでもトロ・ステーションが楽しめるようになりました。

個人的にはPS3で唯一羨ましいコンテンツだったので、持ってるPSPで毎日楽しめるようになったのは嬉しい限り。早速ダウンロードして見てみました。今日はまぁ無難な内容でしたが、そのうちぶっ飛んだネタをやってくれる事を期待しましょう(笑)

それにしてもフルキーボードが表示されるようになったけど、外付けキーボードの方がよっぽど嬉しいぞ。

投稿者 akindoh : 22:04 | コメント (0) | トラックバック

2008年10月10日

DSでもPSPでもiPodTouchでも「どこでもWi-Fi」

「どこでもWi-Fiコネクション」とか出来ないかなぁ・・・

今年の初めに(というか約3年前が最初か)妄想したW-SIMを用いたWi-Fiコネクション専用機器、これがまさに現実になろうとしてます。 昨日の記事になるんですが(忙しくてネタに出来なかった)ウィルコム、バッファロー、三洋電機の三社による共同開発により「どこでもWi-Fi」という製品が発表になりました。詳しくは以下の記事を読んで頂くとして・・・

この製品の何が魅力って、名前の通り「(ウィルコムの電波が届いているところなら)どこでもWi-Fiが使える」事でしょう。整理してみると・・・

という感じですね。もう少し料金プランが安い物が出てくれば本気で手を出すかもしれない(笑)というのも我が家でWi-Fiコネクションを利用する際にはマンションがプライベートIPである為に、どうもマッチングで問題が多々あるんですよ。コイツを使う事で問題が解消されるのなら月2000円くらいだと迷わず手を出すなぁ俺(笑) あとあとiPod Touchを買ったりしても便利だし。

うーん、早く詳細が明らかにならないかなぁ。

投稿者 akindoh : 18:01 | コメント (0) | トラックバック

2008年09月19日

2008年秋の個人的注目ゲーム

まぁいつもの奴です(笑)

そろそろ年末の新作ラッシュも見え始めて来た今日この頃ですが秋にも注目タイトルが数多くありますので、例によって独断と偏見で注目タイトルをリストアップしたいと思います。なお、これらは全て既に予約済みまたは積極的に購入予定のモノです。

ざっくりこんな感じです。まぁものの見事に趣味に走ってますね俺(笑)まず「Wi-Fi8人バトル ボンバーマン」については9/25にパッケージ版が先行して発売されますが正直そっちは無視です(笑)1000Wiiポイントでこっち買って遊びます。

Wii Music(ミュージック)」と「カルドセプトDS」は既にいつもの店で予約済みです。Wii Music用に追加でリモコン欲しいなぁ。

悪魔城ドラキュラ 奪われた刻印」「星のカービィ ウルトラスーパーデラックス」「不思議のダンジョン 風来のシレンDS2 砂漠の魔城」のDS3作品に関してはほぼ間違いなく買いますね、特にシレンDS2は絶対に。

最後の「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム」だけPSPですが、大好きなvs.シリーズなのでシレンDS2の合間に遊ぶ為にストロングバイですね。

今年も秋の夜長は睡眠不足になりそうな予感がします(笑)

投稿者 akindoh : 11:37 | コメント (0) | トラックバック

2008年09月02日

新型PSPの発売日・価格発表と新サービス

PSP「プレイステーション・ポータブル」※こちらは現行版です

先日もお伝えした通り、PSPの新型本体(PSP-3000)が出る事になったのだが、GAME Watchによりますと日本では10/16発売で19,800円と価格は従来通り。マイク内蔵の分だけ実質安くなったと言って良いのかな?

ただ今回の発表ではそっちよりも気になる発表が。プレスリリースによると・・・

さらに、PS3を介して遠方のPSPユーザー同士でもネットワーク経由でアドホックモードの対戦協力プレイをお楽しみいただくことが可能となる無料オンラインサービスの導入も2008年秋に予定しております。本サービスでは、PSP専用ソフトウェア『モンスターハンターポータブル2nd G』(株式会社カプコン)をはじめとするアドホックモード対応のタイトルで、離れたユーザー同士が協力、対戦プレイなどのコミュニケーションをお楽しみいただけます。

今までPSPには、DSのWi-Fiコネクションのようなネットを介した対戦プレイなどが出来るサービスが公式にはありませんでした(独自に対応してるのはあったと思う)DSで言うところのワイヤレス通信のみで、複数で同時プレイするには実際にPSPを持ち寄って同じ場所で遊ぶしかありませんでした(別途、Kaiというソニー非公式の方法はありましたが)

今回発表のサービスにより、いよいよPSPでも自宅に居ながら遠くの友達と一緒に遊ぶ事が公式に可能になります・・・PS3があれば(笑)

もうね、ソニーもPS3を無理やり売ろうとするの諦めりゃ良いのに。今回のサービスだって5000円くらいで専用の機器出しゃ良いのにさ。PSPはそれなりに好調なんだし、PSPに特化する方がよっぽどソニーの強みも活かせると思うんだけどなぁ。

まぁ何にしてもPS3が必要な事以外は非常に良い戦略じゃないかなと思った次第。

投稿者 akindoh : 17:10 | コメント (4) | トラックバック

2008年08月27日

PSP「ガンダムVS.ガンダム」

前にも書いた通り、PSPで買った数少ないソフトの1つは「機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T. Portable」なわけですが、そのガンダムvs.シリーズ最新作で、現在アーケードで稼働中の「機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム」が11月にPSPで出るそうだ。

さらにアーケード版では現在のところCPUしか使えないエクシアも使えるようになるらしいですし、ガンキャノンGP-01と言った追加MSもあるそうだ。さらにモンハンGにあった「メディアインストール機能」もあるそうだ。
※データの一部をメモリースティックにインストールする事でUMDの読み込みを軽減させ、動作速度アップにつなげる機能

ところで、実は未だに今作をプレイした事が無かったり(笑)久しくゲーセン行かないもんで、この夏はじめて本物見ました(プレイしてる人が上手くてなかなか終わらない上に時間が無くてプレイ出来なかった)ただそれ見てて気になったのは「Gクロスオーバー」を使ってるところで結構処理落ちしてるのを見かけたんですよね。PSPで大丈夫かなぁ・・・

ま、どっちにしても面白そうなんで間違いなく買いますけどね(笑)

投稿者 akindoh : 22:27 | コメント (5) | トラックバック

2008年08月21日

もう新型PSPが出るらしい

ITmediaなどによりますと、PSPの新型本体「PSP-3000」が出るらしい。

PSP「プレイステーション・ポータブル」※こちらは現行版です

PSP-2000との違いは・・・

と、こんなところですかね。正直初代(PSP-1000)から現行版(PSP-2000)になった時のような驚きは無いですね。正直出す意味あったのかな?と思う程です。

個人的には、これで若干値崩れするであろうPSP-2000へと買い替えをするかな?と思った程度(笑)

投稿者 akindoh : 11:44 | コメント (0) | トラックバック

2008年07月15日

ファイナルファンタジー13、Xbox360でも発売が正式発表

2007年正月、SCEによるこのCMを見て色々感じた人は多いと思います。「世界でひとつ」のゲーム時代と称してPS3時代を宣言したあの日から約1年半・・・まさかこんな事になるとは思わなかったかもしれませんね。

「世界でひとつ」ことPS3という単一プラットフォームで発売予定だった「ファイナルファンタジー13」が現在アメリカで開催中のE3にてXbox360への投入を発表したそうだ。一応北米と欧州のみ明言し、日本については現時点で無いと言うものの出さない事はまず無いだろう(同様に発表したガンダム無双など、結局日本でも出る例は数多い)

Game*Sparkによるとまず日本でFF13の開発を終え、そこから英語版へのローカライズをし、そこからXbox360版の開発・・・という流れらしいですし、どう考えても日本語テキストは使えるんだから出すでしょー(笑)

Xbox 360(HDMI端子搭載)

そりゃ日本のXbox360市場はかなーり冷え込んでます(笑)が欧米向けに開発するソフト本体と、既にPS3用に用意済みの日本語テキスト組み合わせるだけだし、本数絞り込めば十分ペイ出来るでしょ。出さないで反感買うより十分メリットありますからね。ある意味製作コストが限りなく低いんだからオマケで稼げるんだし。

しかし、今年の正月にこんなの書いたんですが・・・行く末ホントにどうなるのかなぁ(笑)

投稿者 akindoh : 10:28 | コメント (0) | トラックバック

2008年06月23日

久々のオススメタイトル話

思わぬMac miniの修理費などで凹み気味ですが、何か書かないと調子出ないんで久々にオススメタイトルの話でも。

この中で絶対買う宣言するのは「リズム天国ゴールド」ですね。これは何があっても絶対買う。他に懐具合によっては「ザ・タワーDS」「ぼくらのテレビゲーム検定」ってところかな?

大合奏バンドブラザーズDX」はWiiからダウンロードして体験版やってみたんですが、良く出来てると思いつつ音楽センスが無い私にはちょっと辛いです(笑)「ガンダムバトルユニバース」は面白いシリーズなんですが、そろそろ前作に手を出そうかと言うところなので(笑)2つ前のロワイヤルは思い出したように時々遊んでます。これはガノタにはオススメなんでその次に出たクロニクルともども、そのうちユニバースにも手を出そうと思ってます。

もっとも、最近一番遊んでるのが携帯のガンダムですけどね(笑)面白いんですよこれが。

そんな感じで、最近ロクにゲームしてない私・・・いかんなぁこれじゃ。

投稿者 akindoh : 16:27 | コメント (2) | トラックバック

2008年05月15日

「板です。追いついたようです」

 VS 

「板です。追いつけるかもしれません。」

そんな名前のスレッドが2ちゃんねるに立ったのが今年1/23の事。当初は誰もが認めるネタスレ(面白がって誰も本気にしてない)だった。本当にそうなったら笑うよね、という程度のモノだった。私も面白がって歴代スレを眺めていた。

集計はメディアクリエイトのランキングを基準にしていた。これによると「Wiiフィット」発売時におけるPS3の国内販売台数は1,428,960台。初週261,000本のWiiフィットからすればさすがに敵う相手では無いと思われた。ところがWiiフィットはその後、数字に落ち着きは見せるものの一度もPS3の週間販売台数を下回る事が無く、とうとう昨夜のファミ通発表による数字によりWiiフィットがPS3の国内販売台数を超えてしまったそうだ。最終的にはメディアクリエイトの発表値を待って、という事にはなるのだが抜いているのはほぼ間違い無いと言われている。
※その後発表されたメディアクリエイトの数字ではまだ約4000台ほど足りず、超えていなかったそうだ。PS3超えは来週の模様。

この事は何を指すのかと言えば、PS3専用ソフトを出すよりバランスWiiボード専用ソフトを出す方が本数売れる可能性があるという事だ。そりゃ冷静になればバランスWiiボートは言えWiiがあってこそのモノだし、今の勢いと数(全世界累計で1300万台近い差がある)だとそのままでも本数ベースで勝てる可能性もあるだろう。ましてや所詮周辺機器という意味では比べるのもやはり変ではあるが「専用ソフト」を出せるプラットホームという意味ではこの結果は結果で実に面白い。

個人的にはバランスWiiボード専用ソフトとしてWiiウェアあたりで色々出て欲しいと思ってるので、今後そういう流れが加速する事を願っています。

さて、余談になるが昨日ソニーの2007年度連結業績の発表があった(実際の資料などはIRをご覧下さい)この発表会の質疑応答のダイジェスト(ゲーム関連のみ抜粋)がニコニコ動画に貼られているのでアカウントお持ちの方はご覧頂くと面白いです。
(もちろん普通にソニーによる再放送をご覧頂く方がより正確ですが)

今回注目だったのは来期の目標としてPS3の全世界販売台数が1000万台とあった事に対して「その数字ではWiiを抜けない事になるがPS3でトップシェアを取る事は断念したのか」という質問に・・・

「ターゲット層が違うので数の面でWiiを追いかける戦略は取らない」

とまあこう断言しちゃった事ですかね(ニコニコ動画だと18:50頃からが該当個所)

PS3はゲーム機じゃないと言ったりゲーム機だと言い直したり戦略に迷いがありすぎだったんですが、少なくともトップになる事は諦めたとも思える考えをソニーは持っているようですね。まぁ体重計に負けるようじゃぁそうなるかな。でもさぁ今もって大きなシェアを獲得する事が前提のビジネスモデルで展開してるのにこの姿勢はどうかなぁと思うわけですよ。

他にもPSPは本体の勢いの割にソフトが売れない事がハッキリ見えました。PSP本体は前年度953万台、今年度1389万台と436万台も増加してるにも関わらずソフトは前年度5470万本から今年度5550万本と80万本しか増えていない。この2年だけ見てもプラットホームとして倍以上になってるにも関わらずソフトは横ばい。2倍とは言わないまでもある程度増加しないといけないのに横ばい。PS3ですらソフトは前年の4倍売れてるわけで、別にソニーだからって駄目って訳じゃない。とにかくPSPがソフトが売れない市場だというのをソニー自ら示した事になる。

とにかく・・・まぁ・・・PS3もPSPも頑張って、と(笑)

投稿者 akindoh : 10:06 | コメント (2) | トラックバック

2008年02月22日

意外どころか超オススメ!「スペースインベーダーエクストリーム」

スペースインベーダー エクストリーム

お昼休みに出遅れゲット。

基本的にDS版もPSP版も同じですね。横長ワイドな画面のPSPと違って、DS版では通常ステージは下画面のみ、ラウンド(ボーナス面)とボス戦だけ上下2画面になって若干戦略性が異なります。しかしその辺の違いを除けば(サウンドなどの演出方法などで両者に違いはあるそうですが)通常のゲーム要素はほぼ同じと言って良いでしょう。

PSP版にない、DS版の特徴と言えばやはりWi-Fi要素振動カートリッジ対応でしょうね。帰宅してないのでまだWi-Fiは試してませんが振動カートについては正直非常に楽しいです(笑)

今作の最大の特徴であるノリノリのサウンドとシンクロした振動で、さらにノリノリになる感じでトリップ具合が非常に最高です。振動しないPSP版の体験版でも十分ノリノリだったのが、さらに輪をかけてノリノリでした。

で、トリップ感ばかりを前面に押し出してるかと思えばゲーム性も中々良くて(詳しくはこの辺の記事をざっと見てもらえれば判りやすいかな)まずフィーチャー(役)を狙い、ラウンド(ボーナス面)に入り、クリアしてフィーバータイムでガンガン点数稼ぐという感じ。これがノリノリのビジュアルとサウンドで演出されてノンストップでテンポ良く進む。

そのくせフィーチャーで手に入るパワーアップは時間制なのだが、LかRボタンを押してる間はストップして通常弾を撃てる。これにより無駄弾を使わないで効率良く使ったりするのも必要だったりとナメてかかると結構侮れない。ステージは分岐し、難易度で選べるんだけど4面のEASYがクリア出来てません(笑)まぁオプションで残機設定増やせば出来る気もしますが(デフォは3機で、4機5機と選べる)一応悔しいので3機でEASYくらいはクリアしたいです(全5ステージですし)

まぁあれですよ、インベーダー型シューティング嫌いじゃない人は騙されたと思って黙って買えとだけ言っておきます。特に振動カート持ってる人は絶対買いましょう。逆にこのゲーム気に入って振動カート持ってない人は振動カートも買いましょう。

一通りやり込んで、飽きてもまた忘れた頃にやりたくなる、そんなゲームな予感がします。

投稿者 akindoh : 17:25 | コメント (0) | トラックバック

2008年02月20日

意外に面白いぞ「スペースインベーダーエクストリーム」

明日、DSPSPで発売になる新作インベーダーの「スペースインベーダーエクストリーム」ですが、正直今更インベーダー?と思った俺。もっと言えば名作との呼び声高いPCエンジン版「スペースインベーダー 復活の日」より面白いアレンジ版見た事無かった俺としては今回の新作はおもっきり眼中に無かったんですよね。

当時PCエンジンユーザーでこの分家モードを否定するヤツは俺と小一時間ゆっくり議論しようか?というくらい名作中の名作なんですけども、今作のPSP版の体験版が無料でダウンロード可能だったんでやってみました。

いやまぁ詰まる所インベーダーで、それ以上でもそれ以下でも無いんですが、なんつーかトリップ感というかオーディオ&ビジュアル面のノリの良さが格段に良い!そしてステージ構成が従来の画面内全滅で1面クリアという感じではなく、いくつかの編隊(配列が色々違う)を倒して行って、最後にボスを倒せばクリアなんですが、それまでにコンボ要素があったり、アイテムがあったり、特定の条件で途中でボーナス面みたいなのがテンポ良く挟まれたりと、インベーダーであってインベーダーでない、そういう要素が多分に盛り込まれていました。

その上で公式サイトを見てみると、どうもDS版も同じ感じですし、さらにDS版は振動カートリッジ対応だったりWi-Fi対戦可能だったりと何気に名作の予感がします。とりあえず公式にあるPVとかで実際のゲームの雰囲気を見てもらえればと思いますね。PSP持ってる人は体験版を是非遊んで欲しいですね。
(他にGAME Watchの記事も簡潔で良いかも)

とにかく、舐めてスルーしてたらちょっと驚いた。1ステージしか遊べない体験版を昨日は何度も遊んでしまったし(笑)

投稿者 akindoh : 16:24 | コメント (2) | トラックバック

2008年02月09日

2月・3月のゲームいろいろ

ここんところ色々忙しくてサボってます。かといって何も書かないでいるのもマズいんでダラダラ書いてみましょうかね。

大乱闘スマッシュブラザーズX

と、言いつついきなり発売中の「スマブラX」ですが、現在在庫有りのようなので、まだの方はお早めに。その上で本題。まず2月で個人的に注目しているのは・・・

この2本ですかね。前者はSIMPLEシリーズなので凝ったゲームでは無いものの、Wi-Fiで最大6人対戦出来るのがウリですし値段も安いのでちょっと気になるタイトルではあります。後者は無名の新規タイトルながら関係者の評判がかなり高いゲームらしいので気に成っています。

次に3月はと言うと・・・

まず「メトロイドプライム3」については既に予約済みです。2Dメトロイドばかり遊んできたので3Dは初挑戦になりますが非常に期待しています。

次の「ファミリージョッキー」なんですが・・・これ紹介記事見て気付いたんですけど、Wii発売前の予定タイトルに名前が出ていたアーケードの体感ゲーム「ファイナルハロン」の移植版がベースじゃないですか。一度どこかのショーで参考出品されたまま音沙汰無かったんですが・・・正直今更ファイナルハロンとして売り出すよりはファミリーシリーズとして復活させたのは正解じゃないかな。オリジナルのファミコン版はトップビューだったけど多分受けると思うし。

バンガイオー魂」は以前一度触れた事のあるタイトルだが久しぶりに公式サイト見たら色々充実してたのでとりあえず見て欲しい。ロボとミサイルに燃える人は注目かもしれん(笑)開発のトレジャーは定評あるところなので、心配な方はGBA「鉄腕アトム」を遊んで欲しい。イマイチだったリメイク版アニメに騙されてはいけない、手塚ワールドオールスターな超良作アクションゲームだ。

で、多分薦める事を意外だと思ってる人が多いであろう「機動戦士ガンダムOO」だが、実は最近は本編(アニメ)も結構好きだったりする。理由はニコニコ動画のアレコーラ様だ(笑)彼の成長物語を見ずしてガンダム00は語れない。

冗談はさておき、本筋は「俺強ええええええええええ!」状態のCB勢が案外追い詰められたりして窮地を脱したりする展開に「ちょっと面白くなってきたやん」とか思ってたんですがスローネ勢登場で「また強ええええええええええ!状態に逆戻りかよ」とか思ってまたちょっと冷めつつあるところです。まぁ何か今後のあらすじ見てたらガンダム7機とも追い詰められる展開があったりするみたいで、それはそれでちょっと安心しつつあったり。

まぁなんだかんだで「やっぱ俺ガンダム好きなんだなぁ」と思いつつある今日この頃ですが・・・それでもプラモやアクションフィギュア等、未だに00のMSの立体物は持ってないのが微妙な距離感ではあります(笑)そんな中発売されるDS版(やっと本題かよ・・・)ですがプロモーション映像とか見てるとDSにしちゃあ結構面白そうなんですよね。なもんで結構気になってたりします。

最後の「モンスターハンターポータブル 2nd G」、多分俺は買いません(笑)でも間違いなく売れるでしょう。発売は来月末なのに、既にPSP本体の売れ行きには影響が出始めているらしいので今から前作を始めたりする人も多いんじゃないですかね。

昨日あったプレミア発表会ではメディアインストール機能なんてもんも発表されたみたいですし、安くなってる今のうちに4GB2GBの高速・大容量のメモステを買っておいた方が良いんじゃ無いかなと思います。

という訳で、圧倒的にガンダム00の文章量が多いのがウチらしいなぁと思いつつ〆(笑)

投稿者 akindoh : 14:26 | コメント (0) | トラックバック

2008年01月09日

PS3のキラーソフトだったハズの「ガンダム無双」がPS2で完全版が発売

いやぁニュース見た時は大笑いしつつ大いに呆れさせて頂きましたよ(笑)

ファミ通.comによりますと、新シナリオや追加モビルスーツを加えた完全版とも言うべき「ガンダム無双 Special」をプレイステーションで発売すると発表がありました。

簡単に説明しますと「ガンダム無双」というのは、コーエーの代表作である無双シリーズと、定番キャラクターとも呼べるガンダムを融合したタイトルで、その発表会にはSCEI会長(当時)である久夛良木氏まで駆けつけガンダム無双を指して「PS3の第2世代のソフト」と評し、さらに業界の女帝ことコーエー襟川会長は「200万本売りたい」と豪語したほどのタイトルである。

また開発陣もインタビュー記事で「PS3ならではのグラフィックス表現」を誇って居た事もあり、これだけの数のMSを描画しつつ遊べるのはプレイステーション3だから、と言わしめたゲームだ。

しかし実際は30万本程度で留まっており(それでもトップがみんゴル5で50万本クラスのPS3ではTOP5くらいに入っている)セールスの不調っぷりにXbox360にも移植が決定し、後に「ガンダム無双インターナショナル」として発売されたのであった。

そのXbox360への移植時ですら「PS3だからこそのガンダム無双じゃなかったの?」と揶揄されたものだが、今日の発表は流石にどうよ(笑)まだXbox360なら「同じ次世代ハード同士」という良い訳も立つが、さすがにプレイステーション2じゃなぁ・・・

ただ個人的な見解を述べるとすれば、恐らく本来は2年以上かけたという開発期間の殆どはプレイステーション2用ソフトとして進めて来てたんだと思いますね。しかしながらPS3の目玉が欲しかったSCE側の強い要請で途中からPS3用に変更をかけて行ったんだと思います。

もちろんその見返りとして開発機材の優遇を含めたSCEによる様々な協力があったであろう事も容易に想像がつきます。というかそういう話はゲーム業界で良くある事ですし。あまり大きな声では言えませんが某有名RPGでも過去にそれと同じ経緯で次世代機向けに変更がなされたタイトルを知ってますし(どれか知りたい人は個人的にお願いします(笑)ちなみにFF7じゃないよ。)

まぁとにかく、今更なタイトルの事とはいえ益々PS3の存在意義を問われる発表だなぁと。

投稿者 akindoh : 14:02 | コメント (4) | トラックバック

2008年01月01日

2008年は何時代になるのかな?

PS3時代であった昨年ですが、今年はどんな事で私達を笑わせて驚かせてくれるんでしょうか。今年もソニーの行く末行方に注目ですね。

そんなわけで今年もよろしくお願いします(笑)

投稿者 akindoh : 12:36 | コメント (2) | トラックバック

2007年10月16日

家庭用ゲーム機の日本市場についての考察

なんか偉そうな表題ですが多分読んでも何の得もありません(笑)この手の実の無い話がお好きな方だけどうぞ。

事の発端は「はしゅはしゅどっとねっと」のhash氏が家庭用ゲーム機の統計サイト「VG CHARTZ」でのチャートを元に以下のグラフを作った、と見せて貰った事です。これは発売日を基点に、日本国内において何週で何台普及しているかを表したグラフです。

家庭用ゲーム機の日本市場
※クリックすると拡大します

VG CHARTZに掲載されているデータの都合上、PCエンジンやメガドライブ等のデータがありませんが、ちょっと面白い事が見えたのでダラダラと書いて見たいなと思います。

まずこれは、恐らく統計学とかキチンと勉強した方にしてみれば当たり前の話かもしれませんが、各ハードとも勢いがあって普及する時は45度くらいの角度でガンガンズンズングイグイ上昇しています。その後、ハードの勢いが止まるとグラフは緩やかなラインを描きます。よーするにだいたい45度くらいの線を描いてる間がそのハードの時代、緩やかな時は終わりに向かっている時期と言えます。

その点から言うと、まずXboxとXbox360は初めから終わってます(注:日本市場限定です)もう論外ってくらい相手になってません。過去のデータから判断する限りにはXbox360はどうやっても勝ちは無いです。ただし、DSという前例の無いハードの存在もあるので100%断言は無理ですが、DSの場合は前例の無い勢いなのであって、死に体からの復活とは違いますんでねぇ・・・

ニンテンドウ64やゲームキューブ、ドリームキャストなどは健闘したと思いますが、やはりカーブが緩やかです。それに比べればサターンはかなり頑張ってますが、やっぱりFF7ショックのあたりでパックリとPS1との差が開き始めました。丁度その頃にカーブが緩やかになり始めています(このグラフでは小さくて見えにくいあたりですが)

そして145週(約3年)あたりで600万台を超えるか超えないかで、勝ちハードと負けハードの分岐点になっているのが分かります。

次に気付いたのが台数規模ですが、まず据え置きに絞ってあえて世代分類します。FCを第1、SFC(SNES)を第2として・・・まぁ第2世代はSNESしか無いのでちょっと省略して第3世代(PS/SS/N64)と第4世代(PS2/GC/DC/Xbox)と第5世代(Wii/PS3/Xbox360)とします。この第3から第5世代を比べてみますと、ちょっと面白い流れになっています。

まず先程から基準にしている145週での台数を大雑把に書きますと、PSが950万台・SSが500万台・64が450万台ってところでしょうか。合計すると1900万台です。次にPS2が1200万台・GCが350万台・DCが200万台・Xboxが50万台で合計1800万台

第5世代はまだ145週に到達してないので似通った曲線を描くPS2・DC・Xboxをそれぞれ参考にするとWiiが1200万台・PS3が200万台・Xbox360が50万台で合計1450万台、仮にPS3をSSペースにすれば合計は1750万台

この事から据え置き市場は贔屓目に見ても横ばいから若干の減少傾向、または明らかな減少傾向にある事が分かります。ただ逆にトップハードに関しては市場規模に大きな差は無い事が分かります。それでも据え置き市場だけを見ればゲーム業界が縮小傾向にあったというのは間違いでは無いでしょう。

それを補っていたのが携帯ゲーム機という事も、またこのグラフから読み取れます。事実上一強皆弱だったGB(カラー含む)やGBAですが、それでも台数ベースでは大幅な伸びを見せています。同じく145週あたりではGBが650万程度だったのに対してGBAは1200万台と倍近くの伸びを見せています。

そしてそれらの勢いを遥かに凌駕するDSの勢いは恐ろしく、1900万台という恐ろしいハイペースさを見せています。実はこのグラフを見て初めて気付いたんですがPSPの勢いはGB並である事を知って驚いた次第です。本当に相手が悪かったとしか言い様が無いです(笑)なんせGBA市場と比較しても1/2は確保している上にいまだ曲線が衰えてないわけですから。

でも相手のDSはGBAの1.5倍の勢いなわけで、やっぱコイツは化け物です(笑)そしてそんなDSやPSPを加味する事で現在の家庭用ゲーム機市場は過去に例の無い勢いを持っていると言えます。しかもDS+PSPは2550万台にも上り、予想される第5世代の台数を遥かに凌駕しています(笑)ここからも現在の家庭用ゲーム機市場の流れは携帯ゲーム機にシフトしつつあるというのが良く分かりました。

正直、この程度の話は今までもいろんな場所でいろんな方がし尽くした話題なのでどうでも良いと言えばどうでも良い話ですけどね(笑)

追記:
あと改めて驚いたのがGBの息の長さです。初代GBからGBカラーまでを含んでいるとは言え、GBAが登場するまで約12年間も現役ハードだったのは驚嘆の一語です。TVゲームの代名詞になるファミコン生み出したり、12年現役なゲームボーイ生み出したり、異常なハイペースのDS生み出したり・・・つくづく任天堂って怖い会社だな、と(笑)

投稿者 akindoh : 18:12 | コメント (3) | トラックバック

2007年10月09日

PS2互換機能を廃した劣化PS3、日本でも販売決定

先日お伝えした劣化PS3が欧州に続き日本でも販売される事が決定したそうだ。Broadband Watch等によりますと、今回の発表事項を整理するとこういう事だそうだ。

ちなみに今回の発表について私の感想は以下の2ちゃんねるでの誰かの発言・・・

99 :名無しさん必死だな :2007/10/09(火) 15:13:39 ID:8SOOdQIt0
PS3は値下げしても買う気が全く起きないのが凄いな

全く持って同意でした(笑)

投稿者 akindoh : 18:17 | コメント (3) | トラックバック

2007年10月06日

PS3、とうとうPS2互換を廃止

約1年前、私は「100%の互換性を保つ方が珍しい。100%の互換性があるなんて言ってる久夛良木健と一部の馬鹿社員がおかしいんだ」と書きました。ただ流石に・・・

ソニー・コンピュータエンタテイメント・ヨーロッパ(SCEE)は、40GBのハードディスクドライブ(HDD)を標準搭載した「プレイステーション 3」(PS3®)の新モデルを希望小売価格399ユーロにて10月10日より欧州市場で発売いたします。
(中略)
従来モデルとは異なり、PS3®既存ユーザーの利用状況や欧州での市場動向をふまえ、新モデルからメモリーカードスロットなどの一部機能を取り外しました。また、PS3®用ソフトウェアのさらなる開発強化とラインアップの充実に伴い、新モデルは「プレイステーション2」専用ソフトウェアとの互換性を有しません。

PS3のウリの1つであるPS2互換機能まで無くしてコストダウンっていうプレスリリースには朝からこけました。寝ずの作業を続けた結果が互換性廃止なんて子供でも出来る決定ですよ(笑)そもそもご自慢のCellとソフトウェア(パッチ等)で互換性を実現すると仰ってたのにそれすら諦めるわけですな(笑)互換性を有しませんと明記するくらいだから、今後は完全にPS2互換は辞めてPS3だけに専念すると言うわけですな。

ま、Cell生産設備売却の件と共にPS3の首絞めるだけだと思いますけどね。正直私も欲しいPS2「装甲騎兵ボトムズ」を含めて、まだまだ圧倒的普及率を誇るPS2でのゲーム開発をするメーカー、そのソフトで遊ぼうと考えるユーザー、どちらも多いわけです。その背景には「PS2で作って置けば、PS2ユーザーはもちろん(不調とは言え)PS3を買った人でも遊べる(ように調整する事は可能な)訳だからノウハウがあるPS2で出そう」という考えがメーカー側に出来るのがあるわけで、今回の互換性廃止PS3でこの流れも止めるわけです。

それで次世代機No.1ハードの地位をゲットしたWiiや、今もって北米市場ではNo.1のXbox360とどうやって戦うつもりなんでしょうね。そんなPS3に対してEngadget Japaneseではこんなエールを送っていました。

命綱を切り捨て身軽になったPS3の跳躍に期待です。

いや、死んじゃうって(笑)

追記:
当初、PS1互換も廃止という書き方をしていましたが、PS3におけるPS1互換機能は完全にソフトウェアエミュレーションらしく、廃止されていないそうです。

ここに訂正させて頂きます。

投稿者 akindoh : 09:24 | コメント (7) | トラックバック

2007年10月04日

PSPファーストインプレ(ただし旧型)

PSP「プレイステーション・ポータブル」 セラミック・ホワイト(PSP-2000CW)

なんだかんだで発売から2年半経ってやっと買ったPSPですが、市販ソフトや体験版など幾つか試してみたので簡単な感想を。まず結論を先に書くと

DSが無かったら天下取れたかもね。

これに尽きます。PSP最初の発表が2003年5月14日、一方DS最初の発表は2004年5月12日。最初の発表時には世の中の携帯ゲーム機といえばGBAくらいしかライバルが無く、また想定出来るライバルとしてのGBA2をGBAの延長線上くらいに考えていたんでしょう。

どっちにしても、確かにGBAのシェアを奪うだけならPSPは十分過ぎたと思います。まさにPS2を持ち歩ける、どこでもPS2が遊べるというレベルのシロモノです。リッジレーサー2(体験版)を遊んで見た時に「へぇ携帯ゲーム機でこのレベルのモノが遊べるんだ」と素直に思いました。何と言うか今までの携帯ゲーム機ではPSPを超えるものは無かったですね。

ただ同時に何故PSPがDSに負けたのかも分かりました。私は多分、世間並みから比べるとゲーマーの範囲に属すると思います。PSPはゲーマー用の携帯ゲーム機でしか無いんですよね。恐らくSCEがPSPに、本来望んでいた役目というのはまさにそれでしょう(余計な役目としてiPodやモバイルマルチメディアの覇権というのもあったと思いますが(笑))

私が今回同時に買ったゲームは「ガンダムバトルロワイヤル」と「機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T. Portable」です(そこ、性格丸出しとか言わない!)正直言ってどっちも凄く面白いです。vs.シリーズである連ザは勿論として、バトルシリーズと言われている「バトルロワイヤル」も噂に違わぬ出来です。本日発売になった新作「ガンダム バトルクロニクル」も正直今度買おうかなと思っています。

ガンダム バトルクロニクル

ただ、十字キー・アナログパッド、ABXYとLRといった全てのボタンやキー(名称は違いますが(笑))をフルに使うようなゲームが多いPSPというゲーム機はとてもしんどいです。余談としては遊んだあとに手首がかなり疲れます。新型が軽くなって歓迎されてる理由がかなり良く分かりました(笑)

しんどい理由は重さだけではなく、PSPが持つ全てのイメージがゲーマー向けで、普通の人にはイメージ的にもしんどいんですね。勿論それもDSが無ければ言われなかった事でしょう。そう、全てはDSが悪い(笑)ハードスペック的には劣っている、子供だましのような2画面、タッチペンやマイクなどのよく分からないUI。そんなDSがPSPに勝った理由は単純でDSがゲーマーだけに向けて作って無かったという事でしょうね。

ハードの性能、ソフトのラインナップ、イメージ戦略とコンセプト、その他全てにおいてDSはゲーマー以外の層をも広く取り込んでしまい、結果として数で勝ってしまい、市場を席巻し、新たな客層すら生んでしまったという事でしょう。それでは減少傾向にあったゲーマー市場で太刀打ち出来るわけがありません。

PSPというハードだけを見れば、けっして悪いモノでは無いと今でも思います。しかしながら今日のPS3の惨状にも繋がる読みの悪さはPSPから始まっていたと言っても過言じゃ無いでしょう。SCEの驕りが招いた必然的敗北といったところでしょうか。

そんなわけでPSPそのものは悪く無いですね。DSほど万人にオススメじゃないですが(笑)

投稿者 akindoh : 15:47 | コメント (3) | トラックバック

ソニー、先日の長崎に続いて大分の半導体生産設備も売却へ

先日の長崎テクノロジーセンター売却報道に続いて、東芝大分工場内に所有する製造設備も売却との報道がありました。asahi.comによりますと・・・

 ソニーが、高性能半導体を生産する大分の製造設備を、東芝に売却する方向で交渉していることが3日わかった。すでに明らかになっている長崎の半導体製造設備に続く事業の見直しで、経営資源を映像・音響機器など中核事業に集中させる戦略がより鮮明になった。

 売却するのは、ソニーが東芝大分工場内に所有する製造設備。ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」向けの画像処理LSI(大規模集積回路)などを生産している。設備の運営は、東芝・ソニーが共同出資する大分ティーエスセミコンダクタ(大分市)を通じて東芝に委託している。共同出資会社の契約期限が来年3月に切れるのを機に、ソニーセミコンダクタ九州の長崎テクノロジーセンター(長崎県諫早市)にある製造設備とともに、東芝へ売却する方向で検討している。

という事でソニーがCellの生産から手を引くのは間違い無いだろう。今もってこの動きを「PS3事業を継続するに当たって、余計な設備を持たないようにするスリム化」と歓迎している方がいらっしゃるようですが、どうにもこうにもこの辺の動きは償還が2008年12月4日に迫っている2500億円もの転換社債の為に、少しでも売れるものを売っておこうという動きでしかないと思われるわけで、平たく言えば「売れると思って借金して大金つぎ込んだが、失敗したので買ったものを売って返済する金を集めている」という感じですね。

それでもまだ「今後は(Cellの)開発に特化」とか仰ってるようですが・・・今のソニーにそんな悠長な事する暇あるんですかね(笑)

投稿者 akindoh : 14:12 | コメント (0) | トラックバック

2007年10月01日

QPK

ちなみに表題の元ネタはQBK、そして意味は「急にPSPが来たので」。

PSP

中古で約1万円の美品でした。もちろん旧型(笑)

投稿者 akindoh : 22:40 | コメント (2) | トラックバック

2007年09月20日

PS3に「前世代の機能」である振動するコントローラー発表、他

ちと事情により多忙な為、簡単に。

本日より開催中の「東京ゲームショウ」にてSCEの平井社長による基調講演が行われたそうで、GAME Watchによりますとその内容は主に以下の通りだそうだ。

やる気あんのかよSCE。

川西氏 それは全くないですね(笑)。

最初のは別に今更の話(GBAとGCでは実現済みだし構想だけならDSとWiiは既に発表済み)だし、「DUALSHOCK 3」なんて「かなり精度の高いセンサーを搭載しているので振動すると正しく検知出来ない」とか大嘘ついて訴訟の件(敗訴和解)を誤摩化してたのは周知の事実だし、「Home」なんてクローズβが全然開発進んでいないなんて噂話もあるし、本体の値下げ無しに至っては最後のチャンスを逃したようなもんだ。

ゲームソフトのラインナップ強化と同時に値下げに踏み切ればまだ牽引力あったかもしれんが、本体の普及に二の足を踏まれている状態をこのまま続けてもジリ貧になるだけじゃないのか?

Cellの一件といい、PS3「終わりの始まり」としか思えん。

投稿者 akindoh : 22:21 | コメント (2) | トラックバック

2007年09月15日

ソニー、PS3心臓部のCELLの生産から撤退、生産設備を売却

asahi.comによりますと、ソニーはCELLの生産設備を東芝に1000億円で売却するそうだ。

 ソニーが、ゲーム機のプレイステーション3(PS3)の心臓部に使う「セル」など最先端半導体の生産から事実上撤退し、その製造設備はセルを共同開発した東芝に来春にも売却する方向で交渉していることがわかった。売却額は1000億円程度とみられる。ソニーはセルの新たな用途に展望が持てず、多額の生産投資を回収しきれないと判断した。
(中略)
 ソニーは、東芝、米IBMと共同開発したセルに対し、06年度までの3年間で約2000億円を投じたが、次世代の線幅45ナノメートル(ナノは10億分の1)の用途がゲーム機以外に開けていない状態だ。ソニーは、セルの開発を続けるが、自前で部品生産までを手がける体制を見直し、次世代テレビなど映像・音響機器に力を入れる。

なるほど、これはソニーにとってはグッドニュースですね。

SCE及びPS3にとってはこの上ないバッドニュースですが。

ただ今回のニュースで私が再認識した部分は「CELLへの投資は3年間で2000億円」というところですね。私はずっと5000億円だと勘違いしていました。んでまぁ調べてみたらNIKKEI.NETの記事で・・・

06年度までの3年はPS3に使う「セル」などゲーム用半導体に投じた約2000億円を含むおよそ5000億円を投資したが

とあり、CELLだけでは2003年からの3年間で2000億円、その他の半導体も含めて合計で5000億円だったわけですね。ただこれもこのニュースの時点で5000億円を3000億円に縮小しているわけですね。

閑話休題。本題のCELL生産設備売却についてはどう考えてもPS3事業にとっては良い話では無い。例えば「後藤弘茂のWeekly海外ニュース」にも書いているが、PS2の時はマイクロプロセサ「Emotion Engine」とグラフィックス描画回路「Graphics Synthesizer」という心臓部の半導体を自社生産する事でコストダウンが可能になり、それがハードの値下げを可能にし、さらなる購買欲への牽引となったわけですがPS3ではそれが事実上不可能になったという事になり、PS3普及のカギの1つである「ハード値下げによる普及促進」が難しくなったと言えるわけです。

確かに東芝が今後AV機器等でCELLを多用し、その結果大量生産となりコストダウンすればPS3値下げも不可能では無いですが、かつてソニーのテレビ事業部門の幹部が「消費電力を450ワットまで切り詰めた液晶テレビに、70ワットも食うCellを搭載できるはずはない。自分の目の黒いうちは絶対に採用しない」と言い切った程ですからねぇ(週刊ダイヤモンド2006/9/30号にて)

確かに東芝はCELLを共同開発している都合上、一応テレビへのCELL搭載を言及していますが・・・2009年の予定だし、それまでにどうなる事やら。

むしろ現状のままではPS3の理想的な値下げは不可能、という事で終わるでしょうね。やるなら無理して値下げ(笑)

投稿者 akindoh : 15:43 | コメント (6) | トラックバック

2007年08月23日

Wiiが次世代機No.1ハードの座に

VGCHARTZ

Video Game Chartz」の調べによるものですが、8/19時点での集計結果として全世界での販売台数でWiiが1057万台に達し、Xbox360の1051万台を抜き次世代機トップに踊り出ました。スーパーファミコン以来の据え置き機でのトップ返り咲きという感じですね。

この辺についてN-Stylesさんにて色々な考察をされているんですが、その辺眺めて見て思った感想としては・・・

こんな具合でしょうかね。まずPS3についてはPS1・PS2と続く一強時代を考慮すると確かに現状は大敗とも言えなくは無いですが決して商売にならないレベルとも言えないので、かつてのファミコン・PCエンジン・メガドライブ時代のメガドライブ的なポジションとして生き残れる可能性は在るかもしれません。問題はその状況を認めて居られる程ソニーの気力(プライド)や体力(財務)が許せば、の話ですが(笑)ハッキリ言える事はPS3では久夛良木氏が思い描いていたような未来は見れないだろうという事でしょうかね。

Xbox360については兎に角日本市場が駄目過ぎですね(笑)数だけで言えば北米市場ってのはかなりのものだとは思いますが、ゲーム業界って日本と北米が両輪な関係にあると思うので、一方が駄目なままってのはやっぱり天下取れないんじゃないかなぁと。

とはいえWiiにも問題が無いかと言えばそうではなく、未だにWii Sportsが週販TOP5に出てくるってのは問題でしょう(笑)いや、確かに素晴らしいゲームなんですけど、もっと他が売れないとねぇ。まぁこの辺は別エントリにも書きますが秋タイトルにはまた幾つか面白そうなのがあるのでそっちに期待ですかね。

まぁ何にしてもWiiリモコンの発表を見た時からこの結果を待ってた身には嬉しい限りです。

投稿者 akindoh : 12:07 | コメント (3) | トラックバック

2007年07月26日

なんとソニーが今四半期より生産出荷台数から売上台数に発表を変更!

PLAYSTATION 3(60GB)

つい先日生産出荷ネタを扱ったところなのですが…AV Watchによりますと本日の2007年度第1四半期決算発表(PDF)よりソニーの代名詞とも言える生産出荷を使う事をやめ、売上ベースでの発表に変更したそうだ。これは個人的には褒めて上げたいところです。

今までは「生産出荷台数で発表しているのは、数をアキュレート(正確)に把握できるから」などと詭弁を使って現実から目を背け、また世間や株主を欺いて来た(誰も信じて無かったけど(笑))事からすれば立派な決断だと思いますよ。この2007年度第1四半期(4/1〜6/30)でのPS3の全世界売上台数が71万台である事実を直視して、次に活かして欲しいものです。

余談ですが、昨日発表になった同期の任天堂(PDF)は各種マスコミ等の報道の通り見事な上方修正でして、Wiiの同期全世界売上台数が343万台と5倍近い勢いなのが良い参考では無いでしょうか。そのせいか、本日の株式相場にて見事な上げ具合を見せ、時価総額においてDoCoMo、ホンダ、NTT、三井住友を抜いて国内5位の時価総額を記録しました。まぁ流石にこれはちょっと分不相応だと思いますけどね(笑)

ソニーもPS3の失敗を教訓に、是非再生を果たして貰いたいものです。

投稿者 akindoh : 22:55 | コメント (2) | トラックバック

2007年07月24日

PS3「METAL GEAR ONLINE」

PS3の数少ない希望の光の1つといえば「METAL GEAR SOLID 4」ですが4を待たせる代わりに「METAL GEAR ONLINE」というのを始めるそうで、そのクローズドβの告知GAME Watchにて報じられていました。ちなみに必須環境はPLAYSTATION3です。素直にPCで出した方が良いんじゃないのかなぁ。

余談ですが米KONAMIの偉い人が「MGS4はPS3向けだが、このまま低調が続くなら考えないといけない」と日経産業新聞で答えたそうなので今回の「METAL GEAR ONLINE」の結果次第では本当にMGS4はPS3で出なくなるかもしれないのでPS3ユーザーの人はクローズドβから参加して後押しして上げた方がいいと思いますよ。

個人的にはDSで「METALGEAR Ghost Babel」の続編出してくれたら良いのになぁと。Wi-Fi対応で対戦モードとかあれば面白いと思うんだけどなぁ。

投稿者 akindoh : 20:42 | コメント (0) | トラックバック

2007年07月19日

PS3の国内販売台数が100万台突破

イザ!によるとプレイステーション3の国内累計販売台数が100万台に達したと発表されたそうだ…ってあれ?確か半年前にも同じ記事を見たような…

あぁ、今度は販売台数なのね(笑)

それにしてもおかしな話だよね。確か以前ソニーの偉い人が「生産出荷台数で発表しているのは、数をアキュレート(正確)に把握できるから」と言ってたけどさ、数は正確に把握出来ても実情が正確に把握出来ないようじゃ意味無いよね。

よーするに、約1ヵ月半(11/11から12/31までの期間)かけて46万台、その後約6ヶ月半(1/1から7/15までの期間)かけてやっと56万台。もんのすごいペースダウンだよね(笑)一応公平にWiiの方を見てみると最初の約1ヶ月で100万台、その後約6ヶ月かけて191万台。同様に発売直後の勢いからはペースダウンはしている。だからペースダウンそのものは仕方無いのでソニーを責めちゃいけないよって事で。

SCEは、高精細で実写に近い表現ができるPS3の高度な映像技術を生かした新作ソフトの拡充を進めており、巻き返しを図る。

高精細で実写に近い表現だけなら悪いけどWiiだって出来ないわけじゃない(参考)既にそんな小手先じゃ巻き返し出来ないくらいの差になってる事実を早く受け入れるべきだと思うけどなぁ。過去の歴史振り返ってもスペックが高いからってどうにかなるもんでもなく、売れてるハードにソフトは集まっちゃうもんだしユーザーもそれをまた分かってる。

このゲーム面白そうだな。まぁそのうちスーファミ(PS)で出るだろ。

こういう会話、普通にした事ある人は多いと思います(逆に、これで苦しんだマイナーマシンファンも居たと思います(笑))

近年だとこれがPS2だったでしょうね。スペックだけで見ればPS2よりGCの方が上という見解もありますが、結果はどうだったかと言えばPS2により多くのゲームが集まったわけです。そうなるとハードスペックを超えた美麗なグラフィックなんてのは結構アッサリと何とかなっちゃうもんです。もちろん面白いゲームや本格的でコアなゲームも。

この辺に気付かないウチはゲーム機としてのPS3の復権もあり得ないでしょうね。

投稿者 akindoh : 00:04 | コメント (5) | トラックバック

2007年07月18日

「PLAYSTATION PREMIERE 2007」と「LittleBigPlanet」

本当は色々書こうと思ったけど、なんか面倒臭くなったのでかいつまみます(笑)

再ローンチとか言い始めたのってマイクロソフトが最初だったかな?(MSの場合はリローンチだけど)でも未だかつてそういう仕切りなおしで成功した例って無いと思うんですけどね。そもそもが毎度御馴染み「後藤弘茂のWeekly海外ニュース」でも書いている初期戦略、これが最大のミスだったんでしょうね。久夛良木氏、そしてSCEはプレイステーションが既に1つのメディアであるかのごとくイメージしてたみたいだけど、現実は単なるいちゲーム機でしか無く、たまたまそれが一番メジャーだったというだけだったんだよね。だから当然世間は単なるゲーム機であるPS3に期待してたのに何か思ってたよりも色んなオマケがついてきて(世間が思ってたよりは)無駄に高かった。

そこに単なるゲーム機として新たな魅力を提示したWiiが登場し、DS人気と手ごろな価格で世間の興味を一気に掴んだ。もうこの時点でPS3に勝ち目は無くなったと思うわけです。かつてセガサターンと競ってた時はどちらも甲乙つけ難い流れの中で僅差のまま進んでいて、僅かに負けてたPSがFF7の発表で急加速した・・・という流れだったんですけども、今回は既に日本だけでも300万台vs100万台、世界全体だと900万台vs370万台(VG CHARTS)とほぼトリプルスコアの差を巻き返すのは絶対無理とは言いませんが普通無理でしょ。

んじゃぁ巻き返すには何が必要かというとやっぱりゲームだと思うわけですが、今回の「PLAYSTATION PREMIERE 2007」で発表された中で個人的に唯一興味を持ったのが「LittleBigPlanet」というゲーム。どういうゲームかというのはファミ通.comこちらに貼られているゲーム動画をご覧頂く方が早いかと思います(特に後者の動画)

動画見て、確かに凄いなぁと思ったし興味は持ったんですけど面白そうだなぁとは思わなかったんですよね。今回発表されたゲームの中では唯一個性的だし凡百の綺麗なだけのゲームに比べれば数万倍マシだと思いますけど、じゃぁゲームとして面白いのかどうかを考えたらどうにもこうにも答えが出ないんですよね。

SCEとしては自作ステージの配布・交換などで盛り上がって欲しいと考えてるようですけど、エディット頼りの物ってさほど流行らないんですよね。少なくともハード普及の起爆剤になる程の盛り上がりは期待出来ないと思います。そう考えると数年後に再評価されるような隠れた名作で終わる気がしないでも無いんですよね。

別にPS3だからって何でもかんでも否定する気は無いですが、年末での再ローンチなんて夢は見ない方が良いと思うなぁ。

投稿者 akindoh : 18:13 | コメント (0) | トラックバック

2007年06月21日

PS3、値下げ開始

ファミ通.com等で既報ですが、PS3に「みんなのGOLF 5」を同梱した「PLAYSTATION3 ビギナーズパック」というのを出すらしい。

みんゴル5の定価が税込で5,980円、PS3本体がAmazonでそれぞれ59,980円(60GB)/49,980円(20GB)で売られている事を考えるとみんゴル5分は2,000円という事でそれぞれ3,980円分の値引きである。過去のPSやPS2での販売方法を見ていると、次に本格的な値下げが来るであろうというのは予測されますね。まぁ無駄なあがきだと思いますけど(笑)

でもまぁ、こうでもしないと全世界でメーカー在庫190万台は捌けないですもんね(笑)仕方ない事です。

投稿者 akindoh : 18:04 | コメント (0) | トラックバック

2007年05月21日

ドラゴンボールZ Sparking! METEOR(メテオ)

ドラゴンボールZ Sparking! NEO※こちらは前作

元々はPS2で発売された「ドラゴンボールZ Sparking!」シリーズ、これの第2弾である「ドラゴンボールZ Sparking! NEO」がWiiで発売されたのは今年の1/1の事ですが、早くも第3弾である「ドラゴンボールZ Sparking! METEOR(メテオ)」が今秋発売になるそうだ。

公式サイトから、長い長いデモ(Skip出来ないなんてサイトとしてどうよ)の後、出て来た文字が…

PS2 and Wii

今年の秋になっても、まだPS3じゃないのね(笑)

投稿者 akindoh : 22:44 | コメント (2) | トラックバック

2007年04月28日

SCE最大の功労者でもあり最大の戦犯でもある久夛良木健氏、事実上の失脚へ

どんな人だったかと言うと、PS1とPS2でゲーム業界を牛耳って、そこで儲けた金も牛耳った市場も全部PS3でダメにしちゃった人です(笑)一時はソニー本体の社長候補とまで言われたんですけどねぇ…気付いたら会長職に追いやられ、今回代表権まで失いました。一応本人からの申し出らしいですけど、そうせざるを得なかったというのが実情じゃないでしょうかね。まぁ彼の功績も無い訳では無いので全てを否定しませんが(PS1時代は結構SCEに期待してたし)絶好調の任天堂に比べてSCEの惨状と来たら…まぁITmediaの記事にも出ている久夛良木健氏のコメント読めば何となく見えて来る気がします。

「4つ目のプレイステーションプラットフォームを導入し終えた今、これらのプラットフォームにより最先端の技術と全世界のクリエイターの皆様の創造力を結び付けることによって、コンピュータエンタテインメントの新しい世界を加速できたことは私にとっても大変エキサイティングな経験でした。今後はこの経験を活かし、更なるチャレンジを、SCEを離れて更に広いネットワークで加速していきたいと思います」

最後の最後まで何が言いたいのか分からないクタタンに幸あれ!

投稿者 akindoh : 00:27 | コメント (0) | トラックバック

2007年04月19日

PS3、最新システムソフトウェアで前世代の機能に対応

ソニー・コンピュータエンタテインメント ワールドワイドスタジオのプレジデントPhil Harrison氏曰く振動は前世代の機能」だそうですが、その前世代の機能にPS3が対応したそうだ。AV Watchによりますと・・・

 PS3用の最新ソフトウェア バージョン1.70では、新たにPLAYSTATION Store(PS Store)からPlaystation規格のソフトウェアをダウンロードし、PS3でプレイ可能となった。従来はPS Storeから購入できるのはPSP用ソフトのみだった。なお、PS3でプレイ可能なゲームは、4月26日よりPS Storeで提供予定としている。

 また、PS/PS2ソフトの周辺機器で振動機能が利用可能となった。

という事なのだが、この周辺機器で、というのがポイント。というのもSCEのサイトによると・・・

PS3は従来のPSおよびPS2用コントローラ端子を搭載していません。そのためコントローラ端子を使用するすべてのPS/PS2用のコントローラは接続できません
PS3でPS/PS2規格ソフトウェアをお楽しみいただくときはワイヤレスコントローラ(SIXAXIS)を使用します。
※ワイヤレスコントローラ(SIXAXIS)は振動機能を搭載していないため、PS/PS2規格ソフトウェアの振動機能には対応していません。
※PS/PS2規格ソフトウェアの振動機能の有無はソフトウェアのパッケージにてご確認いただけます。

まずこう書いてあるので従来のデュアルショック等は使えません。また繋げるようにする製品も(PS3用としては)ありません。んじゃ今回のアップデートはどういう事かと言いますと・・・

PS3では、USB機器によってはPS2規格ソフトウェアで動作していたとしても正しく動作しない場合がございます。詳しくは、各USB機器メーカーへご確認下さい。
※ただし下記USB機器に関しましては、PS3 システムソフトウェア バージョン 1.70 へアップデートすることにより振動機能やフォースフィードバック機能もあわせて動作いたします。

  電車でGO!コントローラ TYPE2 /(株)タイトー
  電車でGO!新幹線専用コントローラ /(株)タイトー
  フライトスティック2 /(株)ホリ
  GT-FORCE Pro /(株)ロジクール

ええ、公式にはこの4つだけが対応します。たったそれだけの事です。以前私は「まぁどういう形で振動対応版を出しても、笑われるか混乱を招くかであまり良い結果は生まない気がしますけどね(笑)」と書きましたが、今回のアップデートは間違いなく混乱を招くでしょうね。そうそう、PS3発売前に久夛良木氏がこんな事言ってましたね。

【Q】 PCのように、年々、スペックを拡張していくことも考えられるのか。

【久夛良木氏】 1年ごとに、コンフィギュレーションを(拡張して)出してもいいと思っている(笑)。冗談ぽく言ってるけど、Dellならやるだろうし、Appleでもやるだろう。PCなら、2年も(スペックを)置いておいたら追いつかれちゃう。コンピュータはどんどん変えていくものでしょ? (HDDも)絶対60GBじゃ足りなくなるし、メモリだって足りなくなるかもしれない。色々な可能性がある。

というわけで今年11月までに、内蔵HDDも大容量にして、振動機能を新たに搭載したSIXAXIS2を含めて、システムソフトウェアのバージョンを2.0(SIXAXIS2によるPS3ソフトでの振動機能対応)にして、プレイステーション3(ver2.0)を出すんじゃないかと思います(笑)

もちろん、いい笑い者になるだけだと思いますけどね(笑)

追記:
もちろんシステムソフトウェア2.0を適用し、別売のSIXAXIS2を買えば現行PS3でも対応、という展開も予想されますけどね(笑)

投稿者 akindoh : 15:45 | コメント (0) | トラックバック

2007年03月20日

カプコンの次世代機戦略色々

GAME Watchにてカプコンが同社の看板タイトルの1つである「デビル メイ クライ 4(以下、DMC4)」を「PS3」「Xbox360」「WindowsPC」のマルチプラットフォームで発売するとの発表を行ったという報道があった。

デビル メイ クライ 4(仮称)

FF13等の超ビッグタイトルに比べれば、DMC4がマルチ化するインパクトはそう大きく無いとは思う。しかしながら、これを「カプコンの、PS3からの緩やかな撤退の始まり」と見ている人は多いようで、撤退とまでは行かないものの、明らかにPS3へ注力する割合を減らす事になるだろう。そしてPS3に比べてXbox360を選ぶ事の理由にはなっても、その逆になる事は無いと思われる。

もしFF13とメタルギアソリッド4がPS3オンリーではなくマルチプラットフォーム化したら、その時PS3は間違いなくマイナー機のポジションが決定する事だろう。

さて、同じカプコンがWiiに対して発表したのが「宝島Z(仮称)」である。なんとなくゼルダっぽいという声もあるが(笑)個人的には結構面白そうに思えた。おそらく数年後には「大ヒットしなかったものの、Wii初期の注目タイトルの1つ」と呼ばれるんじゃないか、という気がしているのだ。

あとは個人的にはモンスターハンターシリーズがWiiに来てくれたら文句は無いんだけどな(笑)Wiiリモコンでやってみたいし。

投稿者 akindoh : 17:00 | コメント (5) | トラックバック

2007年03月08日

PS3の新サービス「Home」とGAME3.0

えーと、先に書いとくとWeb2.0とかGAME3.0みたいな戯言は大嫌いです(笑)後の世になって便宜上の分類分けの意味でこういうのを言うのは良いんですけど、あたかも将来の技術みたいに言って誤魔化してるような言い回しは正直嫌いです。というかWeb2.0とか言ってる人って凄く胡散臭い気がしません?

そんなGAME3.0を提唱するソニー・コンピュータエンタテインメント・ワールドワイドスタジオ社長フィル・ハリソン氏が、GDC2007の基調講演にてPS3向けの新しいサービス「Home」を披露したそうだ。詳しくは以下の記事を読んで貰うとして・・・

すげー乱暴に言えば「WiiのMii+Xbox360のXbox Live!セカンドライフ」って感じでしょうか。まぁ正確に言えば例に上げたものはどれもそれぞれが完全なオリジナルのモノでは無いので「Home」がそれぞれのサービスのパクリというのは正しくないと思います。MiiはアバターだしXbox Live!やセカンドライフはコミュニティ的なサービスが既存であるとも言えます。

個人的には「Home」というサービスそのものは魅力的だし面白いサービスだとは思います。しかしそれを踏まえてもこのサービスが将来的に成功を収めるのかと言う点についてはかなり懐疑的です。

まず「Home」を投入する最大の目的は当然「PS3の更なる普及」と「常時利用によるユーザーの満足度維持」だと思います。これらの目的は現在の負けスパイラルに陥っているPS3にとって非常に達成しにくいものだと思います。それでも比較的後者は可能だとは思いますが前者はどうでしょうか。このサービスを魅力的に思ってPS3を入手したいと思う層がどれほどいるかという点もそうですし、何より最大の問題が正式なサービスインが今年秋という事です。

まだPS3を持ってない人で「Home」を魅力的に感じる人でも、秋まで時間があるとすれば「じゃぁ値下がりするかもしれないし秋まで買い控えるか」という思考に至る可能性が高いですし、また他社・・・特にマイクロソフト陣営には秋まで短くても半年もの時間があれば対抗策を立てて実行に移すだけの余裕がある事になり、このタイミングでの発表が必ずしもPS3にとってのメリットになるとは限らないわけです。そうなれば買い控え層がさらにPS3以外に流れる可能性が高くなります。

またセカンドライフ的な要素にしても、本家本元のセカンドライフ自体が騒がれてる程ではないという実態があったりする事に加え、日本ではまだまだオンラインコミュニティの形成に難がある事、北米では日本よりは抵抗感が無いものの、極論を言えばこの手のサービスは「パソコンか携帯電話か」という両極端かつ普及したインフラでもなければ爆発的な普及は望めないと思うわけです。

ただまぁ・・・色々書きましたがPS3の立場が今より悪くなる事は考えにくいので何もしないよりは何かした方が良いのは事実だと思います(笑)

投稿者 akindoh : 18:55 | コメント (7) | トラックバック

2007年03月02日

振動コントローラ特許訴訟でSCEとImmersionが和解

振動コントローラ特許訴訟に負け、ソニー大ピンチ

約1年前、このような話題をお伝えしました。おかげさまでこのエントリはネット上・・・特に2ちゃんねるでよくURLが貼られているのを見かけました。もともと2ちゃんねるが出典であるまとめ記事なだけに恐縮ですが、参考にされて結果として少しでもお役に立てているのなら幸いです。

閑話休題。上記の振動コントローラ特許訴訟について和解したとの報道がありました。ITmediaによりますと・・・

 タッチフィードバック技術を手掛ける米Immersionとソニーコンピュータエンターテンメント(SEC)は3月1日、プレイステーションで採用されている技術をめぐる特許訴訟で和解したと発表した。
(中略)
 Immersionは連邦地裁の命令により既に支払われたライセンス料に加え、損害賠償、遅延利息、費用、利息など地裁の定めた金額を受け取る。 SCEはImmersionとの合意により、Immersionの特許ポートフォリオに関して新たな権利を与えられる。

というわけで9070万ドル+α(利息その他)お支払い決定というわけですね。ちなみに本日のレートだと「9 070万米ドル = 107.41601 億円」というわけで107億円以上お支払い・・・と。まぁそれでもこれで今後はお金さえ払えばPS3でも振動が搭載可能になるので良かったんじゃぁ無いで・・・

・モーションセンサもときには面白いと思いますが、多数のゲーマーが振動があればいいと思っています。もし振動機能を求める声が多ければ、ソニーが何らかの時点でフォースフィードバックを再導入する可能性はありますか。

ハリソン:標準コントローラに導入する計画はない。振動は前世代の機能だろう。次世代の機能じゃない。次世代はモーションセンサーだ。とはいえ、たとえばハンドルのような特定ゲーム向けコントローラでフォースフィードバックや振動が採用されることはあるかもしれない。ソニーからではなくサードパーティならば。

というわけでEngadget Japaneseによりますと、SCEの偉い人は振動は古臭い、これからはモーションセンサーだ、振動を搭載する計画は無いとバッサリですね。まぁそのうち無かった事にしたり、またまたクッタリさんが以前語っていたように振動の使えるPS3コンフィギュレーションを発売って可能性もありますね。

まぁどういう形で振動対応版を出しても、笑われるか混乱を招くかであまり良い結果は生まない気がしますけどね(笑)

投稿者 akindoh : 14:34 | コメント (7) | トラックバック

2007年02月24日

「ガンダム無双」に武者ガンダムが登場するのはいいが・・・

ガンダム無双 with PLAYSTATION 3(60GB)

なんでも「ガンダム無双」に武者ガンダムが登場するようで、その事が電撃オンラインでも報じられていたのだが・・・

発売直前になって、ついに登場が明らかになった武者ガンダム! 出展が「SDガンダム」なだけに、これまでゲームなどで登場したときはすべてSD等身だった。リアル等身で描かれるのは本作が初めてとなる。

嘘付くな。

事実上バンダイの御用雑誌である電撃ホビーマガジンを擁するメディアワークスがその程度の認識かよ。Wikipediaにもキチンと書いてあるが武者ガンダムのオリジナルは漫画「プラモ狂四郎」で、そのオリジナルはリアル等身だ。どうにもSDガンダムの武者ガンダムがオリジナルと思われてるような誤解は納得出来ん。そしてそれよりもムカついたのが・・・

久夛良木氏は「スピーチするとき、モビルスーツを着こむのかと思ってた。もしそうなら、必ず衣装を持ち帰ろうと思っていた」と自身もガンダムファンであることを明かしていた。

PS3大苦戦だからってガノタに媚売りか。

というかこの発言、なんか「モビルスーツ」だから人が着込むモノと勘違いしてる気がするんだが。百歩譲って仮に最低限の知識があったとしても現在56歳のクタがガンダムファンとは笑わせる。100%無いとは言わんがかなり苦しい。どう考えてもリップサービスだと考えるのが自然だ。

ま、あれだ。売れると良いね「ガンダム無双」、期待してないけど(笑)

投稿者 akindoh : 12:04 | コメント (0) | トラックバック

2007年02月05日

「ガンダム無双」の動画で爽快さを感じますか?

ガンダム無双


 “かつてない爽快さ”を追求したガンダムと無双のコラボレーション作品が、プレイステーション 3をプラットフォームとして3月1日に発売される。開発をコーエーのω-forceが担当し、販売をバンダイナムコゲームスが行う本作は、無双シリーズのように何千と押し寄せる敵をあえて銃器ではなく、得物で戦うスタイルを中心としている。この度、まったく新しいガンダムの魅力を引き出した「一機当千の爽快感」を、目で確認できる動画の配信が公式サイトで始まった。

これはITmediaの記事でして・・・公式サイトの動画を見たんだが確かに爽快感はあるんだろうけどハッキリ言って気持ちが悪かった。どこの世界にこんな密集戦闘をする兵器があるのかと。地上をわらわらとうごめくザクやドム、宇宙空間で艦隊と共に集団で漂うザク・・・リアリティのかけらも無く雲霞のごとき光景は面白そうという感想よりも「気持ち悪い」と言う感想しか出なかった。

従来の無双シリーズの流れで言えば確かにこんな感じになるんだろう。そこが無双シリーズのキモでもあるし、私も従来の無双シリーズが悪いとは思わない。むしろあれはあれで面白そうと思う。ただ何でリアルロボットアニメの代名詞とも言えるガンダムで無双をやろうなんて思ったのか、その神経を疑う。

ただし、動画の中で唯一「ゴッドガンダム」だけは違和感が無かった。それは元の作品(アニメ)の中でもデスアーミーの大群相手に戦う描写があったからだと思う。だから別に人型巨大ロボだから駄目だと言わない。でもな、初代ガンダムの、Zガンダムの、ZZガンダムのどこにそんな描写があった?これが許されるのなら「おいでよガンダムの森」でも出してくれと言いたい。

このゲームが売れた日にゃ「ガノタは馬鹿だから何でもガンダム付けりゃ売れる」と舐められるのが落ちだ。

投稿者 akindoh : 17:47 | コメント (2) | トラックバック

2007年01月31日

ソニーのゲーム分野苦戦・・・というかもう駄目でしょ

ソニーの2006年第3四半期(10月〜12月)の連結決算発表(PDF)されたそうだ。その事についてITmediaでも記事になっているが非常に面白い。

まずゲーム部門が542億円の営業赤字である事実、これは678億円の営業黒字だった前年同期比だとマイナス1220億円である。もちろん高級なレストランこと「PS3」の投入によるモノで仕方ない部分はあろう。ただ折角映画部門は262億円、金融部門は255億円のそれぞれ営業黒字を出しているのにも関わらずその両者の利益をゲーム部門だけで完全に食いつぶしている。それでも今後V字回復して莫大な黒字を生み出すのなら致し方ないとは思うが・・・はたしてどうだろうか。

今後ソニーゲーム部門の主力商品は間違いなくPS3だろう。そのPS3はこちらの資料(PDF)によると発売直後であるこの第3四半期での生産出荷台数は国内で81万台である。以前もお伝えした通り国内販売台数は約46万台であるので消化率は約57%というところだ。第3四半期・・・よーするに新発売から1ヶ月半しか経ってないのに第3四半期だけで既に市場在庫は35万台も存在する事になる。

さらにPSPはもっと悲惨で、北米での生産出荷台数ですらたった1万台なのだ。前期である第2四半期(2006年7〜9月)には200万台の生産出荷をしているのに、だ。これはどういう事かと言えば売れ残って余ってるから流石に生産出荷すら出来なかったという事が容易に推測出来る。

まぁそれでも現状がこういう状態なだけで、舵取りさえしっかりしていれば・・・とは思えるのだがそこも不安なのがソニー。実際記事の中でも・・・

 生産出荷台数とは工場から出荷された数で、実際の販売数ではない。任天堂と同様に販売台数を公表するべきではという指摘もあるが、同社の大根田伸行CFOは「生産出荷台数で発表しているのは、数をアキュレート(正確)に把握できるから」と説明した。
(中略)
 大根田CFOは「生産出荷だとアキュレートな数字がとらえられる。セルスルーだと調査によって数字が変わってしまう」と生産出荷で開示するメリットを説明。今後販売台数べースでの発表を行うかについては「お約束できない」とした。
(中略)
 PSPのてこ入れ策としては「いくつかの案を検討している。PSPをあきらめるつもりはない」(大根田CFO)とした。また「PSPの72%減は生産出荷台数ベースで販売ではない。特に欧米では好調に売れている」と湯原隆男SVPがコメントした。

都合の良い時は生産出荷台数、都合の悪い時は販売台数って使い分けしてるようじゃぁおしまいですよ。そしてこの一連の流れを見れば容易に察しがつくのですがソニーもほぼ正確な販売台数を把握しているわけですよ。

これは私の経験上の話なのですが、かつて在籍していた某中堅ゲームソフトメーカーですら自社の新作タイトルが発売された直後は小売店にFAXで販売数調査してましたよ。同じ日に発売された、自社タイトルを含めたいくつかのタイトルの販売数を書いたFAXを送り、そこに数を記入してもらって返送してもらうという具合でした(協力してくれている店舗には新作リリースや販促品の送付等のお礼)

そんな中堅ソフト会社レベルでもそこまでやってたわけですし、また当時、懇意にしていたセガの中の人からはセガが独自に調査していた販売実績調査の結果を見せて貰った事もあります。当時のセガはまだハードメーカーだった頃なので当然ハードメーカーならやっていて当然ですし、またその調査は某社のそれとは比べ物にならないほど詳細なモノでした。

当時のセガですらそうなのですから自前の流通まで持っているソニーが販売台数を把握してないわけが無いですし、仮に把握してないとすれば間抜けもいい所です。それでも生産出荷台数で誤魔化してるうちはPS3の惨状を打破出来るとは思えないんですけどねぇ。

第4四半期にはどんな言い訳が待っているのか、今から楽しみではありますが(笑)

投稿者 akindoh : 13:30 | コメント (6) | トラックバック

2007年01月22日

とうとうAmazonでもPS3(60GB)が値引き開始な件

59,980円

今日もAmazonでPS3(60GB)が売っている…もう見慣れた光景だ(アカンがな(笑))

いや、問題なのはそっちではない。昨年末の時と比べて欲しいのだが・・・60GB版はオープンプライスとは言え、昨年末は62,980円で売られていた。事実上の定価とも言える販売価格である。実際発売当初はどこの店でもそうだった。しかし売れ行きにブレーキが掛かり始めた昨年末から値下げを始める店が出始めた。その時の値段が59,980円である。

年が明けてからもブレーキは続いていたようで、全国的に有名な仙台初売りでは3000台ものPS3が売れず、急遽値下げしたが売り切れにほど遠かった。その時の値段も59,980円であった。

そして今日、Amazonでも59,980円で売られていた。まぁそれでもドンキホーテで1万円も値引きされて投げ売りされる20GB版よりはマシなのかもしれない(笑)ただ時間の問題だとは思うが。なんせ魅力的なゲームが無い…あ、そうそう。注目タイトルと言われてる「ガンダム無双」ですけどガノタの俺でも興味無しです、はい(笑)

"ガンダム無双" (バンダイ)

ソニー陣営はWiiに「脳トレ」「おい森」級のキラータイトルが出る前に何とかしないと本当に潰れるぞ会社ごと。

投稿者 akindoh : 22:37 | コメント (7) | トラックバック

2007年01月17日

PS3の国内生産出荷台数が100万台突破

ちょっと待て、みんな何か勘違いしてないか?

ITmediaによるとプレイステーション 3の国内累計生産出荷台数が100万台に達したと発表されたそうだ。確かにSCEのプレスリリースにもそう書いてある。そう、あくまで生産出荷台数だ。この「生産出荷台数」という言葉なんだが、サイト「PSPから見るSCEと久夛良木の歴史」にある用語辞典から引用すると・・・

生産出荷台数
農家とソニーしか使用していない専門用語。生産拠点から出荷した台数のこと。
農業製品は倉庫に寝かせておくわけにはいかないので生産出荷=市場に出荷と見て間違いないが、ソニー定義では生産拠点から倉庫に移動した場合でも生産出荷台数とカウントされる。
また、公式発表による生産出荷台数とリサーチによる販売台数が掛け離れており、結局のところ生産台数と同義語。

よーするに、まだ売れて無くてもカウント出来る魔法の数字なのだ。要するに幾らでも水増し可能な数字で意味が無いのだ。贔屓目に見ても大本営発表(SCEによる数字の発表)なので信憑性はかなり疑わしい。

一方、Wiiの方はというと同じくITmediaによると・・・

 ゲーム情報誌を出版するエンターブレイン(東京都千代田区)は9日、任天堂の新型家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」の国内販売台数が、昨年12月2日の発売からほぼ1カ月で100万台を突破したとの推計を発表した。
 ライバルのソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション(PS)3」は昨年末で約46万台にとどまっており、序盤ではWiiが大きくリードした。
(中略)
販売台数は国内3500店の販売データを基にエンターブレインが推計した。

こちらも推計ではあるが第三者による発表で、しかも販売台数である。当然ユーザーが小売店から購入した数値である。

そして記事中にもある通り、PS3の国内販売台数は昨年末の時点で約46万台である。約1ヵ月半(11/11から12/31までの期間)かけてやっと46万台なのにそれから約半月で生産出荷100万台の発表・・・仮に同じペースで売れてたとして(ありえないけど)半月なら15万台しか売れて無い事になり、現在市場には約40万台近いPS3の在庫が存在する事になるのだ。仙台ヨドバシの3000台なんて可愛いもんですな(笑)

だが昨日の報道を見ていると、どこもかしこも「PS3が100万台出荷」と報道していて正直失笑した。まぁそれがSCEの狙いなんだから仕方ないと言えば仕方ないが、どうにかして約1ヶ月で100万台販売したWiiに対して、約2ヶ月過ぎた今でも100万台販売の報道が無いPS3のイメージを何とかしたいんだろう。でもなぁ・・・もうそんなレベルじゃねぇぞ!SCE何とかしろよ(笑)

イメージ戦略より販売戦略練り直す方が先だと思うよ、クタタン。

投稿者 akindoh : 09:11 | コメント (8) | トラックバック

2007年01月10日

ガセビアの沼「PS3のSIXAXISがエミー賞受賞はガセ」

お詫び:「PS3のSIXAXISがエミー賞受賞」は嘘 - Engadget Japanese
あまりの展開に、この記事読んで大声で笑ってしまいました(笑)要約するとこんな流れです。

  1. ソニー コンピュータエンタテインメント アメリカ(SCEA)がPS3のコントローラー「SIXAXIS」がエミー賞を受賞した公式発表
  2. ところがHydrapinion.comが米テレビ芸術科学アカデミーに問い合わせたところ受賞したのは任天堂の十字キーとPS2のコントローラー「デュアルショック」の両者
  3. その理由としてはジョイスティックの次の世代のゲームコントローラの世代をそれぞれ築き上げたため。
  4. そしてSIXAXISはそもそも賞を受けておらず「ソニーの発表が誤り」との事。

ね、声出して笑わずに居られないでしょ?(笑)まぁSCEAはヤラセを自白する程の正直な会社なので、今回も「ゴメン早とちりで間違えちゃった、メンゴ」くらい言ってくれるかもしれません。それにしてもEngadget Japaneseの〆の言葉が・・・

ソニーから公式のチャンネルを通じて発表されたニュースリリースなら信用できるだろうという予断が失敗でした。次からソニーの公式発表がソースの場合は「(ただしソースはソニー)」と但し書きをして信憑性のほどを示すようにしたいと思います。

あまりにも酷すぎます、だから俺も真似しようっと(笑)

投稿者 akindoh : 16:51 | コメント (0) | トラックバック

2007年01月02日

2007年は“PS3時代”だそうだ

新年早々愉快なCMで幕を開けさせて頂いた。「プレイステーション3」の新CMだ(ご覧になってない方はこちら)曰く、2007年は“ハイビジョン時代”で“ブルーレイディスク時代”で“エンタテインメント専用ネット時代”で“「世界でひとつ」のゲーム時代”で“PS3時代を宣言します。”だそうだ。まぁ確かに2006年は惨敗でしたもんねぇ…12/30に入荷したのに1人しか並んでなかったりね。

で、2007年がPS3時代になる根拠は?

そんな事してる間にもう一方の任天堂は「Wii」の新CM明石家さんまを起用したり、写真チャンネルでの一家団欒を見せたり、新春のTV番組で「お年玉争奪!Wiiボウリング大会」とか芸能人でやらせて市民権を得始めてたりしてるんですけど良いんですかね。私も昨日親戚とおせちをつついてる時に両方のCM(PS3時代CMとさんまCM)が流れたけど話題に上がったのはWiiだけでしたよ?…まぁWiiリモコンで液晶TV破壊って話でしたけど(笑)でもPS3なんてスルーですよスルー。

もうPS3じゃなくて“マケボノ”に名前変えたら?なんか似てるよポジション(笑)

投稿者 akindoh : 09:41 | コメント (3) | トラックバック

2006年12月27日

またAmazonでPS3が余ってる件

えーと、左が20GB、右が60GB…何でも20時頃から4時間過ぎた今でも両方新品定価で在庫有りでございます。今回は何時間で捌けるんでしょうね。

なんだか死者に鞭打ってるような気分になるのが嫌だなぁ(笑)

追記:
翌朝09:00を過ぎてもまだ在庫ありです。

さらに追記:
その後、22:30頃にようやく60GBは売り切れましたが、12/29朝になっても20GBは在庫有り・・・

投稿者 akindoh : 23:54 | コメント (6) | トラックバック

2006年12月25日

5時間以上、AmazonでPS3(60GB)が余ってる件

2ちゃんねるに「普通に、PS3(60GB)がAmazonで買える件について」というスレッドが立ってたので見てみた。

AmazonのPS3

これは今朝07:46に自宅で撮影したスクリーンショットであるが、その後09:12を回った現在でも売り切れては居ない。スレッドが立ったのが04:12なので既に5時間以上在庫有りの状態である。こんなのDSやWiiじゃ考えられない事態だ。まして世間でよく見かけるのは廉価版である20GB版であり、普通のPS3である60GB版でこの状態は私も初めて見た。

しかも利用者が深夜早朝に関わらず多い事で有名な2ちゃんねるでスレッドが立ってるにも関わらずである。PS3は苦戦してると言う話は見聞きしていたが、正直ここまでの惨状を目の当たりにするとは思わなかったので驚いている。年内に失速するようじゃぁもう駄目だろ。

据え置き次世代機は完全にWiiとXbox360の勝負になりそうだなぁ・・・

追記:
(12/25 2時28分) 【 販売開始 】 Amazon PS3(60GB)
(12/25 2時26分) 販売終了.(ごく短時間) Amazon PS3(60GB)
(12/25 2時24分) 【 販売開始 】 Amazon PS3(60GB)

他のスレを見てたらどうも02:28からずっと在庫有りらしい。それなりに売れているようだが9時間経った今(11:28)でもまだ在庫有り。いつ売り切れるのやら・・・

さらに追記:
約10時間経過した12:20頃にやっと売り切れた模様。

投稿者 akindoh : 09:21 | コメント (0) | トラックバック

2006年12月05日

SCEのみなさんにパクってもらいました

自前で比較広告(しかもWii寄り)ですか?

真剣に聞きたいんですけど、この映像見て「うわプレイステーション3面白そう!」と思った人が居たら教えて下さい・・・良い病院紹介しますから。元広報の立場で言わせて貰いますけど、なんでPS3のウリである美麗なグラフィックを一切見せないでやってるんですか?

Wiiの場合は独自の操作性と、それによるプレイヤーの体感性、一体感のようなものを感じさせるべく、プレイ画面もインサートしつつ遊んでいる人を見せるから効果的なんであって、それは何よりWiiのウリを理解しているからこそ見せるポイントを理解しているわけですよ。一方PS3の場合は、見せるべきは遊んでいる人ではなく圧倒的に美麗なグラフィックであり、まずそれを実際に見せないで・・・

オーすごいじゃん
すごい
すげぇ
やっぱぜんぜん違うねぇ
すげぇ
すごい

何が凄くて何が違うんですか?(笑)こないだの寝ずの作業といい、広報は真面目にやってるのか?お前らちょっと俺と代わ・・・ゴメンなさい、SCEは結構です(笑)あそこ昔からプライドばかり高くて何も出来ない人の集団って言われてましたもんね、仕方ないですよね。

他にもインテリアショップの店員が「インテリアとして置いてもいい」って・・・俺そんなセンスの店は絶対に嫌だ(笑)とにかくことごとく迷走しまくってます。玩具じゃないですよ、ゲーム機じゃないですよ、ハイセンスなコンピュータですよ、と身のほど知らずに背伸びしてるようにしか見えないんですが。

何か最近、SCE社員が総がかりでソニーグループ潰したいんじゃないかと思い始めてきましたよ(笑)

投稿者 akindoh : 10:34 | コメント (3) | トラックバック

2006年11月30日

PS3ファイナルカウントダウン

※本作品は本場の雰囲気を楽しんでいただくため、言語や操作方法等アメリカの仕様そのままの内容となっております。

コレは1月発売予定のPS3用「NBA07」の公式サイトにある文言だ。色々言い訳を書いているがどう見ても弾数(ソフトウェアラインナップ)が少ないのを誤魔化す為に必死で、急いで追加するには日本語化している時間が無いというのがミエミエである。どこの世界にUI(ユーザーインターフェイス)までそのままで日本版として売る馬鹿が居るというのか。

確かに本場の雰囲気というのは大事だ。私自身もWizardryが好きで、プレイする時はいつもモンスター名・アイテム名・魔法名など全て英語表示を選ぶ。でもメッセージだけは日本語で必ずプレイする。悲しいかなネイティブのように英語が得意なワケでは無い。普通に母国語は日本語だ。当たり前だが日本語が一番理解出来る。となれば普通に日本語メッセージじゃないととてもじゃないがプレイ出来ない。
(最近、エントリにコメント頂く台湾のbanさんのように、他言語でのプレイまでしている方は本当に凄く尊敬します)

本場の雰囲気を味わうにしてもここは日本だ。当然プレイする人の大半は日本人だろう。その中のどれくらいの人がUIまで英語で、困らずにプレイ出来るだろうか?

もちろんRPG等と違ってメッセージは多くないし、メニュー等の簡単な単語は容易に理解出来るか、位置などで覚える等していけばそのうち困らなくなるのは分かっている。実用上は大きな問題では無いという事も分かる。ただこれはそういう問題では無い。ゲームの中で発生するイベントや戦闘等で困るのは乗り越える楽しさがある困難だ。これは良い。だがUIの出来不出来というのは容易に楽しむ為に邪魔な困難なのだ。そういうのを押し付けられて楽しいわけが無い。

まぁ仕方ないのだろう、今のPS3はそこまで余裕が無いのが現状だ。電撃オンラインによるとPS3の国内販売数は11/19時点で累計12万台に留まっている。約3週間経過した現在でも15万台という噂だ。その上廉価版といわれた20GB版が入荷しても完売しないという事例があるそうだ。実際これはローカルな話題になるが、友達から「ドンキホーテで定価で売ってるのを見た」とか「60GB版探していろいろ店を回ってたらどこでも20GB版は在庫があった、しかも定価で」と言う話しをよく聞く。

まぁ廉価版はどうやっても現状では無線LANが追加出来ないので敬遠されてるのだろうというのは容易に想像がつくが、それにしてもあれだけ高値で転売されていた人気は何だったのか?と思いたくもなる。

そんな中、あさってにはWiiが発売となる。噂される国内の初回出荷台数は40万台だ。既に最初から倍の差がついてしまう事になる。このままのペースで行けばその差は広がる一方だ。いくら両者は異なるタイプのゲーム機だと言っても両方売れるわけが無い。ユーザーはそこまで金もヒマも無い。じゃぁどうなるか、答えは簡単だ「面白そうなゲームが沢山ある方を買う」これが普通だ。

そして面白そうなゲームが沢山揃うのはどういうハードか・・・当然一番売れているハードだ。分母が大きければ大きいほど分子が小さくても売上が見込めるわけで、普通は分母(ユーザー数)の多いハードにゲームを出そうとする。特別な事例を除けばこれがソフトメーカーにとっては当たり前の戦略だ。いくらハードが良くていろいろな表現が出来るとか言っても、数が見込めないのに時間とお金をかけてソフトを開発する会社は無い。

もちろんPS3自体に魅力があれば、高価で高度なハードゆえに発生している出荷数の少なさをカバーして、一番売れるハードになりえるだろう。だが個人的意見を言わせて貰えれば無理だろうと思う。今までのゲーム機のベクトルで行けば間違いなく最高水準だと思うが、そのベクトルの市場はどんどん先細りしているからだ。

その辺を考えると現状でその可能性があるのは間違いなく「Wii」だ。もちろん発売前故にあくまで私の予想でしか無い。ただソニーも同様に考えて焦っているのであろう。だからこそ「NBA07」を英語版そのままで出すなんて暴挙に出たのだろう。そうまでして何とか弾数をそろえ、少しでも魅力あるハードとユーザーに思って貰いたいのだ。

ファイナルカウントダウン・・・プロレスラー、アントニオ猪木が引退するにあたって行った引退までのメモリアルマッチの数々である。私には今回の英語版そのままという行動がファイナルカウントダウンの第1試合に思えてならない。

願わくば猪木の時のように「カウントダウンなのに数字上がってる、カウントアップじゃん!」と突っ込まれて長く生き残って欲しいものだ(笑)

投稿者 akindoh : 16:39 | コメント (4) | トラックバック

2006年11月15日

PS3の互換性不具合問題について思うこと

見出しや紙面に躍る不具合の文字。約8000種類あるPS1・PS2用ソフトのうち約200種類で動作に問題があるという内容だ。私のスタンスとしては”今の”ソニーは嫌いで、”今の”任天堂は好きというモノだ。だから不具合があったと言えば普通に「それ見たことか」と言うだろう。しかし正直今の一般紙報道等にはかなり疑問がある。あれではPS3のハードに問題があるようではないか。

私の記憶する限り、100%の互換性を保つ方が珍しい。いくらPS2と同じ心臓部(EE+GS)を積んでるとは言え全く同一では無い(まぁPS2の場合新型機と旧型機でも問題があるというのはこの際不問にしよう(笑))そもそも100%の互換性があると思う方がおかしいのだ。

ただ、100%の互換性があると思ってる”おかしい人”というのは客じゃない。久夛良木健とか言う頭のおかしなオッサンと、その下に居る一部の馬鹿社員の事だ。ここでCNET Japanから言動を見てみよう。

 これについてSCE広報担当者は「PSおよびPS2のソフトは8000〜9000ある。問題があるのはその一部のソフト。音が聞こえない程度であれば、我慢すれば遊べるので問題ないと思う人もいるだろう。ハードの進化による非互換の問題は他社(のゲーム機メーカー)を含めて業界として知られていること。当初から互換率は100%ではないと考えていた。(以下略)

頭にナンかワイとんのかい広報。

貴方のところのおかしなオッサンは以前「100%の互換性を初日から取ることが大事、でもMicrosoftは技術的に苦しいから出来ないだろう」と言って、あたかもPS3なら100%の互換性を初日から出来るかのようなコメントを各所でしていたんだろうが。だから一般紙や世間では「あぁ100%互換性があるはずなのに出来ないから不具合なんだな」と思うんだよ。言ってみりゃ自分で撒いた種だよ。

さらに追記部分にある広報担当者による追加コメントがもっと失笑モノだ。

PS3発売日の11月11日までにソフトの動作に対する修正をするため、我々は寝ずの作業を続けるなど、最大限の努力をしてきた

そんな事は当たり前だ馬鹿。

「我々は利用者の立場を第一に考えている」とかよくもまぁ白々しい事を(笑)「寝ずの作業」ねぇ・・・そういえばそんな台詞で逆ギレして世間の反感食った会社がかつてありましたねぇ。そんな台詞が出てくるようじゃぁ先が知れてるなソニーは。

先日も書きましたが今のソニーにはロクなソフトが無いって良い証明になりましたね。

投稿者 akindoh : 15:36 | コメント (3) | トラックバック

2006年11月11日

PS3分解記事を見て思う事

これらの分解記事を見つつ、2ちゃんねる「【分解魂】PS3分解情報総合スレ Part1」などを読んでいて思った事は・・・確かに久夛良木氏の言う通りPS3は素晴らしいハードウェアだと思う。パッと見だと16cmの巨大なファンは文字通り扇風機のようで笑ってしまいそうになるが、非常に合理的な排熱設計になってると思うし、プロードライザを惜しげも無く使ってたりマザーボードの設計も素人目にも綺麗なんだから多分ハード屋さんから見たらかなり良いモノに見えるんじゃないだろうかと思う(是非コメントお願いします(笑)>某氏)

ただ、その素晴らしいハードウェアの完成度ゆえに久夛良木氏は全ての判断を誤ってしまったのでは無いだろうか。正直こんなハードウェア作っちゃったら俺でも天狗になっちゃうだろう。だからこそソフトウェアの重要性を見誤り、ゲーム機として一番大事な要素を見失って突き進んでしまったのでは無いだろうか。

私の尊敬する人物の一人、Dr.パソコンこと故宮永好道さんの名言に「パソコンはソフト無ければただの箱」というのがあります。

PS3の場合のソフトは単にゲームソフトではなくネットワークやサービスなど、ハードウェア以外でPS3を構成するモノを指すとすれば、久夛良木氏はまさに素晴らしい「ただの箱」を作ってしまったような気がします。

素晴らしいハードがソフトの失策で敗北する・・・まさにソニーがたどったベータの道を辿らない事を祈っております。

投稿者 akindoh : 17:26 | コメント (6) | トラックバック

2006年11月09日

7年半前の久夛良木健氏

PS3発売直前という事で、日経ITproにて7年半前の久夛良木健氏についての記事が。

 インタビューの途中,久夛良木氏が語るあまりの“表現能力至上主義”に違和感を覚えた筆者は「それでゲームが面白くなるのですか。『テトリス』はグラフィックスはたいしたことはないが,ゲームとしては面白い」と言おうとしたところ,途中で発言を遮られ,

「それはステレオタイプの考え。その人はその時点で進化を止めている。新しい試みをする,エンターテインしようとする人たちに対して反論する人は,いつの時代にも必ずいるものだ」

と言われてしまいました。

最近の発言かと思いましたよ(笑)この人、7年半経ってもちっとも成長して無いんですね。表現能力が無いより有る方が良いのは当然ですが、そもそもゲームの魅力って何なのかを全然理解してないんですよね。この人にとっては単なる売り物でしか無いんでしょうね。理解する必要が無い、俺様はハード屋なんだからそんなのはソフト屋の考える事。すばらしいハードを用意すれば自然とソフトはついてくる・・・くらいなんでしょうね。

ま、これから半年くらいの間で世間が答えを出してくれるでしょう。

投稿者 akindoh : 23:23 | コメント (4) | トラックバック

2006年11月07日

初代PS3はPS2(の心臓部)をそのまま内蔵

日経Tech-On!によりますと・・・

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が2006年11月11日に発売する家庭用ゲーム機「プレイステーション 3」(PS3)には,「プレイステーション 2」(PS2)向けに開発したマイクロプロセサ「Emotion Engine」とグラフィックス描画回路「Graphics Synthesizer」が搭載されている。SCE 代表取締役 社長 兼 グループCEOの久多良木健氏が,日経エレクトロニクスの取材に対して明らかにした。
 SCEは,PS3においてCell上で動作するエミュレータを使ってPS2との互換性を確保する方針をこれまで示していた。SCEが推奨するライブラリなどを用いない一部のゲーム・タイトルの動作を保証できなかったことが,EEとGSを搭載した理由という。ただし,「すぐに取り去る」(久多良木氏)といい,比較的短期間でエミュレータによる互換性確保に全面的に移行する意欲を示した。

ま、よーするに本来PS3の心臓部であるCell使ってPS2の心臓部であるEEとGSをエミュレートしてPS2互換をやりますと言ってたけど年内発売を無理矢理達成する為にスケジュールを無理し過ぎた結果、商品に出来るようなマトモなエミュレートを完成させる事が出来なかったので、仕方なしにEEとGSはそのまま搭載して誤摩化しますよと言う事らしい。

で、そもそも春発売も、日本北米欧州ほぼ同時発売も、予定してた背面端子も、RSXのスペックも、コントローラーの振動も(あ、これは理由が違うか(笑))なーんも約束守れなかった人が「すぐに取り去る」と言ってもどこに信憑性があるんだか。

無理矢理取ってPS2互換に問題生じさせるか、面倒だからそのまま乗せ続けて有耶無耶にするのがオチでしょどうせ。それ以前に2代目PS3を作る必要性が出て来るかどうかの方が今現在危ういのにねぇ(笑)

SCEによる値下げと販売店による投げ売り、どっちが先になるかの方が正直見物。

投稿者 akindoh : 23:49 | コメント (2) | トラックバック

2006年10月16日

「プレイステーション3」Amazonでの予約受付開始報告

PS3(20GB)

昨日お伝えしたプレイステーション3のAmazonでの予約ですが、私もこっそりチャレンジして見ました(笑)この通り購入ボタンまでは見えたんですがどうにも注文が通らなくて買えませんでした。もっとも、自分で買うつもりは毛頭無いので買えても誰か欲しい人を探すつもりでしたけどね(居なきゃキャンセルすりゃいいや、と(笑))なお、知り合いは買えたようです。

それで分かった事は出荷量が10倍以上のWiiは余裕で買えそうだなこりゃと言う事ですね(笑)

追記:
なおWiiの初回出荷量は現在不明ですが、年内に400万台というコメントがあるので発売日に100万台は確実でしょう(一説には200万台とも噂されています)

投稿者 akindoh : 20:00 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月15日

「プレイステーション3」10/16(月)19時よりAmazonで予約受付開始

PLAYSTATION 3(20GB) PLAYSTATION 3(60GB)

いよいよ発売まで1ヶ月を切った安過ぎたスーパーコンピュータ高価格高性能ゲーム機である「プレイステーション3」が「廉価版(HDD20GBモデル)」「通常版(HDD60GBモデル) 」ともに、明日(10/16)19時より大手通販サイトAmazonにて予約受付を開始するそうだ。

既報通り、発売日の国内出荷数は10万台らしく、さらに噂では廉価版と通常版の比率は1:1との話なので、発売日に廉価版を購入予定の方は日本全国で約5万台という超狭き門です。予約出来る方は是非ともこの機会を狙ってみては?

まぁ私は買いませんけど(笑)

投稿者 akindoh : 17:26 | コメント (0) | トラックバック

2006年10月03日

北米市場でもPS3ピーンチ!

毎日新聞によりますと、北米でのアンケートでWiiは「おもちゃベスト15」に選ばれたんですが・・・PS3は選外だったそうだ。

 米トイザらスはこのほど、米国の子供へのクリスマス・プレゼントとして推薦する玩具のベスト15を選定した。日本勢は、任天堂の次世代ゲーム機「Wii」などが入選。ライバルの「プレイステーション3」は、やや大人向けと判断されたとみられ、選外となった。

いち玩具チェーンでのアンケート結果とは言え、北米でコレはまずいんじゃないの?(笑)

投稿者 akindoh : 17:29 | コメント (4) | トラックバック

2006年09月22日

PS3廉価版、49,980円(税込)に値下げ

AV Watch等によりますと、本日より開催されている「東京ゲームショウ2006」においてPS3廉価版の値下げが発表されたそうだ。価格は49,980円(税込)だそうだ。また廉価版にもHDMI端子を付ける事も発表されたそうな。

でもまだ高いだろ(笑)オマケに発売日の10万台のうち、廉価版の台数比率も公表されてないからPSPの時みたいに廉価版と通常版の比率が2:8とか平気でやると思うし。というか発売前から値下げっていうのが既に自信が無くなってる証拠じゃないのかな。「安すぎたかも」とか「PS3というものは他にはない」とか強気だったのにねぇ。どっちにしてもソフトやコントローラー等買ってりゃ廉価版でも6万円コースなのは間違い無いわけで。

まぁあえて好意的なコメントも書くとすれば、これでやっとWiiと勝負出来るスタートラインに立てたんじゃないかな。

・・・ただ、凄まじいハンデを背負ってるとは思いますが(笑)

投稿者 akindoh : 12:13 | コメント (0) | トラックバック

2006年09月07日

PS3、欧州では発売延期だが出荷予定は変わらないという不思議

GAME Watchによりますと・・・

 Sony Computer Entertainment Europeは、新型ゲーム機「プレイステーション 3」の欧州地域での発売を、2007年3月に延期すると発表した。
(中略)
 日本では11月11日、北米地域では11月17日に発売予定とされているスケジュールについては、変更はないとしている。また、2007年3月までに全世界で600万台を出荷するとした見込み数についても、修正は行なわないとしている。

ということで当初の見込みというのはITmediaによりますと・・・

 なお、今回のプレイステーション3は日本、北米(11月17日発売、20Gバイトモデルは499ドル、60Gバイトモデルは599ドル)、ヨーロッパ(11月17日発売、20Gバイトモデルは499ユーロ、60Gバイトモデルは599ユーロ)でほぼ同時に発売され、初期出荷を200万台、2006年末にまで400万台、2007年3月末までに600万台出荷が予定されているとのこと。

つーことらしい。でもそのうち欧州分が2007年3月まで延期された、というのが今回の発表。しかも日経ITproの記事だと・・・

発売日までに米国に40万台を出荷,その後は週に10万〜20万台で供給する予定という。

 では,SCEお膝元の日本市場はどうか。11月11日の発売時には,10万台の確保が精一杯のようだ。その後,年末までに週に10万台程度を日本市場に向けて出荷する。この結果,当初は年末までに世界市場で400万台という目標を掲げていたが,日米市場分を合わせて年内の出荷台数は200万台程度になる見通しである。

すでに200万台減ってるよオイ!

ただ、これについて久多良木氏は言い訳してて・・・

 では今後の見通しはどうか。今年度中(2007年3月末)までに世界全体で600万台を出荷するという当初の計画は達成するつもりだという。出荷開始遅れ分を取り戻すために,2007年1月からは月産120万台体制に引き上げる。「当初,公表していた2007年3月末までの量産台数は600万台だったが,社内では750万台という目標値も視野に入れていた」(久多良木氏)。つまり,月産120万台体制は実現可能だとする。

いや既に当初の予定が狂った人に「MAXのペースで生産可能」と言われて誰が信じるのさ(笑)それにしても「イノベーションにリスクはつきもの」というがPS3の存在自体が既にソニーの存亡リスクになってる事に早く気が付かないといけないとおもうんだけどなぁ。

ま、ソニー得意の生産出荷台数で達成しちゃうんでしょうけどね(笑)

投稿者 akindoh : 10:22 | コメント (2) | トラックバック

2006年09月05日

PS2が値下げ、税込み16000円に

ITmediaによりますと、新モデル「SCPH-77000」シリーズを9/15から16000円(税込)で発売するそうだ。色は黒と白の2種類なもんで実質値下げ。付属品もコントローラー1個、ACにAVケーブルという具合で、あとはソフトとメモリーカードでゲーム可能って具合ですね。

うーむ、修理戻ったらDSの予備機売って買おうかな(笑)いやね、最近「年末にWiiを買うんならゲームキューブ用ソフトを今から物色しててもいいな、となるとガンダムvs.Zガンダムが出てたからやってみたいな」とか思ってたんですけど、これがまた中古ソフトで中々出回ってないんですよねぇ。なもんで最近は探すの疲れて「もうPS2でガマンしようかな」とか思い始めてたんですよね。

まぁPS2になれば「機動戦士ガンダム ガンダムvs.Zガンダム」は勿論、年末予定の「機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合vs.Z.A.F.T.II PLUS」なんかも遊べるしな、と。他にも「キン肉マンマッスルグランプリ MAX」とかやりたかったけどハード持ってなくて遊んでないゲームも出来るなと。

中古ソフトもかなり多いし、新作出なくなっても使い物にはなるだろう(笑)

追記:

PlayStation 2 (SCPH-75000CB)


PlayStation 2 セラミック・ホワイト(SCPH-75000CW)

なんか既に現行機がアマゾンでは14800円になってるなぁ・・・買っちゃうかな(笑)

投稿者 akindoh : 17:31 | コメント (4) | トラックバック

2006年07月31日

ソニー病

"ソニー病" (城島 明彦)

昨日家族で出かけたリサイクルショップに併設されてる古本屋でこの本が半額で売ってたので思わず購入。ペーパーバックなのに美品だったのでもしかしたら新古本なのかもしれない。まだ読み始めたところだが、なかなか面白い。普通に買っても良かったんじゃないかな?と思える値段と内容ですね。

それにしても俺ってソニー好きなんだか嫌いなんだか自分でも良く分からんな(笑)

投稿者 akindoh : 23:03 | コメント (0) | トラックバック

2006年07月26日

ゲームリンクX

Wi-Fiコネクション開始以前、私は「無線LAN環境が無く、Windows2000以前の動作しているパソコンの方は無線LANルーターを買うしかない」と書いてたのですが・・・あれから9ヶ月近く経った今、既に時代は変わっていたんですね。Broadband Watchによりますと、プラネックスコミュニケーションズより「ゲームリンクX」という商品が出るそうです。

 プラネックスコミュニケーションズは、IEEE 802.11b/gに準拠したUSB接続型無線LANアダプタ「ゲームリンクX GW-US54Mini-G」を8月上旬より発売する。オープンプライスで、メーカー参考価格は3,480円前後の見込み。

 GW-US54Mini-Gは、同社が既に販売している「GW-US54Mini」をベースとしたIEEE 802.11b/g準拠のスティック型筐体を採用した無線LANアダプタ。ソフトウェアアクセスポイント機能を搭載し、無線アクセスポイントとして利用できる。同社によればニンテンドーDSからニンテンドーWi-Fiコネクションへの接続を確認しているという。

GW-US54Mini-G ゲーム専用インターネット接続アダプタ『ゲームリンクX』

しかもこのソフトウェアアクセスポイント機能は対応OSとして・・・

Windows XP/2000/Me/98SE

という具合になんと98SEやMe、そして2000でもOKだそうです。このソフトウェアアクセスポイント機能はつい先日(6/15)から提供開始したモノらしいですが・・・いやぁ時代も変わったもんだ。

余談ですが、ある程度知識のある人なら、これの元になった製品である「GW-US54Mini」を買って、自分でソフトウェアアクセスポイントをダウンロードして利用する事も出来ます。安く上げたい方はこっちも良いですね。

自信の無い方は「ゲームリンクX」をオススメします(笑)

投稿者 akindoh : 19:27 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月26日

「世界の重要でない10人」に久夛良木氏が選出

Engadget Japaneseによりますと、Business 2.0誌が選んだ「世界の重要でない10人」に日本人からただひとりSCE 久夛良木 健氏が選ばれたそうだ。この選出理由について2ちゃんねる「久夛良木氏、CNNの「重要ではない10人の人たち」に見事に選ばれる」スレにて意訳したものがありました。

123 名前: 番組の途中ですが名無しです [sage] 投稿日: 2006/06/26(月) 02:27:59 ID:FgbYI7Or0
超意訳。

久夛良木 健
Sony Computer Entertainment 社長

あなたはBetamaxの大失敗を覚えているだろうか?ソニーはどうやらきれいさっぱり忘れてしまったようだ。
ソニーのテレビゲーム機・プレイステーションを統括する久夛良木氏の下、ソニーは次世代ビデオディスク規格のBlu-Rayを偉大なるDVDの後継者にすべく新たなるフォーマット戦争を仕掛けようとしている。
だが不幸にもBlu-Rayをリビングルームへと導く尖兵となるはずであったPlayStation3の発売は数ヶ月に渡って延期され、しかもMicrosoftや任天堂の対抗機種に比して数100ドル以上も高価なものになってしまった。??その理由の多くはBul-Rayのような唯一無二の技術をいくつも詰め込んでしまったためだ。
そしてこの遅延と価格差はPS3とBul-Rayの双方を早くも敗者の席へと導こうとしている。
しかし問題は他にもある。詳しくはWarren Lieberfarbの項で…。

やっぱり理由はPS3とBlu-Ray。まぁ当然だろうな(笑)

追記:
ついでにサンスポの記事なんですが・・・

「(将来性の薄い)迷子のような製品でも、可能性のあるものは見捨てず続けさせたい」

と、ストリンガー会長はおっしゃってるんですが、これはやっぱりPS3の事ですか?(笑)ただねぇ・・・

「高額でリスクが伴うが、発売時期を乗り越えれば他社の安価なゲーム機は恐れるに足りない」

その発売時期が越えられない気がするんですが(笑)

投稿者 akindoh : 13:43 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月15日

PS3コントローラにはセレクトボタンが無くなって・・・

Engadget Japaneseによりますと・・・

銀座ソニーのショールームに鎮座するPLAYSTATION 3。外観的にはあまり変更されていないはずのコントローラを拡大してみると……

旧セレクト(SELECT)ボタンの場所にはSERECTボタンが!

SERECT

これはソニーが銀座のショールームをリニューアルした時に、プレス公開日の6月2日のみ展示されたプレイステーション3の試作機の写真だそうです(RBB TODAYの記事にある写真も小さいですがLでは無いように見えます)

いやはや、もはや今世紀最高のネタハードですねプレイステーション3ってば(笑)あ、一応フォローとしてSCEの提供する宣材を見る限りではちゃんとLになってますよ。だから間違いなく正式な製品でもSELECTだと思います。しかしながら仮にもショールームがリニューアルしたお披露目の、しかもプレス公開日に展示するハードがSERECTだなんて何考えてんですかね。

さて、これを受けて早速2ちゃんねるにて面白いやり取りが。

201 名前: 番組の途中ですが名無しです [sage] 投稿日: 2006/06/15(木) 01:12:44 ID:tiOfhPtj0
総帥のお言葉
誰もselectボタンだなんて言ってないじゃないw

204 名前: 番組の途中ですが名無しです 投稿日: 2006/06/15(木) 01:16:15 ID:JN7FLzhp0
>>201
マジで言いそうw
じゃあ何のボタンなんですかって聞かれたら
でもそれがプレイステーション3なんだよね(笑)

この時代に生まれてよかった! 心から、そう思った(笑)

投稿者 akindoh : 12:07 | コメント (4) | トラックバック

2006年06月14日

久夛良木氏によるCellゲーム開始?

もう無いだろうと思ってた久夛良木氏の世迷言の第4弾がありました(笑)主にPS3心臓部のCellチップの家電利用についてなんですが・・・PS3が歴史的大敗を予想されてるのに、妄想語る前に他にやる事あるだろ?(笑)まず足場固めようよ。Cellチップの応用利用なんてその後の話だろ?と基本的なところをまず突っ込んでおいて・・・

【Q】 最大手の家電メーカーであるソニー自身に伝道したのではないのか。
【久夛良木氏】 ソニーは世界をドライブする立場だからね。でも、難しい。根付いた家電のネイチャー(文化)があるから。ソニーのエレキ(電器部門)は、いい意味で家電の一員で、長い期間うまくやってきた。だから、カルチャーを変えるのはなかなか難しい。ちょっと前まで、CRTを信じていた人たちだから。

【Q】 でも、ソニーは液晶TVについては、思い切った決定をして方向を転換した。
【久夛良木氏】 そう、(液晶は)ソニーがあれだけの決定をして、がらっと変わった。僕は、その時は(ソニーの)副社長の立場で自分で提案して自分で決済した。結果は、よかった。今、(液晶が)なかったら大騒ぎですよね。

まずCRT云々の話ですが、何か家電部門が妄信的にCRT支持してたように読み取れますが、昨年日経ビジネスの記事にはこう出てましたねぇ。

 今年の春先、ライバルメーカーの担当者の間では、「シンガポールの港に、ソニーのブラウン管の在庫が積み上がっている」(ある家電メーカーの幹部)との噂が流れていた。
(中略)
 一方、ソニーには外販先はなく、「事業を分離・売却したくても売り先もない」(メリルリンチ日本証券の栗山史アナリスト)。技術を囲い込んで儲かる事業構造だったが、今では柔軟性に欠け変化への対応が遅れている

確かにトリニトロンは良かったですし好きでした。今でもあの技術そのものは悪いものとは思いません。しかしながら時代の変化についていけなくなっていたのもまた事実。まさにソニーのお家芸だった小型化の流れに乗らなかったのが最大の原因でしょう。

だからといって事を急ぎすぎてサムスンの液晶を積んでおいて「技術のソニーでござい」はねぇだろ。それをもって誇ってる久夛良木氏について「ソニーの救世主」だと心底褒める人はいるだろうか?結局ソニーの看板つけた韓国製品でしか無いわけですからねぇ・・・どこに価値があるんだか。

そんな具合で兎に角、家電についての見当違いな見識を披露する久夛良木氏。それを使う家庭の主婦などの”普通な人”がどんなものを家電に求めているのかちゃんとマーケティングリサーチでもしてきたら?と思わず助言したくなるほどの勢い。まぁそこはどうでもいいとして最後に止めが・・・

【久夛良木氏】 むちゃくちゃかけてる。電源だけでも、値段をつけて売りたくなっちゃうくらい。また、(PS3を)開けると、「げっ、ここまで入っている」って言われるだろう。

「げっ、ここまで(放熱穴が)入っている」の間違いじゃ?(笑)

投稿者 akindoh : 09:37 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月09日

久夛良木健の絵に描いた餅「PS3」

久夛良木氏の世迷言の第3弾です。ただ今回は前回前々回ほどのインパクトは無い・・・無いがやっぱり世迷言だったりします。

[Q] 日本はブロードバンド化が先行していたが、ワールドワイドの展開を考えると、構想が早過ぎたということか。
[久夛良木氏] ところが、そうこうしているうちに音楽で、アップルがe-Distributionを実現しちゃったじゃない。だから、こちらもいよいよかなと。

[Q] '99年の講演では、2005年頃にネットワークのコンテンツの時代だと語っていた。多少のずれがあるが、ほぼ予想通りか?
[久夛良木氏] まあ、そんなものだと思う。すでに、Apple Computerがここまでやっているわけじゃない。Googleだって当たり前にのように(ネットワークを)使っている。もう、目の前に来ている。ところが、Microsoftは、(Xbox 360は)ゲーム機だよと言って、ちょっと前のステップにいるんだよね。

昨日の2000ドル発言があるから、どうしてもアップルをリスペクトしての発言とは思えず、浅はかな後追いとしか読み取れない。ご自慢の「e-Distribution」構想とやらは単なる絵に描いた餅でしか無いのに、水面下で粘り強くレコード会社と交渉を進めて実現したアップルの事をどこまで分析して理解しているんだろうか。

[Q] 最終的にはPLAYSTATIONもネットワークのクライアントになるかもしれないけど、中期的には光学メディアでの配布が必要と考えているのか。
[久夛良木氏] 家庭用のTVで、これから2K1K(フルHD解像度)が表示できるようになる時に、それを十分楽しめるだけのビットコンテンツがサーバ側にあるという世界はまだちょっと難しい。だからBDは配布メディアとしては十分存在できる。
 また、産業界、流通界はそうじゃないとやっていけない。今、DVDのセールスが落ちて一生懸命次を見つけたいと皆思っているわけで、PS3は大ウェルカムだよね。フラットTV売りたい側からとってもPS3は起爆剤。でも、僕がまた、5年先みたいな(ビジョンの)話をしたら、みんな食えないじゃない (笑)
 でも、PS3の発売直後から当然のようにサーバーにつなぐ状態となったら、流れとして、そこ(e-Distribution)に行っちゃうと思う

「思う」という次元で進めちゃうんですね(笑)

そして散々謳い文句にしてたフルHD解像度を、ご自慢の「e-Distribution」ではまだちょっと難しいとおっしゃる。PS3発売当初から提供出来ないなら偉そうに言うなよ。iTunesMusicStoreは「今日からオープンします、まだ10曲しか売ってませんがインフラ整えば10万曲の品揃えにします」とか言ってたか?米国でのスタートですら20万曲だったぞ。日本版は100万曲だ。

確かにフルHD解像度のコンテンツと音楽ファイルでは差があるだろう。でもアップルは明らかに完成形になってからであり、この差は大きい。よーするにPS3でなければならないコンテンツを十分に提供出来ないような状況下ではただの寝言だ。そうもその辺を理解されてないご様子。

価格といい、戦略といい、全ての面で中途半端さが露呈してるんだよなぁPS3は。

投稿者 akindoh : 17:34 | コメント (0) | トラックバック

2006年06月08日

なんとも言えないわびしい気持ちになったことはあるかい?

“ORANGE”電気グルーヴ

表題はこのアルバムに収録されている5曲目のタイトルです。またこれは昨日お伝えした久夛良木氏の世迷言第2弾インタビューの続きを読ませていただいた私の今の心境です。何故そんな気持ちになったのか?まずは彼の発言をご覧下さい。

【久夛良木氏】 PS3は、家電としてみたって圧倒的に安い。でも、ゲーム機として見れば、じゃあPS2買おうかっていう話になる。そこには、“○○として見れば”という対象が必ずある。でも、PS3では、それがあっちゃいけない。僕らはもう、PS3はPS3と考えている

【久夛良木氏】 ゲームの(ビジネス)モデルはコンテンツとハードビジネス。もう1つ加えると、任天堂の時代はロイヤリティだった。でも、今回のPS3での僕らのメッセージはクリアだ。ハードはハード(でビジネスをする)

【久夛良木氏】 うん。ビジネスモデル的には、PS3で変わる。(コンピュータになると)ハードで損してロイヤリティでバランスを取るというビジネスモデルは成り立たない。PS3というコンピュータを皆で共有してもらい、その上で、ガンマンというかトップガンの(プログラマの)人に腕をふるってもらいたい。

この辺の発言について昨日まではどうしても「何言ってんだ?PS3は所詮ゲーム機だろ」としか思ってなかったんで論外だと思ってました。しかし彼の考えは全然こちらの予想とは違っていたんです。

【Q】 ゲーム機のモデルを抜け、Appleに近づくためには、ゲーム機としてではなく、PS3というコンピュータとして見てくださいとメッセージを打ち出す必要がある。
PLAYSTATIONをエンターテイメントコンピュータの代名詞に

【久夛良木氏】 そう。だからPS3を押し出している。PLAYSTATIONが、代名詞になるくらいにしたい

そう、彼は本気でPS3という存在を「携帯電話」や「PDA」や「TVゲーム機」や「PC」といった、他の何物でもない「PS3」という存在にしたいんだそうだ。

アホか。

もうね、怒りを通り越して哀れにしか感じなくなりましたよ。ゲーム機では無い、エンターテイメントの為の汎用コンピュータだ。その為にはオープンなものにするしロイヤリティで稼ぐというビジネスモデルにはしない。彼はそう言ってる。嘘つけ。

【久夛良木氏】 PSPが1つの例になる。日本では、任天堂さんのDSの世界が好調で、PSPは中途半端。だけど、アメリカやヨーロッパでは、PSPはコンピュータの世界に入っちゃっているから、草の根で何でも出てくる。色々なソフトウェアが出てきているし、アクセサリなども。だから、SCEIからはPSP向けにアクセサリさえ出すのやめよう、という声が社内から出るくらい。Macintoshのように、皆が好きに出すからと。PS3もそうなってほしいね。

その草の根のソフトウェアが起動する仕組みをことごとく潰していってるクセに何を言うか。日本ではPSPは惨敗って認識だけはあるのな(笑)そしてさらに

【久夛良木氏】 だから、Cellも規格をオープンにして、バルセロナ大学(スーパーコンピューティングセンター)にホスティング頼むとかしているし。Harrison (Phil Harrison氏。President, Sony Computer Entertainment Worldwide Studios)が、コンタクトしてきているミドルウェアメーカーさんが何百社にも上ると言っていた。そういう人たちがバリバリ動き始めると面白い。それに、javaも平気で動くからね。

【久夛良木氏】 うーん、それより、ソフト作った方がいいから順番で。経営的に言うとソフト作って何百万個も売った方がいいし。それに(ソフトウェア開発の)ガンマンっているじゃない。そういう人はコンピュータの世界にいる、彼らがやってくれるかもしれない

ソニーの命運すら握っているハードウェアの、肝心のソフトウェア戦略が他人任せですか。CONNECTプロジェクトの失敗からは何一つ学んでないんですな、この腐れ会社は。その上でとどめがこれ。

【Q】 SCEIのPS3ビジョンで競合するのは、Appleのように見える。

【久夛良木氏】 Microsoftよりは直接ビジョンが近いのはAppleだね。でも、競合よりというより、同じところにいて逆に楽しい。

iTunesもiPodも他人任せじゃありません。Apple好きでMacユーザーの俺としては憤慨モノです。また・・・

【久夛良木氏】 ジョブズ氏(Steve Jobs氏。CEO, Apple Computer)が、(PS3に)Appleのロゴをつければ、(ユーザーは)2,000ドルでもいいと言うと思う。でも、PLAYSTATIONブランドでは、それはできない。それが、PLAYSTATIONブランドとAppleブランドの、コンピュータにおける差でしょう。でも、PS3は PLAYSTATIONブランドであるがゆえに、PLAYSTATIONとして売れると思う。

ジョブズなら「こんなゴミは要らない」といって窓から投げ捨てるよ。実際に20周年記念Macは窓から投げ捨てたしな。Appleが生み出したモノで他人任せで成功したものは無いぞ。そしてそんなものを2000ドルで売るなんて事も、少なくとも今のジョブズなら絶対にしない。正直に言ってみろ、お前客を馬鹿にしてるだろ久夛良木

さて、ここまで書いた上で最初に話を戻すが、どうも久夛良木氏は本気でPS3はコンピュータとして売ろうと思ってるらしいという事がやっと俺にも理解出来た。でもその上であえて言う。

だったらPC買う。

PS3に出来てPCが出来ない事は無いぞ。だったらなんでこんなHDD容量も、OSも、BD再生も、HDMI出力も、価格も、戦略も、全てが中途半端なガラクタを誰が買うんだよ。そう考えてくるとこの男は本気でソニーを潰しかねないですね。あーあ、ソニーも近いうちに終了かぁ・・・と思ったら表題の気持ちになったわけです(笑)

もうね、PS3というかソニー社員の全ての方が可哀想ですよ、はい(笑)

投稿者 akindoh : 16:16 | コメント (5) | トラックバック

2006年06月07日

久夛良木氏と岩田氏の発言比較

ユーザーとユーザーを繋ぐのが360、サードとサードをくっつけるのがPS3
海外で土壌作りができたのが360、ドジョウすくいをするのがPS3
棒を振るのがWii、棒に振るのがPS3
戦略面に穴がないのがWii、本体が穴だらけなのがPS3
新技術を開発したのがWii、新技術を拝借したのがPS3
タッチペンで描くのがDS、スプレーで広告を描いたのがPSP
マネーがあるのがMS、真似しかないのがSCE
3次元がWiiと360、4次元(予定)がPS3
上手い事を言うのが任天堂、世迷言を言うのがSCE
超ロングヒットを出すのが任天堂、世界最速ベストを出すのがSCE
日々ローンチが充実するのがwii 日々テンプレが充実するのがPS3

これは2ちゃんねるにあった何処かの誰かが書いたネタであるが、非常に納得をした。納得をした理由はこれからご紹介する以下の2つの記事。まずPC Watchによるクッタリで御馴染みSCEI 久夛良木健氏の発言。

【久夛良木氏】 だって、僕らはゲーム機って言ってないじゃない(笑)。PS3は、今までのPSと違って明快にコンピュータだから。
 標準だから、当然、インターフェイスはオープン。僕らは何も(規格を)握ってない。コンピュータだから自由にしてもらっていい。HDDだって、PCをいじれる人ならサクサクとアップグレードできちゃう
【久夛良木氏】 1年ごとに、コンフィギュレーションを(拡張して)出してもいいと思っている(笑)。冗談ぽく言ってるけど、Dellならやるだろうし、Appleでもやるだろう。PCなら、2年も(スペックを)置いておいたら追いつかれちゃう。コンピュータはどんどん変えていくものでしょ? (HDDも)絶対60GBじゃ足りなくなるし、メモリだって足りなくなるかもしれない。色々な可能性がある。
 今、ゲーム機がどんどんコンピュータ化していることは間違いない。そうすると、今までとは(プログラミングが)違ってくる。ゲーム機のプロセッサパフォーマンスが上がったら、(ソフトを)作りにくいというのはおかしいじゃない。PCのクロックやメモリ、HDDが向上して、重厚長大になったからソフト作れないって言っている人いないでしょう。PS3というコンピュータの上で、トップガンの(プログラマの)人が腕をふるってもらいたい。
【久夛良木氏】 MicrosoftはPCから来ているから、PCの世界ではこんなもんだと言う。でも、僕から見たら、それでは進化ないじゃんと思う。

PS3はゲーム機じゃなくてコンピュータだと言うけどPC的手法は進化じゃないとゲーム機的視点で否定する。60GBでは絶対に足りなくなると断言してるHDDなのに不十分な性能を売りつける。

さらにインタビュー解説にも面白い事が書いてある。

 また、メモリを増やしたり、強化版Cellを載せた、進化形コンフィギュレーションが登場する可能性もある。つまり、ゲーム機は、スペックを据え置きのまま、価格を徐々に下げるというモデルも、PS3では通用しなくなる可能性が高い。思惑通りに行けば、PCと同じように、年々、高性能なPS3が出てくるという形になりそうだ。

 ただし、“PS3ゲーム”は一定のプロファイルに従って開発され、最低スペックでも動作が保証されると見られる。旧来的な意味での“PS3”は、この世代では、あるプロファイルのソフトを走らせるハードウェア環境という意味になる。

ここで前述の久夛良木氏の言葉を借りるが、PCのクロックやメモリ、HDDが向上して、重厚長大になったからソフト作れないって言っている人は確かに居ない。でもそうなる事で開発者がどんな苦労をしてるのかこの馬鹿は知らないのか?最低スペックにあわせて作ることそのものは出来ない話じゃない。でも動作環境がコロコロ変わると動作に必要な環境が絞り込めず、全ての考えうる状況を想定しないといけないし、それによって発生するバグなどの問題も考えないといけない。作れないという人はいないだろうが作るのが死ぬほど面倒と敬遠する人は殆どだと思う。これは私自身コンシューマゲームソフト開発の現場も見てきたし、自身でMacintosh用ゲーム(ダンジョン通信)をリリースした時に身をもって経験もした。個人レベルのあのようなモノですら苦労するのにPS3規模でこの程度の考えは本気で開発者の苦労理解してないのが容易に分かる。

開発者は一応最低スペックでも動くように作るだろう。でも年々出てくる高性能なPS3のスペックを生かした作り方を絶対にしたくなる。例えばSLGでコンピュータ側の思考時間が半分になるのなら絶対に高性能なスペックに似合った処理をするようになるだろう。でもその事実を知ったユーザーが、自分の持ってるPS3では明らかにヘボくて、もっと楽しむには新しいPS3を買い換えないといけないと分かった時にどんな気持ちになるか考えた事は無いのだろうか。

結局この久夛良木健という馬鹿は単なるハードウェア技術者上がりの、その中でも最上級の視野狭窄であると言える。平たく言えば「井の中の蛙」でしかない。仮に久夛良木氏の言うとおりの世界が欲しくなったら、俺は素直にゲーム専用に高性能PCを買う。そのほうがよっぽど望んでいるとおりの世界がPS3よりも安く手に入る。

一方夕刊フジBLOGには本日行われた任天堂の経営方針説明会での岩田氏の言葉が出ている。

 「単なるハードの進歩をいくら続けても、ゲーム離れを食い留めることはできない」

 「ゲームやゲーム機のことだけを考えて生きている人は、世の中にそれほど多くはない。ほとんどの人はゲームのことはあまり考えていない」

 「任天堂は次世代ゲーム機を作っているわけではなく、次世代ゲーム機戦争をしているわけではない」

 「処理性能至上主義からのパラダイムシフトはすでに携帯型ゲーム機で起きている」

 「ゲーム機の会社の社長としては不適当な発言かもしれないが、薄く小さく邪魔にならないゲーム機を作りたいと思った。普通の人、とくに家庭のお母さんにとって、ゲーム機は邪魔なもの。『邪魔だなんてとんでもない』と言うのはゲーム業界の人だけ

 「どんどんリアルだけを目指すという一方向の道だけでなく、ソフトの価値を高める方法があるのではないか」

 「ゲーム機は最初は赤字で当たり前、というのは妙な考え。そういう考え方をお持ちの方もいるが、任天堂はそういう発想とは逆」

どうだろうか。岩田氏はハードウェア技術者の久夛良木氏と違い、ソフトウェア技術者上がりの社長だ。平たく言えば「ゲームソフトを作ってた人が社長になった」という事になる。

しかし視野狭窄な久夛良木氏と違い、彼の目は自社の商品であるTVゲームが世の中にとってどういうモノなのかをよく理解してるし、また一方でマーケティングに迎合したものではなく新しい提案もしている。普通に経営者としても優秀では無いだろうか。

両者の「上手い事」と「世迷言」、見比べてみてどうだろうか。それはそのままWiiとPS3の勝敗を表していると私は思う。

投稿者 akindoh : 16:30 | コメント (3) | トラックバック

2006年05月12日

PS3のコントローラーはWiiリモコンをパクったのか?

E3での正式発表以後いろんな意味で波紋を呼んでいるのがプレイステーション3です。久夛良木氏の「安すぎたかも」発言といい、いろんな意味でユーザーを飽きさせません(笑)

そんなPS3のもう1つの話題と言えば急にモーションセンサー内蔵になったコントローラーですよね。一部には9月に任天堂がWiiリモコンを発表後、急いでパクったが春の発売には間に合いそうも無いので11月発売に延期を発表したんじゃないのか?と噂されています(笑)その事をITmediaではインタビューでハッキリ聞いていました(笑)

−−モーションセンサーの搭載は、コントローラーを製作する初期の段階から考慮していたのですか?
川西氏 いや、センサーは昔から入れたいという話があったのですが、どういったものを入れたらいいのか決めきれなかったり、デバイスの進化が追いついていなくていい効果が得られないということもあって、これまで乗せられなかったのです。でも、今回いいセンサーができたので、標準搭載ようということになりました。

−−任天堂のWiiのコントローラー(Wiiリモコン)からインスピレーションを得て、というわけではないのですね(笑)
川西氏 それは全くないですね(笑)。モーションセンサーは割と昔から考えていたことで、PSPにも付けたかったぐらいですし、企画としては意外と脈々とあるんですよ。センサー類は、本当はたくさん付けたいんですよ。人間が触るものなので、人間の感覚に伝わるものはたくさん乗せたいと思うんです。将来的にはもっといろいろなものが乗るかもしれませんよ。

この部分読んだ時は思わず「嘘つけっ!(笑)」と突っ込んでしまいました。仮に本当だったとしてもここまで華麗な後だしジャンケンでは信じてくれる人の方が少ないでしょうね。

そう思った人が多かったのか、早速2ちゃんねるではネタ化されてまして・・・

−−PS3の値下げはありますか?(笑)
川西氏 それは全くないですね(笑)。

−−あなた自身はPS3を購入しようと考えていますか?(笑)
川西氏 それは全くないですね(笑)。

−−やる気あるんですか(笑)
川西氏 それは全くないですね(笑)。

こんな具合で茶化される始末(笑)でもそれも仕方無いのかも知れませんねぇ。なんせ同じITmediaでのアンケートの・・・

2006E3

こんな途中経過見せられちゃぁねぇ(笑)

投稿者 akindoh : 21:16 | コメント (0) | トラックバック

2006年05月09日

プレイステーション3は「安すぎたかも」

 また、気になる価格について久夛良木氏は、「安すぎたかも」とそれぞれ内包する技術や原価を考慮した発言をする。久夛良木氏はプレイステーション 2(PS2)の発売時を振り返り、「これはPS3の価格です。高いとか安いとか、“ゲーム機として”というくくりでは考えてほしくないんです。PS3というものは他にはないわけですから。例えば、高価なレストランで食事をした時の代金と、社員食堂での食事の代金を比べるのはナンセンスですよね? これは極端な例ですが、まさにそういうことなのです。そのゲーム機で何ができるか、というのが問題なのです。すばらしい体験ができるのなら、価格は問題じゃないと考えています。

これはITmediaによるインタビューの引用ですが・・・高価なレストランは200万人も行列出来ませんよ(笑)高価なレストランに毎食通う庶民は居ません。庶民感覚で言えば家や車など一生のウチでそう何度も買わないものが適した例えでしょう。庶民にとってのゲーム機は、どんな体験をもたらすにしても社員食堂の食事並の感覚なんですよ。もういい加減はっきり言いますけど

久夛良木って馬鹿?

ま、PS3売れなきゃソニー終了だから、敗戦の弁を聞く事は無いだろうなぁ(笑)

投稿者 akindoh : 16:52 | コメント (2) | トラックバック

プレイステーション3

CNET Japanによりますと、ソニーの次世代機「プレイステーション3」の発売日と価格が発表されたそうな。11月11日発売、59800円(税別)・・・えーと、62790円(税込)ですね。しかもこれ、2モデルあって・・・

ちなみに60GB版(ホンモノ)はITmediaによると599ドルらしく、20GB版(というか廉価版orニセモノ)は499ドルだそうで、日本だと60GB版は75000円(税別)とか79800円(税別)になるんじゃないかなぁ(俺予想)

にしてもさ、ウリの1つであるHDMI端子すら無い廉価版ってどうよ(笑)普通のTVしか無い人には元々不要だけど、必要だと言って仕様に盛り込んだのは他でもないソニーじゃん。そしてさ、スペック云々抜きにして・・・どこの世界にゲーム機に6万も7万も出す馬鹿いるんだよ、しかも・・・

 なお、ソニー・コンピュータエンタテインメント・オブ・アメリカの平井氏によると、ローンチ時には200万台、2006年末までに400万台、2007年3月31日にまでには600万台の出荷を目指す、としている。

発売日に200万台とか言ってんですよ(笑)欲しい人でも「待ってたらそのうち39800円とかになるって」とか言って様子見でPS2か、25000円とも2万円切るとも噂されてる任天堂Wii買うって。

正直39800円とか49800円とかで来たら怖かったけど・・・PS3は戦う前に終了かな、こりゃ(笑)

投稿者 akindoh : 12:19 | コメント (7) | トラックバック

2006年04月05日

ゲーム機に新しい進化の時

YOMIURI ONLINEに「高性能よりも易しい操作好評…ゲーム機商戦は転換期」と題した記事が掲載されていました。

 超高性能が売り物のマイクロソフト(MS)の「Xbox360」や、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション」シリーズは販売が伸び悩む一方、性能面は抑えた任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」が、ヒット作ソフトに恵まれて好調な売れ行きだ。
 MSは6日に「Xbox360」のてこ入れ策を発表して巻き返しを図るが、高性能化こそが市場を拡大するというこれまでのゲーム機の“常識”は転換点にあるようだ

まぁ単純に価格帯やプレイ環境(据え置きか携帯機か)の違いがあるので必ずしも同列に語れないとは思いますが、転換点であるという事については個人的には同意します。確かにXbox360やPS2のゲームは派手で凝ってて素晴らしいと思います。中には高性能さに振り回されているだけのクソゲーも存在しますが、名作があるのも紛れもない事実です。ただ、だからといって遊ぶ側の人たちが、必ずしもそういうものばかりを望んでいるのか?と問われればNOでしょう。

ゲーム機に限らなければ、Webブラウザで遊ぶFlashコンテンツのミニゲームや携帯電話アプリのゲーム等の方が、手軽で良いと思う人も多いのでは無いかと思います。これはゲームという娯楽において、高性能・高画質である事が必ずしも必要では無い事の表れでは無いかと思います。そして・・・

 任天堂は、1990年代前半までゲーム市場で主導権を握っていたが、SCEやMSの高性能ゲーム機に逆転された。それが、現在は、ゲーム本来の単純な面白さを強調した原点回帰戦略で、復権しつつある形だ。

ここで大事なのはスペックは二の次という誤解をして欲しくないという事です。

個人的な見解ですが、TVゲームは過去にいくつかの進化を遂げてきました。誕生時はテニスゲームだけが内蔵されたもの、次の進化ではカセット(ソフトウェア)交換式による多様性、そして次の進化がポリゴン表現などによる(擬似)立体表現だと思います。2Dだけの世界だったTVゲームが3D当たり前という時代になり、その中で任天堂からソニーへの世代交代が発生したと思っています。

そして私がレボリューションを見た時に思ったのが「レバーとボタンからの開放」でした。もちろん従来でもそういった特殊コントローラーを使うゲームが存在したわけですから、新たな発明というわけではありません。しかしそれが当たり前になるという事は、ゲームをプレイするという事の定義が大きく変わる事を意味します。

2Dから3D・・・そういう新たな進化が必要な時が来たのだと私は思います。

子供の頃、近所の駄菓子屋の店先にあったアップライト筐体のゲーム機は、それまでの自分の知らない素敵な世界が広がっているような錯覚さえ覚えました。何の変哲もないレバーとボタンで、色々な世界を疑似体験出来る事の楽しさを味わえました。元記事にある「ゲーム本来の単純な面白さを強調した原点回帰戦略」とはこのようなワクワク感を指していると私は思います。

約2年前に感じたワクワク感は今でも変わらず続いてます(笑)

投稿者 akindoh : 17:54 | コメント (1) | トラックバック

2006年03月15日

PS Business Briefing 2006 March

えーと・・・こんなにワクワク感の無い未来予想図って久しぶりだなぁ。発表されたのはカンタンに言うと・・・

まぁほかにも色々あったようですが・・・Xbox360みたいなのをXbox360より1年近く遅れて出す事に何の意味があるんでしょうかね。別報道だとHDD内蔵という話もありますし、本体価格5万超えるんじゃねぇだろうな(笑)

もう何かマジでレボ以外要らないや俺。

追記:
さらに分かりやすいまとめがファミ通.comにありました。

投稿者 akindoh : 18:07 | コメント (4) | トラックバック

2006年03月14日

振動コントローラ特許訴訟に負け、ソニー大ピンチ

このニュース、正直読んで何がなんだか分からなかったので良い情報が無いかなと2ちゃんねる・ゲーム速報板を見てたところ「[WSJ] 振動コントローラ特許訴訟、ソニーが黒星」という当該スレを発見。そこにあったまとめをさらに整理するとこういう事らしい。

  1. まず任天堂が外観上外付けで「振動機能の拡張」に関する特許をとり、64で採用
  2. Immersionが任天堂特許にない部分、つまり「内蔵」に対しての振動機能拡張の特許をとる。
  3. セガは任天堂にライセンス料払い、DCで使用(なので本訴訟に影響されず)
  4. SONYが任天堂特許で該当しない部分、つまるところ「振動機能内蔵」におけるコントローラーを販売
  5. GC、XBOXが発売される
  6. SONY訴えられる
  7. MSはPC用のライセンス料だけ払ってたら「XBOXは別」と叱られたので、和解してImmersionに金払ってライセンス取得しXboxとXbox360で使用
  8. 任天堂については、実際はImmersion特許は任天堂特許の拡大部分に過ぎないため任天堂が異議申し立てをすれば簡単に無効になる可能性がある為、クロスライセンス等が結ばれてるとの憶測があり、兎に角訴えられていないし今後も心配は無い模様
  9. ところがソニーはImmersionにライセンス料払わず無断利用。指摘されたら逆ギレして逆訴訟
  10. さらに裏金渡して有利な証言させるがバレて失敗。9070万ドル+追加訴訟確定

よーするに、任天堂は今後も問題無し、MSは金持ちだから金払って解決済み、ソニーだけが過去(PS1までもかな?)にさかのぼってライセンス料支払う可能性と、PS3では金払うか振動コントローラー辞めるかしか無い可能性があるというオチ(笑)

いやはや、PS3対レボリューションの対決は意外な所でも注目ですな(笑)

投稿者 akindoh : 12:56 | コメント (2) | トラックバック

2006年02月27日

プレイステーション3が遅れそうらしい

ま、ぶっちゃけどうでもいいんですけどね(笑)産経新聞によりますとブルーレイディスクの量産準備が遅れているためらしい。まぁそれは良いとして、そのことについて記事には・・・

 SCEは、かつて携帯ゲーム機でも発売延期がうわさされながら、ぎりぎりで間に合わせた経験がある。「言ったことは必ずやる」(関係者)という久多良木健社長の“豪腕”を期待する声も聞かれるが、現時点では今春の発売にこぎつけるのは厳しい状況だ。

へー。以前も書いたんですが、PSPの不具合についてこんな開き直りをするのが豪腕って言うんだぁ。思うに、PS3に期待してる人は居ても久多良木に期待してる人は居ないんじゃないかな(笑)

ま、それでも個人的には任天堂のレボリューション派ですけどね(笑)

投稿者 akindoh : 18:02 | コメント (3) | トラックバック

2005年12月08日

It's a FONY

Hotwired Japanこんな記事が出てました。

「落書き」を使ったソニーの『PSP』広告が不評
 流行に敏感な都会生活者に携帯ゲーム機『プレイステーション・ポータブル』(PSP) を売り込もうと、ソニーは米国の主な都市で落書きアート(グラフィティー)のアーティストたちを雇い、PSPを使って遊んでいる子どもたちのシンプルで象徴的な絵を、建物の壁にスプレーで描かせた。しかし、このゲリラ的なマーケティング作戦は、ソニーが勝ち抜くために必死になっていることの現れだとして、ストリートの流行に精通した人々からは嘲笑の声も出ているようだ。
(中略)
 ミッション地区の小さなスペイン系食料雑貨店、『カーサ・マリア』の外壁には、誰かが『GET OUT OF MY CITY』(俺の街から出て行け)と書き(写真)、グラフィティーに描かれたPSPの画面に『FONY』[phony(嘘つき、いんちき)とSonyをかけた造語]と書き加えて(写真)、ソニーを罵倒する四行詩を記した。

いやぁ・・・何をやっても裏目ですねFONY(笑)ウォークマンAのブログ遁走にしてもそうだけど、国内外問わずグループ全体が駄目な証拠じゃないですかね。マーケティングやプロモーション活動ってのは難しいもんだってのは身にしみて分かってますが・・・それにしたって反感を買うくらいなら何もしない方がマシでしょ。

それにしてもさすが本場英語圏だなぁ・・・FONYは気に入った(笑)

投稿者 akindoh : 09:57 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月28日

PSP対応ミニビデオレコーダー「PVR1000」

GAME Watchによると・・・

 「PVR1000」は、メモリースティックDuoにPSP用の動画形式(MPEG-4+AAC・LC)で直接録画できるビデオレコーダー。ビデオ入出力機能を搭載しており、テレビへ繋いで家庭用ビデオレコーダーとしても利用できる。
 録画フォーマットはPSP方式では、QVGA(320×240)、30fpsと、PSPのワイド画面に合わせたWQVGA(368×208)、30fpsの2種類に対応。また、テレビ出力用として、VGA(640×480)、30fpsでの録画もできる。

という具合に、PSP用に動画を手軽に用意出来るビデオレコーダーってのが出るらしいです。まぁPSP持ってないんであんまし興味無いんですけど(笑)キャプ好きとしてはちょっと興味惹かれたわけです。パソコン用キャプチャーやHDDレコーダー、ビデオデッキ等に録画したものをメモステに入れたり、TVに直接繋いで録画とかすると色々楽しいかもしれませんね。

そういえばPSPのファームウェアを2.00から1.50にダウングレードする方法が公開されたらしいですね。実はこのニュースもあってほんのちょぴり興味出てきたわけです。

まぁ、それでも全然物欲沸きませんが(笑)

投稿者 akindoh : 17:47 | コメント (0) | トラックバック

2005年09月16日

白PSPの□ボタンは改良されているらしい・・・が

PSPの有名な不具合(仕様?)に□ボタン(しかくぼたん)、通称ロボタン(ろぼたん)というのがあります。これは以前もご紹介した通り久夛良木氏が・・・

「使用する液晶画面はこれ以上小さくしたくないし、PSP本体もこれ以上大きくしたくなかった。ボタン位置も狙ったもの。それが仕様。これは僕が作ったもので、そういう仕様にしている。明確な意思を持っているのであって、間違ったわけではない。世界で一番美しいものを作ったと思う。著名建築家が書いた図面に対して門の位置がおかしいと難癖をつける人はいない。それと同じこと」

という開きなおりにも似た名言(迷言?)をおっしゃっておられました。あれは正しい設計で仕様だ、単なる製造上の問題だと切り捨てた。

9月15日発売!ソニー PSP セラミックホワイト PSP-1000KCWPSP セラミックホワイト PSP-1000KCW

ところが昨日発売になった「PSP セラミックホワイト」を分解したPC Watchの記事によりますと・・・

 結論から言うと、基板はまったく変わっていなかった。“□”ボタンとそれを支える部分の形状だけが変わっていたのだ。
 ちょうどスイッチに当たる部分だけが皿上に拡大されており、押し込んだときに安定して押せるようになっている。
 期待したような、基板を変更するような根源的な改良ではないが、有効な改良といえるだろう。編集部内でも感触が改善されたという意見が多かった。

あれ?正しい設計で間違ったわけじゃないんですよね?何で改良される必要があるんですか久夛良木サン(笑)貴方の理屈から言えば著名建築家への冒涜ですよこりゃ(笑)

で、まぁこれはこれで良しとしましょう・・・良かぁ無いけど(笑)ところが発売直後から2ちゃんねる等では記事で紹介されなかった左側・・・そう十字キー部分、特に下方向の反応が悪いという報告がちらほらと見受けられるようです。これについてあるスレでは・・・

29 名前: 番組の途中ですが名無しです [sage] 投稿日: 2005/09/16(金) 00:10:15 ID:3l3lkufG0
今度はゲボタン

思わず吹きました(笑)下ボタン(したぼたん)ならぬゲボタン(げぼたん)と来ましたか。まぁこれで新しいマスコットキャラが生まれる事でしょう(ロボタンはアスキーアートのキャラクターが存在する)

ま、ますます俺自身がPSPを買う時期が遠ざかっただけですな(笑)

投稿者 akindoh : 09:58 | コメント (4) | トラックバック

2005年07月21日

白いPSPと動画配信サービスとファームウェア2.00

まぁなんだか一気に色々な発表がありましたね。AV Watchによると・・・

まぁここまでは良いんですけどね。ただ・・・

 配信が有料/無料かや、課金方法などは不明だが、最新ファームウェアではiモードの「ケータイ払いサービス」に対応するという。10円からの小額課金が可能なシステムで、iモードの利用者であれば特別な支払い手続きは不要だという。支払いは月々の電話代に加算される。

まぁなんて金取る気マンマンなんでしょ(笑)

さらに本体の新色ですが・・・白ってどうよ?(笑)黒の時でも指紋が残るのが嫌になるという声が多かったのに、次に投入するのは何より汚れると目立つ白色。

「人気色であるセラミック・ホワイトの発売によって、女性をはじめとした新規ユーザー層の更なる普及、拡大を図る」(同社)としている。

いや、一般には人気色だけど本当にPSP欲しい人に訴求出来るのか?(笑)なんだかなぁ・・・ホントやる事ずれてる気がするんだよなぁソニー。まず何よりファームウェア、一部のユーザーでは自作アプリというか勝手アプリというか、ユーザー独自のプログラムを動かす事が人気になってるけどこういうのを排除せずに上手い事黙認すりゃ違うだろうに。

まぁ白いPSPのCMを土井まさるがやったらちょっと認める(笑)

投稿者 akindoh : 20:11 | コメント (4) | トラックバック

2005年05月17日

プレイステーション3

ITmediaGAME Watchで既報ですが、米国で行われたカンファレンスにおいてPLAYSTATION3が正式に発表されました・・・が、それにしてもさぁ、本体コントローラーデザインが超絶にダサいんですけど。でもITmediaの記事だと久夛良木CEOは得意顔なんだよねぇ。多分今回も「世界で一番美しいものを作った」と思ってるんでしょうね。

このアングルなんて最初はDUO-Rかと思ったくらいですよホント(笑)スペック見ててCellがPowerPCベースだとか、PS1とPS2とも互換だとか本当にどうでも良くなりましたよ(笑)個人的にはダサさではXbox 360より上じゃないの?と。

・・・今のうちに現行のPS2買っとくかな(´ι_ ` )

投稿者 akindoh : 11:45 | コメント (2) | トラックバック

2005年03月24日

PSPのファームウェアがバージョンアップ

PSP 「プレイステーション・ポータブル」

PSPのファームウェアがバージョンアップしてバージョン1.50になったそうな。AV Watchによると・・・

 同ファームウェアを適用することで、ビデオ再生面ではメモリースティックDuoに保存した動画を再生する際、他の動画を再生しても、前の動画で設定した画面モードがクリアされないようになる。 (中略)  なお、今後発売されるUMDビデオソフトの再生時には、ファームウェアバージョン1.00の段階で、既に上記2点の機能に対応しているという。

との事だが・・・何となくUMDビデオソフト発売後にも問題発生してバージョンアップしそうな予感があるのは俺だけ?(笑)

投稿者 akindoh : 15:51 | コメント (0) | トラックバック

2005年03月07日

ソニーが経営刷新

「自信はある。“やっぱりソニーが5割のシェアを握ったか”と言われる世界がすぐに来ると思う(笑)」

逆さまに持ったウォークマンについて語ってた安藤社長

「これが、私が考えたデザインだ。使い勝手についていろいろ言う人もいるかもしれない。それは対応するゲームソフトを作る会社や購入者が、この仕様に合わせてもらうしかない」

とPSPについて語ってた久多良木副社長・・・ともにご退任だそうで(笑)

NIKKEI NETによりますと「出井伸之会長兼グループCEO」「安藤国威社長」「久多良木健副社長」がそろって取締役を退任する事になったそうだ。最初はHDDウォークマンとPSPの低迷を受けて・・・かと思ったんですが久多良木氏はSCE社長のままですし、それは関係無いようです(笑)表向きは「低迷する業績のテコ入れ」とか出てますけど、何となく派閥丸ごと追放みたいに感じたのは俺だけかな?

まぁ何にしても、これでHDDウォークマンやPSPがどうなるのか、ちょっと楽しみです(笑)

追伸:
余談だが、新CEOの名前をみてコイツを連想したのは俺だけじゃ無いハズだ!

投稿者 akindoh : 15:41 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月18日

DS、PSPともに誤算?

MSN-Mainichi INTERACTIVEにて「新型携帯ゲーム機:SCE、任天堂とも誤算抱えた滑り出し」と題した記事が掲載されていました。

 昨年の歳末商戦の目玉として登場した新型携帯ゲーム機、任天堂の「ニンテンドーDS」とソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の「プレイステーション・ポータブル(PSP)」は、発売から2カ月余りがたった。DSは、ゲーム機本体は順調だがゲームソフトの販売が計画に届かず、一方のPSPは高度な画像処理が評判になったものの増産できずにハード販売で出遅れるなど、それぞれに誤算を抱えた滑り出しになった。

"ニンテンドーDS" (任天堂)
"PSP バリューパック" (ソニー・コンピュータエンタテインメント)

という感じで書かれた記事でして、まぁ現状を的確に捉えた記事では無いでしょうか。私個人も結局DS専用ソフトは「さわるメイドインワリオ」と「直感ヒトフデ」しか購入しておらず、そのくせここ数日は「ゲームボーイウォーズアドバンス1+2」で遊んでますからねぇ(笑)流石に来週出る「アナザーコード」や3/10予定の「メテオス」は買いますが、それでも発売から3ヶ月でこのペースですからねぇ。個人的にはニンテンドーDSはこれからが勝負だと思ってます。ただ・・・

 ゲーム業界では「まずは多くのゲーム機本体を売ることが重要で、品切れが続いたPSPの機会損失は大きい」(関係者)との指摘が出ている。

と記事にある通りまずハードがある事はかなり重要だと思いますので、両者とも今後に期待したいです。

追記:

ソニーは不良品の対応は昨年内に終え、「販売は計画通り」と強調。

と記事にあるんですが、初期不良品の対応は基本的に有料だそうです(笑)

投稿者 akindoh : 17:50 | コメント (0) | トラックバック

2005年02月15日

PSP「ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険」に不具合

GAME Watchによると、プレイステーション・ポータブル用ソフト「ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険」に不具合がある事がSCEJより発表があったと記事がありました。

ポポロクロイス物語 ピエトロ王子の冒険

記事によると・・・

 この不具合は、「闇の獅子王編」第2章で発生する「ガミガミシティ」につながる鉄の橋を通過する際、プレーヤーキャラクタが下方向に落下するというもの。この状況に陥った場合、その後のゲームの進行は不可能となる。
(中略)
 既に「ガミガミシティ動力タワー」でエレベーターを使用し、データをセーブした場合、そのデータでは不具合が発生してしまうため、「闇の獅子王編」第2章以降はプレイできなくなる。今回の発表では「エレベーターを使用しない」以外の回避方法は示されておらず、不具合が発生したデータの修正対応も行なわれない。もし不具合が発生した場合、「氷の魔王編」第4章“小さな平穏”に到達する前のデータからやり直すしかないようだ。

という事なので、プレイ中の方はご注意を。

それにしても珍しい事例だなぁ・・・普通この程度の事は事前に判明するんだけどなぁ。

投稿者 akindoh : 22:31 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月22日

PSPの不具合問題について久夛良木社長が開き直り

まずはこちらを読んで頂きたい。

これは日経ビジネスに掲載された久夛良木SCE社長によるPSP不具合問題に関するコメント・・・いや、開き直りである。よーするにこういう事らしい。

・・・正直驚いた。PSPの不具合問題は「プレイ中に蓋が開き、UMD(ディスク)が出てしまう」「□ボタンを押したら沈んだまま戻らない」「□ボタンを押しても反応しない」という3つが主なものと言われています。この中でUMDの問題は蓋をロックするツメの問題で、組み付けの問題程度なので深刻さとしては大きく無い。

残る□ボタンに関する不具合が今回の記事にも書かれている件なのだが、これは原因としては同じところに起因するものと言われている。そもそも発売直後より□ボタンの問題は基板レイアウトの、そもそものミスという推測がなされていた(「PSP初期不良まとめサイト」のボタン陥没にある原因のところを参照)

この基板レイアウトのズレによる、□ボタンの変則的形状が戻らなくなる原因と言われており、これについては久夛良木社長の言うとおり一部金型の改修で何とかなるんだろう。

しかし根本的な原因は「美しく作ったPSP」の、その大きな液晶と小さなボディの代償であるわけだが・・・それについては難癖つける客がおかしいと久夛良木社長は言うわけである。「この問題が改善されるまで」はPSPは買うつもり無かったが、「久夛良木社長がこんなアホな事言ってる間」に変更させていただきます。

なんつーか、客舐めた商売し過ぎ。

追記:
この久夛良木発言を改変しておちょくる「それがPSPの仕様だ」のガイドライン という2ちゃんねるのスレがあるのだが、そこに秀逸な作品が出ていたのでご紹介。

435 名前: 水先案名無い人 Mail: sage 投稿日: 05/01/28 00:19:31 ID: gLG5GP5U0

「それがソニーの仕様なのか?」 ソニー創業者・井深大氏、ゲーム機不具合騒動を一喝

ボタンを押しても画面が動かないことがある問題は、あくまでも作り方の問題に過ぎない。
これが、私が育ててきたソニーなのか?
収益や株価についていろいろ言う社員もいるかもしれない。
だが対応するゲームソフトを作る会社やお客様が、この事情に合わせる必要など全くない。
使用する液晶画面はこれ以上小さくできたし、PSP本体もこれ以上大きくできた。
ボタン位置も変えられる。それが常識。
ソニーは私が作ったもので、そういう仕様だった。
明確な意思を持っていたのに、誰が間違ってしまったのか。
世界で一番情けない会社に落ちぶれてしまったと思う。
著名建築家が書いた図面でも門の位置がおかしいければクレームをつけられる。
それと同じこと。

一瞬本人が天国から書いたのかと思った(笑)でもホント、久夛良木社長に読ませたいと思った。「この精神が本当のソニーの姿じゃないの?」と。

投稿者 akindoh : 01:25 | コメント (8) | トラックバック

2005年01月09日

PSP再販情報その2

相変わらず品切れ状態が続くプレイステーション・ポータブルですが、オンラインショップでの購入も当然今でも難しいところです。そんな中、いーでじ!!では明日(1/10)午前10時まで受付で「PSPバリューパック購入権」と銘打って抽選購入を行っております。

まだ購入されて無い方はこのチャンスを狙っては如何でしょうか?

投稿者 akindoh : 22:19 | コメント (0) | トラックバック

2005年01月07日

PSP「ナムコミュージアム」は続編前提?

ナムコという名前の響きはオールドゲームファンには特別な響きを持ってる事が多々ありまして、PSPをまだ持ってない私ですらPSP用の「ナムコミュージアム」の収録タイトルが何になるのか気になっていました・・・が、こちらに収録タイトルが出ていました。気になるタイトルは・・・

この他に「パックマン」「ギャラガ」「ニューラリーX」「ディグダグ」がアレンジ版として収録されるんですが、個人的には「ゼビウス」「ドルアーガの塔」「ギャプラス」「パックランド」「スカイキッド」が無いのが残念です・・・つーか、最低限ゼビウスが無いのはあからさまに続編またはシリーズ化して今後に回したって事でしょ(笑)

良い商売するなぁナムコ(笑)

投稿者 akindoh : 10:04 | コメント (2) | トラックバック

2004年12月14日

PSPは初日で16万台販売

Sankei Webによると、PSPの初日販売台数(出荷じゃないですよ)は16万台だったそうな。まぁソニーの公式発表じゃないですけど、だいたい実数に近いんじゃないでしょうかね。品薄状態はまだまだ続いているようですし、欲しい人はマメにチェックする方がいいと思います。

投稿者 akindoh : 13:43 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月13日

「PSPじゃない」父親殴った息子を逮捕

昨日発売になったPSPを巡って、早速事件が発生してしまいました。虚構新聞によると・・・

 調べによると、少年は12日発売の携帯ゲーム機「PSP(プレイステーション・ポータブル)」を買うよう父親(42)と約束していたが、早朝から行列に並びに行った父親が違うゲーム機を買って帰ってきたため激怒。朝食中だった少年は、テーブルの上においてあった果物ナイフの横にあったフランスパン(パン渡り30センチ)で、父親を何度も殴りつけた。

少年犯罪もここまで来たんですね・・・恐ろしい。

つか、ゲームギアかよ!(笑)

投稿者 akindoh : 17:46 | コメント (1) | トラックバック

PSP再販情報

さて、昨日発売になったプレイステーション・ポータブルですが、各地で売り切れ続出のようです。当初予定の20万台まで出荷出来ていないという噂もあったりするので当然でしょうね。

PSP 「プレイステーション・ポータブル」

PSP バリューパック

毎度恒例のamazonでの入荷状況ですが、昨日夕方17時頃にこっそり販売開始していたようです。GBASPの時やニンテンドーDSの時と同様に、入荷次第こまめに販売しているようなのでPSPをお求めの方は上の画像リンクからamazonに飛んで、時々チェックしてみてくださいね。

投稿者 akindoh : 00:04 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月12日

PSPの分解記事

DSの時と同じく(笑)PC Watchがさっそくバラしてます。記事にもありますがかなり複雑な構造をしていますね。保証の問題もありますが、個人的には「頼まれてもバラしたくない」ってシロモノですね(笑)これならPowerBook2400cを初めて分解した時の方がまだマシだ。

余談ですが、久夛良木氏こんな事をおっしゃってますね。

PSPはこれから10年くらい作っていく商品

・・・最近のソニーが年月語るのって凄く悪い印象しか無いんですけど(笑)

投稿者 akindoh : 15:36 | コメント (0) | トラックバック

いよいよ発売日!PSP

本日はプレイステーション・ポータブルの発売日です。ニンテンドーDSの時と同様に店頭での発売開始の模様が各所に出ています。

1500人以上の行列ですか・・・そら流石に売り切れるわな(笑)

なお、amazonの方でも本日より販売開始となるようです。3000円のギフト券還元があるので、まだ購入されて無い方は常にチェックされてみると良いかもしれません。

PSP 「プレイステーション・ポータブル」

ソフトやアクセサリーはこちらで。

"麻雀格闘倶楽部" (コナミ)
"METAL GEAR ACID" (コナミ)
"ぷよぷよフィーバー" (セガ)
"PlayStation Portable専用 ゲームポーチP ブラック" (ゲームテック)
"PlayStation Portable専用 ゲームポーチP ブルー" (ゲームテック)
"PlayStation Portable専用 ゲームポーチP グレー" (ゲームテック)
"PSP対応 液晶フィルターポータブル" (ホリ)
"PSP対応 プライバシーフィルターポータブル" (ホリ)

投稿者 akindoh : 10:37 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月10日

プレイステーション・ポータブルの予約情報その3

さて、発売を目前に控えたプレイステーション・ポータブル(以下、PSP)、当日販売分はどこも数少ないという噂なので、まだ予約されてない方にとっては眠れない日々かと思います。

PSP 「プレイステーション・ポータブル」

そんな中、発売日では無いものの年内に確実に購入する手段として、PlayStation.com12/13(月)正午よりプレ予約を行うファミ通.comで報じられていました。これで申し込めれば少なくとも確実に年内には購入出来ます。

まだの方はこのチャンスに是非。

追記:
プレ予約は2分で終了したそうです(笑)

投稿者 akindoh : 20:35 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月09日

PSPはメモリースティック必須

さぁいよいよあと3日でプレイステーション・ポータブルが発売となります。

"PSP 「プレイステーション・ポータブル」"

話によると発売日の出荷数は全国で20万台と言われており、かなりの品薄が予想されています。店頭販売分もあるとは思いますが、その殆どは予約に回っていると思われますので、当日並んだりする予定の方は頑張って下さい。

ところで、基本的な知識過ぎてなんですが・・・PSPの場合、ゲームのセーブデータはメモリースティックDuoに記録する事になります。バリュー・パックをご購入された方はセットに含まれていますが、単品で購入した場合は別途メモステが必須となります。

SONY MSX-M512S ニュー・メモリースティックPROデュオ 512MB
SONY MSX-M256S ニュー・メモリースティックPROデュオ 256MB
SONY メモリースティック デュオ 128MB MSH-M128N
SONY メモリースティックDuo MSH-M64N

色々違いはありますが、簡単に言えば容量の違いだけです(昔はPROとノーマルは違ったんですが、今はマジックゲートという機能はノーマルにも付いてます)ですので、ご予算と使い道に合わせて選べば大丈夫です。

ゲーム以外に音楽や動画を持ち運びたい、という方は容量が多めのモノを選ぶといいと思います。

投稿者 akindoh : 17:29 | コメント (0) | トラックバック

2004年12月07日

早くもPSPのレポートが登場

先日行われたPSPのチャリティーオークションにてPSPを落札したITmediaの記者の方が、早速ファーストインプレッションを掲載されていました。

詳しくは記事の方を読んで頂くとして・・・確かに所有感をくすぐるデザインではありますね。スパロボあたりが出たら買おうかな(笑)

投稿者 akindoh : 20:10 | コメント (2) | トラックバック

2004年11月30日

プレイステーション・ポータブルのアクセサリ

さて、一方プレイステーション・ポータブル(以下、PSP)の方はと言うと・・・こちらのアクセサリ関係はまだこれからといった感じです。

とりあえず今出ている商品を見てみるとやっぱりまずは液晶保護フィルターでしょうね。PSPの液晶は大きめのサイズなので、折りたたみ型のDSよりもさらに液晶への傷が気になります。現在は・・・

の3種類が出ているようです。液晶の保護という点では「PSP対応 液晶フィルターポータブル」が良いんじゃないでしょうかね。次にケースですが・・・これはまだ1種類しか見当たらないようで、ゲームポーチPブラックグレーブルー)の3色あるようです。PSPバリュー・パックじゃない人はこういうケースも良いんじゃないかなぁと思います。

そうそう、いーでじ!!楽天市場ゲーム館なんかも中々品揃えがあるようなので、一度覗いてみて下さい。

投稿者 akindoh : 10:18 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月26日

プレイステーション・ポータブルの予約情報その2

ニンテンドーDSに引き続き・・・というよりもっと酷い事になっているプレイステーション・ポータブル(以下、PSP)の予約ですが、まず今後ネット予約はかなり難しいかもしれません。

ではどうすればいいか・・・といえば、やっぱり店頭予約が確実かと思われます。先程も大阪・日本橋の某有名店でPSPの予約について聞いた所、以下の通りの情報を頂きました。

という感じです。ですからPSP欲しい人は当日よりも事前に店頭予約する方がいいでしょう。

追記:
ITmediaでも「Amazon.co.jp、PSP予約受け付けを断念」という記事が出ていますね。ネット予約はかなり難しい模様です。

投稿者 akindoh : 14:51 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月25日

PSPチャリティオークションその3

結果発表ぉ〜♪・・・って、あんたら凄いな(笑)なんと最高額は338,888円最低でも50,000円ですよPSPバリューパックに。

というわけで話題を集めた「プレイステーション・ポータブル バリュー・パック(PSP-1000K)500台限定オークション!」はとんでもない結果と相成りました。それでもまぁこれが義援金になるんなら悪い話じゃないか。

そうそう、この500台が含まれてるかは知りませんが噂だと初回(発売日)は20万台、年内トータルで50万台だそうなので発売日に買おうと思っている方はお早めにご予約される事をオススメします。

投稿者 akindoh : 12:54 | コメント (2) | トラックバック

2004年11月24日

PSPチャリティオークションその2

昨日もお伝えした、プレイステーション・ポータブル バリュー・パック(PSP-1000K)500台限定オークション!ですが、その後「ファミ通.com」「日刊スポーツ」「産經新聞」など、各種マスコミでも取り扱われています。

一方、オークションの方はと言うと・・・

AM 11:00現在
入札金額の上から400番目35,000円 です。

と出ているようで、上から500番目までが購入出来る今回のチャリティオークション、なかなか高値になりそうな予感です。まぁこれ書いてる時点で「入札件数2552件」ってんですから注目度はかなり高いようですね。

結果がどうなるか楽しみです。なお、本日いっぱいですから参加希望の方はお早めに。

投稿者 akindoh : 13:28 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月23日

特製「PSP」500台、楽天でチャリティオークション

ITmediaによると、ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下、SCEI)が楽天と共同で、11/24午前0時からチャリティーオークションを開催するそうだ。

プレイステーション・ポータブル バリュー・パック(PSP-1000K)500台限定オークション!

その中身はなんとPSP、それも500台の無償提供だそうな。「プレイステーション・ポータブル バリュー・パック(PSP-1000K)500台限定オークション!」としてオークション形式で出品し、上位500人が落札出来るという仕組みだそうで、その金額は全額、新潟県中越地震の被害者の為にと新潟県共同募金会へ寄付するんだそうだ。それだけなら単なるチャリティーだが、落札者にもメリットがあって・・・

  1. ユーザーの名前(あるいはユーザーが希望した名前)と感謝の意が画面上に表示されるよう工場出荷時に設定
  2. ユーザーからの入金確認後、発売1週間前の12月5日から順次発送

なんと正規の発売日よりも1週間早く、しかも好きな名前が表示されるPSPとして受け取れるんだそうだ。これなら定価以上に支払っても、自分の為にも被災者の為にもなって良い事だね。

いやぁ珍しく「SCEIやるじゃん!」と思った次第です、はい。

投稿者 akindoh : 19:10 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月17日

PSPとNDSの噂

さっき買い物に行ったついでに、某販売店にて新機種(主にPSP)について立ち話をしてきました。ちょっと面白い話があったのでご紹介します。ちょっとヤバめのネタもあるんですが、ソースについては書けないので信憑性については御自身で判断してくださいませ。

  1. 某人気シリーズ
    PSPにて発売される某人気シリーズ、何だか変わったジャンルだなぁと思っていたら本気で面白く無いらしい(メーカー談)「初回分売れても追加しないで下さい」との事。っぱいというよりしょっぱいゲームらしい。
  2. PSP実機
    先日行われたGT4発表会の会場にて、大手販売店の担当者がPSP実機を試していたところ熱暴走したらしい。しかもソフトは「みんゴル」か「どこいつ」との噂。「大丈夫、間に合わせます」とソニーは語ったそうだが・・・初期ロット危険伝説は今回も実現してしまうのか?
  3. どっちも供給はスムーズ
    まずNDSは初回30万台で、今年中に100万台との事だが、この通りにほぼ毎週出荷がキチンとされるような感じらしい。そしてPSPは噂では初回50万台初回20万台、今年中に50万台だそうな。ただ、発売日分は何台来るのか、まだ回答が無い店もある様子。PSPの予約は来週が勝負かも。

とりあえずこんなところです。

追記:
こちらで駅広告展示の目撃談あり。その中で・・・

しばらく眺めてたら1台のPSPが突如ハングアップしていて黒いPSPのジャケットを羽織った人がどこからともなく現れリセットしてた。警備員だけじゃなくリセットさんまで展示されているPSPに配備されてるってある意味ソニーの必死さを感じずにはいられなかった。やっぱり初期ロットには手を出さない方がよいのでしょうか?

うわー熱暴走、ユーザーが目撃してるよ(笑)

投稿者 akindoh : 14:52 | コメント (2) | トラックバック

プレイステーション・ポータブルの予約情報

というわけで今回はPSPです。

既にヨドバシカメラなどはネット予約が静かに開始して静かに終了したようですが、とりあえず本家本元PlayStation.comにて、明後日(11/19)12:30よりプレ予約開始だそうです。でも平日お昼ってのはキツいんじゃないかなぁ。

そうそう、昨日書いたネタですけど、やっぱり通常版とバリューパックの入荷数は1:3らしいです。

投稿者 akindoh : 09:27 | コメント (0) | トラックバック

2004年11月16日

プレイステーション・ポータブルの公式サイト

プレイステーション・ポータブル(以下、PSP)の公式サイトが知らない間に昨日オープンしてたそうだ。

まだPSPの予約に関しては開始してる店もあれば入荷数未定で当日販売のみの店もあったりバラバラです。噂では「本体のみ」より「バリューパック」の方が多く入荷するようなので、本体のみを狙ってる方は注意して下さいね。

というわけで、まだ予約情報とか良いネタはありません(笑)

投稿者 akindoh : 17:08 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月28日

PSPの電池の持ち

あのあと、PSPのプレスリリース見ててひっかかったんですが・・・

バッテリーには高出力内蔵型リチウムイオン電池を採用、ゲームソフトで4〜6時間、動画では連続4〜5時間の再生が可能です。(SCEI実測値)(*2)

この条件(*2)ってのがクセモノで・・・

(*2)測定条件は、音量を最大値の半分、ヘッドフォン使用、無線LANを使用していないという条件で、ディスプレイをバッテリー使用時の最大輝度(180カンデラ)及び最小輝度(80カンデラ)に設定した場合の実測値。

てことは、音量最大、内蔵スピーカー使用、無線LANも使用、UMD(ゲームソフトのディスク)に頻繁にアクセスするようなゲームだと2〜3時間で電池切れるんじゃ?どんな携帯ゲーム機だよそれって(笑)最近のソニー(PSPはSCEだけど)のカタログ値って何かおかしく無いですか?HDDウォークマンの時も・・・

大容量20GBハードディスクに最大約13,000曲(CD約900枚)*3もの大量の音楽を記録することができ

この*3を見ると・・・

※3:1曲4分換算(ATRAC3plus/48kbpsモード時。CD1枚60分換算)。

一般的なMP3は128~192kbpsです。幾らATRAC3plusといえど48kbpsってのは実用的な数字じゃありません。確かにカタログ値ってのは実用的でない条件での場合が多いですが、これらは幾ら何でもあんまりでしょう。

それでもまぁプレイステーション・ポータブルは応援しますよ(笑)一応ね。

追記:
実機レポがまだ届かないので、ネットで拾った情報だと・・・

概ねこのような話ですね。さすがに2〜3時間ってのはあり得ないようです(笑)

投稿者 akindoh : 09:39 | コメント (2) | トラックバック

2004年10月27日

PSPの発売日と価格が決定

というわけで携帯ゲーム機戦争もう一方の雄、プレイステーション・ポータブル発売日と価格が決まったようです。

12月12日発売、価格は本体・バッテリー・ACアダプタで19,800円・・・ただし税別なので、税込だと20,790円です。なお、ゲームのセーブには別途メモリースティックデュオが必要です。そのメモステに加えて、ヘッドホン、ソフトケース、ハンドストラップがセットになったPSPバリューパックというのも26,040円(税込)で出るそうです・・・多分本当はこっちで売りたかったんじゃないかなぁソニー(笑)

さてこれでDSとPSPの両者が出そろいましたが、結果がどうなるか楽しみです。

ちなみに私はDS買います(笑)

投稿者 akindoh : 16:36 | コメント (2) | トラックバック

TOP | はじめに | ダウンロード | リンク